FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

また雨

今日も雨。午後から止みましたが結構降りました。

稲刈りが進みません。

まあ、昨日雨の前に!!と急いで朝から動いたら腰が痛くなって、歩くのも痛かったので、今日はお休みと思っています。
それでも今回は湿布を貼ってみたら1日で痛みが治まったので、なんとかなっています。

20180921094622.jpg
おからと米ぬか。
身体が濡れています。

雨の中、草を食べたり休んだり。
なぜか、屋根下を用意しているのに森の近くの木陰にいることもあります。

何か雨とかじゃない心地よさがあるのでしょうか?

また、草が無くなってきたので小麦跡地に電柵を張ろうと思っています。
2頭だと結構食べますね。

草を

家の窓から見える放牧地。
どんどん草をたべています。

で、今日は別の場所の草刈りで草が出たのでプレゼント。


20180914152700.jpg
美味しかったようでムシャムシャ食べていました。

だいぶんと草が無くなってきたのでまた近いうちに移動させないとですね。

牛の移動

放牧地の草が足りないので、新放牧地パート2です。

今回はサイレージを作るために草を伸ばしていたのですが、伸びすぎてしまって一度掃除刈りをしたので枯草が残っている斜面を電柵で囲いました。

電柵の設置時間は1時間ほど。
既存の電柵から電気をつないで、電牧機の接続もすぐ完了です。
まぁ面積は5畝程なのでそんなに大きくありません。周囲は120mくらいです。


で、早速牛たちを移動。

20180906175559.jpg
2回目の放牧地からの移動です。
2回目なので1回目程嫌がらずに移動してくれました。


20180907100231.jpg
ボチボチ食べています。
食べちゃダメな草があるので早いうちに掃除刈りをしようと思います。

去勢

午前中、作業していると獣医さんから電話です。

数日前、そろそろ去勢を~とお願いしていたのですが、ちょっとしばらく忙しいからまた連絡すると言われていたので、お、ついにきたか~ということで電話に出ました。

都合が良ければ午後から行くということだったので、お願いしました。

で、午後から去勢です。

術後は食欲が落ちるので、朝の内から草をたくさん与えておきます。

20180831101532.jpg
たっぷりよく食べなよ~

そして、お昼におからや米ぬかを与えて枠の中に閉じ込めておきます。


そして午後。
その時は来ました。

20180831134159.jpg
術開始です。

麻酔して、抗生物質打って、切って、切除して、縫合して、覚醒薬打って完了です。
1頭当たり10分もかからないくらいで完了しました。

かわいそうな気もします。が、角が伸びてきているので、もしもの時を考えるとこうしておかないと怖いので仕方ないですね。


あとは屠畜までよく草を食べてもらうことに専念ですね。

掃除刈り

放牧地の中で牛たちが食べない草が大きくなってきました。

草は足りないのに、食べない草は残るので大きくなる。という悪循環なので、ちゃっちゃと刈ってしまったほうが良いのですがなかなか時間が取れません。

今日は思い切って時間を取って刈ってしまいます。

残っているのはヨモギとイタドリ。
ヨモギは苦いのでしょうか?イタドリはアク(シュウ酸?)があるからでしょうか?

20180828160906.jpg
刈っていきます。



20180828162856.jpg
手前側半分ほどが終わりました。

向こう側はまた今度です。



小麦運びの腰痛をまだ引きずっています。
早いところ直さないとですね。

雑草放牧地まとめ

今日は、ニワトリ達の1年分の主食である小麦をしまっている倉庫の掃除をしました。
予定では明日、小麦が到着するので先入れ先出しのために奥に新しい小麦をしまうためです。
と言っても、古い餌用の小麦は6袋だけで、他にあるのは醤油粕や米ぬか、自家用の自家栽培小麦が入っていたのでこれを別の場所に運びます。

20180820172610.jpg
きれいになりました。

これで、いつでも入れられます。
6トン分なので、240袋。頑張って運ぼうと思います。


そして、タイトルの放牧状況まとめです。

20180803180324.jpg
放牧0日目

20180804094754.jpg
1日目(開始直後)

