FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

鶏糞撒き

今日は田んぼに鶏糞撒きです。

鶏舎の床から床材を取って田んぼへ撒きます。
今回の床材は草が多いあまり分解が進んでなさそうなところ。
ま、脱穀が終わったら秋起こしをして春までゆっくりなじんでくれればいいかな。。。

20200928161555.jpg

20200928161600.jpg
袋詰め

20200928165406.jpg
撒いてきました


天気がそれなりに良いのでお米が結構乾いている感じでした。
少ししたら水分計持って測りに行ってみようと思います。

そば畑草刈り

今日は朝からそば畑の草刈り

当初は4人くらいしか集まらない予定でしたが、来れない方が早くに来てやってくれたりと結局10人弱集まってくれました。


20200925083231.jpg
最後の1面
場所によっては石が多くて難儀します。
やってると大体どこにあるか慣れてきますが、それでも刃が壊れるのでなるべく当てないように。。。

20200925094530.jpg
見た感じは生育良さそうです。


20200925202215.jpg

20200925202459.jpg
今夜は栗ご飯
なかなか皮をむくのがたいへんです。

芝栗も落ち始めているので楽しみです。




大麦運び

今年はニワトリのエサに小麦だけではなく大麦も注文していました。
1週間ほど前に入荷の連絡があったのですが、なかなか行けず。

ようやく今日行ってきました。

202009241536051.jpg
軽トラに積んで農協から家まで

20200924152907.jpg
ファイバースノウが欲しかったのですがホワイトファイバーという品種でした。
あれ?とある計画で使う予定だったのですが、使えないか?

20200924154206.jpg

202009241542121.jpg
去年産ということもあって、黄ばんでいる気がします。
皮を剥くと白いのでしょうか?

202009241543221.jpg
トラックコンテナに入れ終わりました。
小麦と違って嵩があるので入りにくいです。


20200924155638.jpg
ついでに機械センターによって注文していた草刈り機の部品ももらってきました。
タンクに穴があいて使えなかったんですが、ようやくこれで使えるように。


番外編


20200924111445.jpg
もみ殻燻炭作ってみました。
使う用途はまだ決めてませんが、どうなるかなぁ?

2020稲刈りひと段落

今日は稲刈り

202009220507151.jpg
空気はさらさら稲刈り日和っぽい朝

20200922055340.jpg
日の出は5時53分。遅くなりました。



20200922084258.jpg
朝露がまだ乾かない9時半前からスタートです。


昨日、1/4くらいは終わったなぁ。
今日はどれくらいできるかなぁと思っていたら、意外にも早くに終了しました。

なんと午前中で大きな田んぼの残りの分を刈り取って、そのまま3枚の1段目、2段目と順調に刈り取りができてハザ干しまで終わりました。


例年だと、どの田んぼも山側が水が抜けなくてトロトロ状態。
バインダーが埋まってしまって出すのも大変、そのあと手刈りするのも大変・・・という状態でした。

が、今年は代かきの時にあえて山側をすこし高くしてみました。それだけ水が抜けにくいなら少し水が無い時期でも乾いてしまうことは無いだろう・・・それよりも刈り取りの時に水が無い方がどれだけ楽だろうか。

そんな楽をしたい思いで試してみましたが、梅雨の後の雨が降らない猛暑続きでもなんとかなることがわかってよかったです。


20200922100017.jpg
3段のうち1枚目もあっという間に終了。
山側は少しぬかるみましたが以外にもバインダーが入れて全部機械刈りできました。


202009221007151.jpg
2段目、ここが見た感じ山側がドロドロになっているのでどこまでバインダーが入れるか?


202009221127081.jpg
と思っていたら、写真のところまでバインダーで刈り取れました。
最後3列ほどは後ろから押してやって無理やり進んだ感じですが、それでも手刈りよりも楽で速い。

残りは短い2列のみ!!

