FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

田んぼ除草

今年も始まりました。
田んぼの除草作業です。

今年はとりあえず動力除草機(ミニエース)は使わずにカブマトールGとチェーン除草機で頑張ります。

20200609113902.jpg
カブマトールGで土を株元に押しやって草の芽を隠してしまう作戦です。

202006091201231.jpg
今日は水が少な目(ひたひた)だったので、意外と土が寄せれた気がします。

202006091203261.jpg
もう少し

で、今回、代かきのときに懸念した通り、草が多く残っていたので土が沸き気味です。
歩くと泡がぷかぷかして、表面はトロトロです。
良いのか悪いのか。。。根っこにとっては活着が良くないようで活着が遅れている感じです。
が、泥がトロトロで表面に発芽した草は押さえやすいです。。。稲の生育が遅くなってるのはデメリットか?

20200609110231.jpg
お次はチェーン除草
こちらも今まで植える条に沿ってかけてましたが、今回から条に対して直角に引くことにしました。
チェーンに草クズが絡んでくるので引くたびに草を取り除きます。

どちらともどうなるやら


20200609170152.jpg
玉ねぎの収穫をしました。
少し前に早生を、今回は中生を収穫です。
まずまずですね。

少しトウ立ちしてしまってます。
晩生のネオアースも1割強ほどトウ立ちしてしまったのですが、暖冬が原因でしょうかねぇ。

ペレットから米ぬかへ

やってきた仔牛たち

今までは元の酪農家さんのところで食べていた乾草とペレットでしたが、徐々にウチの生草と米ぬか主体の餌に変えていっています。

20200606094703.jpg

やっぱり加熱(煎ってある?)してあるペレットは美味しいようで、生米ぬかはあまりですね。
それでも慣れてもらわないとねぇ~

そば畑の草刈りと機械修理

今日は午前中、そば畑の草刈りを行いました。
仲間内に声をかけて10人以上集まってくれました。

20200603082048.jpg
まぁまぁ生育が良い畑

20200603082312.jpg
少し発芽が悪い場所

20200603082301.jpg
ここは少し生育が不ぞろい

20200603074347.jpg
ここも発芽不良です。
上段の田んぼから水が浸みてくるらしく、雨が降るとダメですね。


午後からは洗濯機の修理です。
脱水ができなくなりました。

エラー番号から脱水層が動いていないという状況です。

ネットで調べると洗濯物が引っかかってて動かないということが多いようですが、手で脱水層は抵抗なく動きます。

いろいろ事例を調べていると配線が断線で交換している人が1件ありました。

そういえば・・・前回修理した時もメカモーター(メインのモーター)まで交換したのですが結局は断線が原因でした。
ということは・・・



メカモーターから出ている線をとりあえず外してテスターで断線をチェックしていきます。

と、太いのでメインだと思われる線が3本あり、そのうち1本が抵抗値が高いものがありました。
(抵抗値が高いということは線がほとんどつながってない)
おそらくこれだろうということで、基盤のコネクタ付近からモーターの近くまでバイパス線を引き、新しくそちらに結線しました。(銅線をねじったりではなく、はんだ付けしました。)

20200603121010.jpg
写真中央の左下にある赤線に黄色いビニールテープが巻いてあるものが、今回バイパスした線
(本当は熱収縮チューブをつかって防水絶縁するつもりでしたが見当たらなかった・・・)
その奥に紫の線が写っていますが、これが前回バイパスした別の線です。

振動によって断線するのでしょうか?