20180805093332.jpg
2日目

20180806070939.jpg
3日目

20180807103212.jpg
4日目

20180810074635.jpg
7日目

2018-0810092420.jpg
7日目詳細
イネ科を主に食べていて、他のは押し倒したりしているものもあります。

20180812073402.jpg
9日目

20180813093950.jpg
10日目

20180814074657.jpg
11日目(定点観測のための脚立から撮るのを忘れました。)
奥が良く見えるようになったという別の視点から見れます。

20180817073114.jpg
14日目
ほぼ主だった草は無くなりました。

この辺りで、食べられた茎から出た新芽が伸びてきたものを食べ始めていました。

20180817133537.jpg
電柵の内側(左)と外側(右)
電柵の内側に極端に草が無いです。
電柵に恐怖心がまだまだ強いのであまり電柵近くには近寄りませんが、本来はこのような状態になったら脱柵の危険があるので早めに移動させるようです。


20180818095739.jpg
そして、最終日(15日目)はほぼ茎のみです。(厳密には茎からわずかに新芽が出ています。)

わずかに残っているように見えますが、ほぼ食べつくしてくれました。



初め、放したときは思ったより背丈が高く、密度も濃いように見えたので食べつくせるのか?という疑問がありましたが、意外と2週間でハゲにして今いました。

ヒトが食べられない「草」を「肉」や「乳」に変えてくれる牛。
しかも草刈りまでしてくれます。
今、どの産業でも人不足が言われていて、農業も例外ではありません。
そのために、「土地利用型の畜産」として、放牧を行い、労力をかけない畜産物生産が必要だと思っています。

動物は書いての通り「動ける物」です。
自分で探して(動いて)餌を食べてくれるのでこれを活かさない手は無いと思いますが、なかなか難しいようです。
うまく広がればいいなぁと思います。

牛たち帰還

20180819094313.jpg
ようやく牛たちをもとの放牧地に戻しました。
2週間ちょっとのお休み期間でしたが、思ったより草の丈は回復しませんでした。

20180819094409.jpg
久々の柔らかい若いイネ科の草です。

20180819103713.jpg
いつも見ている方向から逆に見てみました。
茎のみが乱立しています。
足元にはエノコログサの株がちょこちょこと残っています。少し長い場所もありますが、やっぱり硬いのは美味しくないようです。


20180818110422.jpg
エンレイの鞘が大きくなっていました。
雨が降ったのでしっかり中身が入ってくれそうです。

放牧11日目

毎日ニワトリの世話と出荷調整、そして畑のちょこちょことした草刈りに追われています。
なかなか地味な作業をこまごまとやっているので記事にする気になりません。

で、やっぱり自分が関心が高いのは雑草放牧地の状況

20180813093950.jpg
これは昨日の写真ですが、かなり密度が低くなってきました。


20180814074657.jpg
数メートル離れれば見えなくなっていたのに、見通しが良くなりました。

20180814120007.jpg
シロザやホソアオゲイトウはこんな感じで、主茎の先端や、わき芽、葉をしっかりと食べています。

黄色い花を咲かせるマツヨイグサはあまり好きではないようです。
が、ヨモギと違ってまだ食べる草です。

色々食べてくれてありがたいですね。

待ちに待った雨

朝、30分ほどですが雨が降りました。

20180812091058.jpg
本当に少ない量でしたが、今まではゴロゴロ雷がなっても、近くを通り過ぎていくだけだったので、待ちに待った!!という感じです。

少しお湿りには鳴ったみたいです。


20180812073402.jpg
そして、こちらは9日目
少しずつ地面が剥げてきました。

草ぼうぼうの土地をきれいにする効果。徐々に表れているようです。

放牧7日目

小麦跡の放牧地に来て7日目
少しずつ草が無くなっています。

20180810074635.jpg
全体像

20180810092430.jpg

20180810092427.jpg
イネ科もそれ以外も根元に近い硬いところは食べずに残しています。
そのうち食べるものが無くなったらたべるかな?