20200922171052.jpg
手刈りも2,3分もかからずに終了。

あっというまでした。
バインダーが順調に動いて刈り取れると時間的には10倍違ってくると思います。
今年はバインダーが入れてよかったです。



で、もう一つ要因が。
それはお手伝いパワーのあるなし。
今年は3人のお手伝いがいてくれたので本当に助かりました。

20200922090123.jpg
お願いすると比較的すぐ動いてくれる2人と

202009220905231.jpg
なかなかスイッチが入らない1人

でもスイッチが入ると2人分以上に動いてくれて助かります。

3人で良く手伝ってくれました。



202009221156321.jpg
ハザに干しました。
稲穂がきれいです。

20200922170949.jpg
3段ハザ約8区画分です。

20200922174225.jpg
ハザシートをかけて終了。


あと1枚残っていますが、こちらはもち米で、2週間ほど熟期が違うので、また刈り取りは2週間後くらいです。





で、困ったことが起きました。

最後の2段目の田んぼを刈り取っている時(ちょうど半分くらいのとき)に機械からゴリゴリと異音が。
刈り取り動作中ではなく、走行中に音がします。
ということは車輪関係(車軸やエンジンからの伝達部位)だなぁと。
本当はここで一度やめて原因を特定した方が機械が長持ちするのですが、やっちゃえ~と最後までやってしまいました。

で、刈り取り終わるころにはギャリギャリと周りに響くくらいの異音が響くようになっていました。


帰って車軸をバラシて見ると(以前から少し気になっていた部分)

20200922143830.jpg

20200922143837.jpg
車軸のベアリングが完全に破壊されていました。
(こんな風に外れないはずなのに摩耗して外れてしまいました。)

昨日も結束不良が30回に2回ほど出ていて、調整部分を無理やり(元々からある調整機構はすでにダメになっていて、マニュアルにはない部品を無理やり組み込んで)調整している(それでも結束不良は50回に1回くらいになった。)こともあって、もうそろそろ新しいものに替えないとか?という思いもあったのです。

ベアリングを新品にするとちょっと特殊なベアリングなので6000円から1万円くらい?タイヤがボロボロで結束部分にも不具合があり、各部も消耗している・・・となると、だったら中古で程度の良いものを・・・と考えてしまいます。
自分の人件費は無視して部品代が安くて直せるなら直すのですが、今回は考えどころですね。


もち米が2週間ほどあとに残っているので、どうするか、考えないといけません。

稲刈り2020開始

午前中に卵の出荷を終わらせ、午後から稲刈り開始です。

といってもハザ部品を運んだり、バインダーを運んだりで、刈り取り時間は2時間ほど。

20200921080559.jpg

20200921080556.jpg
きれいに晴れて秋の空


20200921144851.jpg
いざ


20200921150309.jpg
株の本数は15~18本くらい
2~4本植えなので分けつ数としては少ないなぁ。。。




大きな田んぼの半分ほど刈り取ってハザを立てていきます。
少し子供たちが手伝ってくれたので助かりました。


20200921171715.jpg

20200921171839.jpg
今日の出来高。

明日が本番なので、明日でほとんど終わらせられればなぁと思います。

稲刈り準備

そろそろ稲刈りです。
今年は長梅雨の影響で出穂も遅れ、平年より数日遅いですが、そろそろ刈っていいかなぁという感じになってきました。

どうしても、田んぼの中では成熟が遅いところがあり、それを待っているとどんどん日数がかかり、田んぼが乾かなくなってくるので天気が良いタイミングで刈ってしまった方が良いなぁと思っています。

