長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

松本出張 さようならバウム

放牧試験も最終段階です。

昨日積み込んだバウム君を松本の屠畜場に送り届けます。

朝、ニワトリの世話を済ませて出発準備。

前日に書類やら料金やら場所の予習やらを準備していたので、あとは出発するだけ。
子供たちにも最後に触らせてやって(格子から)さようならです。

最寄りのインターチェンジから中央道に入り、長野道と乗り継いで松本市まで。
初めてなので、なんとなく揺れるのが荷台で牛が動く時があるせいなのか、風なのか、路面の轍状の凸凹なのかがわからず。
ゆっくりゆっくり走行しました。

ラジオを聴いていると、県内で路面の凍結による事故やら、スタックで立ち往生して渋滞中とかそんな情報が流れていたので、自分は大丈夫か?と不安になりながらも現地に到着。

20171121104709.jpg
屠場前に到着。

20171121104616.jpg
事務所

屠場の事務所で受付と支払いを済ませて、係留場へ。
1人だと降ろせるのか?と心配だったので松本の知り合いに助っ人をお願いしておいたので、その方に手伝ってもらいながら降ろしました。

係留場の入り口には体重計があり、体重を測ってみました。
166~169kgという振れ幅でした。
まぁ、そこまで肥育と思って米ぬかとかを与えていなかったので見た目通りやせ型です。
あとは肉質がどうなっているか・・・赤身肉。。。

20171121101804.jpg
係留完了です。



20171121101808.jpg
ほかの牛たちもいました。
さすがに子牛はいないですね。


屠畜場では枝肉までなので、枝肉から骨外しや部位別カット、真空パックをお願いする業者さんと、内臓系を洗ったりしてくれる業者さんに申し込みをしてトータルの手続き完了です。

到着は9時45分くらいだったのですが、いろいろ初めてだったこともあり、もたもたしていて11時くらいまでかかりました。
もし次回があるならもっとスムーズにできそうです。

そして帰り。


20171121113336.jpg
辰野のPAで休憩。
日陰はパウダー雪がうっすら積もっていました。



そして、帰って来てトラックの掃除を済ませて返却。

そのあとは畑にでてあやみどり大豆の引き抜き作業です。

20171121150421.jpg
ひたすら抜いていきます。
足が冷たいですね。




20171120162800.jpg
ガランとした放牧地

悲しいとかそういう感情は無いですが、心に穴が開いた感覚と言えばいいでしょうか。寂しい?ような感覚です。
今までありがとう、バウム。

移動準備

今朝は-6℃の冷え込みでした。
いろんなところに氷が張り、ついに家の前の外の水道が凍りました。
凍って破裂する前に凍結防止の電熱線の準備をしないとですね。

今日は出荷日ですが、出荷は「もー」にお願いして、午後からはまず大豆の収穫です。
野鳥による播種後の双葉食害、草に負けての生育不良、夏場の日照不足、そして秋の長雨と良くない現象が重なっていて、さらに熟が遅れていますが、さすがにそろそろと収穫を始めました。

とりあえず、青大豆のあやみどりから始めます。
ひたすら抜いて束にして、紐で縛っていく作業ですが、1時間ほどで0.5畝くらいでしょうか。
まだ熟が甘く、個体が元気なので根張りが強く、抜くのも大変です。

そのあとは、トラックを借りに隣村へ。
隣村といっても本当にすぐそばで車で5分ほど。

20171120150403.jpg
和牛の肥育をされている方から家畜運搬車を借りられました。
いろいろなつながりで助かっています。ヒトのつながりって大事だと強く思います。

20171120160841.jpg
そして、現場に到着。
トラックの積み込み準備完了です。

もーに手伝ってもらいながら、頑張って積み込みます。

20171120161102.jpg
その前に、うちに来てくれたことを感謝。

20171120161112.jpg
よーいしょ!!
当たり前ですが、ひかれるのに慣れてないので踏ん張って動きません。
力ずくで引っ張って、なんとか一歩ずつというところです。

もちろん、運搬車のスロープは上らないので、「もー」に後ろから押してもらいます。


20171120161913.jpg
なんとか20分ほどで積むことができました。

このまま一晩ここで明かしてもらって、明日移動です。



20171120111022.jpg
午前中、大好きな米ぬかとおからと醤油カスのミックスを与えました。
むしゃむしゃ食べていました。

20171120160846.jpg
隣村の牧草地でもらってきた青草も与えていました。こちらもむしゃむしゃ食べていました。

さて、明日が正念場です。

鶏舎の掃除

鶏舎の掃除をしました。
掃除といっても床を掃いたりではなくて、壁の網の埃をとる作業ですが、例年、夏と晩秋にやっていました。

が、今年はいろいろとあり、夏の掃除ができてませんでした。

段々寒くなっていて、昨日の朝も-4.5℃の冷え込みとなり、寒い中の作業は嫌だなぁと思っていました。
というのは、この埃取り作業は動力噴霧機を使って高圧洗浄機のように高圧の水で埃を洗い流すからです。水を浴びることになるので寒い寒い。。。
が、今日は雨。合羽を着ての作業なので、あ、今日やっちゃえば濡れても一緒だ!と思って、溜まっている事務作業を放っておいて(笑)網の洗浄作業をしました。

夏にやらなかった分、風通しも悪くなっていたのでしょうか?しかも最近では日の長さも短くなり、埃が付いているせいで遮光性も出てきてしまって、この影響に拍車がかかっていたかもしれません。

今回、掃除できて良かったです。

20171118142717.jpg
きれいになりました。



20171118144756.jpg
午後2時ごろから雨がやみ、雲海が出ていました。
奥のアルプスには積雪が進んだようです。個人的に好きなニワトリ(鳥)の模様も浮かび上がっていました。




20171118105854.jpg
そして、放牧地ではだいぶん前に蒔いた牧草の種がようやく芽を出していました。
ただのバラ蒔きで、覆土もしていないのでどうなるかと思っていましたが、一部でとりあえず芽が出ているのを見て安心しました。
今年は即席の春蒔き牧草地だったので、来年は今年よりも良い草が生えると思います。

雨ふり

今日は午前中から雨。
前日の予報では10時か11時ごろから降り始める予報。

通常のニワトリの作業に加えて日曜日にもらってきた床材のチップを鶏舎に入れたりと朝からバタバタ。

予報より少し早く9時半ごろからぽつぽつ降って来て、10時ごろから本降り。
少し濡れましたが、ニワトリの作業がひと段落するまでもってくれたので良かったです。

そのあとは、卵の発送があるので梱包作業だったり、色々とたまっている片付け作業だったりをこなしました。

午後からは、やりたいなぁと思っていてできなかったJAの農機センターへの部品注文。
少し前に中古購入したロールベーラーの草を拾いあげる部分のメンテナンスの準備です。

先日、その拾う棒(フィンガバーと言うらしい)が欠品していたので、この部分の少し分解して見てみたら、ひどい有様でした。

20171024155136.jpg
メンテナンス口を開けてみたところ

20171024155119.jpg
中にはぐにゃぐにゃに曲がったの部品がorz

今ついているフィンガバーも全部少し曲がっています。
これ、純正がもとから曲がっているのか?とも考えましたが、たぶん使い方が悪くてこうなったんでしょう。
一応夏まで使っていたというものを買ったのですが、最後だからって無理して使ったのでしょうか?