20180810095416.jpg
もちろん、おからと米ぬかも大好きです。

日よけの遮光ネットが倒れてしまったけど、暑さは大丈夫かな?

放牧4日目

新放牧地に来て4日目。

ちょこちょこと草が食べられています。

20180807103220.jpg
よく歩くところは食べるのではなく踏みつぶされてたりしています。
どれくらいで食べてしまうのか?それともあまり食べないので変わらないか。どうなるでしょうか。


そうそう、先日掘ったジャガイモですが、しっかり乾燥させていたのに腐り始めました。

20180807101310.jpg
表面に黒っぽいあざができています。

切るとその部位が腐っているようなにおいがあって、変な色をしています。
放っておくとどんどん広がるので、慌てて皮をむいてその部位を切り取って、湯通しして冷凍しました。



追記

どうやら軟腐病か疫病っぽいです。
掘るまでは正常で、掘ってしばらくすると病斑がでて腐り始めるのですが、どっちでしょうか?

新放牧地へ

昨日作った小麦の跡地の放牧地へバイスとモクを移動させます。
まだまだ慣れてないので、1頭ずつの移動です。

20180804093212.jpg
今までの敷地の境界線を出たくないようです。

20180804093336.jpg
ビビりのバイスは出てからとことこ歩いてくれました。
モクは逆に連れて行くのが大変で頑張って引っ張っていきました。

20180804093633.jpg
放牧地へ。
数メートルで見えなくなるほど茂っています。

20180804094754.jpg
定点観測用
どれくらい食べてくれるか楽しみです。


この後はロールつくりをしました。

今回はシロザやホソアオゲイトウも生えているところもロールにしたのですが上手く作れませんでした。

20180804152920.jpg
わかりますか?ちくわ上になってしまいました。

20180804141820.jpg
手が入るくらいです。

20180804152926.jpg
それでもイネ科主体のところもあったのでロールにできたところもあります。
ちくわ上のものも、一応ラップしてみました。
カビていかないかどうなるでしょうか。

