長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

草取り日

今日の天気予報は雨のち曇りでした。
が、午前中の早い時間からから日差しが差し始め、晴れていました。

とりあえず、午前中はニワトリの作業をこなし、午後はどうしようかと迷っていました。
というのも、卵の調整作業が少し溜まっていて、それを先にするか、田んぼの除草作業をするかどっちにしようかなぁと思っていました。
あんまり暑い時間帯に田んぼの除草すると暑さで体力が削られるので、陽が傾いてくるまでは卵作業!!と思って卵の調整作業が終わって、ひとやすみ。
いざ、田んぼへ!!と思ったら雨が降ってきました。
あらまぁ。。。でも仕方ない、田んぼへ行こうと、動力田車の準備をしていたら止んでくれました。
また降ってくるかもだけど、行くしかないと田んぼに行って、除草作業。

20170702164940.jpg
途中パラパラ降ってくることもありましたが、ほぼ雨に当たることなく作業できました。

で、雨が無かった時に沢山発芽した草が出てきています。


20170702164956.jpg
コイツです。

そう、コナギ。
場所によっては株元に大量にあるので、注意です。
手取り除草が必要かもしれません。

20170702164944.jpg
ウキクサも発生しています。
もう少し早かったら、コナギの発生をある程度抑制出来たのでしょうか??

20170702175926.jpg
除草のあとは、戻ってニワトリ作業です。
降りそうで降らない微妙な天気でした。

まぁ、田んぼにとっては降ってくれた方が良いんですけどね~

除草

今日は除草の日
動力田車で条間を除草していきます。

と、その前に。
先日雨が降ってくれて、一旦は水に浸かっていたのですが、今日はこの有様。
20170624154407.jpg
20170624154415.jpg
大きな田んぼですが、また地面が見え始めています。

原因はやっぱり水不足。
ちょっと降って、その時はたくさんの水が水路に流れたのですが、そのあとはまた水量が激減しました。
結局、表面を流れた水が来ただけで、地面に貯められているダム効果の水までは回復してないようです。

ちょこちょこと降って、地面のダム効果を活かして欲しいです。

20170624173822.jpg
相変わらず泥だらけになります。

水位が少なかったので、場所によっては結構草が生えてきています。
うーん。ちょっと考えないとですね。

20170624173826.jpg
2段目の田んぼ。
こちらは1段目の水が降りてくるので、少し水量が少なくなっています。が、まだ溜まっています。

手取り除草を少ししたのですが、腰が痛くなってしまいました。
うーん。水量が少ないので、草の量が多いです。
今だとまだ根張りが浅く、手でかき混ぜるだけで除草できるのですが。。。
あとのことを考えると今しておいた方がいい作業ですが、今体を壊すと大変です。
困りました。が、まぁ仕方ないですね。
また次回に回します。

とりあえず撤収してきました。

雨降り

20170621164106.jpg

待ちに待った恵みの雨。
ざぁっと降ってくれました。

20170621105205.jpg
ひび割れていた1段目の田んぼも潤っています。

20170621105135.jpg
割れてしまうと水持ちが悪くなるかもと言われましたが、どうでしょうか。。。

20170621105215.jpg
撮影時(AM)も結構降ってくれていました。

20170621104940.jpg
地面が見えてきていた大きい田んぼも水に浸っていました。

さて、これからどうなるでしょうか。


そうそう。
漏水がある2段目の田んぼ。
去年はあとから知って困っていましたが、今年は先手を打ち畦並みシートを漏水する手前側に張って漏水を防いでいました。
これはうまくいっていたのですが、漏水するところは地下水が流れていて、いくら埋めても削られて穴が開いてしまうのでした。

今日そこを見てみたら、大量の水が流れていました。


こりゃ、また流れちゃうわ・・・と思います。
畦なみシートで作って正解でした。




話は変わりますが
焼き付かせてしまったエンジン、中古を購入しました。

で、

20170621161117.jpg
今日、届きました。

送料込みで10k円ほど。

さっそく梱包をほどいてみます。

20170621164333.jpg
おぉ、非常にきれいな状態です。


オイルと燃料を確認して、さっそく始動。
ブブブブブと正常にかかってくれました。

時間を見つけて移植交換しようと思います。

稲の除草

今日は朝から喉が痛くて、なぜか少し頭痛も。
喉は未明に目覚めたときから痛くて、風邪ひいたのか?という感じ。
頭痛は前部分で睡眠不足の時の痛みとそっくり。。。
よく寝てるはずなんだけど、寝れてないのか?