明日から2.3日晴れるようです。
明日は卵の出荷日ですが、早めに出荷を終わらせて刈り取りをやってしまおうと思います。

刈り取りで重要なのが


バインダーの不具合を無くすこと


そのためにバインダーのメンテをしっかりとしておきます。


20200920 171652

20200920171655.jpg

各部に注油し、エンジンの具合もしっかりと見ておきます。

一番の心配は結束不良。
このバインダーはそこが結構ヘタってきているのでそこが心配です。

まぁ、やってみるしかないですね。

特別ディナー

美味しい仔牛たちのお肉。
自分でさばいて食べてみるのですが、火加減とか料理方法とかあまりわかりません。

特にレバーやシビレという部位はなかなか難しいです。

やっぱりここはプロの腕で!ということで、東京自由が丘のルジュジュ(Le joujou)の鈴木シェフがちょうど中川村にきているので、お店の機材などそろってないですが無理やりお願いして調理をしてもらうことにしました。

20200919190907.jpg
じゃじゃーん。超豪華ディナーです。


20200919185915.jpg
ウチのレバーでレバーパテ。
玉ねぎもウチのOP黄
グラスフェッドバターたっぷりの贅沢な一品

20200919185646.jpg
知り合いのスペルト小麦のカンパーニュ
前述のレバーパテでパテドカンパーニュ?です。


20200919190100.jpg
ウチのこがねまる(ジャガイモ)のピュレ。
つぶすと粘るこがねまるはピュレにはピッタリ?

20200919185626.jpg
レバーソテーリヨン風
玉ねぎ、にんにくがバルサミコ酢(本当は別のものらしい)の酸味が効いて乗っています。

20200919185430.jpg
シビレのムニエルキャラメリゼ クロモジで串焼きはちみつとマスタードで
甘辛の味付けにクロモジの香りが香る逸品
トロっとした食感で、臭みもない部位でした。

シビレとは胸腺という仔牛の間しかない器官でホルモンの分泌を行うところです。
フランスでは高級食材ですが、去年までは捨てていました。。。もったいない。

20200919190349.jpg
仔牛シンタマ(モモ部位)のミートパイ
パイ生地はキタノカオリとゆきはるかのブレンド


20200919192038.jpg
切ると肉汁が溢れます。

20200919181025.jpg

20200919181149.jpg
こんな感じで肉を包んでいました。

20200919191757.jpg
ゆきはるかのパスタ(パッパルデッレ)
手長エビのパッパルデッレです。


20200919180738.jpg
ゆきはるか、パスタでも美味しいのですが、すぐのびるのでダメですね。
なにかとブレンドすると良い感じです。


そして本日のメインディッシュ!!

20200919195537.jpg
サルティンボッカ
シンタマの良いところをプロの腕前で焼いてもらいました。

塩加減も焼き加減も最高で、おなかが少し膨れていましたがそれでもとても感動!!
めちゃくちゃ美味しかったです。


202009191908581.jpg
美味しいオーガニックワインもあわせて

20200919185726.jpg
サラダが2種あったのですが、写真撮り忘れ
このサラダはウチの材料ではありませんが、有機栽培だったりする特別仕様。


材料も腕も超一級の素晴らしい時間を過ごすことができました。
機材が無い中、こんなにも美味しい料理を作ってくれた鈴木さんに感謝です。

ごちそうさまでした。

加工用トマト


今年は加工用トマトを数株栽培しています。
梅雨明けから少しずつ取れるようになって、ようやく最盛期でしょうか?


いつもは写真の鍋とボウルに1杯ずつくらい。
20200916181018.jpg
昨日はその倍量取れました。


地這いで育てているので虫(コオロギ?)の食害にあって腐ったり、枯れた葉っぱが果皮にくっついたりと洗う手間があったり、傷んでいるところをトリミングしたりと大変です。

20200917212241.jpg
きれいに洗うのもなかなか時間がかかります。



で、そのあとの加工も皮を剥く必要があるのですが熱湯につけて湯剥きするか、一度冷凍するかの2択でした。
冷凍はエネルギーがもったいないし、でも生のまま火にかけると使っている鍋が薄いこともあって焦げやすいです。数回焦がしました。
なにかいい方法はないか考えていたら少し思いつきました。

