長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

ぴよぴよ到着

今年度のヒヨコたちがやってきました。

朝の作業をさっさと終わらせて、飯田市の運送屋さんまで引き取りに行きます。


そして、帰ってきたらハウスの中に置いておいてこの環境にすこし慣れてもらいます。

その間に育雛部屋(保温箱)の組み立てを。
恥ずかしながら最近バタバタで、仕事が追い付いてないのです。。。
ヒヨコが来てから準備というのは遅すぎます。。。

といっても箱自体はすぐ組み立てられるので、組み立てたあと、保温のための電球を調整して温度を確認したら入雛開始です。

20170421105357.jpg

20170421105410.jpg

20170422095416.jpg

20170422095413.jpg

すごくちっちゃくてかわいいです。
年1回のうれしさ。
育てるのも大変ですが、頑張ります。

籾蒔き

今日は午前中に鶏のことを済ませて、午後から籾蒔きをしました。
午前中は、漬けておいた籾をぶら下げて水を切って乾燥させます。

20170419143646.jpg
そして午後から播種器を使って籾を蒔いていきます。

去年は100gくらいになるようにしましたが、この播種器だと少し斑ができて田植え機で植えにくいと感じたので、今年は130~150グラム蒔きになるように調節してみました。

20170419143656.jpg
うーん。どうでしょうか。。。

20170419135915.jpg
勝手にもみすりさせてしまった玄米がわずかに入っているのですが、これも発芽していました。
もみすりしたら発芽しないと思っていたのですが、そうか、これって発芽玄米か!

20170419161158.jpg
全部で24枚蒔きました。
うち、モチ品種が3枚です。

今日は晴れの予報が、時折雨がぱらつきおまけに風も強くと、少し作業に向かない天気でした。
気温も10℃ちょっとくらいで、陽が陰ると肌寒い日でした。

さて、いつ芽がでてくるでしょうか。

籾蒔き準備

籾の漬浸の積算温度が100℃を超えてきたので昨晩から催芽処理をしました。

20170418061907.jpg
お風呂の残り湯に漬けます。
衛生的なこととか病害的なことが怖いので、発泡スチロールの箱を使って2重に漬けます。

発泡スチロール箱の中の温度は31℃スタート。
残り湯は35℃くらいでした。

20170418170306.jpg
お昼過ぎまで漬けておき、そのあと発泡スチロールの中の水を捨てて、酸素を供給してやります。
これで夕方4時くらいにはきれいにハトムネ状態になってきました。

今日は時間がなかったので、播種は明日に回します。
去年は急いで蒔いてしまったのですが、10℃くらい(の水)で保管すれば、このまま保存できると知ったのでやってみてます。


で、その間に苗箱に土を詰めていました。

20170418151707.jpg
今年はカインズで買ったエスケーアグリ倍土というもの。

20170418163022.jpg
去年の余りのJA倍土と比べてみました。
右がJA

JAのほうが細かく、色も濃いです。

どうちがうんでしょうねぇ。
土的には、細かいのと粗いのはどっちが育苗に適しているのかな?

明日、潅水して籾播きです。

牧草の種まき

今日は昼から豪雨の予報。
その前に!と梨園跡に牧草の種まきをしました。

牧草にもいろいろ種類があるので、いろいろな種類の牧草から放牧に向いたものや、当地の気候に合っているだろうなぁという品種を5種類と、一般的なものも比較する用として1種類選んでみました。

20170417110404.jpg
ペレニアルライグラス

20170417105942.jpg
チモシー

20170417110155.jpg
オーチャードグラス

20170417110635.jpg
トールフェスク

あと写真を撮り忘れましたが、
メドウフェスク まきばさかえ
オーチャードグラス まきばたろう
も蒔いてみました。

あと、3年前の白と赤のクローバーも蒔いてみました。
これはちゃんと発芽するかなぁ?