そんな中ですが、前回の田車除草から1週間。
今日も田んぼに行ってきました。

雨が降らないので田んぼには注水しっぱなし。それでも足らないくらいなんですが。。。
と、田んぼにとうちゃくしてびっくり!
水がない!!

20170617102444.jpg
ほとんど干上がっています。

水の送りを変えて、この田んぼを中心に注水するようにして、田車除草開始。
しかし、大きな田んぼの8割くらい言ったところで、頭痛が激しくなり今日の作業は断念することにしました。

帰りがけに注水変更した田んぼに行ってみましたが、ほとんど注水されていない状態です(そもそも水量が少ない)。
うーん・・・と悩んだ結果、1段目の田んぼと大きな田んぼ、両方を中途半端に水がない状態になるよりかは片方にはちゃんと水を入れて草を抑制出来たほうが良い!と、やっぱり注水を変更することにしました。

大きな田んぼの田車除草を終え、排気ガスのせいなのか動いたせいなのか、頭痛が酷くなったのでここで終わることにしました。


1段目の田んぼ、次の雨まで待っていてね~
田んぼの草も、明日また除草に来るから待っていて~

田んぼのくさかり

田んぼ話題が連続です。
今日は、たんぼの草刈り作業。
ひたすら草刈り機で刈ったあと、レーキで集めて畦の隅に積んでおきます。

畦の法面を刈るのが大変です。
上から刈るか、下から刈るか、法面に足をかけて真ん中から刈るか。
どの体制も腰にきます。

20170611152835.jpg
刈り終わり風景。
のどかです。









話は変わりニワトリ話題

20170611111010.jpg
毎日の草刈り&裁断作業
ニワトリ達は大喜びで啄んでいます。





そしてさらに話題が変わって放牧地。


20170611112749.jpg

20170611112756.jpg
蒔いた牧草の種が発芽してきました。
少し耕してみたところ(ただし根っこで断念)の種は2か月前に発芽していましたが、不耕起のところは発芽してなくてダメだったか?と思っていたので、発芽してきてよかったです。

初除草

田植えから11日目。
ちょっと遅いですが、除草開始です。

動力付き田車を使って除草しようと倉庫から出してきて、エンジン始動させるもエンジンかからず。
プラグを見てみると湿ってないので、キャブレターの分解清掃です。

去年、使い終わりの時にはちゃんとガソリンを抜いておいておいたのに・・・
と分解を進めると、フロートバルブのバルブが固着していてガソリンが流れていませんでした。

ゆっくり手で外してキャブクリーナーで洗浄して、元通りに組み上げて修理完了。
こんどはエンジン一発始動でした。

そして、気を取り直して除草開始。

20170610103824.jpg
ブブブブブとエンジン付きです

あぁ、これこれ。
と考えながら、もうこんなに大きい草がある。だとか、さすがクログアイは強いなぁとか考えながら、大きい田んぼと3段のうち1段目を除草しました。

2段目と3段目はあまり大きな草が無かったのでこちらを投入。

20170610154023.jpg
じゃん。

チェーン除草器です。

これは阿南の知り合いにこの冬貰ったもの。
その方は約30*30cm(正確には27cmくらい?)に手植えしていて、縦にも横にも田車が入れられるので、除草自体は田車のみでできるようになったとか。
使わなくなったものをありがたく譲り受けたわけです。

一度に除草できる面積が広い(6条分)ので、動力田車よりも早いです。。。
草取りの効果は・・・水が濁っているので確認できず。
ただ、かけ終わったチェーンはこのとおり。

20170610162226.jpg
いろいろ引っかかってきています。

2段目と3段目の後、1段目と大きなところにもかけてみました。
途中でふと「これだけ草とかわらが絡んでくるということは、1往復ごとくらいで草を取るほうが良いのか?」と思い、最後の大きな田んぼをやっているときは1往復事に絡んだ草とワラを外してみました。
ちょっと手間ですが、何となく、除草効果が上がっている気がしています。

あとは、速度の問題。
トコトコ早歩きでも引けてしまいますが、チェーンの重みを生かしつつ、草を引っこ抜くにはある程度ゆっくりのほうがチェーンが浮かなくて良いのか?とも考えました。