で、この部品の在庫があることは以前にヤンマー本社に聞いていたので、地元のJA農機センターまで注文(と値段調査)に行ってきたわけです。

多分このバーが曲がっているのは絡みついた草を無理やり引っ張り上げたか、地面を巻き込んだか、そういう感じだと思いますが、そのせいでバーだけじゃなくてその間にスペーサー的なものがあるのですが、そこまで少し痛んでいました。
あ!と思い出して、その部品もついでに注文しました。

20171115062048.jpg
これを印刷してもらってきました。

これがあると助かります。

結構細かい部品がずらっと並んでいます。

全部バラさないで、バー単体の交換だけならそんなに難しくないと思っていますが、今回は全体的なメンテナンスもかねて一度全部ばらそうと思います。
ここが一番過酷に使われるので、ここをしっかりメンテナンスしておくと、今後安心して使えるでしょう。。。

来シーズンが楽しみです。

牛の運搬方法

20171112060945.jpg
今朝の明け方。-3℃の冷え込みです。


昨日取ってきた青草は、だいたい24時間でなくなりました。
少し残ってましたが、おそらく枯草を残していった枯れた場所の密度がたかい部分なんでしょう。

で、予想した通り、3コンテナで1日分くらいだったので今日も2日分の6コンテナもって草を取りに行ってきました。

20171112121717.jpg


その帰りにはニワトリの床に敷いているチップも積んで帰ってきました。
先週もだったので2週連続です。どの部屋に入れようかな?


20171112132901.jpg
草はさっそくバウム君へ。
むしゃむしゃ食べてくれています。


20171112114333.jpg
おからと米ぬか、醤油カスもミックスも与えました。


20171112160105.jpg
夕方、ぎゅうぎゅうに入れてきたコンテナの草が半分くらいになってました。(あれ?まだ半分?)
そして、バウムの右側(向かって左)が膨らんでいます・・・か?
右に第1胃があるので、食べたらそこが膨らむらしいのですが、昨日は膨らんでるなぁと思ったのですが、今日はそうでもなかったです。



で、タイトルの話。

今日、草を取りに行ったときにその酪農家さんに屠畜場までの運搬を相談しました。
軽トラは、やめたほうが良いとのこと。。。
やっぱりそうですか。。。最悪、軽トラごとひっくり返ったり、脱走しちゃうと大変だぞとのことでした。
はぁ、相談してよかった。

で、対策として家畜運搬車借りれば?とのこと。
(私も知っている)近くの和牛の肥育をしている方が持っているので、聞いてみれば?とのことでした。

帰るときに近くを通ったので聞いてみたら、二つ返事で了承を貰えました。
本当にありがたいです。

これで、バウム君の屠畜に向けた準備が整ってきました。
あとは、ちゃんとバウムを操って載せれるか、ですね。。。

草を探して

昨日、出荷で出かけたときに、知り合いの酪農家さんの採草地をちらっと見たら、青草がふさふさ。

ウチのバウム君の草は、たまご屋の敷地内のまだ青い部分を与えていますが、結構な割合で枯草が入るようになっていました。
丈も短いし、幅も短い。
それに比べて、その採草地の草の状態はまだまだ良いほう。

しばらく前に草地について、「刈るには刈るが使ってない状態」と聞いていたので、使っていいか聞いてみたらOKとのことでした。

で、早速今日刈り取ってきました。
とりあえずコンテナで3つ分。おそらくこれで1日分あるかないか。
定期的に取りに来ようと思いますが、少し距離があるので2日か3日に1回にしたいです。

レーキで集めるときに前に刈った枯草が少し入ってしまいますが、うちのものに比べると良い感じです。


草をコンテナに詰めるのを子供たちが手伝ってくれました。
どっちが入れるかケンカしてましたが。。。
20171111121056.jpg
帰りにモーモーが見たいというので、牛舎へ。
落ちている乾燥を与えています。  おい、それやると牛さんお腹壊すしな。。。



そうそう、雨も2回降って、小麦が芽を出してきました。

20171111075218.jpg
ユメセイキとゆきはるか

20171111075245.jpg
キタノカオリ

雨で土ごと流れてないか心配でしたが、なんとか大丈夫そうでした。

そして、キタノカオリはハウスの横だったのですが、この陰になる部分の芽が出てきません。
地温が足りてないのかな??

屠畜準備

11月に入り、霜が降り始めました。
今日は雨なのでさすがに霜は降りていませんが、昨日は軽くおりていました。

こうなってくるともう草は育ちません。
伸びていかないし、現状の青草は枯れていく一方です。

となると困るのがバウム君の餌。
今のところ生えているものを与えていますが、どんどん品質が落ちてくるので考えどころです。
長くても今月末まで。それまでの青(?)草を確保しないとです。。。

で、今日は雨なのと、昨日仕事を少しお休みしたのでたまっていた卵の調整をひたすらしていました。
その合間に屠畜について事務作業。
といいますか、屠畜場へ、屠畜についていろいろ確認してみました。

まずは、屠畜場である食肉公社さんへ。
農家から直接の屠畜について受け付けてくれるか、少し心配でしたがOKとのこと。
ただし、ここでは枝肉の状態までで、その先は隣の農協直販さんが行っているそうです。

で、次は農協直販さんに電話してみました。
こちらでも、なんとか受け付けてもらえるようでした。
枝肉からばらしてくれる形態にもいろいろあるようなのですが、今回は部位別にしようかと思っています。

そして、枝肉ではない内臓類。こちらも別業者さんだそうで、食肉公社さんのほうからご仲介いただけるとのことです。
こちらはまだ連絡できてませんが、せっかくなので、ホルモンも食べてみたいです。

残るは運ぶ手段。
まだ350kgは越えてないので軽トラで運べます。
ただ、落ちないように固定できるかが問題なので、その辺をもう少し考えてみようと思います。

秋起こしと水路整備

今日は、バタバタと出荷の準備や卵の調整に追われながら、ようやく田んぼの秋起こしをしてきました。

先月中旬には脱穀が終わり、中晩性のモチも刈り取って家に運んで干し、肥料も鶏糞を撒いてあとは起こすだけとなっていましたが、雨続きとその雨続きでたまっていた畑などの作業を優先していたらこんな時期になってしまいました。
ひょっとして過去2年で一番遅いんじゃないでしょうか?