ハーネス(配線)一式を交換する予定でしたが、修理できてしまったので交換は無し。

まぁとりあえず直ってよかったです。

田植え

いろいろあって今日は午後から田植えです。
明日にしようか迷ってたのですが、泥の感じがよさそう(固まってきた)のもあって午後一気に植えちゃいました。


まずは、必要なものの運搬から。
まず苗を持っていきます。
育苗プールから苗を軽トラにのせていきます。
苗の乗せ方はいつも通り斜めに重ねていく感じ。
これだと一気に24枚運べます。

で、去年からプールの水が抜けてしまうので、今年は下にパイプハウスのビニールを敷いてみたのですが、途中から水がすぐ抜けてしまうようになってしまいました。

やっぱりどっかに穴が空いていたのかなぁ?と思っていたら・・・

20200602131019.jpg
大きな穴が開いていました。

20200602131023.jpg
どうやらモグラかモグラの穴を通ってネズミが来たようです。
このネズミ、かなり小さいみたいで、直径1.5cmの網を通り抜けるくらい小さいです。
隣のお米を置いているところでネズミ捕りを仕掛けているのですが毎度餌だけ持っていかれて扉は閉まっているという状況が何度もあります。
今回もこのネズミかなにかの仕業のようです。

20200602135050.jpg
苗を並べて

20200602135052.jpg
田植え開始です。

20200602144321.jpg
丁寧にどんどん植えていきます。

今回は苗とり量をほぼ最大にして、初めから苗の本数を多くしてみました。

20200602162317.jpg


20200602162351.jpg
1段目

20200602162354.jpg
2段目

20200602162435.jpg
結局、こんだけしか残りませんでした。
うーん、ちょっと補植には足りませんが、どうしようかなぁ。

20200602162413.jpg
3段目。
ここはもち米です。
念のため5枚作ったのですが、2枚以上余りました。
3枚あれば補植もあわせて充分ですね。


番外編
20200602115547.jpg

ニワトリの柵づくりの続きで杭を打ちました。
4辺のうちあと1辺をやればとりあえずは完成です。

20200602120329.jpg
のこり1辺はここ。
いつできるでしょうか?

仕上げ代かき

荒代かきから数日ですが、仕上げ代かきです。

ほぼほぼ土は砕かれて泥になっているので
今回は土面の水平を出すようになるべくまっすぐになるように、土を押したり引いたりして調整していきます。


202005301046271.jpg


202005301109501.jpg


20200530110931.jpg


20200530104632.jpg


20200530110958.jpg


20200530111023.jpg

土を引っ張ったり押したりして調節します。
今年は、いつも湿気やすい(というか秋に水が抜けない)山側を少し高くしておきました。
吉とでるか凶とでるか。


で、今年は春が暖かく草の伸びが早くて、さらに田起こしが5日ほど遅かったので、春草のスズメノテッポウがたくさん生えてしまいました。
で、その大量の草が田起こし、代かきでは分解せずに結構な量が残ってしまいました。

土に埋め込むように代かきをしてみたのですが、結構浮いてしまいます。
あとから泥が沸きそう(分解してメタンガスなどが出るわ、土中の酸素が無くなるわで良いことなし)で反省点です。
来年は荒起こしを4月半ばにした方が良いのかもしれません。



どうなるでしょうか。



子供がカエルを捕まえました。

20200530094840.jpg

20200530094847.jpg

20200530094810.jpg
普段見るのはトノサマガエル、シュレーゲルアオガエル、アマガエルくらいなのですが、初めて見る大きなカエル君です。

調べてみると背中の模様からダルマガエルっぽいということがわかりました。
うーん。面白いです。



20200530164207.jpg
果樹園に網を張るべく単管を立てています。
いつ出来上がるかなぁ?

あら代かき

2回目の代かきです。

202005281036491.jpg

20200528105657.jpg
まだまだ荒い土を砕くようにゆっくりとかけていきます。


20200528112308.jpg


202005281123111.jpg
苗がそろそろいい感じに育ってきたので、少し経って仕上げ代かきをしようと思います。

牛が来た

今年度の牛がやってきました。
名前はまだ決まっていません。

202005261213581.jpg



20200526104306.jpg



20200526121411.jpg
2頭とも預かってもらっている前に肺炎にかかってしまったようで、今は回復しているのですが、少し障害が残っているようです。
黒っぽい子は喘息のようにゼイゼイと少し苦しそうです。