まぁ、今年は試験的に使ってみることにします。
問題はクログアイなんだよなぁ。。。

イネの補植

今日は未明から嵐でした。
深夜1時過ぎにごろごろという雷の音に加えてものすごい強風。
そして激しく雨が降り始めて、目が覚めてからしばらく寝れませんでした。

朝起きるとすっかり雨は止んでいて、夢だったのか?と思えるようなきれいな青空が広がっていました。

今日は、イネの補植を行いました。

先日田植えをしたときに、うるち米ではちょうど2箱分(といっても1箱は鳥に食べられた歯抜け状態のもの)で、もち米は1/3箱分という個人的にはちょうど良い量でした。

この残った苗を補植していくのですが、欠株のところというよりかは枕の部分(植え始めと植え終わり)の植わってない部分を中心に植えていきます。

5%くらいの欠株なら収量に差はないという研究結果があるので、遠目にひどいなぁというところは補植しますが、基本的に田んぼの中に入ってまでしないつもりです。

補植前をパシャリ

20170602102423.jpg


20170602102414.jpg
1段目

20170602102408.jpg
2段目

20170602102431.jpg
3段目

うるち米ももち米も無事補植が終了しました。
手がドロドロで写真は撮れず。


水の量が多すぎるので、一度水を切っておきました。
忘れない様に明後日でも注水しにいかないとですね。

田植え終了

前日にいろいろ準備を進めていたので、9時過ぎに2回目のニワトリの世話を終わらせて田んぼへむかいます。

20170530082654.jpg

20170530082647.jpg
今年の苗の根の状態。
まぁ、悪くないのではないでしょうか。

田植え前の状態

20170530085657.jpg


20170530085650.jpg
小1段目

20170530085643.jpg
小2段目

20170530085706.jpg
小3段目


2回に分けて苗箱を運び、田んぼの各場所に置いて、小さい田んぼの1段目から田植え開始。
もう3回目なので慣れたもの~と植え進めました。


が、すっかり忘れていたのが、植える条の形。
去年はいろいろと説明書や田植えに関するHP・掲示板を読み漁って、きれいに植えられたのですが、今回は急いでやることを考えてしまって、あんまり美しく植えることができませんでした。
うーんちょっと心残りです。

植え終わり
20170530120549.jpg


20170530120551.jpg
と奥3つ(ほぼ見えない。)

今年は1人にもかかわらず、9時頃からなえを運び始めて、植えつけ開始。大と小の1,2段目までが、2時間半ほど。
最後の3段目がもち米を植えたのですが、これも40分弱で終わって12時ちょっとすぎには全部の田植えが終わりました。

お昼休憩して午後3時くらいまでかかるかと思ったのですが、意外にも早く終わってびっくりです。

さて、あとは補植と水管理をきっちりとできるかですね。

田植え準備

今年も田植えが明日に迫りました。
備忘録のために、準備を記載しておきます。

①まずは、田んぼの水位の確認。
たっぷりあると植わったイネが見えにくいのでギリギリまで減るように調整しておく。
が、今回、少し水があんまりなかったので、そんなに気にすることはなさそうです。
ただ、最後、急いで仕上げ代かきを行ったので、高低差が3cm以上あるところがあります。
ちょっと今後の水管理を考えないとダメですね。

②田植え機の準備
借りている田植え機ですが、去年ちゃんとガソリンを抜いておいたので特に分解整備することもなく一発でエンジン始動しました。
各部にグリスアップしたり、注油したりして動作確認したのでOKでしょう。

③育苗プールの水抜き
苗土に水分がありすぎると運ぶとき重たいので、可能な限り水分を減らしておきます。
とりあえず、お昼頃水を抜いてみました。まだまだ水があるようです。

で、今回は、先に田植え機を田んぼに運んでおきました。
これで明日はニワトリの世話が終わったら苗を持って田んぼに行けば植えることができます。
今年は1人での田植え。どうなるやら。。。

代かき③

3段目の田んぼ。
少し前にどれくらい水保ちがいいか、入水を止めてみて水位の変化をみてみたら、なんと1日で干上がってしまいました。

こりゃいかんと、畦など漏水を見てみたのですが、全然漏れる原因が見当たらず。
しばらく作ってなかったということもあって、全体的に水が抜けやすくなっているのか?という結論になりました。

で、そうなら何度も代かきをして、トラクターによる踏みつけ効果を狙って地盤を固めてやる必要があります。


最近、雨が少ないので水路の水も少なく、この3段目の田んぼは染み出てくる地下水を主に使っているので、入ってくる水がかなり少なくなっています。

今年は雨が少ないので、いろんな意味で心配です。
少ない分がどばっと一気に降ることになるかもしれません。

で、2時間くらいかけてじっくりと代かきしてきました。
平らではなかったところもあったので、均す作業もしたので、結構地面を踏み固められたのではないでしょうか?