新放牧地

子牛たちの放牧地の草が無くなったので、新しく小麦の跡地に電柵を張って放そうと思います。

で、今日はそのための草刈りと電柵作り。
外周の草を刈って杭を打ち、電柵を張っていきます。

20180803111412.jpg
そして、その隣のイネ科がメインの所の草刈りもしました。あした乾燥状態を見てロールサイレージにしようと思います。


20180803180324.jpg

20180803180446.jpg
準備完了です。

放牧予定地の草はエノコログサが少しありますが、基本的にはシロザとマツヨイグサ、ホソアオゲイトウがメインです。

さてさて、どうなるでしょうか。

草が無い

最近、乾燥と暑さのせいか、草の伸びが悪いです。
子牛たちが沢山食べるようになったというのもあると思いますが。。。

そこで、敷地内から別に草を刈って運んで与えました。

20180801065801.jpg

20180801065829.jpg
仲良くムシャムシャ食べています。

で、そのあとニワトリの世話をして戻ってみると草がすっからかん。
再度追加で与えました。

20180801102936.jpg

それでも夕方には無くなっていました。

少し足りないようでした。
ちょっと放牧地を考えないといけなくなりそうです。


現状だと小麦の跡地に電柵を張ってみようかなぁと思っています。

ブラッシング作戦

バイスとモクがあまりにも触られるのに慣れていないのでブラッシング作戦です。

雨よけのパイプハウスの下に単管で枠を作って逃げられないようにして強制的に触ってやる&ブラシでマッサージ作戦です。

20180728100736.jpg

20180728100731.jpg

20180728100835.jpg

ブラシはお世話になっている酪農家さんにお借りしました。
ちょっとでも慣れてくれるといいのですが。。。



20180728202910.jpg
今日の夕食はバウム君(去年の牛さん)のひき肉をつかったコロッケです。
もちろんジャガイモもウチの。

美味しかった~

ロールつくり②

阿智の酪農家さんの採草地でのロールつくり2回目。

晴れが続くようだったのでお願いして、昨日のうち(午前中)に刈り取り、今日午前中に集草をお願いしておきました。

そして、ロールベーラーとラップマシンを持って行ってロール作りスタートです。

20180714143543.jpg
いざ、スタート。


ロールは順調に巻けて、今度はラップ巻きだ!!と思っていたらゴロゴロ雷の音。
飯田市のほうが降ってるなぁと思っていたら

20180714165825.jpg
こちらにも飯田市とは逆の恵那山側から雨雲が。
ざぁっと大粒の雨が。

20180714165828.jpg
それでもラップ巻きは続けます。
あと残り8つくらいだったのに。。。

まぁ、降った時間も10分無いくらいで、ロールにしてしまってからだったのでわずかな水分調整くらいの水量だと思います。
どれくらい降るかわからないから急がなきゃ!!と思ったので濡れながら作業したのでびしょぬれ。。。

20180714180606.jpg
無事完了です。

今回は35個ほど。
2番草でしたが、思ったより減りませんでした。

さぁ、あと何個用意すればいいのかなぁ。。。

ロール作り

今日はお手伝いのロール作り。

昨日刈り取った草を、知り合いKさんが集草、自分がベーラーでロールにして、またKさんがラップするという形で、自分は機械持ち込みのオペレーターの形でロールを作ってきました。


20180711145517.jpg

今日は雨もなく、なんとか無事に終了しました。
夕方ゴロゴロとなっていましたが、こちらには雨雲は来ず。
近くは激しい降りだったようです。

なんとかうまく作れて良かったです。

さて、次は阿智の酪農家さんの牧草畑でのロール作りです。
次晴れが続くのはいつでしょうか?

少し離れて

今日は出荷日です。

なかなか出荷日は出荷調整があったりでバタバタしています。

で、タイトルの事ですが、牛たちが少しずつですが距離を取るようになってきました。
というと語弊があるのですが、いつでも一緒、2,3mくらいしか離れないくらいだったのですが、今日は結構離れていました。

20180614170056.jpg
これくらいですが。

イネ科を少々。やっぱりマメ科のクローバーが好きですね。
あまりマメ科ばかり食べると鼓腸症とか心配ですが、そこまでたくさん生えているわけではないので大丈夫でしょう。




6月というのに寒く、まだまだ朝の気温が一桁だったりそれに近かったりしています。


2018061413290.jpg
キタノカオリもまだまだ青いです。

小麦の育種にかかわっている方からの情報で、キタノカオリは成熟期に低温に当たるとアミラーゼ活性が高いままでちょっと粉にしたときに色々と問題がでやすいとか聞きました。
今年の粉はどうなるでしょうかね。。。


番外編


20180614072458.jpg
今朝は息子がニワトリの手伝いに来てくれました。
大きいニワトリ達のところは怖いので、まだ小さいヒヨコのところで餌やりを。
助かります。

ビビりのバイス

少し前にやってきた牛たち。

黒っぽいのがモクで、白っぽいのがバイス。
少しだけバイスのほうが早く産まれて体格も若干大きいのですが、バイスはビビりです。

もともと草食動物なので、知らないモノには近づかない・逃げるのが当たり前なのですが・・・
ただ、毎日美味しい餌(おからと米ぬかなど)を持って行っているので、大分慣れてはきました。