これからよろしくね~




20200526135454.jpg


20200526135525.jpg
ウズラたちも元気です。
どうなるかなぁ

畦ぬり

今日は畦塗りをしました。

先日代かきしていい感じに泥が練れたので、それを鍬ですくっては畦にのせて均していきます。


ついでに、畦シートが田んぼ側に押されて倒れてきているところを剣先スコップで削り、まっすぐに直していきました。


で、数日前から水が入って来なかったのですが、雨が降ったにも関わらず水が入っていませんでした。
取り入れ口からあふれています。どうやら詰まっているみたいです。

202005251053591.jpg
ただ、この配管、クランク状になっていてただの棒を突っ込んでもうまく入りません。
赤線のように2回曲がっているのです。

なので、使うのはある程度の硬さもあるけどしなやかさもある、水道用の黒パイプです。

上側から突っ込んで前後に何度も動かしてやります。


初めは抵抗があり、おそらく砂だと思うのですが、押している感じはありました。
何度もやっていると抵抗がなくなり、ほぼほぼ下側のL字のところまで押せた感じでした。

が、それでもまだ詰まっている感じでした。

そこで、今度は逆側から棒を突っ込んでみました。

20200525105352.jpg
するとズルズルと出てきました。
ワラビの葉と草のかたまり。

砂が溜まったうえに葉っぱまで詰まっていたようです。

これが取れてから一気に水が流れ出し、砂も出てくるようになりました。
念のためもう一度黒パイと棒で砂を押し流しておいて、完了です。



20200525112652.jpg

20200525112703.jpg
途中、サワガニがいました。
驚かしてごめんね~




20200525141357.jpg

20200525141404.jpg
大麦が育ていました。
今年も美味しい麦茶が飲めそうです。

畦ぬり準備

大きな田んぼの畦塗を毎年行っていますが、前回の代かきでは畦際の水回りが悪くしっかりと代かきが、出来ていませんでした。
なので、今日、とりあえず畦際だけ代かきしておきました。

20200521144848.jpg
入って左に急カーブ。
そこから時計回りに1周して出てきました。

ちょっとずつ水が回ってきています。

202005211448361.jpg

202005211448421.jpg

202005211448571.jpg

3段のうち、2枚目は結構溜まったのですが、1枚目はまあまあ、3枚目はまだ足りません。
1枚目に入れば、そこからの漏水で3枚目に流れると思うので、もう少し水量があればなぁと思います。

雨があまり降らないので、どうなるか心配です。

ヒヨコ小屋

20200520083421.jpg
朝8時は産卵ピーク
産卵箱前が行列です。

段々暑くなってきたので産卵がどこまで続くか、バテないか心配です。


さて、今日は子供たちと鶏小屋づくり。
今年のヒヨコを子供たちがそれぞれ1羽ずつ育てるということで、そのために特別に小屋を作っています。
その壁にする野地板に加工します。

20200520171440.jpg
3年ぶりくらいに使う電動カンナ


20200520171454.jpg
非常にきれいになります。

もちろん手カンナに比べると表面のつややかさは劣りますが、速さや手軽さからするとすごく便利です。


壁を作って、後は網と屋根を作れば大枠は完成。
扉もどうするか、子供たちと一緒に考えようと思います。




そして昨日代かきをしました。
午前中田んぼに水が入っているか見に行ったら

20200520095536.jpg
まぁそこそこ入ってました。

20200520095541.jpg

20200520095550.jpg
もう少し浸みてこないとダメですね。

今年はいつ頃田植えになるでしょうか。

もみすり精米機

数年前に中古で購入したもみすり精米機

もみすり部分のゴムが傷んできていたのですが、さらにすり減って穴があいてしまいました。
部品の注文を農機センターに頼んでも良いのですが、ちょうどネットで部品が見つかったのでそっちで注文することに。

三菱ブランドですが、中身はオータケ製ということで、型番は同じでした。

で、部品がとどいたので、早速交換です。

部品は2種類

202005191705181.jpg
回転する水車の羽のようになっている部分。

202005191743171.jpg
そしてその水車の羽から弾き飛ばされて当たる周りの部分です。

水車の車のような部品はねじを外してすぐ交換できたのですが、問題は周りの部分のゴム板。

なぜか、しっかりと付けているはずなのにネジ穴が少し合わないのです。
よくよく調べてみると長さは同じなのに厚さが1mmほど厚い。

思いっきり力の限り押してみたりしましたがやっぱり入らないので、あきらめて新しくドリルで穴をあけてしまいました。

自分の機種、同じ型番でも少し違うものがあって2種類の亜種があるようなのですが、このせいでしょうか? 