少しでも改善されると良いのですが。。。



子牛は元気です。
1頭はちょっと気になる症状がありますが、どうなるでしょうか。

20170520093330.jpg
日陰で休んだり

20170520112537.jpg
むしゃむしゃ食べたり。

まだ、イネ科の草が生えてないので、今生えているその他の草を食べてくれません。
この辺は経験がないと食べないのかもしれませんね。

代かき続き

今日は、出荷日。
帰ってきてから田んぼの代かきに行ってきました。

しばらく前から2段目(畦なみ板を付けたところ)の田んぼに水を入れているのですが、微妙に溜まらず。。。
おかしいなぁと思いながら、畦のきわを踏みつけてモグラの穴が無いか探したり(踏みつけて穴をふさいでやる)、田んぼの真ん中に空いている穴(これは何によるものかわからん。地下水につながる穴?去年も今年も荒起こしのあと、入水するとするすると水が吸い込まれる直径1cmほどの穴があった。)を探したりと、漏水の原因を探ってみるも見つからず。。。

うーん。。。
と思って、ふと水の流れを見てみると。。。

この田んぼ、2か所から水を入れているんですが、その1つの取り入れ口から入った水が、なぜか、もう一方の取り入れ口のほうに流れているのが目につきました。
両方ともそれなりの水量があるのに、おかしいぞ?と思って、取り入れ口の周りの漏水を探してみるも、見つからず。

とりあえず、入水をやめて、水の流れを見てみようと、入水に使っている樋をどかすと、、、
ありました!!モグラの穴です。

20170515172702.jpg
これはふさいだあとの写真ですが、この黒い樋のちょうど真下に穴があって水が吸い込まれていました。

まさか、入水したそばから陰で吸い込まれていたとは。。。水が大量にあるところなので、全然気づかなかった。。。

これで、水が溜まりそうです。

20170515183657.jpg
代かき自体は、水がちょうどいい感じに無かったので、藁や草を土の中に押し込めるような感じにできました。

あとは、3段目の田んぼがすごく水が抜けるのが早い(1日で無くなる)ので、こちらを何度か代かきすれば、苗の生育待ちで田植えができそうです。

草刈りもしないとね。

代かき

放牧準備のほうがひと段落したので、田んぼの作業をちょこちょこ進めていきます。

畑のほうも少し気になりますが、先に田んぼを。。。

まずは、漏水で去年も問題になった、2段目の田んぼ。
去年、穴があいて防水シートを埋めてみたものの、そこは治るけどまた別の場所が穴があくということで、地下水の横に新しく畦を作ることにしました。

20170514170832.jpg

20170514170838.jpg
そして、それだけだと不安だったので、結局ここは畦なみ板をいれることにしました。
結構分厚いタイプの畦なみ板。これならすぐゴミにならずまだ良いかな?

畦塗りの要領で、無駄に塗ってみました。
前々日に代かきしたのですが、土の硬さがちょうどよかった気がします。

20170514171449.jpg
1段目

20170514171413.jpg
2段目

20170514171507.jpg
3段目

20170514171404.jpg
大きいところ

このあと、1段目と3段目を代掻きしました。
水持ちがどうなるか、もう少し様子を見てみようと思います。

畦塗り

今年は畦塗りをしたいと考えています。

まぁ、腰が耐えられるかわからないので、できる範囲でやってみたいです。

畦草刈りの時にへたくそなので、畦シートを切ってしまってゴミをつくってしまうのがいやだなぁということと、畦が低くなっている場所があるなぁというのが理由です。
ただ単にやってみたいというのが大きいかもしれません(笑)
低くなっている場所の畦塗りを高めにすることで、なんとかその場所の水漏れを防げないかなぁと考えています。

で、今日、少しやってみました。

感想としては、「土の練り方の塩梅が難しい」ということでしょうか。
動画や写真で見たり、知人に聞いたりはしたことがありましたが、実際にその土の状態を触ったことがないので、どんなもんかな?とやりながら試行錯誤です。

柔らかすぎると流れてしまうし、硬すぎると伸びないうえに凸凹のザラザラした表面になってしまって畦として機能するか心配だしと、なかなかむつかしいものです。

まぁ、一度やってみて塩梅がすこしわかったので、次回はもう少し滑らかに塗れればなぁと思います。


そして、雨の前に荒代かき。
まだ入ってない田んぼがあるので、荒代かきをしました。
雨が降った後のほうが水があるので良いのですか、傾斜が急で斜面を壊してしまう恐れがあるので、雨のあとすぐには入れません。。。
20170512181730.jpg