で、ずっと雨が降っていたせいか、通常の水路とは違う湧き水が出ているところからたくさん水がでてきていて、それが田んぼの中に染みていました。

その水を使わないときに排水している溝が草などで覆われていたので、まずそこの草取りや溝堀など整備からスタートです。
草の根がしっかりと張っていたり、泥が詰まっていたりと涼しい気温の中でも汗ばむ作業でした。

これが終わったら、本命の秋起こし。
トラクターでロータリーの回転数を落として荒く荒く、でこぼこになるように起こしていきます。

3枚が1時間半くらいで完了。
まぁしっかり角までかけてないので、適当にやるとこんな感じですね。

20171103160358.jpg

20171103160404.jpg

冬風で乾いてくれると良いなぁ~


初霜と醤油絞り

今日は醤油絞り本番。

その前に、ニワトリの世話を終わらせてしまいます。

今日は-2.5℃まで冷え込んだ寒い朝でした。
氷点下ということで、もちろんこちらの減少も。

20171031061651.jpg
20171031061751.jpg
20171031061742.jpg
強めに霜が降りました。
今年初霜です。


20171031080217.jpg
初氷も


お醤油絞りですが、メディアに声を掛けたら、新聞社2社とテレビ局1局が来てくれました。
搾りたての生醤油をたまごにかけて食べてみましたが、最高においしかったです。

安いとは言えないたまご。
でも多くの手間と時間がかかっており、この値段になっています。

一方、醸造をお願いした松岡屋醸造場さんも、安いものも作られていますが基本的には丁寧なモノづくりをしていて、古くからの伝統を受け継いで作られています。

お互い大量生産の競争社会に存在しながら、逆に小さい中での小回りの利いた合作ができたと思います。
この流れをうまく皆様に伝えれたら良いなぁと思います。

以下写真はfacebookより。

23167750_1699823016729159_1988830970200545090_n.jpg

22852101_1699823116729149_3696963512038793287_n.jpg

22885849_1699823186729142_1265631457333435818_n.jpg

23031261_1699823070062487_3697636612630326652_n.jpg

土が流れた。

昨夜から今日にかけて台風が接近し、昨夜は結構な雨が降っていました。
風はほとんどなく、今日の日中に晴れているなか強い風が吹いていました。

雨が結構降っていたのですが、まぁそんなに被害が出るほどではないなぁと思っていたら・・・

20171030105036.jpg

20171030105029.jpg
土が流れていました。

先日、小麦を蒔くために耕したところで、しかも播種機で播種したところがちょうど溝になっていて、その場所を川のように流れたようです。
種ごと流れて無ければいいのですが、果たしてどうでしょうか。。。


そして今日は出荷日。
そして、醤油の初しぼり開始です。
今日と明日の2日かけて、全量の半分ほどを絞ります。

ちょうどお醤油屋さんに伺った時は、絞る準備をしていたところでした。

20171030150413.jpg
もろみ

20171030150840.jpg


20171030150832.jpg
上澄みをすくってみました。
少し色が薄めですが、味は濃いです。


20171030163813.jpg
夕方、南アルプスを赤く染めた夕日がきれいでした。
明日は冷え込むかな?

脱穀と種まき、そして刈り取り収穫

雨の前にバタバタの作業です。

昨日夜にいきなり電話がかかってきて、明日ソバの刈り取りだからと事前通告。
おいおい、前日にいきなりかよ!と。まぁ確かに刈り取り適期をとうに過ぎていて、早く刈らないとというのはわかっていますが、こちらも雨続きで作業が遅れていて、あれもこれもやりたいのに!!という状況。

仲間と相談するも、仲間も同様の状況。。。
どうするよ。。。と知り合いに当たってみるもやはり微妙。

えぇ、最悪、午前中は仲間にお願いして、午後は自分が出るかぁ。でも種まきたいなぁと迎えた今日。

まずはニワトリをちゃっちゃと済ませて(こうやって妥協するので卵が少なくなるのでしょうね。。。)畑の作業に。
とりあえず、脱穀機を返す関係でモチ品種の脱穀を進めたいのですが、あいにく、ここは霧に覆われていてなかなか晴れてきません。
先にできる作業は・・・と小麦の種をまく畑を起こすことにしました。

20171027081653.jpg
霧の中
顔に細かい霧がくっついて冷たいです。
これじゃなかなか表面が乾かないですね。

小麦を蒔くにしても晴れて表面が乾いてくれないことには土がべとべとになってしまいそうです。

トラクターがけがおわって、まだ晴れてきません。
とりあえず、ニワトリの2回目の餌やりをして、ソバ畑にハーベスター袋を持って行ってと時間を使ってみましたが、まだまだ。
(ソバは、基本的に刈り取りはオペレーター任せで、夕方に圃場で収穫したソバを受け取ればいい感じとわかったので、とりあえず一安心。)

20171027100247.jpg
10時でもまだまだ

もう時間が無いので、少し湿ってますが脱穀を始めることに。
わらが少し湿り気味なのと、モチ品種でわらが長いのもあってかハーベスターの回転が落ちます。
もうもったいないとか言ってられないので、あまり奥まで突っ込まないようにして脱穀していきました。
そして無事脱穀完了。
2/3くらい入った袋で3袋と半分くらい。満タンで3袋くらいでしょうか。1俵弱くらいかな?
1畝くらいなので、それなりに採れたでしょう。

ただし、懸念事項が。
それは、モチがモチじゃなくなるというキセニア現象が起きている!!ということ。


水分を測っている時に気づいていたのですが、モミを取った玄米の状態で白濁していない事実。
その穂だけか?と願っていましたが、やはり白濁しているお米が少ない感じです。
確かに隣の方の出穂期が少し重なっているなぁと思っていたのですが、まさか本当にこうなるとは思いませんでした。
まぁ仕方ありません。


そして脱穀していると霧が晴れて晴れてきたので、終わり次第次の作業に。

20171027123203.jpg
今年は播種機を使ってみることに。
ただし、使うベルトが専用のものと多分違う(中古で買った時についてたもの)ので蒔き方がわかりません。

しかも、ベルトの選定以前に問題が。。。

20171027134005.jpg
傾斜地で斜面に直角に蒔くので、下りの時に種を運ぶベルトが斜めにならず水平に近くなり、種がたくさん落ちてしまう。。。

これは困りました。蒔き終わった感じだと通常幕量の3倍くらいになってしまったみたいです。
途中、少し種を落とすようにブラシの部分を改造して板を付けましたが、気持ち減ったくらいでした。

20171027135934.jpg
今回は、35cm幅の条蒔きの予定でしたが、播種量が多いので倍の70cm幅に変更しました。

それでも少し種が足りず。
難しいところです。

それでも6畝くらいの畑で2時間くらいで播種完了です。
ちょっと播種については検討が必要ですね。

そして、ソバ畑に向かってソバを乾燥機がある場所に運んで完了。
なかなかハードな1日でした。

明日から雨。
2日半くらい続くみたいなので、少し休めればいいなぁというところです。

今シーズン初冠雪

今シーズン、初冠雪です。

昨日は雨で、気温も低かったのでひょっとして!と期待していたら、今シーズン初の赤石岳などが初冠雪です。

ちなみに今朝の気温は3℃。
かなり寒いですね。

20171026063616.jpg
でも6時半ごろになると朝日が昇ってくるので温かくなってきます。

糯米品種ですが、明後日からまた雨の予報なので明日脱穀しちゃおうと思います。
明日も色々やることいっぱいですが、今日も色々と大変でした。
なかなか直前に予定が詰まってしまうといろんなことが押せ押せになってしまいます。