阿智の食品加工場ではケチャップやジュースを作るので種まで取り去ります。
その加工工程を見ていると砕いて濾しているようです。

少し前から真似して濾してみるとうまく行ったので、今回はすべて濾してみることにしました。
冷凍するエネルギーが要らない事、火にかけて付きっ切りにならなくても焦げない事がポイントです。

20200917212236.jpg
ミキサーで適度に砕きます。
今回は16リットル分でした。
煮詰めて10リットルくらいになるでしょうか?結構な量が取れました。


そしてアクを取りながら火にかけていきます。
アク取りさえ終われば弱火で煮ていけば焦げることはありません。
(終盤、煮詰まってくると危ないですが。)

とりあえず沸騰した状態で蓋をすれば簡単に腐ることもないですからね~

9/18追記

202009181154421.jpg
4時間ほどに詰めました。
まだまだ量はありますが、生の感じが消えてトマトソースになってきました。
これを濾していきます。


9/21追記
(煮詰まって)10リットル分を濾すのはなかなか大変でした。
他に作業が無いと良いのですが、他の作業が入ってくると忙しいです。
うーん。やっぱり場所があるなら冷凍するのが一番なのでしょうか?



番外編

20200917104042.jpg
20200917110540.jpg
北の国から試験栽培の種が届きました。

パスタ用にどうか?という品種です。
今年のように栽培自体が難しい気候環境になってきているかもしれませんが、粉の性質も見てみたいのでとりあえずやってみようと思います。


もうすぐ稲刈り

今年は電柵(ダミー)を張る前にイノシシに侵入されました。
田んぼの中で暴れられることは無かったのですが、中を通られて少し稲が倒されています。

それよりもやられたのが田んぼの縁の畦の部分。
泥遊びをされて畦の外の湧き水の水路が壊されました。

このままだと水が抜けず稲刈り時に支障が出るので畦を作り直したり溝を作り直したりしてやりました。

20200916115458.jpg
畦の作り直し

大きくやられたのは3段の田んぼの上2段。
湿った土や泥を移動するのはなかなか腰に来ます。


20200916113810.jpg
草に覆われてしまっている場所の草刈りもしました。
お日様の光が地面に当たるようにしておくと乾きやすくなります。


20200916104834.jpg

20200916104326.jpg
水口付近など場所によっては青いところもありますが、全体的にはいい感じです。
あと1週間くらいでしょうか?
天気が安定しているウチに刈り取れるようなら刈り取ってしまおうと思います。

ジャガイモの掘り取り

ジャガイモの掘り取り2回目。

まだ雨の水分が残っていますが、この先も天気予報が雨マークがちょこちょこと続くので掘り上げてしまいます。

残っているのは「はるか」と「十勝こがね」


はるかはそれなりに豊作でしたが、十勝こがねはイモも小粒が多くさらに緑化がちょこちょこあり、浅い位置にありました。
よくよく記憶を探ってみると、土寄せがあまりできてなかったかも・・・(いつも逆側の畝から土寄せして、こちらまで来なかった気が。。。)

12080.jpg

12081.jpg

12082.jpg
次男にも手伝ってもらって、せっせと掘っていきました。

12079.jpg

はるかはネズミの食害が少ない気がします。
でんぷん量がすくないからでしょうか?


3時から雨の予報が出ていたので、午前中と、午後1時間ほどで完了。
3時半ごろからパラパラ、4時くらいからざっと降ってきて、予報通りでした。

雨の前に終わってよかった。

去勢

仔牛たちの去勢を行いました。

自分でもやれる方法が無いわけでもないですが、念のため獣医さんにお願いしています。
ただ、忙しい方なので、こちらの方にくる予定があればそのタイミングでやってもらってます。