20170512181738.jpg
去年は歩行式耕運機でやった場所。

そういえば今年は借りていたトラクターではなく自分のトラクターでやっています。
低機能の古いものですが、十分です。

さて、明日の雨でもう少し水がついてくれれば良いのですが。。。

畦草刈りと手畦作り

ようやく田んぼの作業にウェイトを入れます。
実は畑の麦も気になるところですが、先に田んぼを。。。

今日は、出荷日だったので、お昼過ぎまで出荷作業。
そして、ニワトリのことをして田んぼの作業です。

草刈り機で伸びている畦草を刈っていきます。
だいぶ慣れてきましたが、まだ石があるところの感覚を忘れていたり、畦シートを少し切ってしまったりと難儀します。
そして、畦の法面が広いところがあるので、そこは腰に来ますね。。。

で、手畦作りですが、去年もあった水漏れ田んぼです。
畦シートを張っている下側に水脈があるようで、土を削ってしまってちゃんと土を盛ってもすぐ穴が開いてしまいます。
応急処置として耐水性のシートを張ってみましたが、張ったところとは違う場所に穴が開く結果となったので、その水脈が通っていると思われるところ全体を処理しないとダメなようです。

で、とりあえず、水が抜けないとその作業はできないのですが、かといって代掻きは進めたいということで、手畦を作って水が来ない様にしてみました。

20170511175122-2.jpg
写真中央より少し右の泥の塊が手畦。

写真左側に書き込みましたが、畦シートに沿って水脈があって、☆の個所で水漏れします。
畦シートの下を全体的にシートで覆わないとまた水漏れしそうです。

上記の処置をするか、それとも畦なみシートを買ってくるか。
どうしようか悩み中です。

入水

20170430051712.jpg
今朝の日の出

20170430051730.jpg

20170430051723.jpg
今朝は霜が降りるくらい冷え込みました。
外に出ると心地いい冷たさですが、布団から出るのは少し嫌です。。。


20170430152907.jpg
遅くなりましたが3段の田んぼに入水です。
作った手畦が機能して染み出てくる水をちゃんと排水できているので、そこから溝を切って田んぼの内側に入るようにします。

これから少しトラクターを別のことに使うため出張するので、しばらく田んぼの作業はお休みです。
水の流れを見て、対策を考えようと思います。



20170430171308.jpg
苗の丈が大きくなってきたので育苗プールに水を張り始めました。

数日おきに水を確認するだけの、基本的に手間なし育苗のスタートです。

荒代かき

注水していい感じに水が溜まってきたので、代かきスタートです。

20170428130237.jpg

20170428130243.jpg
まぁ悪くないでしょう。

勾配が悪かったり、まだまだ砕けてないところがあるのでもう一度かけてみます。

20170428133518.jpg
おぉ、やっぱり2回目はさらに滑らかに。
去年、どうしたっけ?と記憶を探っても忘却の彼方に・・・


20170428133331.jpg
まぁまぁなめらかになりました。
まだ、奥のほうは水が行かず、また今度ですね。


20170428145328.jpg

20170428145326.jpg
去年、トラクターを入れずに歩行式のディーゼル耕運機でやった場所。
今年はトラクターを入れてみました。
が、ぬかるんではまりそうだったので途中で断念。

今日はこの後大事な用事があったので、トラブルを起こせなかったのです。

また今度続きをしようと思います。

スズメ?にやられた

やられました。
芽が出だしたイネを食べられてしまいました。

おそらくスズメです。


20170427105353.jpg

20170427105357.jpg
トンネルは開けていなくて、妻面を換気のために少し開けておくようにしていたくらいだったのですが、ちゃっかり見つけて中に入って食い荒らしたようです。
上の写真の左の列、一番手前の右側2/3と2枚目1/3をほじくり返されて実の部分を食べられました。

くっそ~


20170427105620.jpg
すぐに網をかけました。
この上から保温シートをかぶせています。
妻面からはいられない様に厳重にしておきます。


20170427105427.jpg
他の箱は良い感じで、芽がピンピンしだしています。




ヒヨコも順調です。
7日目になり、羽がにょきにょきしだしています。
20170427103417.jpg

20170427103444.jpg

あと2、3週間ほどでかわいいヒヨコのステージは終了です。

芽がぴょこぴょこ

苗箱から芽がピンピン出てくるようになりました。
20170425084336.jpg

20170425084331.jpg
そのうちもっと青々としてくるでしょう。
とりあえず、無事出てきているようでよかったです。

20170425084416.jpg
なにか析出して白っぽくなっています。
トンネルにして、妻面を換気で開けているので、水分の蒸発が結構あるようです。
去年のJA倍土と比べて少し肥料分が多いせいでしょうか?

