FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

南部小麦の刈り取り

今日は午前中晴れの予報だったので、ニワトリ作業を終わらせて家の上にある小麦畑へ。

ユメセイキを刈り取った1週間前にはしっかり立っていたのに、連日の雨と風で半分ほど倒れてしまいました。

201907031111501.jpg
わかりづらいですが、右奥から左奥にかけて倒れています。

1列刈り取ってみたのですが、場所によってはべたコケしているところもあってバインダーに負担がかかっている音がしたり、うまく起き上がらず根っこごと抜けてしまったりで、やっぱりうまく刈り取れないので、ユメセイキ同様起こしてみることに。

20190703111154.jpg
起こしてみて1列刈ったのですが、やっぱりうまく刈れません。

で、今回は相方もーにバインダーの前に居てもらって、刈り取る寸前の株を起こしてもらいながら刈り取りました。

1時間ほどで刈り取り終わり、さらに軽トラに積んでハザがあるハウスまで運びました。

昼食をはさんでハザに干し始めたのですが、薄日が差しているのでハウスが微妙に暑くなり、汗びっしょりです。



20190703144617.jpg20190703144622.jpg
半袖が良いのですが、イネ科の産毛で荒れるので長袖です。
汗びっしょり。。。


201907031429541.jpg
ふと気づくと、ハウスの天幕の折り目が切れ始めていました。
どんどん広がっていくだろう破れなので補修テープで急いで貼り付けました。


そして一休憩したら、今度は田んぼへ。

昨日、気になっていた畦草を刈ります。

20190703172434.jpg

201907031724311.jpg
全体の1/3を残して時間切れです。
(というか、ハザ干しの段階で少し腰が痛みを感じたので、適度なところで切り上げます。)

あとはレーキで草を集めて終了です。

帰ってきてニワトリの最後の作業と見回りをして終了です。

帰宅後のYEBISUビールが美味しかった~

小休み(でも機械修理)

ここ数日、ニワトリの通常作業のほかに消防団の活動やら、小麦の刈り取り作業やら、果てには田んぼの草予防やらで体はクタクタ。

さすがに疲れたので今日は最低限のニワトリの作業以外をして、体を使う作業は少しお休み。


雨時々曇り、たまに曇りながらの日差し(曇ってるけど暑い)の中、ニンニクの整理を行いました。

とりあえず梅雨の前に引っこ抜いたものやら、梅雨の合間に引っこ抜いたものやらを、収穫日や品種によって大まかに分けておいたのですが、それを一緒にして葉を落としたり痛んでいるものを捨てたりしました。



あとは、知り合いの水田用除草機「ミニエース」の修理です。

田んぼで使っていたら動かなくなったとかで、数日前に持ってきてもらいました。
その方が近くの車屋さん?に持って行ってみてもらったらクラッチでは?とのことでしたが、持ってきてもらったときにエンジンを外してみたらクラッチは異常なし。

20190628105335
で、その先のどこかでは?ということで、一番怪しいのはギアボックスでは?ということもあり、ギアボックスを外すために各部品を外していきます。


20190628105533.jpg
ギアボックスを取り外せたのですが、その途中でいろいろ動かしていたら、動かなかった部分が動くようになってしまいました。
これだと開けたときに原因がわかりにくくなってしまうかも。。。という懸念もありましたが、とりあえず今度はギアボックス本体を分解します。

ついでにいうと、ギアボックスの直下にオイルが滲んていたのでどっかから漏れているのか?と思っていたのですが、裏側の隙間から漏れていました。


が、4つのボルトを外しても接着面のシール材が強くてはがれません。
紙なら一応再利用したいし、ゴムなら痛めないようにしないとだし。。。最悪液体ガスケットを使うか?というところも迷ったのですが、迷ったときにいつも向かうのは近くの機械センター。

自分が分解するのをよくわかってくれているので、いつもいろいろと教えてもらったり、必要な部品を注文してくれたりしてもらっています。
いつも修理を依頼することは少なく、部品注文だけで申し訳ないのですが、しっかり部品代を上乗せしてもらえれば~といつも思っています。

話は逸れましたが、ギアボックスを持って伺うと、これはきっと液体ガスケットだからこじ開ければいいよ~と教えてもらいました。
さらに、自分だったらマイナスドライバーでこじるのですが、良いものがあるよと教えてもらいました。
それはオイルパンカッターというものでした。