まぁとりあえず直ってよかったです。




今回は部品代で1.3万くらい。
結構しますねぇ。。。

田起こし

今年は遅くなりましたが、ようやく田起こしを行いました。

暖冬の影響で(現在は作物の進みを見てて平年並みに戻った気がします)草の伸びが早いです。

20200515100140.jpg
トラクターで起こしていきます。

20200515100143.jpg
下の段もスズメノテッポウだらけ。
隣の田んぼはもう1回目の代かきが終わっています。


20200515105913.jpg
秋起こしの時に撒いた鶏糞に小麦が残っていたようで、小麦が穂をつけていました。

20200515110217.jpg
4枚目の大きな田んぼ

荒起こしが終わったら、今度は畦シートきわを掘っていきます。

20200515113129.jpg
畦シートのギリギリを掘ったり、逆に畦が押してシートが内側に傾いてきているところがあるので、その場合は畦側を掘ったりしてまっすぐになるようにします。

20200515120536.jpg
完了!!


暗渠の栓をして、注水開始しました。
なかなか水の溜まりが遅い田なので、何回かに分けて耕しながらの入水になると思います。

今年は草の伸びが早く、田起こしも遅かったので、草が上手く腐ってくれるか心配です。。。







番外編

買った夏野菜苗の定植を行いました。
去年、夏から敷いてよかった紙マルチを試してみます。


20200515165932.jpg
使う紙は、ニワトリのエサの小麦が入っていた米袋
穴をあけて使います。


20200515165424.jpg
とりあえず、苗を植えた周りのみですが、あとから通路にも追加しようと思います。

ウズラその後

孵卵器で孵ったウズラたち。

全部で11羽が孵りました。

27個中、無精卵3個、初期中止卵1個、後期中止卵11個、孵化11個でした。
後期中止卵は、途中でコンセントが抜けたため3時間から4時間ほど保温ができていなかったためだと考えています。(30℃まで温度が下がっていました。)
途中で死んじゃった子、ごめんね。


20200514065520.jpg
色はバラバラ

20200514065536.jpg

20200514065544.jpg
すごくちいさいです。
ウズラ2個分くらいでしょうか。
毛があるので大きく見えるんだと思いますが、よくあの小さな殻の中に入ってたなぁと思います。

ディーゼルエンジンのヘッドガスケット交換

餌ミキサーに付けているディーゼルエンジン。
中古で隣村の方から買ったのですが、1年くらい前からヘッドの辺りから冷却水が漏れるようになってきて、最近特に減るようになり、ミキサーでまとめてエサを作った時(1時間ほど撹拌)にはシューシューと湯気を吹いていました。

さすがになんとかしないと!ということで元の型番(ヤンマーのテーラーXY800だっけ)から調べてもらって部品を取り寄せました。

で、部品が来たので、早速交換作業です。


ディーゼルエンジンは2014年2月に初めて分解して、そのあと3つ目の分解です。
この部分の分解は3回目(3つ目)なので、もう慣れたものです。(むしろ前回、前々回はさらに分解していました。)

20200513144602.jpg
まずはヘッドカバーを外します。


20200511170001.jpg


202005111700071.jpg
そして、さらにヘッドを取り外します。

本体とヘッドの間にあるガスケット(わずかに柔軟性があり、微妙な隙間をふさいでくれる部品)を新しいものに変えます。
上の写真にくっついています。少し金属の入った紙状の部品です。