とりあえず区画を適当に決めて、手でパラパラとバラマキ。
本当はちゃんと耕してバラマキした後、鎮圧してあげるといいらしいのですが昨日の記事の通り、根っこがあってちゃんと耕運できてないので、本当に上から蒔くだけ。
あとは、強い雨で、落ち葉や、土の隙間に入り込んで発芽してくれることを願います。

ちょっと遅いですが、なんとか牛の導入までにある程度活着してくれるといいなぁと思います。


20170417095444.jpg
もうすぐヒヨコがくるので、その準備もしています。
新しいチップをヒヨコ導入場所に下します。

とりあえず、放牧準備で急いでやっておいたほうが良いというものがひと段落しました。
あとは、ヒヨコと田んぼですね。


20170417104041.jpg
そうそう、狂犬病の接種日でした。
白は大人しく受けたのですが、おかきは毎年のごとく唸り気味で股の間に首を挟み、スキを見て後ろからぶすっと射してもらいました。

ワイヤー回収と耕運機

梨園再生計画も最終段階です。

放牧開始までにやることは
・棚の撤去
・耕運
・牧草播種
・牧柵張り
・畜舎(パイプハウス)作り
です。

今日は、棚になっていた番線や被覆番線が何本か残っているので撤去していきます。
これがあると、足にひっかけたり耕運機に絡んでしまうだろうと考えたので、さっさと撤去していきます。

20170416135400.jpg
落ち葉や草、土に隠れて地面を這っていたり

20170416135349.jpg
わかりやすく空中を飛んでいるものも

20170416135410.jpg
とりあえず「切って回収」は面倒なので、くるくるとまとめて、端にある支柱にひっかけておきました。
地面にあると草に覆われて、刈り払い機に絡む可能性があるので、なるべく空中に。

20170416135414.jpg
そして、耕運です。

梨の幹をすり抜けるようになるべくしっかり耕運機をかけるつもりでした。
が、実際は思ったより根っこが多く、引っかかってうまくいかないので一部をすり抜けるだけしかできませんでした。
みみずがのたくったような感じです。

もうこれは、このまま牧草の種をまくしかないようです。
蒔いたもののうち一部でも活着してくれればいいかな。。。


そして、今日はべつの作業中にこんなことが

20170416175735.jpg

20170416175729.jpg
タイヤ側面に側溝のふたの角が刺さりました。

パンクしてるなぁって気づくときはちょっとへこんでるくらいで気づくのですが、完全に空気が抜けないでのこっているもんなのですね。(もっとタイヤのゴムが固く、タイヤだけでもある程度車重を支えれるかと思っていました。)
こんなにぺちゃんこになっているのを見るのが初めてだったので、びっくりしました。

まぁ、もう捨てるつもりのスタッドレスタイヤ(まだ交換してなかった)だったので、まだよかったです。

梨園片付けひと段落

20170415053611.jpg
5月上旬から放牧予定の梨園の伐採作業が完了しました。

木の切り倒し自体は月曜日に終え、火曜日枝を燃やす予定が終わらず、水曜日、金曜日と早朝の風のないときに2~3時間ずつ燃やしていました。
そして、それがようやく今朝で終わりを迎えました。

20170415101320.jpg
すごく広々と感じることができます。


20170415063638.jpg
鬼の金棒みたいなとげとげの枝


あとやることは牧草の種まき。
今まで梨(とその台木)が乱立していて陽が入らなかったせいか、ほとんど草が生えていません。
もちろんイネ科雑草も少ないので、放牧のために草を生やす必要があります。

いろいろ試験的に牧草品種を用意してみたので、当地の適性を見てみたいと思っています。

小麦の中耕

畑の作業も開始です。
今日はお昼から雨予報でしたが、ニワトリの作業や梨園の作業をさっさと朝に済ませて、午前中の遅い時間に急いで管理機で条間を中耕除草しました。

20170415110958.jpg
やっぱり傾斜地での機械の取り回しは大変です。

作業の最後に降ってきましたが、とりあえず、春草を少しは減らせたかな?