で、今日の午後に獣医さんがやってきて去勢を行ってもらいました。

もう4年目(4回目)なのでこちらも慣れたものです。

麻酔?を打って仮眠してもらって物を切除。
縫合して抗生剤と覚醒剤を打って完了。


12024.jpg
仮眠中。ロープで足を引っ張って股を広げます。



準備からなにからで2頭で30分ほどで終了です。

しばらく、枠の中で飼うことになります。
青草、刈って運んでやらないと。。。

ジャガイモ収穫

ようやくジャガイモ収穫です。

梅雨中にニジュウヤオシテントウに葉っぱを食べられ、そのまま枯れ上がったのですが、数年前から真夏に掘るとそのまま腐ってしまうことが多くて、秋口まで置いておきます。

で、ようやく収穫することに。

丁度休日なので、子供たちに手伝ってもらって収穫を進めます。
ちょっと雨が続くので、とりあえず、メインで作っている3品種の半分ずつを掘り取ることにして進めていきます。


掘っている途中、イモに虫がいました。

20200906163241.jpg
わかるでしょうか?


20200906163257.jpg
にょろっと出ています。


20200906163304.jpg
引っ張り出してみました。

たまにイモにぽつぽつ穴が開いていることがあったのですが、犯人はこいつなんですね。
食害、困ります。

早く終わらせて自転車乗りに行こう!!なんて言っていたのですが、半分ほど行ったところで雨がぽつぽつ。
急いで撤収!!ハウスにイモを入れたコンテナを入れて~なんてやってたら土砂降りに。

明日の明け方から降る予報だったのに、想定外です。

自転車に連れてってやるという約束で手伝ってくれたのに、行けなくなって子供たちはブーブー言っていました。
でも仕方ないじゃん・・・

小麦の準備

今年の小麦栽培は梅雨の影響でいろいろとダメなこともありましたが、めげずにたくさん作ろうと思います。
今期蒔くのは新しい品種(試験栽培)もあるので多くなる予定。

去年は絞りましたが、今年は多いので少し面積を増やします。

20200905115427.jpg

20200905115430.jpg

20200905115434.jpg

20200905133901.jpg
傾斜部分ですが、ここにも栽培する予定です。

5回ほど作りましたが、3回は倒伏で刈るのに難儀した場所です。
懲りずに作ろうと思います。

原付レストア

知り合いからもらった原付

タンクがプラスチックだからその先のキャブの掃除をすれば大丈夫だよ~と言われていて分解したのです。

が、タンクがプラじゃなく金属で、めっちゃ錆びててタンクのさび落としからキャブれたーの錆まで混じった洗浄までやりました。

全部きれいになったんですが、一つうまく動かない部品があって仕方なく新品交換することに。

20200904144932.jpg

20200904144925.jpg
燃料タンクに直接固定されている負圧コックというもの。

専門的な話ですが、キャブレターに2本のホースでつながっていて、1本は燃料が、1本は空気が流れていてキャブレターから燃料がクランクケースに送り込まれると(負圧になる)ゴム膜が引っ張られて燃料がタンクからキャブレターに流れるという仕組みです。

このゴム膜が破れているようで(分解できないのでぐりぐり錆カスを落としていたら壊してしまったらしい)勝手に燃料が流れます。
で、キャブレターのオーバーフロー。
仕方ないので新品を買うということに。