これを取り除きます。
紙のように繊維があるのですが、破れてしまって本体側とヘッド側にこびりついています。

これをきれいにはがさないとまた漏れてしまうので、傷つけないように取り除きます。



20200513142345.jpg
使うのはスクレーパー(ヘラ)です(写真下部)。
金属製のものをうまく使って削り取っていきます。
写真上部には古いガスケットが写っています。

20200513142919.jpg
こんな風にピカピカにします。

20200513142925.jpg
もちろん本体側も。
ボルトが出ているのでやりにくいですが、幅の小さなヘラを使って取り除きます。


両側ともきれいになったら

20200513143051.jpg
新しいガスケットを挟み


20200513144557.jpg
元通り組み上げていきます。


燃料パイプやオイルパイプが厄介ですが、気を付けて組み立てていきます。



で、ヘッドについているエアフィルターとマフラーを固定して完成です。


試運転してみましたが、問題なく、蒸気の吹き出しもなく動きました。

直ってよかった~(多分ここが悪いだろう!が当たってよかった。)

ウズラ孵る

ちょっと前に届いた孵卵器

早速ウズラの有精卵を注文し、入れておきました。

毎日湿度調整のためにお湯を足し、温度をよく見ておきと17日目。
教科書通りの17日目の今日、産まれました。


ふと「ピィーッピィッー」とどこからか変な音がする・・・

あれ?ひょっとして!!と思って孵卵器を覗くと


20200511141749.jpg
なんかいる!!

20200511141756.jpg
割れた殻。
尖ってないほうをくるっと1周きれいに割って出てくるんですね。


ちょうど、そのあと子供たちと別の子の出てくるのを観察しました。


見てた子は10秒ごとに、ブスッと内側から徐々にずらして穴をあけていきました。

目が開いてないはずなのに、しっかりと確実にさっき開けた穴の隣をつついて破いてました。
なんでわかるんだろう??

面白い体験でした。



追記
結局27個中、4個が無精卵、1個が初期中止卵、11個後期中止卵、11個が無事孵りました。
(後期中止してしまったのは、途中(11日目くらい)にコンセントが抜けて電源が切れてしまったのが原因かと思われます。)

真空ポンプ修理

ジャンクで真空包装機を買ったのですが、ポンプの引きが悪い。。。
とりあえず、分解してしまえ~とばらしてみました。

20200510135855.jpg
真空ポンプを外す前に配線の確認。
多分交流100vがそのまま流れているのですが、一応印を打っておきます。
(テスターで確認すればよいのですが。。。)

202005101357511.jpg
全体図
100vとかいろいろ書いてありますが、とりあえず、目的のポンプの電線のみ外していきます。

真空包装機からポンプを取り外し、オイルを抜いた後、ねじを外してどんどんばらしていきます。



手がオイルまみれなのでなかなか写真が取れませんが。。。


表カバーを外し、中のポンプ心臓部の蓋を外し、ベーンと呼ばれるハネが付いているところまで分解します。

20200511114641.jpg

20200511114058.jpg
この青白いものがベーンと呼ばれる部品で、くるくる回ることで一定方向に空気を排出(吸入側が負圧になる)する仕組みのようです。

この辺りに細かい金属ゴミが付着していたのできれいに掃除して、くみ上げていきます。


とここでトラブル。
台座を固定するネジ4本のうち1本がが変な抵抗があってスムーズに入っていかない。
あれ?ネジ山も微妙に削れている。。。

おかしい。。。といろいろ調べてみたら原因はこれ。

20200511114054.jpg
画面中央の微妙にあるバリ(金属の突起)