プール育苗

稲苗のプール育苗用の枠を作り始めました。

20170414142603.jpg
1×4のSPF材をU字型の針金で地面に固定していきます。

20170414142606.jpg
360×125cmくらいの枠を作ります。
これで、24枚の苗箱が入るはず。

まだ完了していませんが、播種までには終わらせないとね。


そうそう、果樹の花たちが咲きだしました。

梅でも甲州小梅は早くから咲いていたのですが、南高と豊後も8分咲きになりました。

20170414163433.jpg
南高梅

20170414163422.jpg
豊後(ピンボケ)
豊後のほうが、中心部がピンクで、全体的にも赤みがかっています。

今年は少しでも生ってくれるといいなぁ。
梅シロップに梅酒。楽しみです。

20170414182534.jpg
アーモンドの花も1輪目が開き始めました。
木によって芽が膨らんでいるものもあれば、まだまだなものもあります。
一緒に買ったものなのに品種が違ったりするのでしょうか?

電話線を避けて

今日は、いろいろと雑用をこなします。

ジャガイモの追加の種イモ植えをしたり、キノコの種コマを打ったり。。。
出荷日でもあるのでタマゴの出荷調整もしたりと、出荷日はバタバタです。

そして、タイトルの電話線。

最近の話題の梨園の伐採ですが、入り口近くの梨の2本を切ってませんでした。
それは、ちょうど空中を横切っている電話線をまたいで梨の木が生えていたからです。
何も考えずチェーンソーで切り倒すと間違いなく枝に電話線が引っかかって切ってしまうので、枝を選んで切っていきました。

脚立に乗ってのこぎりで切ったり、チェーンソーで小枝を落としたりしながら徐々に切り落としてなんとか伐採することができました。
風も強くて、ドキドキしました。もう、梨園の伐採はこりごりです。

急いでいたので、今日も写真は無しです。

こいのぼり

20170412080151.jpg
今日は、雨の後で雲海でした。


支柱は立ててたのですが、雨であげられず。
ようやく今日、コイたちが泳ぎ始めました。

20170412133354.jpg
風が強いので、支柱がしなってますね~
まぁ、きれいに泳いでくれているのでうれしいです。
子供たちも大喜びでした。

雨で断念

今日は、明け方から雨でした。
予報では7時くらいから雨の予報でしたが、朝4時以前よりあめ。
雨より前に作業を!!と思ったのに、起きた時にはすでに雨でした。

昨日、ちょうど助っ人のIさんにも手伝ってもらい、梨園の伐採がすべて終わりました。
で、今日はだんだん雨の予報だったので、小枝を燃やすのにはちょうどいいなぁと思っていました。
残念ながら雨のスタートになりましたが、ちゃっちゃとニワトリを終わらして雨の中たき火開始。

途中からまたIさんに手伝ってもらって燃やしてましたが、お昼前になりいったん中断。
カッパを着ていたのですが、長靴の中までびちょびちょでした。

で、午後イチで別の打ち合わせがあり、そのあとまた燃やす予定でしたが雨が強くなっていて、夕方から別の用事が入っていたこともあって、作業に入るのはやめておきました。

まだあと1回くらい燃やさないとダメなようですが、早く終わらせて牧草の種をまきたいなぁと思います。。。

雨がちょうどよく小雨で降ってくれる・・・なんてことは無かったです。ざんねん。

梨園伐採完了

梨園の伐採が終了しました。

20170410150358.jpg
朝の様子

20170410171618.jpg
夕方には倒し終わりました。
小枝を切ったりする作業も少ししました。

20170410171604.jpg
週末の雨で、一気に芽がふくらんでいました。

さて、明日は朝から雨の予報。
一気に燃やせると良いのですが。。。

籾播き準備

そろそろ籾播きの時期。

去年はもう1日遅いのですが、今年は明日、明後日と集落の予定が入っているので、一日繰り上げて今日からスタートです。

20170407152248.jpg

20170407152243.jpg
まずは、塩水選。
水より比重の重い塩水につけることで、中身が詰まっている籾のみを選別します。
今回は10Lの水に1.3kgの塩を溶かしました。
低アミロース米なので、もち米に準じた比重1.08を目安に作っています。

うるち米だと、比重1.13とかが標準のようですが、10Lに2.5kgの説明もあれば、2.1kgや1.8kgってのもありました。
どれが正解なんでしょうか?