20190628150958.jpg

目の前で実演してもらってきれいに開けることができました。
(自分のだと再起不能でもいいやとやってしまうのですが、知り合いのだとさすがに躊躇します。)
こういう、道具も知らないので教えてもらえるのは本当にありがたいです。


で持ち帰って、シール材を痛めないように洗っていきます。
結局、ギアを詰まらせるような大きなゴミはなかったように思いました。

オイルが漏れていたのでしっかり液体ガスケットで漏れをなくしてやる必要があるので同じ作業は必要なのですが、もともとの原因が何だったのかわからないのは少し困ります。

明日、組み上げようと思います。

機械センターに行く途中のソバ畑

20190628152223.jpg

20190628151747.jpg
良い感じのところもあるのですが、場所によっては草に負け始めました。




20190628152116.jpg
そして、手違いで肥料を撒きすぎたところ。
意外と大丈夫か?と思っていたのですが、やはり雨で倒伏してしまいました。
撒き過ぎがわかっているのでやっぱりそうだよなぁというところです。


あと半月くらいでどのようになるか、少し心配です。



夜にさっそくニンニク食べ比べを行いました。

アルミホイルに包んでグリルで丸ごと焼きしてみました。

20190628203507.jpg
普通ニンニク、ホワイト六片、マイルドニンニク、島ニンニク、下條ニンニクの5種です。


紫色の島と下條の2種は少しえぐみのようなものが感じられました。
糖度が高いと聞いていたのでもう少し甘いのか?と思っていたのですが、そうでもなかったです。

そして一番おいしかったのが、クセがなくさっぱりしていたマイルドニンニクでした。
どれも新ニンニクなので香りは少ないのですが、えぐみも雑味もなく、マイルドニンニクが一番おいしかったです。

また貯蔵するとどうなるか楽しみです。

ユメセイキ刈り取り完了

今日は残っている5列を先に起こします。
少しでも絡まっている草と、茎をを乾かして刈り取り易くするためです。


20190626092522.jpg
何回もあったのですが、地際で刈り取られているような株があります。
そして、茎が6cmくらいずつ裁断されている茎の後も。
野ネズミが巣作りするのに葉っぱを取った跡か、穂を食べた跡なのでしょうか?



20190626112707.jpg
午前中でなんとか起こし終わりました。

ひたすら刈り取ります。

20190626162355.jpg

そして刈ったらこんどは運んで干していきます。

20190626183107.jpg
ようやく終わりが見えました。
ここからが長かった

201906261735201.jpg
穂はきれいだなぁと見とれる暇なくひたすらハザに干していきます。


真っ暗になる8時ごろなんとか終了です。



20190626191810.jpg
雨続きなので少し心配だったので、ナンブコムギも1列だけ刈り取っておきました。
穂発芽した時のために、種用を確保するためです。

とりあえず明日の雨に間に合って良かったです。
もうくたくた。。。。
でも明日は田んぼの作業です。。。憂鬱だなぁ。

ユメセイキ刈り取り開始

昨夜少し雨が降ったので、午前中はあまり作業できずでしたが、その間にニワトリと卵の作業を終わらして、午後から刈り取り開始です。



話題が少し逸れますが、牛たちは元気に過ごしています。

生えている草以外におから、米ぬか、醤油粕、ふすまを与えていますが、エサを持って行って呼んでもあまりすぐ来てくれません。
去年や一昨年の子たちはダッシュで来てたのですが、この時期はこんなものだったっけ?という感じです。

20190625093847.jpg
色々入っています。

20190625093559.jpg
今回で最後のふすま。
製麺してもらったときに出たウチのふすまです。
毎日少しずつ与えていたのですが、今日で終わりました。




で、11時くらいに小麦「ユメセイキ」はいい感じに乾いて刈り取り開始です。

20190625115427.jpg

20190625115445.jpg
とりあえず、午前中できれいに草を取り除いたところの刈り取り完了です。



20190625142618.jpg
陽が射しこんで居るだけで汗だくになるハウス内に干していきます。
2往復くらいで午前中刈り取った場所を完了。

さらに刈り取っていきます。
問題なのが、これから刈り取るところは、あまりきれいに草を取ってないところ。
うまく刈り取れるかなぁ?と心配でしたが、やってみたところ・・・思ったよりうまく刈り取れました。