20171026112056.jpg
南アルプスを眺めながら草刈り、集め。
最近、草の伸びが悪く短いのでたくさん刈らないと量が集まりません。
今日も写真の状態からさらに倍ほど刈りました。

20171026114306.jpg
もちろんこの方にも与えます。

この放牧地、肥料分が無いのもあってか草の伸びが夏から悪いです。
来シーズンは鶏糞を撒こうかと思っています。


そうそう、お醤油の初しぼりが来週の月曜日と火曜日になる予定です。
絞ってから火入れ、瓶詰となるので製品として出てくるのはもう少し先ですが、楽しみです。
これに合わせてやることもたくさんなので、何とかこなしていこうと思います。

小麦播種準備

台風が通過し、ようやく良い天気になりました。
少し前に見た週間天気では、水曜日に雨マークがあった気がしましたが、再確認と思って今朝の新聞では雨マーク無し。
よしよし、これで長らくできなかった畑作業が進められるぞ!!と思って今日は作業していたのですが、なんと夕方天気予報を確認すると、明日は一日雨。
えぇ?ちょっとちょっと。。。

本当に勘弁してほしいです。

それがあれば今日の作業変えたのに。。。

で、今日は小麦の種まきの準備です。
主には種子消毒と畑の準備。

20171024140729.jpg
今年は3種類の小麦を蒔くことにしました。
隔年での栽培に切り替えるつもりなので、今年作らない品種はちゃんと種を保管しておかないとです。


20171024143315.jpg
まずは、種子消毒から。
蒔きやすさとかを考えて、種が乾いていたほうが良いのでふろ湯法ではなく、温湯消毒法で行います。
55℃のお湯に5分浸けて、そのあと水で急冷。
やけどしそうな温度なので気を付けて作業します。

そして、これを広げて乾燥させます。
乾いてパラパラの状態になると手にくっつかなくて作業がしやすいです。



で、次は畑の準備。
トラクターで畑を起こします。
途中、コンフリーやギシギシなど宿根性の草があるところはスコップを持ってきて掘り起こしました。
まだまだ土が湿っているのでスコップに土がついてやりにくいやりにくい。

途中まで起こして、時間切れです。


今更ですが、明日雨なら小麦の消毒は明日やって、起こす作業をしっかりとしたかったです。
朝、ちゃんと確認したのに~






そうそう、こんなものも届きました。
20171024144939.jpg
ロールベーラー

20171024155136.jpg
草を拾う爪が欠けているので、ゆっくり整備していこうと思います。

お米の移動

脱穀したお米ですが、まだ水分が高かったのでハウスに置いておきました。
が、少し暖かいときはバクガ(麦蛾)が飛んでいます。
メッシュコンバイン袋のものに卵を産み付けられたら困るなぁと思って、17%と少し水分が高いですが、冬の間に自然乾燥することを願って穀物貯蔵缶に詰めることにしました。

20171018165729.jpg

20171018165931.jpg
一昨日、雨の前に運んでおきました。

たぶん5俵用の缶に入れていくと6袋半くらいでだいたい満杯になりました。
今回13袋なので、もう一缶必要です。
で、一昨年のコシヒカリが少し入っている方にも入れることにして、コシヒカリを出して軽く掃除をしました。

こちらにも6袋半を入れ、ちょうど2缶分満タンになりました。

コシヒカリはもみのまま紙の米袋に入れて、布団圧縮袋で亜真空パックにしようと思います。
あとは、ネズミに齧られないようにドラム缶かなにか金属の箱の中にしまおうと思います。

で、備忘録的に。。。

今回は乾燥を考えていたので通気性があるメッシュコンバイン袋を使いましたが、メッシュコンバイン袋ってこんなにもみがくっつくんですね。

20171020182618.jpg

20171020182644.jpg

結構たくさんついていて、モチ品種と混じったら困ると思って一つ一つ手で取りました。

今回は高いもので19%弱と水分が高めだったので使いましたが、モミの掃除を考えるとこれは小麦専用にしたほうが良い気がしました。。。
来年はよく覚えているようにしようと思います。

もち米の刈り取り②

今日はもち米の刈り取り2日目です。
雨の予報でしたがとりあえず午前中、ニワトリの作業の後はそんなに激しく降っていなくて霧雨に近いか止んでいるかという状態だったので、急遽手刈りを行うことにしました。

昨日はバインダーで刈れるところを刈って運びましたが、バインダーが入れないぬかるみの部分を手刈りです。

鎌を片手に長靴をぬかるみにとられそうになりながら一歩進んで刈り、刈り、刈り。束を手畦に置いてはまた一歩進んで刈り、刈り、刈り。。。

屈んでいるうえ、ぬかるみに足を取られるのでなかなか小刻みに足場を変えられず、ちょっと無理な態勢をとるので結構腰に来ます。
途中から少し雨脚が強くなる時があり少し濡れました、がなんとか30分強で終了しました。
20171013100545.jpg
刈り取り後。
右側と手前に3列ほど残っていました。

20171013064636.jpg
昨日刈り取った分も含めて干した感じ
実質1畝ほどなのでそんなに大した量ではありません。

が、何が良かったのかわかりませんが、結構な分けつがみられました。
ゆきむすびでも同じように分けつしてほしいですが、生育期間が違うので土づくり(肥料関係)を考えないとだなぁと思います。


午後は体を休めるつもりでしたが、4時くらいからまた雨が止んだので急遽田んぼに急行。
今年はわらを全量燃やすことにしました。

20171013163426.jpg

20171013163421.jpg
結構煙が出ました。
ビニールシートをかけておいたので濡れておらず結構な勢いで燃えました。酸欠で燻されている感じですね。

3年前の初年目から紋枯れ病が見られました。
初年目も2年目もそんなに被害はなく、最終展開葉の周辺くらいに病斑が見られるくらいでしたが、今年は少し病斑が広がって、穂茎も少しやられていました。

菌核としてわらで次年度に残るらしいので、今年は絶対量を減らすために燃やすことにしました。
来年の様子を見てみようと思います。


番外編

田んぼの刈り取りがすべて終わったので、鎌休み?をやってみました。
この辺りでは、稲刈りが終わったら鎌に(バインダーとかにもらしいです?)お餅などをお供えして感謝するらしいです。
先日、新聞の一記事にそんなことが書いてありました。読んだのにうる覚えですが・・・