20170407152817.jpg
20170407153438.jpg
今年は、佐久の方から分けていただいたもち米も植えてみることにします。

20170407154005.jpg

20170407154914.jpg


そして、次は種子消毒。
薬剤を使いたくないので、60℃のお湯に10分間つけて殺菌を行います。
(もちは58℃15分とかもあるようです。今回は60℃10分で二つともやりました。)

20170407160905.jpg
温度を均一にするために熱い湯を入れてかき混ぜるのですが、熱い熱い。。。

10分経ったら冷水につけて急冷です。

そのあとは、浸漬に入ります。
今回は気温13℃スタート。(水温はもっと低いですが)
今年は暖かいので、15℃になってきそうです。


最近見た文献だと13℃を超えてくると種が腐りやすいそうなので、注意です。
こまめに水交換が必要かもですね。

さて、どうなるやら。

ジャガイモの植え付け

20170404051830.jpg
今朝の夜明け



先日耕したアーモンド畑の端っこにジャガイモを植え付けました。

今年植えるのは
こがね丸(自家種と購入種)
十勝こがね(自家種)
はるか(購入)
アンデス赤(購入)
グラウンドペチカ(自家)

です。

今年は、少し品種を絞ってみました。

さて、どうなるでしょうか。

20170404144035.jpg
サツマイモあとに播いた小麦に、サツマイモの匂いを感じたのか、イノシシに荒らされてました。。。。
ジャガイモにも電柵を張らないと!!

もえろよもえろ2

また雨予報になったので、お昼前から切った枝を燃やし始めました。

今日は、まだ地面が乾いている状態からの火付け。
特に風もなかったので、延焼などの怖さはなかったですが、早く降ってくれ~という気分でした。

火をつけて1時間ほどでぽつぽつ(いや、霙なのでふわふわ?)降り始め、午後には(雨に変わり)しっかり湿ってくれるくらいになりました。
それでもぽつぽつからしとしとという感じで、土砂降りにはならず、作業もまだしやすかったです。
本心は、「一度降ったらもういらないから止んでくれ~」という気分でしたが。。。

20170331151527.jpg
ひたすら枝を運んで火に投入、を繰り返し結局午後5時半ごろまでかかって燃やし続けました。
最後の方は雨が少し雪に変わり、気温も1℃くらいだったのですが、動いているせいか濡れてもそんなに寒さは感じなかったです。
風邪ひかないようにしようと思います。

燃やす量はまだ2/5が終わったところでしょうか?
もう明日から4月。
なんとか早く終わらして、牧草の種を少しでも播きたいですね。

20170331170927.jpg

わら草履づくり講習会

今日の午前中は、村内の団体「匠の会」がわら草履づくりの講習会をやってくれるというので、忙しい中ですが参加してきました。

息子が去年から保育園に通っていますが、夏場はこの匠の会のみなさんが作ってくれたわら草履をはいていて、「すごいなぁ、そんな方がまだいらっしゃるんだぁ」なんて思っていたら、地域回覧で講習会のお知らせ。

これは、是非学びに行きたい!!と参加を決めました。

講習会では匠の会のメンバー10人ほどと、村内の方数名に村外からもいらっしゃっていて、合計15名ほど。

縄を綯うのは少し大変なので、一部ビニールひもを使ってわら草履作りスタートです。

20170330110210.jpg
作り途中

20170330110336.jpg
こんなふうに足を使って固定しながら編んでいきます。

3時間かけて、なんとか1足つくりました。
片方は手ほどきを受けながら、もう片方は自力で作ることができました。


途中、会話の中で草鞋(わらじ)のことも出てきて、草鞋と藁草履ってどう違うの?と思って聞いてみたら、草鞋を出してきてくれました。


20170330120555.jpg
これが草鞋。

足首に回して紐で止めるのが草鞋なんですね。
なるほどなるほど。時代劇とかに出てきますよね。

この草鞋も注文を受けて作ることもあるようです。
凄いなぁ。。。



午後からは梨園の伐採続きです。

20170330160904.jpg
わかりづらいですが、中央右側の木をロープで引っ張ってます。

真ん中右側の木が奥側に倒れそうになって、慌ててロープで引っ張って手前側に倒そうと試みてます。
さらにわかりづらいですが、奥側には電線があり、それに倒れたら一大事!!とひやひやしながらロープをかけてました。