ということで、数列刈り取ったのですが、まだ山側に倒していないところが1/3ほど残っているのでそちらの起こし作業にかかります。

土まみれ、になりながら暗くなる寸前まで頑張りました。
あと5列のこして終了です。

明日できると良いなぁ。

絶望的な天気予報

今日はもともと雨予報でしたが、雨が降るかもしれない曇りに変わったので、チャンスとばかりに麦を起こす作業です。

連日小麦の話題ですが、それだけ切羽詰まっています。

20190624073224.png
明日、明後日の晴れが終わるとずっと雨。
なんとしてでも頑張って刈り取らないと。

201906241414361.jpg
場所によっては倒れた小麦を覆うようにハコベとヤエムグラが生えています。
そういうところの草を取り除くのが大変です。


いままで丁寧に草を取っていたのですが、急遽予定変更です。
とりあえず絡んでいる草を取るのと、山側に倒し直すことを優先して進めてみました。
うまく刈り取れるか、明日の刈り取りで様子を見ようと思います。


20190624124017.jpg
発芽が始まった有色大豆ですが、きれいに生えそろって緑のラインが見えてきました。

小麦起こし続き

昨日に引き続き、小麦を起こしていきます。

ニワトリの作業を終わって、また小麦の株元の草を取りつつ、山側へ倒していく作業です。
なかなか地味で腰にも来るので大変ですが、頑張って作業します。


今日は、消防団の作業もあったので、すこし中断しましたが、徐々に進んでいます。

ちょっと天気予報が心配ですが、頑張ってやろうと思います。



田んぼの様子です。


201906220920151.jpg


20190622092010.jpg


20190622091959.jpg

カブマトール除草のおかげか、あまり株元に草が無いような気がします。

ただ、中まで入っていってないので実際のところはどうかわからないです。
うまくいってくれないと、骨折り損のくたびれ儲けになってしまうので、効果が出て欲しいところです。

小麦の刈り取り準備

10日くらい前から小麦が倒れ始めました。

20190613132041.jpg
13日頃、トラクターで耕耘中に撮影

風よりかは雨が激しく降った後に倒れてしまい、どんどん、どんどん被害は拡大。
結局7割くらい倒れてしまいました。

倒れた方向はほぼすべて谷側方向へ。
さらに倒れたあと、徐々にハコベが繁殖して、小麦に茎周りに絡みつきます。
こうなると、バインダーで刈り取れなくなってしまいます。

とりあえず、株元のハコベを取り除き、1列刈ってみました。

20190621143006.jpg
が、ぜんぜんうまく刈り取れません。

斜面の下方向に倒れているので倒れている角度が90°以上になっているところが多く、うまく茎を拾い上げられないようです。


ということは、とりあえず機械刈りするには斜面の山側方向に向きを変えてやる必要があります。(まっすぐ戻すとまた谷側に倒れる可能性があるため)


201906211503451.jpg
ついでに株元のハコベやヤエムグラを取り除きます。

株元だけでなく、株の中に入っているハコベなども茎を拾い上げるのに詰まりやすいので取り除きます。
なかなかこれが大変です。

少量なら手刈りしたほうが早いのですが、1反ほどあるので今回は機械刈りの方がやっぱり早いので頑張って進めます。


20190621145143.jpg
途中、野ネズミ(正式名称不明)の巣がありました。

まだ2割くらい、だんだんと進めていこうと思います。



20190621074431.jpg
ヒヨコたちも大きくなってきました。
ちょっとエサが足りてないようなので増やしていこうと思います。

大豆の種まき

今日は引き続き、大豆の種まきです。

今日は
ナカセンナリとあやみどり(青大豆)の2種。
この2種類は毎年たくさん作っているのですが、少し減らして今年は3畝ずつの合計6畝です。

20190620140542.jpg

20190620140553.jpg
いつも通り「ごんべえ」さんで


20190620151024.jpg
3時間ほどで終了です。

20190620150746.jpg
途中、蛇がのたくった跡がありました。
小麦にいるだろうネズミを食べに行ったのでしょうか?
ヘビ君、獣害退治よろしく!!