新品交換したらきっちりエンジンがかかるようになりました。

外装を直し、バッテリーを付けてくみ上げ完了しました。
ナンバーを取って自賠責を取ればとりあえず、乗れるようになります。

次の自動車保険の更新が近いので、そのタイミングで任意保険も加入しようと思います。

餌用小麦運び

今年もニワトリ達の1年分の主食を運ぶ時間がやってきました。

倉庫の掃除は昨日したので、ひたすら運ぶだけです。

ニワトリ作業を終わらせて、最寄りのJAへ行き、小麦をフォークリフトで積んでもらって戻ってきました。

20200828085706.jpg


20200828085711.jpg
1袋25kg、全部で240袋を運びます。


20200828132853.jpg
右の段で60袋、左で30袋
90/240が終了

途中お昼休憩をはさんでひたすら行ったり来たり。

JAと自宅、自宅の敷地内で軽トラからトラックコンテナを行ったり来たり。

20200828163139.jpg
ほとんど長野米の袋なのですが、2袋だけ北海道米の袋がありました。
品種はゆめぴりかでした。懐かしい・・・

20200828165254.jpg
そして240袋終了です。

今年は大麦も500kgちゅうもんしたので、写真右奥の空いているところに入れるつもりです。

まだ連絡が来ないですが、来たら20袋だけですが、運びます。


番外編

お昼休憩の時にウチのグラスフェッド仔牛肉でローストビーフを仕込みました。

20200828145651.jpg
部位はソトモモのシキンボウという硬いと言われる部位です。


20200828194606.jpg
ですが、しっとりと柔らかく美味しく出来上がりました。

美味しいご飯で疲れも吹っ飛びます。

餌用小麦準備

今年は餌用の小麦がなかなか届かないなぁと思っていたのですが、昨日に突然の入荷の連絡。
しかも棚卸があるから今月中に取りに来てくれとのこと。

え?今月中ってあと3日ですけど。。。

急すぎるわ!!

と文句いっても仕方ないのでとりあえず受け入れ準備です。

残っている去年の小麦を外に運び出して、小麦以外のものも邪魔になるものが多いので運び出します。

20200827154850.jpg
あと少し

20200827155839.jpg
ほぼ完了


あとは掃き掃除などして終了しました。

明日、どんどん運ぼうと思います。
腰を痛めないように気を付けます。

水汲み

2月に出来上がった乾麺うどんが無くなったので、再注文です。

小麦を精麦して、箱詰めして準備は完了。

もう一つ重要なモノが。。。


猿倉の泉の水

20200819135223.jpg
練り水に浸かってもらうので汲んで送ります。


20200819135247.jpg
ついでに飲みます。

近くにはもう一つ有名な湧き水があるのですが、そちらの水は少し硬め、こちらの水は柔らかいので、こっちの方が好みです。
ただ、あっちは源泉に車を直付けできるのに対してこちらは階段を上らなければならないのでなかなか大変。
そういう意味ではあっちの方が人気があるんでしょう。

いつ乾麺になって戻ってくるか楽しみです。

秋そば種まき

今日は共同でやっているそば栽培の播種作業です。


1年前からシーダーでの播種です。
今年は小型のシーダーを買い足したのでこちらも活用するつもりでしたが、シーダー機能の調整方法がわからず(とりあえず大麦と小麦しかわからなかった。)ので、ブロードキャスターでのバラ蒔きとシーダーについているハローでの撹拌作業で播種としました。

20200818094328.jpg
60馬力フィアットでシーダー播き

20200818145302.jpg
23馬力ジョン君でばらまきとハロー耕耘

20200818154517.jpg
なんとか終了です。

今年の秋そばはどうなるかなぁ。。。

サイレージ作り

今日はニワトリ達の冬の緑餌「サイレージ」作りです。

まずは草刈りから

20200815084039.jpg
地面が斜めでもでこぼこでなければロータリーモア(牧草モア)で

でも地面が微妙に起伏があるところが多いので、7割くらいは刈払い機で刈ります。


で、1日乾かして明日草を集めて裁断してドラム缶に詰めてとやるつもりでしたが、思ったより乾き具合が良いので、今日仕込んでしまうことにしました。
午後3時過ぎから草を集めて裁断してを繰り返します。



20200815161939.jpg
1回目

20200815165301.jpg

20200815165458.jpg
ワラカッターでどんどん裁断していきます。

裁断したものはブルーシートの上に溜めていきます。
持ってくる場所によって水分が違う(長い草や短い草、種類も違うため)ので、それらをまんべんなく混ぜられるようにすべてを裁断して混ぜてから詰め始めます。