無事、手前に倒れて一安心。
まだまだ残っているので、どんどん伐採を進めていきます。


20170330151202.jpg
そうそう、甲州小梅が咲き始めていました。
もう2本ある南高と豊後はまだまだつぼみです。この2つはいつ咲くでしょうか。

運搬車の修理

去年の秋にうちにやってきたダンプ運搬車。

こいつです→ダンプ運搬車

秋口に使ったあと、ハウスにずっと入れていたらエンジンがかからなくなってしまいました。
燃料ポンプ付きの車両ですが、キャブレターを簡易清掃したり、なんだかんだしてみましたが動きません。

どうやらキャブレターまで燃料が来ていない?という疑惑になりました。

20170329131801.jpg
外側から

20170329131859.jpg
内側から

で、燃料ポンプが怪しかったので、取り外して動作確認してみました。
このポンプがちょうどフレームの内側にあって、手が届きにくく非常に取り外すのが大変でした。

下からや上から手をつっこみ、背中や腕や足がつりそうになりながらなんとか外してみると、なんと、正常に動いていました。。。

あれ?なんで?と思いながら、じゃあ、どこだ?と思って、燃料ポンプからキャブレターまでのホースをチェックしてみると・・・
ここが詰まってました。。。
これなら時間と手間をかけてわざわざ外す必要はなかったのに~
まぁ、仕方ありません。

そのあとは、キャブレターのフロート栓が異物が詰まっていて動作してなかったので、再度キャブレターの掃除。

で、動くようになりました。
動かなくなったのは年明けにハウスから出そうとして動かなかったとき以来なのでほぼ3か月ぶり。
無事動くようになってよかったです。

もえろよもえろ

ちょうど雨というか雪が降っているので、今日は今まで切ってきた木の一部を燃やしました。

20170326055019.jpg

20170326055024.jpg
朝は少し積雪でした。

すぐに雪は雨に変わり、しとしと雨。

雨の中、切った枝をどんどん燃やしていきます。

20170326154100.jpg
途中からは雪も解け、枝も拾いやすくなりました。
が雨が止むことは無く、少し濡れながらの作業でした。

ですが、やっぱり火事は怖いので、(特にこの場所は枯草などがあるので)雨の中のたき火に限ります。


すこし綺麗になってうれしいです。

ようやくはんぶん

ちょっと更新をサボっていましたが、またちょこちょこ書いていこうとおもいます。
言い訳をさせてもらうと、スマホの電池の持ちがわるく、全然写真を撮れなくて書く気が失せていたというとこです。
さかのぼって更新もしていこうと思います。

さてさて、牛の放牧を行う予定地である隣の梨棚跡地。
生え放題だった梨(台木?)を少しずつ伐採を進めてきましたが、ようやく半分くらい終わったかな?というところにきました。

20170324155028.jpg
ようやく半分くらい。
細いものから太いものの薪用と、小枝サイズを分けています。
2年分くらいの薪になるような気がします。小枝も燃やそうと思っていますが、火事が怖いので雨の降りだしくらいに着火したいですね。。。


昨日に引き続き、お手伝いしていただいたので、グッと進んだ気がします。
来月頭には終わらしたいなぁ。。。




20170324160530.jpg

20170324160555.jpg
困るのがこちら。
どの木もだいたいこんな感じで鋭いトゲがあります。
太くてもあるので、木を切り倒すときや運ぶときには要注意。
結構刺さってきて、地味に痛い。

負けないように頑張ります。

今日も伐採

ちょこちょこやっている隣の放置梨園の伐採作業。

今日は阿智の知り合いにお願いして助っ人に来てもらえました。
忙しい方なので少しの時間でしたが、山仕事を少しされていることもあって、早い早い。
さすがだなぁと思いました。

そして、これを貸してもらいました。

SBSH0226.jpg
小さいチェーンソー

バーが短くて、持ちやすいです。
片手で持てます。が、切れ味は大きいのと変わらず危ないので、両手でしっかりと持って切り方もキックバックが起きないように注意しないとダメです。
が、片手でやってしまいたいときもあります。。。

SBSH0227.jpg
どれくらい小さいかというとこれくらい。
うちのと比べるとバーは半分くらいですね。

SBSH0225.jpg
写真ではよくわかりませんが、ちょこちょこ進んでいます。

鶏糞出し

なかなか完了できないでいたニワトリの床を出す作業。
ようやく終わりになりました。

せっせせっせと袋詰めして

SBSH0220.jpg

SBSH0221.jpg
取ったあと
取った場所がへこんでいるのが分かりますか?