2020-05111140501.jpg
こんな感じで突き出ていました。


なんだよ~ということで、やすりで削ります。

20200511114652.jpg

きれいに取れたので、再度組み立てていきます。



前よりは吸うようになったので、これで良いかと思います。

さて、もう少し調整が必要ですね。

夏そば播種

今日は共同でやっているそばの播種作業でした。

その前にニワトリ作業を終わらせます。

20200508084326.jpg
今日も青草たっぷり。

20200508083501.jpg
ユメセイキが出穂しはじめていました。


そしてそば畑で播種作業です。

各場所にオイルを差したりグリースを差したりして整備してから播種作業スタートです。



20200508155452.jpg
2回目のシーダーによる播種をやってみます。
自分がシーダーで播種している間に、もう一台のトラクターでリビングマルチ用麦の播種を行ってもらいました。
こちらはブロードキャスターで蒔きます。

20200508122229.jpg

20200508133214.jpg
こんな感じで蒔きました。
うまくいくと良いのですが。。。


トラクターを代わって、ブロードキャスターのトラクターのオイル交換を行います。
春に交換したのですが、また乳化していたので交換です。
(たっぷり乳化したオイルを交換したのですが、どうしても残ってしまったものが再乳化の原因??)

ミッションオイル交換で、すべてオイルを抜くのでついでに油圧ポンプにつながるフィルターの掃除もしました。

20200508155009.jpg
またべたべたです。

20200508155015.jpg
きれいに拭いてパーツクリーナーで洗っておきました。



20200508150032.jpg
そのあとも順調に播種を行い

20200509151225.jpg
無事完了です。

20200509142948.jpg
トラクターもきっちり仕舞って完了です。

サツマイモ準備

今年はサツマイモを植える場所を、今まで耕作してなかったところにしてみようと思います。

2年ほど前にニワトリの床に入れているチップを山にして積んであったままほったらかしだったので、まずはそれを広げるところから。
結構な量があるのですが、腐葉土化が始まっていました。

で、その中にカブトムシの幼虫が~

20200506110126.jpg
子供たちは大興奮

20200506111214.jpg
兄弟仲良く

20200506111144.jpg
飼いたい!!と集めていました。


が、小さい虫かごなので水分調整とか絶対無理だろうということで、諦めさせました。
その代わりに近くに穴を掘ってそちらに腐葉土チップを移動。
その中に幼虫を入れておきました。
もうすぐ繭化するはずなので、もう少ししたら成虫になるでしょうか?




また今度、トラクターで耕そうと思います。


ハネがにょきにょき

20200505075650.jpg


20200505075646.jpg

20200505074904.jpg
ここ最近夜に冷え込んでいましたが、今のところ無事に育っています。

翼が生えてきました。

このまますべてが生き残るように育てていこうと思います。

機械小屋完成

ようやく屋根の真ん中を閉じることができました。

9052.jpg
元々使われていたΛの字におられている板トタンに目安のラインを引いて、波板の凸山に合わせて穴をあけていきます。

そして、穴にフックボルトを差し入れ固定。

とりあえず手の届く端だけ止めて5枚ほど進めて端まで行きます。

9054.jpg
端まで来たら折り返して飛ばないようにしておきます。


9056.jpg
そして今度は途中の穴をあけ、フックボルトを差し込み
一度下に降りて下側からペンチでフックをC鋼に掛け、さらに上に上り六角レンチで締めて完成。


ようやく、屋根も完全に完成し、小屋として出来上がりました。
筋交いが少し少なくて不安だったので、新しく作って固定しておきました。まぁ気休めにはなるでしょう。。。

午後からは知り合いがやってきて少しお話し。
まぁ、なかなか世間も大変です。

籾蒔き②

今日はもち米の籾播きでした。

先日、籾播きしたものは発芽せず。
なんか、浸漬の段階から少し悪くなった匂いがしていたのですが、半分ほどは半透明だったので生きているか?と思っていました。
確かにうるちに比べてハトムネにもならず、まぁ、蒔いてしまえと蒔いたものの、発芽せず。。。

先日、種もみを分けてもらった方から連絡があり、「発芽しなかったでしょ?ウチも発芽せず、新しく別のものを蒔きなおしたら発芽したよ~余ったものがあるから要るなら送るけど~」と連絡が来たので是非とお願いしておきました。