一度水を貯めて抜いてみました。
肥料分が流れて行ってしまったと思われますが、濃すぎて害がでるよりかは良いかと思います。
この判断が正しいのかどうか・・・?



20170425143446.jpg
午後は手畦直し第2弾でした。
やっぱり腰にくるのでぼちぼち進めます。


20170425072657.jpg
家の前のスモモかプルーンかが満開になっています。
まだ一度も実を食べれていないので、今年こそ食べたいですね。

荒起こし

田起こしスタートです。

まずは荒起こし。

20170424153457.jpg
草が生えてきていますが、構わず漉き込みました。

注水して、しばらく放置です。

トンネル仕立て

播種したイネは、乾燥防止のため保温シートをべた掛けしていました。
ぽつぽつ芽が出たかな?という感じになってきたので、トンネルにしました。

うちは適当にやっちゃってますが、本当は播種したあと、積み重ねて暖かい場所に置いておくとか、「芽だし」という作業をやるみたいです。。。んで緑化ということをやるらしいのですが、本当にうちは適当ですね。。。

20170423172406.jpg
べた掛け

20170423172458.jpg
芽が出てきたかな?

20170423174340.jpg
支柱を入れて

20170423174654.jpg
トンネル作成

乾燥しない様に陽が沈んでからの作業です。



そうそう、アーモンドが満開です。

20170423180604.jpg

20170423180624.jpg


まだ木が小さいですが、一面に咲くときれいです。

手畦直し

そろそろ田んぼの作業も始めます。

今日は、水路の手直し。
取水口からの水路と、しみだしてくる水が流れる場所。
それぞれの溝を掘って手畦に盛って形を治すという作業をしました。

この辺は地主さんに口頭で聞いてなので、本当は「こうしたほうがいい!」というのがあるかもしれませんが、適当です。。。

20170422151518.jpg
結構腰にきます

あとは、地主さんの家から流れてくる水。
これが通路に流れてきて、地面がぬかるんでしまうので、排水路を作ってやりました。
そのために、黒パイプをへの字加工。

20170423120916.jpg
V字に切って、針金で仮固定したあとグルーガン(熱接着材)で固定して、仕上げにビニールテープでぐるぐる巻き。
地面に埋めるので、これだけやっていれば劣化による水漏れはほぼ無いでしょう。

今年もコメ作り頑張ります。

籾蒔き

今日は午前中に鶏のことを済ませて、午後から籾蒔きをしました。
午前中は、漬けておいた籾をぶら下げて水を切って乾燥させます。

20170419143646.jpg
そして午後から播種器を使って籾を蒔いていきます。

去年は100gくらいになるようにしましたが、この播種器だと少し斑ができて田植え機で植えにくいと感じたので、今年は130~150グラム蒔きになるように調節してみました。

20170419143656.jpg
うーん。どうでしょうか。。。

20170419135915.jpg
勝手にもみすりさせてしまった玄米がわずかに入っているのですが、これも発芽していました。
もみすりしたら発芽しないと思っていたのですが、そうか、これって発芽玄米か!

20170419161158.jpg
全部で24枚蒔きました。
うち、モチ品種が3枚です。

今日は晴れの予報が、時折雨がぱらつきおまけに風も強くと、少し作業に向かない天気でした。
気温も10℃ちょっとくらいで、陽が陰ると肌寒い日でした。

さて、いつ芽がでてくるでしょうか。

籾蒔き準備

籾の漬浸の積算温度が100℃を超えてきたので昨晩から催芽処理をしました。

20170418061907.jpg
お風呂の残り湯に漬けます。
衛生的なこととか病害的なことが怖いので、発泡スチロールの箱を使って2重に漬けます。

発泡スチロール箱の中の温度は31℃スタート。
残り湯は35℃くらいでした。

20170418170306.jpg
お昼過ぎまで漬けておき、そのあと発泡スチロールの中の水を捨てて、酸素を供給してやります。
これで夕方4時くらいにはきれいにハトムネ状態になってきました。

今日は時間がなかったので、播種は明日に回します。
去年は急いで蒔いてしまったのですが、10℃くらい(の水)で保管すれば、このまま保存できると知ったのでやってみてます。


で、その間に苗箱に土を詰めていました。

20170418151707.jpg
今年はカインズで買ったエスケーアグリ倍土というもの。

20170418163022.jpg
去年の余りのJA倍土と比べてみました。
右がJA

JAのほうが細かく、色も濃いです。

どうちがうんでしょうねぇ。
土的には、細かいのと粗いのはどっちが育苗に適しているのかな?