まぁ、一番は人数も足りないのもあるのですが。。。
私はひたすらカット、相方もーがひたすら草を集めて軽トラにのせる役です。



20200815174350.jpg
2回目

合計3回集めてきて裁断しました。

それが終われば今度はドラム缶に詰めて踏んでいきます。


今度は踏んでいく人と、コンテナに詰めて運んでくる人。


20200815191035.jpg
踏んでいきます。


このコンテナに詰めるのは子供たちでもできます。
競争してやってくれました。

いつもはすぐ飽きて遊んでばかりの長男が文句も言わず、汗だくになりながらコンテナに詰めてくれました。
成長を感じれて感動です。

子供たちの些細な労力が本当に貴重です。

ときの声

ふと、ニワトリの作業をしていて気づきました。

春に入れたヒヨコが大きくなっているのですが、ときの声を上げています。

まだまだ「コケコッコー」ではなく、「オケーオー」みたいな感じですが、間違いなく鳴いています。



だいたい、この声をあげてから1か月くらい後に初卵を生み出すのですが、ちょっと早くないですか?
うーん。どうなるか。。。

ワラカッター整備

20200814051353.jpg
日の出前

今日はニワトリの緑餌に使っているワラカッターの整備です。
刃が丸くなっている気がするので研ぎます。

20200814090158.jpg

20200814090152.jpg
回転刃を砥石で研いで、減った分を調整するために、反対の刃にギリギリになるようにします。

明日、サイレージ作りなのでスムーズに行えるように準備ですが、うまくいくでしょうか?
他にもいろいろと使う道具を準備しておきます。



20200814114458.jpg
で、お昼に流しそうめんをしました。
3種、そうめんを変えてみましたが、やはり揖保乃糸おいしいですね。
国産小麦の揖保乃糸もあるみたいなので試してみたいです。

加工用トマト

今年は試験的に加工用トマトを植えてみています。


グラスフェッド仔牛肉の煮込み料理で、トマト缶とワインで煮込むと美味しいということがわかってトマトソースも自家製!!ということに挑戦しようと思って植えてみました。

サンマルツァーノ系のルンゴという品種とよくわからないイタリアンレッドという品種の2種類

梅雨があけてようやく収穫できるようになってきて、品種食べ比べをしてみました。

20200813163752.jpg

20200813163802.jpg
長い方がルンゴ、短い方がイタリアンレッドです。

加工用トマトって、皮の色が黄色っぽいのに果肉は濃い赤なんですね。


加熱(電子レンジで)もしてみましたが、違いはあまりわからないというのが正直なところ。

これからどれくらい採れるのか?わかりませんが、加工していこうと思います。

そば畑肥料撒き

今日は共同でやっているそば畑の2回目の肥料撒きでした。

とりあえず残していた3枚の圃場の刈り取りが終わったので、他の方が朝からフレールモアで草刈り。
それが終わったので肥料の鶏糞撒きです。


夏そばで生育が悪かったところの土壌診断をしたら3要素はそれなりにあるけど微量要素が無いということだったので、ミネラルの多い肥料も試験的に圃場を1つ決めて入れてみました。

しかしめちゃくちゃ暑い。
4時くらいになってくるとまだマシですが、なかなか殺人的な暑さです。

午前中の遅い時間に昨日刈った田んぼの草を集めに行ったのですが30分でリタイア。
夕方6時から行って残りを集めて完了です。
熱中症にならないように頑張ります。


畦草刈り

田んぼの草が伸びてきたので畦草刈です。

昼間に行ったのですが、あまりの暑さに退散。
夕方、日が暮れるころに行って刈ってきました。

20200811172721.jpg



20200811163919.jpg

20200811163940.jpg
穂から穎花が出ていました。

今年は5日ほど出穂が遅くなっていましたが、収穫はどうでしょうか。
雨が無くなり水が無くなってきます。気を付けて水管理しようと思います。

鶏舎掃除

梅雨明けしてから連日晴れ続き。
とても暑くなっています。

ニワトリ達も暑そうにしていて、産卵数も落ちています。

とりあえず気温を下げることはできませんが、風通しが悪くなってきているので網に付いたホコリを取り除きます。
使うのは、動力噴霧機。ただの水を高圧で噴出してホコリを飛ばします。

20200810172600.jpg

20200810172610.jpg
部屋と部屋の仕切りも

20200810172428.jpg
外側の網も


すっきりきれいになりました。
これで少しは風通しが良くなって涼しくなるかな?