モクだけですが。。。


バイスもモクも、「おーい、ご飯だよ~」と呼ぶとのろのろと歩いてくるのですが、近くまで来ると一旦停止。

それから餌箱に餌を入れるとモクは恐る恐る近づいて来て食べだすのですが、バイスはまだ離れたままです。
たまに近寄ってくれるのですが、すぐ離れてしまったり。

まだ慣れるのに時間がかかりそうです。

20180612122835.jpg
もぐもぐ食べています。

20180612122949.jpg
バイスはモクに隠れてなら近づいてきます。
その時に見えなければ良いのか?という気もしますが。。。

ロータリーモアで掃除刈り

放牧地の草が伸びて来ているので今年2回目の掃除刈りです。

牛たちが来るので良いか?なんて思っていたのですが、今年は適度に雨が降って暖かさもあり、どんどん育っていくので掃除刈りを行いました。

20180609130745.jpg
ロータリーモアで適当に雑草が多いところと伸びすぎなところを刈り取りました。

20180609130815.jpg
見通しが悪かったのが良くなりました。

20180609131238.jpg
刈った草が少しお日様の力で乾いたからか、生ではなく刈った草を食べ始めました。

子牛たちも、まだ脱柵の恐れがあるので、頭絡と引き綱はつけたままにしてあります。
紐を踏んで爪に挟まるとかもありますが、大きな怪我にはならないだろうということと、やっぱり脱柵したときのリスクを考えるとこのままで行きました。


20180609131026.jpg
途中、仲が良すぎて草にロープが絡まってしまうことも。
草が長すぎですね。。。

20180609131006.jpg
今まではパイプハウスの屋根下にしか居なかったのですが、見通しが良くなったので、よく移動するようになりました。



20180609175006.jpg
夕方、見に行ってみると、いつものパイプハウスの下ではなく、入り口に近い場所でクローバーを食べていました。

20180609175015.jpg
やはり草食動物。さみしいのか群れる習性なのか、いつも一緒にいます。

20180609175221.jpg
モクが撫でさせてくれました。

20180609175247.jpg
事務所通してください。といって顔出し拒否(ウソ、ちょうど顔がかゆかっただけ)

子牛たちの名前が決まりました。

黒っぽいほうが「モク」
白っぽいほうが「バイス」

2頭とも、よろしくね~

子牛が来た

今年もホルスタイン種の雄が、ウチにやってきました。

今年も村内の農家さんからで、直接お願いしたのは去年の2月中洞牧場に一緒に行ったT君。


今月末にもう一頭少し遠いところから来る予定なので、単管で枠を組んで輸送枠を作ってこれも試しに使ってみるということもあわせて運んでみました。まぁ、今回は地区内の移動なので2kmもないくらいですが、とりあえず試験的な意味でやってみました。

20180607141048.jpg
後ろにはあと2本横に単管がはまります。
向かって左にもコンパネを設置しようと思います。

20180607141207.jpg
ど、どこだここは。という心境でしょうか?


20180607141058.jpg
色が白っぽいこの子は少しビビりの子

20180607141020.jpg
黒っぽい子は比較的おとなしいです。


電柵自体が初めてなので、とりあえず脱走した時のためにロープで木などに繋ぎ止めて電柵のに触れるかなぁ?と狙ってみました。
水と、今まで食べていた草(乾草を少し)を近くに置いて、まずはここに慣れてもらおうと思います。
ちなみに、緊張しているためか生えている草は全く食べません。(乾草は食べていました。)


さてさて、今後、ゆっくりウチの放牧地に慣れていってもらおうと思います。



そういえば、放牧地には6種類5品種の牧草の種を蒔いたのですが、そのなかに暖地型チモシーがあります。
他に蒔いたペレニアルライグラスやオーチャードグラス、メドウフェスクやトールフェスクは出穂が見られたのですが、チモシーだけ今までずっと穂が出てこないなぁと思っていました。

で、調べてみると都府県(東北)での出穂の時期が7月上旬だとか。
この辺りだと梅雨真っ盛りなので、採草としての利用はできないようです。

で、ここだといつかなぁ?と思っていたのですが

20180607165919.jpg
生育が早いもの(肥料分があるところ)は出穂していました。

他を見てみるとちょうど出穂しかけのものもあり、だいたいこの辺りだと6月中旬から下旬なのかなぁと思います。
チモシーは良い牧草というイメージがあるので、ここで放牧地での利用ができるのなら利用したいのですがどうなのでしょうか。今後が楽しみです。




話題が変わりますが、小麦が徐々に成熟してきました。
穂の色が少しずつ黄金色~褐色に近づいています。

20180607182432.jpg
今年は3品種しか植えておらず、1つは少し離れているのでパッチワークには程遠いですが、良い感じです。
美味しいうどん用とお菓子用の2つ。あとは刈り取り時の天気ですね。
どうなるやら・・・