それが、今日届き、丁度いい感じにハトムネから少し伸びてきていたので、早速育苗箱を用意して蒔きなおしました。

20200504151957.jpg

20200504151954.jpg
1週間ほど差が出てしまいますが、まぁうまく育ちますように。。。


畑の様子を少し

20200504161529.jpg


20200504161533.jpg


20200504161558.jpg
玉ねぎも膨らみ始めました。

20200504172740.jpg
小麦、六条大麦もぐんぐん穂を伸ばしています。

202005041727301.jpg
電柵下の草刈りもしておきました。
そろそろ電柵も電気流そうと思います。

鶏糞撒き

ヒヨコ達が入ってきていますが、まだまだ育雛箱で飼っているので、今のうちにヒヨコ達のいる部屋の古い床を運び出しました。
もうちょっと出せばいい感じになりそうです。

20200503140005.jpg
コンテナに入れた鶏糞を畑へ

20200503135956.jpg
ここは夏野菜を植える予定です。

鶏糞がなじんだら苗を定植しようと思います。

今年は子供たちが少し手伝ってくれるようなので、楽しみです。



そうそう、以前エンジンを積み替えたわらカッター、順調に動いてくれています。
ただ・・・

20200503092314.jpg
こんな感じでエンジンの軸の位置があわなかったので切ってあります。



20200503092319.jpg
ベルトカバーがつけられないので、気を付けて作業しようと思います。

少し休憩

今日は、庭でバーベキューと村内のお寿司でお花見です。

本当はアーモンドの花が咲いているうちに行いたかったのですが、色々と重なって延期。

ちょうど山桜がきれいに咲いているので、今のうちにやってしまえ~となりました。

20200502132927.jpg
ウチの手羽を焼いていきます。
奥に薄ピンクで山桜が写っています。

手羽は美味しかった。。。


20200502134721.jpg
食べ終わって木登りの子供たち
コロナウイルスで休校処置が続きますが、どうなることやら。。。

機械小屋の壁張り②

今日は、壁張りの続きです。

とりあえず新しい波板ではなく、以前張ってあった波板を張っているのですが、腐食して使えなくなっているのもあるので、その部分を切ったり、新しく作ってみたりと試行錯誤しながらの最後の1面でした。

20200501164715.jpg
完成

あとは、屋根の中央部を止めれば完成です。
部品はある(上の写真のトラクターの向こうにある)ので、穴をあけなおして使おうと思います。



番外編

20200501174810.jpg
鶏スープを取り始めました。
おいしくなーれ

軒先の屋根張り

今日は、ウチの機械小屋の軒先屋根づくりです。

事前に、庭に転がっていたポリカ波板を洗っておいたものを、カッターで切断しちょうどいい長さにします。

そして、穴あけ。
さらにフックボルトで固定していきます。

少しC鋼がずれているので、その列だけは穴をあけず原寸合わせで穴をあけつつ、留めていきました。



20200430151810.jpg


20200430174104.jpg
南側

20200430174052.jpg
北側

北側はちょうどいい長さのポリカ波板が無かったので、最後はトタン波板です。
まぁ、この下には薪を置こうと思っているので、このトタンの部分は別の場所に影をつくるはずなのでこれで良いかと。。。


20200430185730.jpg
ヒヨコ達は元気に育っています。
ちょうどぼた餅を並べたように眠っていたのですが、起きてこっちを見ているところです。

そば畑の小屋の屋根張り

202004290519181.jpg
きれいな朝日

今日は、先日作ったそば畑の小屋の屋根張り。

ニワトリ作業を終わらせて、そば畑へ。

しっかりとC鋼の幅を測り、波板トタンに穴をあけていきます。

そして、ひたすらフックボルトをつけて行きます。
仲間2人でやっているので、上からボルトを入れる役、下でフックをC鋼に掛ける役に分かれてやっていくので1日で出来上がりました。
夕方に完成。