明日、潅水して籾播きです。

プール育苗

稲苗のプール育苗用の枠を作り始めました。

20170414142603.jpg
1×4のSPF材をU字型の針金で地面に固定していきます。

20170414142606.jpg
360×125cmくらいの枠を作ります。
これで、24枚の苗箱が入るはず。

まだ完了していませんが、播種までには終わらせないとね。


そうそう、果樹の花たちが咲きだしました。

梅でも甲州小梅は早くから咲いていたのですが、南高と豊後も8分咲きになりました。

20170414163433.jpg
南高梅

20170414163422.jpg
豊後(ピンボケ)
豊後のほうが、中心部がピンクで、全体的にも赤みがかっています。

今年は少しでも生ってくれるといいなぁ。
梅シロップに梅酒。楽しみです。

20170414182534.jpg
アーモンドの花も1輪目が開き始めました。
木によって芽が膨らんでいるものもあれば、まだまだなものもあります。
一緒に買ったものなのに品種が違ったりするのでしょうか?

籾播き準備

そろそろ籾播きの時期。

去年はもう1日遅いのですが、今年は明日、明後日と集落の予定が入っているので、一日繰り上げて今日からスタートです。

20170407152248.jpg

20170407152243.jpg
まずは、塩水選。
水より比重の重い塩水につけることで、中身が詰まっている籾のみを選別します。
今回は10Lの水に1.3kgの塩を溶かしました。
低アミロース米なので、もち米に準じた比重1.08を目安に作っています。

うるち米だと、比重1.13とかが標準のようですが、10Lに2.5kgの説明もあれば、2.1kgや1.8kgってのもありました。
どれが正解なんでしょうか?

20170407152817.jpg
20170407153438.jpg
今年は、佐久の方から分けていただいたもち米も植えてみることにします。

20170407154005.jpg

20170407154914.jpg


そして、次は種子消毒。
薬剤を使いたくないので、60℃のお湯に10分間つけて殺菌を行います。
(もちは58℃15分とかもあるようです。今回は60℃10分で二つともやりました。)

20170407160905.jpg
温度を均一にするために熱い湯を入れてかき混ぜるのですが、熱い熱い。。。

10分経ったら冷水につけて急冷です。

そのあとは、浸漬に入ります。
今回は気温13℃スタート。(水温はもっと低いですが)
今年は暖かいので、15℃になってきそうです。


最近見た文献だと13℃を超えてくると種が腐りやすいそうなので、注意です。
こまめに水交換が必要かもですね。

さて、どうなるやら。

もみすり精米機

脱穀が終わり、籾米も無事保存缶の中に入れましたが、食べるためにはもみすりと精米を行わなければなりません。

去年収穫したコシヒカリは知り合いにもみすり機を借りて玄米にしたり、コインもみすり機のあるところまで行ってもみすりを行っていました。
が、コインもみすり機があるところはいつも出荷や買い物に行く方向とは逆方向。ついでに行くということができず、このために行かなければなりません。

で、今年は、とりあえず早く食べたいということで、村内のコイン精米所に行っていました。
が、やはり、うちの糠やもみが欲しいということと、ゆきむすびを玄米で食べてみたいということもあって、もみすり精米機を某オークションで購入しました。

20161121140811.jpg
三菱ブランドですが、オータケのOEM品みたいです。

コイン精米機なんかよりもずいぶん遅いですが、これで出かける手間がなくなります。

お米の移動

今日は夕方前から消防団の秋の作業。
うー、仕事が進まん。。。

まぁ仕方ないので、午前中と午後の早い時間でさっさと作業をやってしまいます。

ニワトリの一通りの作業を終わらせたあとは、おから詰め。
いつもなら、もらってきた当日(金曜日)の夕方に終わらせてしまうのですが、秋から冬にかけては日が短く、もらって帰ってきてすぐにニワトリの夕方の作業をしないと日が暮れてしまうので、次の日になります。
ま、夏は腐りやすいってのもあるのですが。。。



そして、少し空いた時間でお米の移動です。
ハウスでゆっくり乾燥させていた新米の水分を測ってみると、15%を切るくらいになっていたので、穀物貯蔵缶に詰め替え作業を行いました。
まずは、空いていた貯蔵缶の設置。去年のコシヒカリ(もうあとわずか)の入っている貯蔵缶のとなりに置くことにして、整地とかさ上げで石や木で土台を作ります。
そして、設置したあとは、袋からどんどん移し替えていきます。

5俵用?のものなのですが、籾ですが、数えてみるとハーベスター袋で7袋分入りました。
だいたい1袋30kgくらいで、精米まですると23kgくらいになるので160kgくらいでしょうか。
一年、もつかなぁ??