電柵下草刈り

昨日に引き続き、電柵下草刈りです。

ただ、今日は放牧地の方です。

で、その前に別の草刈り。
地域の仲間とやっているソバ畑の畔草刈りです。
自分はニワトリ作業があるので途中から参戦。
他の仲間が半分くらいやっていてくれたので午前中で終わりました。

そして午後から電柵下草刈りです。

ここは電柵が張ってありますが、漏電しているだろうとのこともあって電柵も修理してない(切れていたり緩んでいたりした)ので電柵自体は途中で切断してあって電気は来ていません。
が、もうそろそろ牛が来る予定なので時間を作って整備です。

20180529144352.jpg
草刈り前

20180529144350.jpg
草刈り後

下から生えてくる草だけでなく、電柵の外側の木からツルが伸びてきたり、枝が伸びてきたりでそれも切っていました。

あとは電柵のちぎれている場所や緩んでいる場所をしっかりと修復して完了です。

電気を流してみましたが、少し漏電気味です。
また場所を特定して直そうと思います。

ロール作り2日目

昨日残したロール作りの続きです。

朝のニワトリ作業が終わったら牧草地に向かいました。

20180527092946.jpg
コッコ達にはちゃっちゃと草も与えて卵も産んだだけ集めてひと段落。

20180527104031.jpg
あと少しです。

巻くのはだいたい1時間半ほど。
今日も途中から「もー」が来てくれたのでラップ巻きを任せました。

この2日間で作ったロールは、だいたいの要領もわかってきたので密度もほとんどばっちりでした。
ただ、たまにロールの中で偏りができてしまって、片側が少しふわふわというのもできてしまい、全体的にしっかりと巻けるように巻き幅に均等に入れなきゃと気づかされることがありました。

まぁ、ロール巻き2回目。
それなりに上手になってきたような気がします。

ロール作り

昨日牧草モアで刈った牧草ですが、今日の朝に見に行くと、結構いい感じに乾いていました。

場所によっては本格的な牧草畑くらいの密度があるのですが、やっぱり適当にほったらかしただけのソバ畑なので、密度が極端に薄いところもあり、全体的に密度は薄めです。
そのおかげもあってか、思ったより早く乾いたので、早速ロールつくり開始です。

午前中にラップマシンと熊手を持って牧草地へ。
牧草が重くて集めるのが大変だと困るなぁと思っていたのですが、予想に反して適度に乾いていると軽い軽い。
レーキ(熊手)で掃くように集めました。

20180526173300.jpg
写真中央まで集めてみたところ。中央より奥はまだ集めてないところです。

20180526172521.jpg
このレーキで。
先が丸くなっていて地面や地面の凸凹に引っ掛かりにくいので掃くように集められます。

途中まで集めたらお昼になったので一度帰宅。
お昼を食べたら今度はロールベーラーを持って向かいます。

が、行く前に注油だ!と思って各部に注油したり動きを見たりしていると、音が変。。。

あれ?と思ってみてみると、草を集める爪(棒)が曲がっていました。
そのせいで、本来だとスムーズにガタガタガタガタと回るドラムが引っ掛かっているのでガシャン、ガシャン、ガシャンと詰まったような回り方です。

えー!?まじかよ~。前回なにかに当たってぶつけたか?
どうしようかな。。。と思ってましたが、とりあえず直すしかないので、前回交換した爪のなかで曲がりがマシなものを持ってきて、金槌でたたいてまっすぐにしてみました。

そして、交換です。

20180526150003.jpg
左から4本目が交換したやつ。
古いやつなので錆びています。

で、なんとかスムーズに回るようになりました。

少し、爪の根元にある白いプラスチックの部品が削れてしまったのでちゃんと回ってくれるか心配でしたが、なんとか直ってくれました。

20180526145958.jpg
曲がった爪。
これくらいの曲がりで機械には負担がかかり、ヘタすると壊れてしまいます。
これもとりあえずまっすぐに直して予備用で保管しておきます。