201906201147481.jpg
コッコ達には草を刈って与えています。
手前からどんどん刈っています。段々きれいになっています。


20190620092541.jpg
日向で日向ぼっこしていました。
虫などを落としたりしているらしいです。

暑くなってきましたが、今のところ産卵数が少なくなっては無いです。
どんどん出荷していきますのでお買い求めいただければと思います。

有色大豆の種まき

例年の播種の時期に近づいているので、天気と相談しながら草退治の含めたトラクター耕耘作業。
とりあえず、雨もなかったので前回よりも土の湿り気が少なく良い感じになっていました。

トラクターで起こしたあとは、播種機「ごんべえ」さんを使っての播種作業です。

201906191619221.jpg

今日蒔いたのは

エンレイ(黄大豆・枝豆用)
アオバタ豆
秘伝豆
赤大豆
信濃黒
丹波黒
黒千石大豆

です。

どれもそんなに多くないですが、少し販売できる分くらいは収穫できればなぁと思います。

しとしと雨

ちょこちょこ雨模様。

そんななか、息子君とスイカにベッドを作りました。

20190616120519.jpg
5株あって、それぞれから4本ツルを出す教科書通りの栽培方法です。

201906160759191.jpg
雨で小麦が倒れてしまいました。
成熟までもう少しかかるので収穫できるか心配です。

大麦の刈り取り

少し色づいてきてきれいに染まってきた大麦。

まだ茎が青いところもありますが、ちょっと刈ってみることに。

20190614142516.jpg
バインダーのメンテナンスをして刈り取り開始


と思ったら、刈り取ってみたらやっぱりまだ青いので、少し保留にすることにしました。

雨の後に刈ろうと思います。

畑の耕耘

ちょこちょこ雨が降りますが、雨の合間に大豆の準備をします。

とりあえず、大豆予定地に草が生えてきたので、草の除去のためにトラクターで耕耘作業です。

20190613124220.jpg
シロザ、アカザ、ホソアオゲイトウなどが芽吹いています。

20190613130745.jpg
少し深めにゆっくり起こしてすき込んでいきます。

20190613130750.jpg
まぁまぁでしょう。

20190613132038.jpg
少しずつ小麦が倒れてきています。
風というよりかは、時々ある激しい雨で倒されてしまうようです。

もう少し成熟が先なので困ったなぁというところです。。。



20190613105239.jpg
この子達は元気で、今日も生えている草を食べ、おやつを食べ、ごろりと昼寝したりしています。

大豆の準備

雨の後でまだ土がそこまで乾いてないですが、晴の予報なので土を乾かして草退治のためにトラクター耕耘です。

シロザ、ホソアオゲイトウが芽を出し始め、場所によってはハコベとオランダミミナグサが繁茂しています。

20190613124220.jpg
草を埋め込むためにゆっくり、深めに

20190613130745.jpg
草が多いところもまぁまぁです。



20190613132038.jpg
雨でところどころ小麦が倒れ始めました。
うーん。まだ収穫までしばらくありそうなんですが、困ります。

ソバ畑草刈り

今日は共同でやっているそば栽培の圃場の草刈り。

なかなか24反の畦草刈りは大変なので仲間内に声をかけてお手伝いを依頼しました。

20190612084705.jpg

20190612084711.jpg

20190612085144.jpg
場所によっては生育の悪いところ(日当たりの悪いところ)もありますが、全体的に生育は良好です。

総勢11人での作業だったので想定していた時間の半分で終わりました。
お手伝いしてくれた仲間たちに感謝です。





20190612131133.jpg

20190612131144.jpg
うちでは大麦が良い感じに色づき始めました。
場所によっては倒れてきそうなところもあるので、穂の成熟が終わったところから刈り取っていこうと思います。

大麦の色づき

試験的に栽培している2条大麦が実ってきました。

野口種苗さんの品種の方が背丈が高く、首が曲がってきています。熟が早いか?というとそうでもないかもしれません。

20190612131133.jpg

20190612131138.jpg
上の写真の左2列が野口種苗の品種です。

2条大麦は寒さに弱いとのことでしたが、当地でも栽培できました。
ただ、今年は暖冬ということもありあまり冷えなかったので平年並みだとどうなるかわからないですね。

ロータリーモアの不調

うちには2台のロータリーモアがあります。

で、一台は刃がすり減っているので放牧地用(切り株がまだ残っているので刃を痛めても良い用)にして、もう一台は一般的な敷地用にしているんですが、この一般的な方のエンジンが不調です。

エンジンがかかって、走って、刃もまわって草刈りはできるんですが、アクセルをあげながら草刈りを初めてすぐパワー不足。エンジンが止まりそうになります。
で、その時走行と刃の回転の2つとものクラッチを切ってもエンジン回転数は回復するものの、音がエンジン音にまざってパチパチ、パンパン言っている感じ。