そういえば1年目、田んぼの地主のおばあちゃんがそんなこと言っていた気が~と思い出しました。

で、まだうちにはお供えできるモチと糯米が無いので先日脱穀したうるち米を一部精米してお供えすることにしました。

20171013201544.jpg
とりあえず鎌にお供え。
遠くの一番頑張ってくれたバインダーには念を送ることとしました。

でも機械というのは本当に素晴らしいです。石油を使うとはいえありがたいですね。


で、ヒトも便乗していただきました。

20171013202355.jpg
ぴかぴかで粘り気もしっかり。

お味は抜群です。最高でした。
このお米がまた1年楽しめると思うと嬉しくてたまりません。

モチ米の刈り取り

今日は雨予報の前の最後の日。これから数日雨が降り続く予定なので急いで雨の前の作業を終わらせます。

田んぼにやったように玉ねぎの予定地や、植えたニンニクや蕪などに鶏糞を撒いたり、昨日片づけられなかったハーベスターを回収してきたりしました。

そして、もうひとつが、豆の収穫。
インゲン類が良い感じに熟しているので、雨で腐ってしまう前に収穫しました。

20171012113841.jpg
ここ最近、そこまで寒くなかったのですが、2週間ほど前の寒さでしょうか?一気に葉が黄化してきました。
意外と成熟している品種もあって、豆を取るのに時間がかかってしまいました。


そして午後からはもち米の刈り取り。

ついでに先日近くの金属回収で売りに出ていたバインダーの試運転もやっちゃいます。
一応、いつものバインダーと合わせて2台持っていきました。

2017-1012150032.jpg
途中、ガソリンが無くなったり、ぬかるみにはまって前も後ろも行けなくなったりしましたが、無事終了です。
左の3列と画面奥はぐちょぐちょで刈れません。
手刈りでの対応になりそうです。

バインダーの調子は良かったです。
ただ、いつも使っていたものと操作が少し違うのでそこで戸惑いましたが。
とりあえず予備としてストックしておこうと思います。

20171012161354.jpg
雨のあとすぐ秋起こししたいので、今回は家に持って帰って干すことにしました。
なので、運搬車で軽トラまで運び、荷台に積んでいきます。

20171012161416.jpg
この辺りはやっぱりぬかるむんですね。
来年からどうしようかな・・・

手刈りを残して今年の稲刈り、(ほぼ)終了です。
なんとかここまでこれてよかった。
今年も実りに感謝です。

脱穀

なかなか水分が思ったように下がりませんが、この先1週間ほど天気が悪いので、脱穀しちゃうことにしました。

ニワトリの作業のあと、雨に当たらないようにモノを移動させたり、袋に詰めておいてあった鶏糞を運んだり、田んぼに鶏糞を撒いたりと、いろいろと雨の前に雑用をこなします。

20171011110624.jpg
米袋に詰めた鶏糞(鶏舎の床)を田んぼに撒きます。
一昨年は入れすぎたので、去年は無肥料でした。今年は適度に入れようと思います。

午後からは脱穀の準備。
ハーベスターのメンテナンスと掃除、そして袋の準備。
今回は水分が高めなので、袋の状態で少し置いておいて乾かそうと思っています。
なので、コンバイン袋だけではなく、メッシュコンバイン袋もあるだけ(といっても10袋でしたが)用意しました。

ちょうど上の子が発熱でダウン、下の子が村の検診ということもあって、「もー」が(午後の)検診から帰ってくるまでは家を空けられずだったので、その間にいろいろとニワトリの夕方の作業も先にできるだけ済ませておきます。
たまご屋はこういうのが大変ですね。。。工夫次第なんですが。。。

で、午後3時前から準備をして、3時頃から脱穀開始。

20171011145954.jpg
作業開始

上の子が家に待機しているので、一人での作業です。
稲架からまとめて降ろして、ハーベスターに送って、また降ろして、送っての繰り返し。

稲架の上の段はすごく乾いていますが、下の段はやっぱり湿った感じ。
いつも真ん中の段の水分を測っていましたが、18~19%でした。上下は測っていませんでしたが、混ざってちょうどいいくらいになってくれるかな??


途中、わらが詰まったりしましたが、巻き付いたところを外したり、詰まったものを取り除いて難なくクリア。
でも、詰まったりしたのは初めてでした。。。湿っているから詰まった感じではないですが、、、なんでなんでしょうか。。。

20171011171621.jpg
そして脱穀終了です。

正直なところ、今日中に終わると思っておらず少しびっくりです。
意外と1人でも早いもんですね。

そのあと、ハーベスター袋を運搬車で運んだり、わらをいくつかの山にしたり(燃やすので夜露に濡れないため)していたら暗くなってしまいました。

まぁ、もう終わっているので、気持ち的には楽なもんです。


残るはもち米の刈り取りと脱穀。

明日雨が降る前にできるかな?

ピヨピヨの部屋作り

7月に入れたヒヨコ達が大きくなってきて、2分割していた部屋が狭くなってきたので、4月組と混同することにしました。

ただし、小さい子たちは大きい子たちにいじめられるので逃げる場所が必要です。
どうしようかな?と考えて、獣よけにもらったワイヤーメッシュをつかうことにしました。

ただ、そのままの大きさ(10cm角?)だと大きい子たちも通り抜けてしまう(一昨年の肉養鶏の体格でも通り抜けていました。。。)ので工夫が必要です。
2枚重ねて隙間を半分もしくは1/3にしてやってチビだけとおりぬけられるようにししてやりました。

20171001170448.jpg
とりあえず立てかけるだけ。
これだと狭いのと、大きい子たちの突っつき攻撃が届いてしまうので改良しないとですね。


とりあえずなので、近いうちに改良しようと思います。




20171001133303.jpg


20171001133330.jpg
この子にも草を。。。
かぼちゃ畑の整理で、そこに生えていたイネ科のメヒシバとかぼちゃのツルを与えました。
かぼちゃはとげとげしているのが嫌なのか、食べませんでしたが。。。

お米の水分

晴れの天気が続いているのですが、思ったように水分が下がりません。
始めに刈ったところが17%くらい。
二回目が20%くらい
この前刈ったところが19%くらいです。

20170930115214.jpg
先日刈ったところは1段ハザで束と束の隙間もすこし空けているので乾きやすいんですね。

もう少し様子を見ようと思います。



そして今日は牛バイトの日。

隣村の牛やさんまで行って、お昼の餌やりです。

20170930121324.jpg
アイドル猫

20170930121329.jpg
牛たち

去年までは高級チョコレートの香りがするTMRがあったのですが、今年からなくなりました。
あの匂い好きだったのになぁ。
発酵の匂い。チョコレートも発酵させているからなのか、共通の香りがあります。不思議ですね~