で、ようやくロール巻きを開始できます。幸いにもロスは30分くらいでした。

あとはひたすらロールを巻き続けます。
途中から子供たちを連れて、相方「もー」が参戦してくれて、できたロールをラップマシンでラップを巻いてくれました。

半分くらいの面積を巻いたら、一度休憩。
残りの時間はロールはやめにして草を集めるほうに時間を費やしました。

20180526174912.jpg
今日の出来高。

20180526172509.jpg
あとはひたすら草を掃いて列にしていきます。
ちょっと幅が広すぎますが、巻く時に考えます。
子供たちはベッドとか言って寝転んだり、いい匂い~といってはしゃぎまわってました。乗るのは良いけど、せっかく集めたやつ散らかさんでね。

20180526173027.jpg
夕日に輝いてきれいでした。

20180526173304.jpg
残り半分。

20180526174041.jpg
きれいに集め終わりました。

明日、また残りを仕上げてしまおうと思います。

牧草刈り

今日は、また牧草ロール作りの最初の作業、牧草刈りです。

前回は、酪農家さんの土地のものをいただいたので、刈る作業と集める作業は酪農家さんがトラクターに着く作業機を持っていることもあって、委託したのですが、今回は自前の畑(といっても借りている場所)なので、刈るところから自分でやります。

使うのはずっと修理していた牧草モアです。

今回の畑は約3反の少し大きな畑。
歩行式の牧草モアで3時間ほどで刈り取れました。

20180525150900.jpg
パノラマ写真です。クリックして拡大します。

2,3日良い天気が続くようなので、様子を見ながらロールにしていこうと思います。

ちなみに、ここはもともと牧草地ではなく、ソバ畑です。
去年から雑草がきつくてソバが負けていたのでとりあえず夏はソバの作付けをやめるか?と休ませたところ。
で、当初から狙ってたのですが、このきつい雑草というのがイネ科だったので、多分イタリアンかオーチャードかどれか牧草だろうという希望的観測で、ほったらかしにしていたら、牧草の種蒔いたの?というくらいいい感じの牧草畑になりました。

たぶんイタリアンだと思うのですが、葉が少なく茎と穂が多いですね。
適度に乾いてくれればいいのですが。。。



そうそう、昨日、前回作ったロールを運んできました。

20180524182957.jpg

20180524183006.jpg
個数は45個。

ですが、初めて巻いたので、密度もよくわからず、ラップすると凸凹になったり扁平になったりしました。
実質40個無いくらいでしょうか。

今回のはしっかりと密度をぎゅっと詰めて巻こうと思います。

牧草ロールつくり

昨年は、年末に子牛を屠畜してお肉にしてしまいましたが、今年は、1頭残して、冬越しをさせようと思っています。
このためには冬の間の餌(草)を用意しなければならないのですが、手っ取り早いのは輸入の乾草を購入すること。
ですが、自分の放牧の基本理念で、地域の草資源を利用するという観点から、これは却下。

で、ちょうど隣村の知り合いの酪農家さんと話をしていたところ、その方の牧草畑の草を使って良いよということになったので、ありがたく草を貰うことにしたのです。

で、先週土曜日(19日)に酪農家さんが草を自前の機械で刈っていてくれて、今日の午前中に集草してくれていたので、午後から作業開始です。

このために用意したロールベーラーとラップマシンでロールにしていきます。

20180521154415.jpg


20180521182914.jpg
途中の風景


このロールベーラー、センサーがついていて、中身が詰まっていい具合になるとブザーが鳴るのですが、このタイミングで出すとロールが緩くてラップしたら形がガタガタになりました。

初めてやったのでなかなか感覚がつかめないですが、次回はある程度しっかりと巻いたロールにしようと思います。

急いでやったので出来上がりのロールの写真は無し。

明日はちょっと西へ行く用事が出来たので、週末にロールを回収してこようと思います。

機械溶接修理

去年、ロータリーモアのハンドル(?)部分がぽっきりと折れてしまって、ほったらかしにしていたのですが、修理することにしました。

というのも、少し前に壊れてたエンジンをニコイチ(壊れている2個のモノを使える部分を寄せ集めて動くものを1つにすること)で復活させたので、エンジンが1つあまることになり、石など刃を痛めるものが多い場所用として使おうと計画しているためです。