あれ~これはアフターファイアーじゃないの?と。

アフターファイアは燃え残った燃料がマフラーの高温にさらされて再度燃えるような現象。(あってるか?)
とりあえず、何らかの原因で正常に燃料が燃えてない。

燃料が濃すぎるか、空気が少なすぎるか、火花が飛んでない(不安定)か。

まずは、プラグの確認。
真っ黒にススが付いている。これは・・・燃料が濃いからススが出てるんだよね・・・

キャブレターの確認。
うーん。とりあえず悪いところはなさそう。詰まったりオーバーフローしてないし。

ということは・・・

エアクリーナーの確認。
あ、エアクリーナーめっちゃ詰まってるやん。

ということで、エアクリーナーが詰まってて酸素がちゃんと入ってないというのが原因だったようです。

というか、エアクリーナーがあまり詰まっているかわからなかったのですが、エアクリーナーを外してみてエンジンをかけてみると全く問題なく動きました。ということで、エアクリーナーが原因だろうと推測。

エアクリーナーは金属製でオイルをしみこませて使うタイプだったので、軽油で洗えとの指示通り洗ってみたのですが、錆もあいまってあまり汚れが落ちてなさそうでした。

とりあえず早く作業を再開したいということで裏技。

「壊れた同型のエンジンから部品を移植する。」

ゴミに近いものですが、取っておいてよかったなぁという瞬間です。
エアクリーナーの形は少し違いますが、取り付け部ごと移植すれは基本は同型なのでしっかりくっつきます。
こちらもしっかり洗浄して取り付けて、始動確認。

今度はアクセルを上げてもアフターファイアの音もせずしっかりと動いてくれました。
やれやれ、なんとか直ってよかった。

手がべとべとで修理の写真は無しです。




今日はちょこちょこ畑作業。


201906061156091.jpg
雨の前に玉ねぎを抜いたり

20190606 13419
ジャガイモの中耕培土を行ったり

ジャガイモの品種の違いで生育が違ったので中耕培土に入るタイミングがつかめず、生育の早いほうの地上部が生育しすぎてちょっと機械作業がしにくくなってしまいました。(というか、すこし機械で痛めてしまいました。)


20190606143451.jpg

20190606172532.jpg

20190606163256.jpg

小麦と大麦が良い感じに生育してきました。

サツマイモに水やり

今日はちょこちょこ雑用モードです。

ニワトリの作業を終わらせて、午後から畑へ。
その前に田んぼに行って水の様子を見てみます。思ったより水のたまりがあまりよくありません。
田植えを火曜日にしようかなぁと思っていますが、田植え後の水の管理が浅水になって草が生えやすいかもしれません。。。

で、雨降り予報があったのですが予報が変わり雨が降らず、生きてそうですが心配なのでサツマイモに水を撒いておきます。
葉っぱは萎れていますが、茎の新しい葉芽はみずみずしい感じなのでおそらく大丈夫だと思いますが念のため。

20190602145205.jpg
たっぷり撒いておきました。

20190602145200.jpg
ついでにスイカやしし唐などの除草もしておきました。

ジャガイモが良い感じに育っているので中耕培土が必要です。
が、品種によって育ちが違うので、今土をかけちゃっていいのか?というところです。なので手で土をかけてやっています。


そのあとは大豆の貯蔵準備。
少し前からやっていますが、時間があると種用の大豆を選別して、残りは炭酸ガス貯蔵していきます。
(オイル缶にドライアイスやホッカイロなどと一緒に入れ、酸素をなくして虫の発生を抑える方法です。)

今日は黄大豆の選別

20190602171128.jpg
紫班病の明らかに出ているものを取り除いていきます。

20190602175044.jpg
芽?の部分に病斑があるようなものもありますが、それは仕方なしにします。
お湯での殺菌方法もあるようなので少し試してみたいなぁと思います。



番外編

201906020907031.jpg
ヒヨコたちの産毛が頭まで生え変わり始めました。
不思議な間抜けな様子に見えます。

サツマイモの植え付け

先日準備した畑にサツマイモの植え付けです。

昨日、注文していた苗が入ってきたので、根張りとかで少し様子を見ようと思っていたのですが、天気予報としては晴れになりそうな微妙な天気。

逆に今日は曇りで雨があるかも?の予報。
今日植えてしまえ~とさっそく植え付けです。

201905311523401.jpg
植え付け途中

今年は
べにはるかとベニアズマ、そして干し芋用のタマユタカの3種類です。

201905311542191.jpg
植え終わり

最後の方で雨が降り出し始め、少し濡れてしまいました。
あまりたくさん降りませんでしたが、サツマイモにとってはわずかですがお湿りになったのではないでしょうか?