水分はまだまだ

20170926163537.jpg


田んぼのお米の水分を測ってみました。

始めに刈り取ったところは19%くらい。
前回刈り取ったところが22%くらいでした。
意外と、初めに刈り取ったところも水分が落ちていません。

20170926163935.jpg
そして今年のお米の感じ

去年は登熟期に高温が続いたようで、白濁米が多かったのですが、今年はきれいな半透明に見えます。
どっちにしても味が伴ってくれば文句はありません。

楽しみです。

海と山の恵み

今日は、出荷のあと、調子の悪い草刈機の修理をしていました。

1台はリコイルの紐が戻らなくなったので、リコイル部分を分解して、ぜんまいバネを巻き直す羽目に。
まぁこちらは手間をかければいい話なので、なんとか完成。

もう一つは、キャブレターを分解して、劣化しやすいダイヤフラムという部品を交換したにも関わらずエンジンがかからん。。。
1回目、分解・組み立てをしたときはプラグが湿るまで燃料が行ってなかったので、分解清掃が悪かったみたいだけど、2回目に分解清掃したときは、燃料が行くようになったにも関わらず、エンジンがかからないという現象。

えーなんでだよ。火花は散ってるよな、とプラグのチェックして、火花はOKと確認済み。

で、何度かプラグの湿りを確認するために、プラグをつけたり外したり、火花の様子を見ていたら、たまに火花が飛ばない時がある・・・と気づきました。

えぇ、まじか。コイルとかプラグコードの断線?それはちょっと大変だぞ。。。どうしよう。
と思って、何度かやってみるも、火花が散ってない時がある気がする。
と、いろいろと試していて、たまたまプラグを変えてみようと、別の完全に壊れている草刈機からプラグを外してきて、付け替えてみると、安定して火花が散っている気がする。。。

と草刈機にセットしてリコイルを引っ張ってみると。
ブブブブと快調にエンジンスタート。

えぇ、結局はプラグかよ!!とびっくりしました。
後から思えば火花が散っている時と散っていない時があったのですが、接地の問題かとも思いました。基本的に初めに火花の確認はしているので、火花が弱くなるというのは聞いたことがありましたが、まさか火花が散らない時があるなんて思いもしませんでした。

で、結局プラグが原因だったようなので、いろいろと時間はかかりましたが、治りました。

途中、手がべたべただったので写真はナシです。。。


で、そのあとの夕食の話題。
タイトルの話です。

ちょうど京都から助っ人が来ました。
20170925185458.jpg

20170925185756.jpg
ハモと自家のスダチを持って。











20170925185647.jpg
で、今日は出荷日。直売コーナーでこいつを見つけたので即購入。

となればアレを作ろうと、仕事後にひと作業。

20170925185154.jpg
本枯節を削ります。

で、ダシを取って、ハモとマツタケを合わせて完成。

20170925203441.jpg
土瓶じゃないけど土瓶蒸し。


美味しかったです。
子供たちも大喜び。

稲刈り③ひと段落

今日で稲刈りもひと段落しました。

ゆきむすびの刈り取り最終日。

今日は前回ぬかるんでバインダーが入れなかったところを手刈りで刈り取りです。

鎌を片手に山側のぬかるんだところから順に刈り取っていきます。

20170924111426.jpg
とりあえず山側のぬかるんでいるだろう所を少し刈り取りました。

20170924111221.jpg
反対側から

20170924102516.jpg
先日刈り取ったところに掘れた溝に水が溜まっています。染みてきたようです。

ニワトリの作業後だったので、ここでいったんお昼休憩。

で、なんとなくバインダーで刈れそうという感じだったので、午後からは刈れそうなところにバインダーを投入して刈ってしまいました。
それが結構入れたので、意外と時間がかからずに無事稲刈り終了です。

20170924141035.jpg
1段目。
最後に埋まっちゃったので、田んぼの真ん中で真横に逃げている跡がついています。
地面の硬さは悪くないと思いますが、匍匐枝を伸ばす草があってそれに絡んでバインダーが進まず埋まるという感じでした。
来年は畦から伸びていく草をしっかりと抑えようと思います。

20170924141029.jpg
2段目

1段目、2段目ともに一方通行で時計回りに回りながらの刈り取りでした。
なんとなく円に痕がついています。

20170924141043.jpg
1段目はぐちゃぐちゃでした。
この辺りがいちばんぬかるんでいました。(備忘録用)


20170924140003.jpg
何はともあれ、無事刈り取りできたことに感謝ですね。

ありがたいお米

お米の話ですが、田んぼではなくニワトリさんのほうです。

少し離れたところの知り合いが、小米とシイナを持ってきてくれました。
小米は米選機から落ちたもの、シイナは中身が十分に詰まってないお米(もみ)です。

ニワトリ達の穀物は主に小麦を使っていますが、小麦とお米では含まれている成分が違うようで、小麦ばっかりの時にお米を与えるとお米に飛びついて食べています。
なにか小麦とは違うアミノ酸やら微量要素があるのかな?と思っていますが、単に小麦に飽きているだけかもしれません(笑)

去年よりもたくさんの量なのでうれしい悲鳴です。
コンテナ倉庫にも少し考えないと入らない(物理的には空いているのですがそのあとの出し入れを考える必要が・・・)ので入れ方を工夫します。

20170923112311.jpg
とりあえず縦に同じように積んでみました。
危ないなぁ、でも場所がないから仕方ない。と思っていましたが、案の定この後崩れました。
ちょっと時間が取れないのでそのまんま。米袋を踏んで奥に行かないといけなくなりましたが、近いうちに考えて整理作業を行いたいと思います。

でも、地域の穀物が手に入るのはありがたいです。
このような小米、シイナが手に入るとうれしいですね。

稲刈り2回目

1週間ぶりの稲刈りです。
ニワトリの作業や出荷などと、天気を考えるとなかなか早く刈り取れないのが難しいところ。
それでも頑張ります。

今回は前回刈り残した大きな田んぼの残りと、3段のうち上2弾でぬかるんでないところを刈り取りました。

20170922102452.jpg
台風からしばらくたって乾いてきているはずなのですが、結構はまります。

20170922150743.jpg
3段の田んぼも同様に山側がぬかるんでいます。

手畦を山側に掘って水が入らないようにしているのですが、下から染みてくるようです。
地主のおばあちゃんに聞いてみたら、山側3列くらいは昔から手刈りだそうです。

うーん、手刈りかぁ。
結束不良を結ぶだけでも結構時間かかるのに、手刈りとなるとどんだけ時間かかるんだろう?
植えないのも手だよと言われましたが、来年はどうしようかな?