SBSH0222.jpg
軽トラで運び畑に下ろしてきました

まだ袋ごと下ろしただけで撒いてないので、これから時間を取って撒いていきます。



SBSH0224.jpg
また、近くの農家さんからリンゴをもらいました。
ニワトリ達も大喜びでついばんでいます。

この時期、ミネラルが不足するだろうと思っているので、ありがたいです。

リンゴ

先日、もらってきたリンゴ。

ニワトリに与えました。

久しぶりのリンゴだったからか、みんな飛びついていました。

20170308085127.jpg


もう少しで春。
寒いのも好きですが、暖かくなるのも楽しみです。


午後からは、寒い間にしかできないこと。
おばぁさん鶏の解体をしました。

鶏と麦の宴(屠畜ワークショップ)で生き残った子たち。
予定では2月中に解体する予定でしたが、岩手行きや体調不良が重なってできなかったので、今になっています。
20羽ほど残っているうちの半分をやっていきます。

スモークチキンにして食べようと思います。
楽しみ、楽しみ。

伐採開始

今日は出荷準備を午前中に済ませ「もー」に出荷をお願いしたあと、午後から放牧地の伐採開始です。

元梨園で、棚はもうほとんどないのですが、放置されて育った梨の木があちこちに。
梨の若い木には若枝が針のように尖がって、太いトゲになっています。(しかもひょっとしたら台木かも。としたらさらに野生に近いから鋭いトゲに。。。)

細い枝を切って運ぶのもトゲが刺さるので一苦労。
こりゃ、皮手袋を買ってくるべきだなぁ・・・

100本以上はあろうかとおもいますが、とりあえず6本くらい倒しました。
太いところは薪として使おうと思います。

写真は取り忘れ。。。

消防団春の訓練

今日は午前中が消防署との緊急訓練。

午後からがいつもの春の訓練と式でした。


午前中は幹線道路で玉突き衝突、車両火災と負傷者数名という想定。
自分も救護班として、軽微なけが人の手当てを行いました。

そういえば、手当てに使った三角巾返してもらってないや( ^ω^)・・・どこいったのかな?

20170305091839.jpg
訓練前にパシャリ。
救急車と救急隊員だけでなく、病院から医師看護師も派遣という想定で、お医者さん用車?のドクターカーも出動です。


午後からは歩行訓練など。。。

立ちっぱは腰が痛いです。

さて、明日は出荷日。
たまったタマゴを出荷できるように調整しないと。。。

柿酢

ニワトリ達に与えている熟した柿や柿の皮。
いい具合に発酵が進み、柿酢になってきました。


20170304110923.jpg
黒いのは柿渋がすぐ酸化して黒くなるから。
塊を壊せば断面は鮮やかなオレンジ色です。

20170304110927.jpg
水面ギリギリ上のドラム缶がキレイに鉄色が出てるのわかりますか?
これ、柿酢のカテキンのおかげか、還元してこんな色になっている模様です。

おからサイレージに混ぜて与えます。
ニワトリ達も大好きです。

最近は草のサイレージやこの柿酢、リンゴ粕サイレージなど野菜類というかビタミン、ミネラル、繊維類が大好きです。
春を感じているのでしょうか?