とりあえず、虫やネズミなどの心配がなくなりました。
よかったぁ。


20161112073825.jpg
朝霧に差し込むお日様がきれいでした。

秋起こし

ようやく、田んぼの秋起こしに行ってきました。
(広い田んぼでは)去年と比べて半月以上早く脱穀と藁カットできていたのに、今年から作付けした小さい3枚の田んぼを待っていて、結局去年よりも遅くなってしまいました。

まずは、トラクターが入るのに邪魔な電柵を片づけたり、ハザを端っこに運んだりと、片づけるための運ぶ準備をしておきました。

そして、息子とトラクターで荒く耕す作業。
藁などの分解促進と、クログアイの球根を減らす対策として行っています。
特に、クログアイは表面を除草しても球根が地中にあるため、なかなか除草作業は手ごわいです。が、乾燥には弱いと聞き、まだ暖かい今のうちに何回か耕耘することで、球根を弱らせることができるのだとか。。。
地面が凍る前に何度かできればと思います。

しかしながら、クログアイがひどいところは地面が湿気ていて、なかなか耕耘するのも大変でした。
減ってくれるかなぁ・・・


そして、午後からは少なくなってきた草を大量に与えました。
寒くなって枯れ気味になる前にたっぷりと与えておこうと思います。

20161105110550.jpg

20161105112507.jpg

20161105110536.jpg

20161105102113.jpg
一番下の写真。
細い細いイネ科雑草がオレンジ色に枯れ始めていて、刈っているとオレンジの胞子?みたいなのがふわっと飛んでいました。いもち病みたいな病気なのかもしれません。

ニワトリ達も大満足のようでした。

20161105151707.jpg
ついでにもらってきたデザートも与えました。
柿に梨、ナス。やっぱり草とは違った成分があるのか、喜んでついばんでました。

コシヒカリ脱穀

今日は、お昼頃から雨の予報なので、朝早くから畑作業とニワトリ作業。
ニワトリ作業も少し簡略化して、できるものは午後にも回して、先に田んぼに向かいます。

20161025061754.jpg
朝のうちに、一応水分を測ってみました。
(水分が高くても脱穀はするつもりです。高水分の場合、メッシュコンバイン袋で少なめに入れて追加乾燥させるつもりでした。)

20161025061832.jpg
詰まっている方でもシイナが多いです。

20161025061845.jpg
しかも粒も小さい気がする。
米選機にかけたらほとんど落ちそうです。。。



今日の予報では13時ごろから雨マーク。
なのに、田んぼに向かう10時頃から霧にような雨がぴりぴり。。。

実の入ってないほうから脱穀開始。
途中で少し強く降ってきましたが、作業続行。

実の入っているだろうほうも無事終了で、ワラカットまで済ませました。

急いでの作業だったので、写真は無しです。



20161025115838.jpg
玉ねぎ苗も無事植え終わりました。


午後はニワトリ作業で終わりました。
まぁ、田んぼの作業がひと段落してよかったです。

あとは、秋起こしを何回かしてクログアイを減らせればいいなぁと思います。


そうそう、今日は朝の気温が1.5℃。

IMG_20161025_062433121.jpg
微妙にですが、初霜でした。

コシヒカリ刈り取り

すっかりど忘れして水を入れっぱなしにしていたコシヒカリの田んぼ。

とりあえず水を切って、しばらく待ちましたが、まだぬかるんでいるところがあります。
が、とりあえず刈ってみることにしました。

いつものおんぼろバインダーで刈り進めていきます。
が、場所によってはぬかるんでいる場所がありました。

そこはとりあえず避けて刈った後、最悪手刈りかなぁ?と思いながら、うまく通路を作って逃げたら、なんとか刈れました。
が、そもそも穂いもちがたくさん出ていたので、実が入っているか謎です。

S_5108386859782.jpg
ズブズブ足が入ります。
が、1輪バインダーだと株の上を通れるので、機械ははまりませんでした。


S_5108386995277.jpg
刈ってるそばから枯れて中身の詰まってない穂と粒はぱらぱらと落ちていきます。


Image_d04584c.jpg
とりあえず刈れましたが、右半分はほぼ実が入ってない束です。
いもち病、悔しいなぁ。。。

FC2Ad