202004291624091.jpg

20200429171329.jpg
完成。
トラクタの先が少しはみ出ますが、とりあえず屋根下ができてよかったです。

青草

サイレージが少なくなり、青草が伸び始めました。

今年は暖冬で、季節が前倒し~と思っていたのですが、春先から少し気温が低く季節がゆっくりになってきた感じがします。
が、それでもまだ少し前倒し、草の伸びるのが早いので、たくさん刈って、たくさん床に入れていこうと思います。


20200428085840.jpg
今シーズン初で、大喜び?しっかりと啄み始めました。

20200428091303.jpg
ピヨ達はあまり興味が無く、屋根から出てくる光の当たる場所に集まってました。




番外編


子供たちと天体観測

天体望遠鏡で月と金星を見ました。

20200428191651.jpg


20200428192749.jpg
金星

金星も少し月のように欠けています。
NHKラジオのこども科学電話相談でやってましたが、この金星が満ち欠けするというのが地動説の根拠にもなっているそうです。。。知らんかった。

機械小屋の壁張り

機械小屋の屋根張りがひと段落(まだ終わってない)したので、こんどは壁作りです。

解体前にしてあった波トタンを、腐食して使えないモノ以外はなるべく再利用します。
まぁ、見た目がボロいけど、とりあえず雨風が防げればいいや。本当にダメになったら張り替えよう。

20200427174822.jpg

壁を張る3面の内、2面まで完成です。

ところどころ隙間がありますが、まぁご愛敬ということで。細かい穴もあります。。。まぁご愛敬ということで。。。

壁の続きと軒先の屋根づくり。最後になると思いますが、屋根の真ん中(/\の頂点部分)も残っているし、どんどん進めないとです。

屋根張り上段

20200425051558.jpg
雲海ができていて、日の出前の山の向こうの明かりが見えます。
もう少しで日の出。


今日は、機械小屋の屋根張りの続き。
昨日は下側を張ったので、次は上側です。

こちらは前回の失敗からしっかりと測り直して、事前の記録と相違ないことを確認してから穴あけしました。

20200425131318.jpg
電気ドリルでしっかりと穴をあけていきます。

軽トラの荷台に三脚を乗せ、その上から1枚ずつ張っていきました。



20200425162037.jpg
今回止める3か所の内、2か所まで止めて、最後は重ねたところが残っています。


20200426140814.jpg
そこも穴が微妙にずれているのであけなおしていきます。

20200426140808.jpg
屋根の上なのでコードレスインパクトドライバとドリルで穴開けします。

最後に屋根上からフックボルトを入れ、下に降りて下からフックをC鋼にかけて、さらにまた屋根上に登って六角レンチでナットを締めて完成です。

屋根張り~穴のあけなおし

ニワトリ作業を行って、ヒヨコを引き取りに行き、またニワトリ作業を終わらせ、ヒヨコの様子を見、とヒヨコ中心ですが、今日はさらに鉄骨小屋の作業を続けます。

今日は、反対側の屋根張りです。

で、少し前にやった片面の下側の波板が空けた穴と実際のC鋼の場所がずれていたのでもう一度測って穴をあけなおすことにしました。

で、測ってみたのですが・・・・



なんと、数値はあっていました。
が、ノートにメモした時に読み間違いを行っているという小学生レベルの間違いを行っていました。
なぜか5と3を取り違えてました。

そして、端から順番に3つの穴をあけていくのですが、数値を間違っていたのは2番目。
ということは2番目と3番目の両方が2cm間違って穴をあけていました。

息子にちゃんと書かないと間違うよ~と言っていたのに、自分が間違ってしまうという・・・反省です。



20200424162633.jpg
というわけで、穴の開けなおし

20200424162630.jpg
真ん中と端と2か所間違っています。


で、開けなおしたもので留めると

202004241643401.jpg
きっちり止めれました。

これで下段が終わったので、次は上段です。
明日、出来るかな?


畑では、2条大麦が出穂しはじめました。

20200424065419.jpg

20200424065435.jpg
きれいです。

もう少しで6条大麦も出穂しそうな感じです。

今年も美味しい麦茶ができますように。

麦芽エキスも作ってみたいなぁ。