畑の大麦が少しずつ色づいてきました。


201905311027371.jpg
左手前が大麦ファイバースノウ、右がゆめかおり、奥が南部小麦です。

201905311028401.jpg
こちらは二条大麦
ビール用です。当地で冬越しできるのか?と試験栽培です。
今年は暖冬だったから生育できたのか?来年も試験しないとだめだなぁと思います。


201905311029301.jpg

201905311028551.jpg
大麦の穂のグラデーションがきれいです。

ひさびさの雨

今日は午前中からしっかりした雨でした。

朝の鶏のエサやりを終わらせて、緑餌として畑の雑草を刈って集めて藁カッターで裁断して・・・とやっているとぽつぽつ雨。
急いで裁断した草を各部屋に撒いて、卵を集めて~とやって家に戻ってきました。

それからは晴耕雨読とはいきませんが、少しゆっくり休憩し、大豆の保存の準備です。

大豆は虫が付きやすいので(麦につくバクガ(麦蛾)みたいなのが付きます。)、夏を超す場合は炭酸ガスで虫が生育できないようにしてしまう方法が一番だと思っています。

20lのオイル缶(ペール缶)かドラム缶(200l)に入れてしまって、ドライアイスを一番下に置いておくと下から炭酸ガスが満たされてきます。

で、今日はその前に在庫の整理やこれから(来月蒔く)種用に選別したりと雨の中にゆっくりできる作業をしました。


201905281640241.jpg
これは「秘伝」

秘伝は去年はほどんど収量が無く、種用を取るのみくらいでした。
今年はしっかりと終了を確保したいなぁと思っています。

今年は

・黄大豆
ナカセンナリ

・青大豆
アオバタ
秘伝
あやみどり

・黒大豆
信濃黒
丹波黒
黒千石大豆

赤大豆

の7種蒔くつもりです。

しっかり収穫できるように頑張ろうと思います。

サツマイモの準備

相方「もー」の大好きなサツマイモ。

就農初年目に大量に作付けしましたが、下條に越してきてからは毎年イノシシにやられ、去年はしっかり電柵の森側の草刈りをしてイノシシは防いだものの残肥が多かったのか不作だったりとあまりとれてませんでした。

それでも去年はまだ取れたので、今年はツルボケ対策で米ぬかが良いらしいということも聞き、試してみました。


201905271612341.jpg

201905271616201.jpg
米ぬかを1畝くらいのところに30kgほど入れてみました。

米ぬかだけでなく薪ストーブの灰も30kgほど。
10kgほどを同じ1畝くらいのジャガイモにも撒いてみました。

加里と米ぬか効果でしっかり育ってくれるかな?

201905271630021.jpg

そのあとトラクターでしっかり起こして完成。
少し休ませてからサツマイモを植え付けしようと思います。



201905271415201.jpg
そのあとは、電柵森側のロータリーモアがけ。

3方を森や林に囲まれているので(のこり1方も村道でその向こうはまた林なのでほぼ周りはイノシシのテリトリー)なるべく草刈りをして隠れられる場所を作らないように、そして電柵に気づいてくれるようにします。

今年はたくさん収量があると良いなぁ~




番外編

20190527080929.jpg
昨日来た「だいふく」君は、ぼたもち君と仲良くしていました。
(パイプハウス右向こうに顔だけ見えるかな?座り込んでいます。)

今日、だいふくのロープを開放して動き回れるようにしておきました。
近寄って少し待って慣れてくると触らせてくれるので、基本的には人懐っこいんだろうなぁと思います。
これからもよろしくね~

畑の準備

新しく来た「だいふく」君が脱走とかすると困るので、何かあると見に行けるように近くでの作業。

畑作業がたまっているのでそちらを進めます。

20190526151045.jpg

201905261442221.jpg
まずは、ジャガイモの土寄せ

十勝こがねとこがね丸の2種類の発芽が悪いので機械中耕培土ではなく三角ホーでの土寄せです。
斜面なのでなるべく土が落ちて行かないように、上に上に寄せるので腰にきます。