春と言えば

20170304165219.jpg
南アルプスが少し霞んできました。
くっきり見えていた冬の空気がゆるんで、春の霞がかった空になってきています。

20170304165157.jpg
地面でもモグラが活性化。ぽこぽこ土山を作ってくれています。
あんまり掘り返さないでね。。。


そしてそして、本当は明日取りにいくのが習慣なのですが

20170304122706.jpg
チップ取りに行ってきました。

なぜなら明日は一日消防団の訓練があるからです。

なかなか1日取られるのも痛いです。。。

お醤油打ち合わせ

20170302064733.jpg
昨夜から降り始めた雪。
午前中に雨(霙)に変わった時もありましたが、ボタン雪になってふわりふわりと落ちてきていました。
午後には雨に変わり、夕方には止んでくれました。
今日はいろいろとやることがあり、バタバタの1日でした。

朝の仕事をちゃちゃっと片づけ、お醤油の打ち合わせにお醤油屋さん「松岡屋醸造場」に行ってきました。

内容はズバリ、「販売の容器の選定」です。

このお醤油、いろいろとこだわっているのでうちのタマゴ同様に高くなるのですが・・・
内容量をどれくらいにするかを悩んでいます。

今、うちではこの松岡屋さんから1.8lの一升瓶で購入しているのですが、ふつーの家では1㍑でも大きいとか聞きます。
お醤油をあまり使わなくなっているということなのでしょう。
うちでは、なんでも醤油。煮物にも結構使いますし。

なので、180mlの瓶や500mlのペットボトルなど。。。
いろいろ単価や手間など聞いてきました。結局それが商品価格に跳ね返るわけですから。。。

難しいですね。

20170302120503.jpg

20170302120921.jpg
お醤油もろみを少し味見
凄くおいしくなっていると、松岡屋さんからもお墨付きをいただきました(お世辞?)


松岡屋さんと打ち合わせたあとは、そのまま同席のココダニクリエイトの方と食事を取りながらパンフレットや販売形態についての打ち合わせ。

食事が終わると今度は、急いで下條へ。
今日は息子の保育園の降園時間がはやいのでお迎えに。
と思っていたら、途中混んでいたのもあって、保育園バスの時間に間に合わず。
結局保育園まで行くことになりました。保育園の先生方にメンドウをおかけしてしまいました(汗

そのあとは夕方の作業をしつつ、子供たちの面倒を見つつとまたバタバタして終了。

そうそう、「もー」はちょっと病院で健診だったので、忙しかったのです。

体調が微妙な中、無事とりあえずの仕事がこなせてよかったです。

チェーンソー目立て

まだ、少しお腹の調子が良くないので、少しずつできることをしていきます。
この様子だと完治まで1週間くらいかかりそう。。。

ちょっとニワトリの世話をこなしつつ、今日は座ってできる作業をすすめます。

もうすぐ木の伐採が始まるのでチェーンソーの手入れを。

20170301100232.jpg
やすりでゴリゴリ

20170301101021.jpg
下手くそですが、まぁそれなりに切れるようになったでしょう。。。

この後は少し薪割り。
来年の大事な暖房燃料です。

消防団規律訓練

昨日も引き続き大量不良の一日でした。

微熱と軽い頭痛、腹痛。
ただし下すことは無し。

そして、今日はようやく微熱と頭痛はなくなりました。
が、微妙にまだ腹痛が残っています。

昨日もそうですが、ちょっとだるい中、やらなきゃいけない作業を休み休みこなしました。

鶏舎の床材をおろしたり、ちょっと床を手入れしたり、餌をつくる準備して作ったり。
やることはたくさんあります。

でも、今日は少しお腹がいたくらいなのでようやくマシに動けるようになったと思います。


今日の夜は消防団の上の役職の方が参加する規律訓練でした。
規律訓練って?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、簡単にいうと号令に合わせた行進練習や小隊(数名~十数名の団体)の作りかた・号令のかけ方。
まぁ軍隊とまではいかないですが、号令に沿っていろいろと動きます。
大勢団員がいる中で、災害時等に均等に人数を分けるときとかに使えそうです。

小隊と中隊でもすこし動き方が違う時があって・・・なんていろいろあるようですが、そこまで覚えきれません。。。

で、私は入団してから3年目。
仕事上欠席することもあったのでほとんどこの号令や動き方がわかりませんでした。

そろそろ役職が上になってきたというのもあって、いい勉強になりました。
(下の方に教えることができないとダメですからね。。。)

伊那谷に帰還

昨夜、ようやく伊那谷に帰ってきました。
が、すこし昨日の記事に書いたように体調不良でした。

で、今日もお腹の調子が悪く、熱を測ってみると37℃台の微熱。
そして少し頭痛です。頭痛は微熱のせいでしょう。。。

これはいわゆるノロなんかの食中毒で、そのせいでの微熱(と頭痛)でしょうか?