大豆の青枯れ

大豆の草取りをしていてふと気づきました。

あれ?なんか枯れてる。。。



202008081402141.jpg

202008081402221.jpg
下葉が枯れています。

20200808140232.jpg
よく見ると枯死しているものも

あれれ?なんで?
よく見てみると、影響が出ているのが畑の中でも山側の場所
長雨で水がずっと浸みていた場所です。

202008081408561.jpg
根っこは・・・腐っているわけじゃないけど・・・?


20200808140907.jpg
つい最近枯死したものも

普及センターに聞いてみたら根っこがやられているのが原因だとか。
根っこの量も少ないようです。

長雨のあとに一気に晴れが続いているのでびっくりしているようです。
うーん。残念。

鶏と麦の宴~黄金の麦編~④ 脱穀

今日は鶏と麦の宴の麦編、脱穀です。

③の刈り取り編は天候不良とコロナのため、直前のアナウンスとなり大きな開催はできませんでした。


刈り取り後、乾燥が進んでようやく脱穀です。
今年は梅雨で小麦栽培にとってつらい気候となりました。
このような気候は今後もよくあらわれるようになると思います。自然相手の農家としては困ったものです。

で、今日は脱穀から。
ハザに干して乾燥していたものを動力脱穀機(ハーベスター)にかけて脱穀を行いました。
この後、しばらく保管して製粉したりして使うつもりです。

で、鶏と麦の宴のランチタイム

20200804102504.jpg
今日は鈴木シェフ特製クレープ食べ比べです。



ユメセイキ、南部小麦、スペルト小麦の3種食べ比べ。


20200804130221.jpg

20200804132740.jpg

202008041346161.jpg

塩っ気のあるものから甘い物までいろいろと食べ比べ。

人によって好みが分かれて面白かったです。
結局香りなのか、食感なのか、包容力(食材を包み込む力)なのか、そのあたりのどれを主軸にするかで好みが分かれたと思います。

たまにはカルボナーラ

今日はパスタマシン(ヌードルメーカー)で1.6mm丸麺を作ってみました。

それでカルボナーラ麺です。

20200803201813.jpg

20200803201855.jpg
特製カルボナーラ

茹で時間が規定どおりだと子供たちが硬い硬いと不評でした。

ちょっと出張

今日は用事があって長野市まで。

20200802134530.jpg
高速道路で寄り道せず向かいます。


まずは、第一の目的。
ちょっとお高いですが、薪割り機買っちゃいました。

で、それを手で乗せるのは無理なので、チェンブロックで引っ張って載せます。

20200802141753.jpg

20200802141755.jpg

ウインチとかあれば良いんだと思いますが、そんなものはありません。

20200803145552.jpg
無事、積載完了。


そして、第2の目的地へ。
(せっかく近くまで来たので寄ってきます。)


20200802153606.jpg
小布施牧場

20200802154145.jpg

20200802153449.jpg

20200802155025.jpg

20200802170743.jpg
事前に連絡を取って、牛舎まで見せてもらいました。


うーん。
乳関係の設備とかいろいろと見せてもらったので勉強になりました。

草を

20200801170531.jpg
ニワトリに草を与えます。

今日は雨じゃないのですごくやりやすいです。


そろそろ晴れ間がちょこちょことあるのでようやく梅雨明けでしょうか?

20200801165430.jpg
牛たちはこんな感じです。
少し草が減ったでしょうか?