そして次はその隣の畑のギシギシ掘り。
トラクターで耕す前に、前回耕して柔らかくなった土から生きのびたギシギシなどの宿根草を拾い集めてまた地中に行かないようにします。


20190526151032.jpg
そのあとようやくトラクター掛け

しっかり土にすき込んで、なるべく草をなくしてやります。

ここにはサツマイモを植え付ける予定です。
あとは、息子の希望でトウモロコシを植えたいとのことなので、トウモロコシも。
背が高くなるのでちょっと考えて植えないと隣の作物が影になるのを考慮しないと・・・先に言ってくれればもっと端っこに用意しておいたのに!!
まぁ、仕方ないですね。



20190526171528.jpg
次はこちら。
畑の土をもってきて箱へ。
箱には穴が開いているのでビニルハウスの余ったビニールを敷いておきました。

何にするのか?
バケツ稲の少し大きいバージョンです。

今年、育苗に失敗して20株ほどしかならなかったもち米をこれで育てようと思います。
せっかくウチにきて1年生育してくれたので、なんとか種継ぎしようと思います。

今日は水を入れてかき混ぜるところまで。
しばらくして落ち着いたら植え替えようと思います。



20190526192000.jpg

20190526192256.jpg
今日の夜はひさびさにコテージパイ。
仔牛肉とジャガイモの美味しい奴です。
個人的にはもう少しソースが欲しいなぁというところ。

乾麺うどん

記事が古くなり見てない方も多いですが、自家栽培の小麦を使った乾麺うどんを販売しています。

今年の新麺が出来上がりました。

20190524124331.jpg


いつもは平麺(きしめんタイプ)、細麺(ひやむぎタイプ)の2種類ですが、今回は夏に備えて極細麺(ソーメンタイプ)もあります。
(極細麺はソーメンよりも少し太めです)

茹でた後、冷水で締めていただくとコシとツルツルののどごし感がより上がります。

また、今回より少し値上げします。
製造費用や運賃などの影響です。ご了承ください。

1束450円です。
是非、ご賞味いただければと思います。

電柵修理

今年も牛を飼おうと思っています。
そして来週には1頭目の子牛が来る予定です。

放牧予定地の電柵が、木の伐採で少し調整が必要になったので、今日は電柵の整備をしました。
そういえば、少し前にジャガイモを植えたのでこれにも対策になるかな?
(でもこの時期にイノシシの被害にあったことがありません。なぜか8月に入ってからですね。。。しかもカボチャとサツマイモ)
201905021423181.jpg
ポリワイヤーのところはたるんでいたりするのでしっかりと張るようにします。