とりあえず、今日は作業は妻に任せて、妻にできない作業を少しこなすだけにしました。

帰ってきてバリバリ仕事をこなすはずだったのに、最後の最後でやられました。

ダメだったのはお昼に食べたカキフライか?それとも海藻ラーメンか?
しっかりしてくれよ、飲食店。。。

ありがとう、中洞牧場

20170225061205.jpg
中洞牧場事務所の正面玄関のドアベル



昨日で牧場での作業はおしまい。


20170225055258.jpg
朝、部屋からの風景。
搾乳のために集まってきている牛たち。



今日は、ひたすら伊那谷を目指して走ります。

が、その前に、岩泉町の隣の田野畑村でも山地酪農をしている農家さんがいらっしゃるので、少しお邪魔してきました。
実は、田野畑村の農家さんにも行きたいなぁと思っていたのですが、1時間ほど離れていて、研修中にはお邪魔できず、帰りの時間を考えると行くのは無理かなぁと思っていたのです。
が、昨日の夕方の作業の時に牧場スタッフのMさんが、せっかくだから行ってくれば~とすぐ電話でアポを取ってくれて、行けることになったのでした。

P2245346.jpg
田野畑村山地酪農研究会「くがねの牧」の熊谷さん

中洞牧場ではジャージー主体で独自のミルクプラントに対して、田野畑の熊谷さん(山地酪農家2軒あるうちの1軒)はホルスタインに系統出荷をしつつ、村内の公営ミルクプラントで個別の山地酪農牛乳を製造してもらっているという形で、同じ「山地酪農」を謳いながら販売の方法が結構違ってくるという感じでした。

山地酪農というと、たくさん乳量を求めない(たくさん絞らない)というイメージで、それに対して系統出荷は割りに合うのか?という疑問もあったのですが、それについてもいろいろと教えてもらいました。

そういう意味では、短い間でしたが非常に勉強になった1時間弱でした。

で、田野畑村からリアス式海岸を南下し宮古市で昼食。

20170225105641.jpg
せっかくなのでカキフライと海藻ラーメンを食べました。

ちょっと多すぎたのか、カキフライが少し脂臭かったせいなのか、少しそのあと気持ちが悪くなりました。

そして宮古から盛岡まで国道を走り、盛岡からひたすら高速道路で南下していきます。

P2245349.jpg
途中、こんなトラックとたくさんすれ違いました。
盛岡から岩泉に抜けるときもあったのですが、停まっていたいたのでボロかと思っていましたが、現役バリバリで何台も動いていました。

調べてみるといすゞのTWボンネットトラックというタイプだとか。
1951年から製造されたにもかかわらず、1986年まで製造されて(特殊には1993年)いて、年期を感じるけど新しいものもあるようでした。


宮古から盛岡まで走り、盛岡南ICから
東北道、北関東道、関越道、上信越道、長野道、中央道と同行のT君と交代しながらひたすら下條村を目指しました。

が、途中、碓氷峠を通過しているくらいからお腹の調子が・・・
あれ?これは。。。下す感じだぞ。

ちょうど運転交代の時間だったので、SAで休憩。と同時にトイレに駆け込む。
でも、微妙に出ない。。。

とりあえず、また来たらどこかで止まろうと思い、とりあえず下條村へ向かいます。
幸いにもそのあと下すということは無かったのですが、ずっとお腹の調子が悪いまんま。

とりあえず、下條村の自宅に到着しました。
中洞牧場を7時前に出発して、9時半前に自宅に到着。
行きは12時間でしたが、帰りは寄り道や遠回り(路面凍結とかそういう危険性があったため)したので14時間半でした。

お腹の調子が悪いですが、無事帰ってこれてよかったです。
同行してくれたT君にも感謝いっぱい。

村内の酪農・畜産が環境問題も含めて良い方向に向かうぞと明るい未来が見えた研修でした。

FC2Ad