20170922134812.jpg

というか、今日のところはこの写真のように、これ以上はちょっと埋まっちゃいそうでバインダーが入りませんでした。
これは2段目ですが、1段目も同様です。3列どころか10列弱・・・考えどころです。


そしてもうひとつ気になったのが、紋枯れ病
例年少し出ているのですが、今年は穂茎が結構折れ曲がっています。

20170922111714.jpg
穂の根元が感染

20170922133549.jpg
中央の株が、茎が折れ曲がって悲惨なことになっています。

今年の気候もあったと思いますが、この品種の弱いところかもしれません。

あと、残りを刈り取れば、とりあえず稲刈りひと段落です。

頑張ります。

ワラカッターのリコイルが

今日は、雨の前に青草をコッコに!!と思って急いで草を刈って集めて運んで、いざ裁断!!と思ってカッターのリコイルを引っ張ったら

20170920073331.jpg
切れました。。。

えぇ、どうしよう。そのまま?と考えたのですが、リコイルを外して、その中についている軸の部分に直接紐を巻き付けてエンジンをかけました。
上手くかかった、のはいいのですが巻き取られた紐が隣の燃料コックを直撃。
プラスチックのコックを操作する部分が折れてしまいましたorz。。。
しかも、燃料コックを閉の状態で。。。

20170920110701.jpg


このままだとかからないし。余計な仕事を増やしてしまいました。
とりあえず、燃料が通らないことにはカッターが使えないので、ラジオペンチでちぎれた部分を無理やり回してみて何とか開の位置に。

無事、青草はやりおわりました。

が、キャブレターのフロートがうまく動いてないみたいで、やはりオーバーフロー。
もう今回は仕方ないのでポタ、ポタ、と燃料が垂れ流しです。

ヤフオクで同型の中古の燃料コックを見ると2000円から。。。
汎用の適当な燃料コックを勝ってつけるしかないですね。

20170920100501.jpg
大本のこちらも紐を買ってこないとですね。

いやー、余計な仕事が増えました。

稲架がこけた

前記事で少し書いていますが、田んぼの稲架がこけました。

Image_76a6bcf.jpg
朝の段階。
まだ田んぼに水が溜まっています。

このまま入ると練ってしまうので、とりあえず放置。
午前中は鳥の世話と鶏舎や畑の片づけなどを済ませます。

で、午後から別の三脚と干しパイプを持って田んぼに向かいます。

倒れた稲架の隣に新しく稲架を立てて、そちらに移していきます。

20170918145805.jpg
改めて見てみます。

で、気づいたのですが、あれ?ひょっとして。まさか。。。



20170918150234.jpg
あちゃー。
ぐにゃりと曲がっています。

これなら普通に横に倒れてくれたらよかったのに~と思ってしまいます。

地味な作業ですがちょっとずつ移していきます。
地面についてしまっているのは(といってもほとんどですが)水に浸かっているので重い重い。
かがんで取るので結構腰にきます。


20170918173031.jpg
干し用のポールも接続部がまがってしまいました。
まぁ、これは次回からこの部分を端にすれば問題ないかな。

20170918173041.jpg
曲がった三脚はこんな感じ。
うーん。。。
伸ばして、補強のアングルでも溶接すれば強度的に大丈夫だろうか?

20170918173104.jpg
途中からもーと子供たちが手伝いに来てくれてなんとか終わりました。
(子供たちはぬかるみにはまるので土手などで遊んでてもらいました。)

20170918173118.jpg

20170918173123.jpg
同じ品種のゆきむすびはもう2枚あります。
風で倒伏しなくてよかった~

20170918145755.jpg
さくらもち(品種名?)は丈が高いこともあって少し傾いていますが、こけていません。
もう少し頑張って成熟してほしいと思います。


しかし、午前午後と重いものを持ち上げたので腰が疲れました。。。

致命的な被害がなくて良かったです。

台風の被害

台風18号、列島を通過していきました。

この辺りは直撃とは全く違ったのですが、今までにない暴風でした。

前日の日曜日は雨の予報でしたが、ほとんど雨が降らず風邪も穏やかで、時折陽が差すくらいの天気となり、その前の日に雨に濡れながらいろいろと片付けしたのが恨めしい天気でした。

で、夜になって少し風が出てきたか?というくらいで、台風情報を見てると能登半島のほうに向かっているのでこちらは被害はほとんどないかなぁなんて思って、子供の寝かしつけで9時ごろには床についていました。

ふと暴風の音で目が覚め、時計を見ると夜11時前。
叩きつけるような横雨にびっくりして起きてきました。

起きても何もできないのですが、外で何かが転がる音がしたり、煙突がギシギシ揺れてたり、窓ガラスにたたきつける雨音を聞いたり、不安のなか眠ることができないので、適当にPCでネットサーフィン。
途中で天井でトン、トントン、と変な音。ひょっとして・・・思いつくのは雨漏り?
風で雨が瓦を逆流し、内側に?と疑います。あまり多いようだと困るなぁと思いながら、どうすることもできません。

そうこうしていて2時を過ぎる頃に少し風と雨が落ち着いてきました。
で、ようやく眠れそうで寝ました。

そして、次の日。

玄関を開けて、まず初めに見た被害。

それは、表札が飛ばされて地面に落ちていました。
そして、雨がかからないようによけて干していた作業服が固まって地面に。。。きっとそこが風の通り道だったのでしょう。1枚は床下にまで吸い込まれていました。。。


気になるのはニワトリ達。
鶏舎に向かう途中で、被害が見えてきます。

20170918065232.jpg
まずは、裏の倉庫。屋根が一部剥がれました。

20170918065242.jpg
そしてその隣の機械ハウス。
天幕が真っ二つに切れてしまいました。

20170918065339.jpg

20170918065322.jpg
つるインゲン類の支柱が傾いたり倒れたり。。。
これは、どうしよう。。。

20170918101814.jpg
そして、鶏舎。
妻面のビニールがはがれてしまっています。
天幕にも一部破れがありました。

幸いにもニワトリ達がなにか怪我とかはありませんでした。


これらを見つつ、今度は大豆畑に。

20170918074640.jpg
草が一方向に倒れています。
細い木が折れたり、大豆も同じように北方向に倒れていました。

寝てる時からもわかっていましたが、南から北へ暴風だったようです。

20170918090516.jpg
干し場や作業ハウスとして使っているハウスも天幕がはがれたり破れたり。。。


そして、田んぼへ。

Image_76a6bcf.jpg
なんと、稲架が倒れてしまっていました。。。
まだ水に浸かっているので近くまでは行きませんでしたが、ただ倒れただけじゃなくてひょっとすると三脚が・・・なんて感じます・
こちらは別記事にしています。

朝食とニワトリのルーチンワークを済ませて急いで復旧作業に入ります。

優先度が高い、作業ハウスと鶏舎の修理を済ませ、インゲンの支柱も無理やり起こしてみます。

20170918120249.jpg

20170918120242.jpg
また風が吹くと倒れそうですが、なんとか起こしました。


これで午前中が終了。

午後は田んぼへ行きました。
田んぼでの作業は別記事に。。。

稲刈り①

ちょっと早いですが、台風前にやっちまえ!!という思考で稲刈りやっちゃいました。

本当は明日か明後日の土日にやる予定でしたが、台風とそこから張り出した雨雲の影響で両日とも雨予報になったので、あわてて予定変更しての稲刈りです。

数日前にはバインダーの調整をして、準備万端。

20170915103235.jpg
いざ!!