で、2年ぶりくらいの溶接作業です。

201]80510134216
皮手袋も用意して、溶接開始。


20180510141630.jpg

20180510141645.jpg

折れてしまったところは、前回も折れて知り合いに溶接で補強してもらったところでした。
なので、それをまた直すような感じで、アングルに溶接するようにしていきます。

グラインダーで削ってはくっつけ、削ってはくっつけと繰り返し、なんとか良い感じにできました。
最後は錆を落として、アクリルスプレーを吹いて出来上がりです。

放牧地での掃除刈りに役に立ちそうです。


20180510165712.jpg
今日は良い天気で、青空がきれいでした。


20180510165720.jpg
山側

20180510165749.jpg
山に陽が入ったころ

今月末には子牛第1段がやってくる予定です。

掃除刈り

今年は草の伸びが早く、一帯にイタドリが生えてきたので、掃除刈りです。
子牛が来る間際だと、イネ科牧草も刈ってしまうかもなので、早めに行いました。

20180508121643.jpg
before

20180508123959.jpg
after

20180508124100.jpg
こいつ。イタドリ君。

あまり栄養が無いので、ひょろひょろです。


今月末か来月頭にまた子牛がやってきます。
楽しみです。。。
今年はしっかりと育てられるように頑張ります。

エンジン修理

牧草モアについていた焼き付いたエンジン。

コンロッドとピストンがダメだったので中古部品を購入しました。
送料と合わせて4.5kくらいでした。

ばらした記事はこちらこちら

部品が届いた記事はこちら



で、もうばらしてあるので組み立てるだけです。
と思っていたら、意外にもピストンリングをしっかりシリンダーにはめるのに苦労しました。

ピストンリングを入れる工具もあるようですが、ウチではもうやらない(やりたくない)ので必要ありません。。。


20180425163409.jpg
なんとか四苦八苦しながらはめることができました。

向きを確認して、2本のボルトで止めていきます。

20180425163406.jpg

20180425163552.jpg
ボルトとコンロッドの間に1枚、板が入っていて、これを折り曲げでボルトが緩まないようにしておきます。
これ、今回買った中古には付属していたのですが、元からあったものにはついていませんでした。

以前ばらしたイセキの管理機(川崎エンジン)にも付いていたので、付いてないほうがおかしいのですが。。。なぜでしょう?

しっかり折り曲げれば完成です。

腰下と上側の蓋をしっかりとして、組み立てて、オイルを入れれば完成。

何度かリコイルを引いてオイルをなじませてからエンジンをかけてみました。
無事、エンジンがかかることを確認。
ただ、リコイルの引っ掛かりが悪いので、調整しないとです。

これで牧草モアに取り付けれれば本来の性能が発揮できるでしょう。


よくやるわ、自分。。。

ひこばえ集め

放牧地の切り株からひこばえがにょきにょきしています。

これを切り株ごと地面すれすれでチェーンソーで切っていました。
それがほったらかしになっていたので、回収です。

このひこばえがトゲトゲで痛い痛い。

もともと切り株で残していたのは切り株(の根っこ)の隙間を耕運機で起こすつもりだったのですが、それができず一部は去年に地際で切っていたのですがほとんど残ったままでした。

これからひこばえが出てしまって、細いものがたくさん出たのと、細いので皮手袋を通り抜けてきて地味に攻撃力があるという厄介なものでした。

20180411104538.jpg

そして雨だったのですぐ焚火。

合計3回山盛りに積んで運んで燃やしました。

ほとんど細枝ばっかりだったので半日ほどで燃やし終わり。
そのあとゆっくり熾きになって燃えているのを見ていました。

これでほぼ放牧地がきれいになったのでロータリーモアなどでの掃除刈りがやりやすくなります。
薪に使えそうな木がたくさん山積みになっていますが、また来年でしょうか。それまで残っているかなぁ・・・

FC2Ad