まずは外周を刈った後、中へ。
半分とか1/3くらいに分けてくるくる反時計回りに回りながら刈っていきます。


20170915105541.jpg
長男君も手伝いたい!!と保育園を休んでの参加。
1/3を刈ったときに2/3側に排出した稲束をどけてくれています。



20170915130104.jpg
2/3終わって、残り1/3に入ったところでバインダーにトラブル。

結束不良でうまく結べてないのと、結んだあと外れてくれないという症状。

20170915130125.jpg
結束の心臓を見てみます。

20170915130133.jpg
とりあえず結べているものが多いのですが、紐が切れてないのでこの紐を抑える部分と切る部分が一緒になっているこの部分の紐クズの残りが気になります。

工具を何も持ってきてないので、ちょうどお昼前ということもあり、いったん家に帰ってお昼休憩にしました。

で、お昼を食べて午後からも作業を再開・・・の予定でしたが、紐クズを取ってもやっぱりうまくいきません。。。
なので、とりあえず刈り取ったものを稲架掛けしていくことにしました。

午後来るときに4段の三脚と稲架ポールを持ってきていたのでちゃっちゃと運んで設置してしまいます。
20メートルの3段稲架が30分弱くらいでしょうか。立てて棒をつなげるくらいなので運ぶ労力を使うくらいで、固定のために紐を縛ったりしなくていいのですごく楽です。

稲架を立てたら稲束を運んでは干し運んでは干しの繰り返し。
地面から拾うと腰に来るので一輪車を使って運ぶのと掛けるのを楽になるようにしています。


20170915150025.jpg
途中からお昼寝から覚めた息子と午前中は用事で居なかった娘も参加して稲束を集めるのを手伝ってくれます。
これをやってくれると私は干すだけで済むのでかなり時間的に短縮できます。

途中、娘がトイレーと騒いだりして、少々遅れ気味。
今日干せるか?明日は雨だぞ・・・という心配もしながらどんどん時間は経っていきます。

そんななか、育休中?の「もー」が次男と共に参戦。
なんとか暗くなるギリギリ前に刈り取った分を干すことができました。

後半は写真を撮る暇もなく、終わりました。
まぁ、とりあえずひと段落です。

台風でほかの稲がこけませんように・・・


ディーゼルエンジンを求めて

今日は出荷日ですが、その前にちょっとお出かけです。

場所は阿智村の浪合。
隣の市町村ですが、大きい道を通っていくと40分弱です。が、裏山の極楽峠を越えていくと25分くらい。
特に今日行ったのは峠を越えて浪合に入ってすぐの集落だったので余計近かったです。

で、何のために行ったのか?ということですが、目的はディーゼルエンジン。

nohand704-img450x600-1494908319yrnaq723942.jpg
こちら。ヤンマーのNSA40というエンジンです。

某Yオークションで始動未確認で出品されており、つけたいプーリーが付くか?エンジンがかかるのか?が気になったので、せっかく近隣ということで現物を見に行ってきました。

結果は、プーリーはOK。ですが、燃料がポンプから出てない様で最悪ポンプの修理となりそうなので購入まではいきませんでした。
が、別に耕運機(テーラー)に付いたままのモノもあるということでそちらはエンジンがかかるのでどうですか?と見せてもらいました。
で、実際にエンジンは始動OK。プーリーもついているものを流用できそうということで、購入したいですが。。。
気になるのはお値段。
どうでしょう?と聞いたところ、かなりお勉強してもらって、上記の動作未確認のエンジンと同額にしてもらいました。
ありがたやありがたや。。。

この出品されていた方もいわゆるIターンでこちらに住まわれており、木工をメインにされているようでした。

不思議な縁を感じて、また木工製品を頼んでも見たいなぁと思います。

20170915084205.jpg
購入したモノ。
ミッションかどこかが壊れているようで、エンジンはかかりますが車体は動きません。
積み込むときに燃料ホースが切れてしまったので要交換です。

架台を作るか加工するかして、今使っているミキサーのディーゼルエンジンと交換しようと思います。
今のはハイスペックすぎて、冬場のエンジン始動にちょっと難ありなので、小さいのが手に入ってよかったです。


20170914111551.jpg
帰りに極楽峠の展望台でパシャリ。
良い天気で気持ちのいい風景が広がっていました。



20170914174332.jpg
出荷のあと、バウム君に草をあげました。
むしゃむしゃ食べてくれるので、草刈りの草が無駄にならずに済みます。

草刈り機修理

いつも使っている20ccの草刈り機。
昨日、燃料切れのような息継ぎをしてエンジンがとまりました。
燃料はあるし、あれ?と思って再始動しても同じような感じで動いたり止まったり。

今日も再度挑戦してみますがやっぱり同じ症状
これは・・・燃料系のどこかが劣化して燃料が行ってないかな?という疑惑がありますが、とりあえず26㏄の草刈り機を持ち出して草刈りを済ましました。
が、やっぱり26ccは重い。そんなにパワーはいらないので軽いのが扱いやすい!!ということで早速分解してみます。

最悪ダイヤフラムの交換かなぁ?部品を注文して来るまでに時間がかかるなぁと思いながら分解します。

で、燃料フィルターのごみつまりや、キャブレター内の分解をしてみますが、詰まり等はなさそうで、やっぱりダイヤフラムが原因のようです。

20170913140423.jpg
ワルボロのWKLタイプのキャブレター
ダイヤフラムの注文をしないとです。。。



そして、ついでに実家からもらった23ccの草刈り機も整備します。
こちらもそろそろダイヤフラムが傷んできているのと、この前エンジンがかからないか?と何度もリコイルを引っ張っていたら紐がちぎれて中に吸い込まれていったのでその修理をしなければなりません。

とりあえず20ccのものと同様に分解してキャブレターの掃除と型番確認。

20170913141749.jpg
こちらもワルボロですが、WYKというタイプでした。

リコイルは楽スタート?とかそんな感じのうたい文句で、中に2重にバネが入っていて少ない力でかかる?というもの。
このタイプを分解するのは初めてなので恐る恐る分解していきました。

写真は撮っていませんが、手前と奥にバネが入っていて、そんなにバラバラにならずに分解と組み立てができました。
リコイルの紐は新品の手持ちなんかあるはずもなく、別の動かない草刈り機のリコイルから拝借して使いました。

20ccのほうは全く動く気配がないですが、23ccのほうが動くようになりました。
ま、どちみちダイヤフラムが届いたら分解して部品交換しますが、重たい26ccを使わなくて良いのでとりあえず動くようになってよかったです。

20170913164010.jpg
草刈り途中でいたヘビ君。
たぶんヤマカガシかな?
毒はないと言われていたらしいのですが、ヒキガエルを食べてヒキガエルの毒を持つそうで、この辺りではヒキガエルを見たことが無いですが、万が一子供たちが・・・ということもあるので、捕獲してお命頂戴するつもりでしたが、棒で押さえつけた時点で殺傷力のある道具もなく。とりあえず逃がすことにしました。
もう来るなよ!!


20170913180439.jpg
夕方きれいな夕焼けでした。

FC2Ad