20190502142301.jpg
放牧地は梨棚の跡が残っているので接地しないように気をつけます。

20190502155011.jpg
電牧線をチェックし終わったら、今度は下草刈り

とりあえず漏電無しになりました。

これで野生動物の侵入と今度来る牛の脱走は抑えれそうです。



20190502132446.jpg

20190502132638.jpg

電柵のそばにある六条大麦の穂が大分出ていました。
先日の霜に当たっても大丈夫だったようです。多分。。。

小麦の中耕除草

ちょっとブログの更新ができていませんでした。

これからなるべく更新していこうと思います。

昨日、今日と明日らからの雨の前に備えて、ようやくになりますが、小麦「ユメセイキ」の中耕除草を行いました。

20190422123220.jpg
昨日、途中まで終わったところで、ハンドルの溶接が外れて強制終了。


今日は朝から溶接して再度挑戦していたら数列でまた溶接が剥がれました。
今度こそ、とがっつり削ってがっつり溶接したらなんとかくっつきました。

20190423112656.jpg


20190423112700.jpg


20190422124018.jpg
これでなんとか最後の列まですることができました。

1輪管理機欲しいなぁと思っていましたが、さすがにそろそろ買おうかなあと思います。

ニンニク除草

今年は暖冬だったので、畑の草の伸びが良すぎます。

特に、ニンニク・玉ねぎと、小麦・大麦の株間のハコベ、ヒメオドリコソウが厄介です。
鶏糞を追肥で撒いたのもあって、ここ最近一気に育ってきました。

併せてニワトリ達も緑餌を欲しがってきているので、除草てがらニワトリ達に草を与えました。

20190418120852.jpg
ニンニク畑。途中までとりあえず地上部だけ刈り取ります。


20190418120738.jpg



20190418120727.jpg
ニワトリ達へ。

争うように食べてくれます。
この時期はまだ草が柔らかいので啄みやすく、藁カッターで刻まなくても食べられます。

鶏糞撒き

ここ数日、鶏舎の床を米袋に詰めて、麦畑に撒いています。

20190409115219.jpg
30袋くらいを軽トラに積んで麦畑へ

20190409133949.jpg
条間にバラバラ(ドサドサ)と蒔いていきます。

今年は暖冬で季節が進んでいるので穂肥にうまくなってくれるでしょうか?
ちょっと遅い気もしますが、うまく効いてくれることを願います。



201904091054171.jpg
アーモンドが開花し始めました。
もうすぐキレイなピンク色の花で埋め尽くしてくれるでしょう。

小麦に鶏糞を

20190323082607.jpg
今朝は朝露がきれいについていてきれいだったので思わずパシャリ


20190323081716.jpg
ニワトリ達は朝から頑張って産んでくれます。


今日は昨日に引き続き、鶏糞を袋詰めして、小麦の条間に撒いていきます。
今年は暖冬なので、少し穂肥には遅いかもしれませんが、なるべく急いで撒いていこうと思います。


20190323204735.jpg
今日の夕食はチャーシュー丼
先日の郡上で買ってきたサムライソウルブッチャーズさんの焼き豚に、浜松すずき農園さんの有機ロメインレタス。

美味でした。

小麦に鶏糞を

午前中の信大から帰って来たあとは、ニワトリの世話を終わらせて、今度は鶏糞運びです。

昨日までに袋に入れていた鶏舎の床を軽トラに山積みにして畑まで運び、条間に撒いていきます。

20190322172653.jpg
ざらざら撒いていきます。


20190322172704.jpg
途中、食べられているところがありました。
おそらくカモシカです。困ったなぁと思いますが、まぁなんとかなるでしょう。

20190322172659.jpg
生育がそろってないところもありました。
播種の具合なのか、秋に撒いた肥料分の違いなのか。

春草が生えてきているので、草に負けないように小麦が生育してくれればいいなぁと思います。

まめかり

就農してから9年間、年によって作付けの量は違いますが大豆を作り続けてきました。

で、肥料の入れすぎとかいろいろまだまだなところはありますが、秋の実ってきてからの引き抜きとハザでの乾燥作業が腰にくるようになってきていました。

地際をてこの原理を使った剪定ばさみで切ってみたりということもしたのですが、確かに負担が少なかったものの、なかなか大変で時間もかかり1回で終了。

それから機械での収穫ができないかなぁと思っていました。

ただ、この機械はあまり出回ってないようで、中古を探してもなかなか無いし、あってもこっちが求めている価格が合わないという状況でした。
実は一度下條村に引っ越ししたタイミングで、ひょんなことからできたつながりから入手できる機会もあったのですが、その時はまだ腰を壊しておらず、必要性も低かったので見送っていました。

で、ようやく先日、某オクで程度のよさそうなものを入手。我が家にやってきました。



とりあえずエンジンがかからないとのことだったので、エンジンを取り外してキャブレターの確認をしてみました。

20190309103607.jpg


たぶんダイヤフラムの不具合かなぁ?硬化しちゃってるかなぁと思っていたのですが。。。


20190311155704.jpg
破れちゃってました。


20190309112053.jpg
そのほかは正常。


とりあえず故障原因がこれかなぁとわかったのでさっそく部品注文です。
送料込みで1000円くらい。

部品が届いたら交換しようと思います。





3/11追記

20190311160008.jpg
部品が届きました。

しっかり取り付けて元通りエンジンを組みなおし、燃料を入れてエンジンをかけてみたら正常に動きました。

あとは、実際に豆を刈ってみて試してみようと思います。


20190524093434.jpg
カーツのLT250という製品です。
続きを読む

玉ねぎとニンニクに追肥

今日は、少し遅いですが、玉ねぎとニンニクに追肥しました。
例年だと2月中に施肥した方がいいらしく、特に今年は暖冬で少し季節が前倒しなので、さらに遅い時期になっている気がします。

20190302095116.jpg

鶏舎の床をがっつりとかけてやります。
分解が進んでいるので植物にほとんど悪さをすることなく比較的早くから効いてくれます。


今回は最初に植えた玉ねぎ(列右側、玉ねぎがほとんどないので肥料撒いてない)が、11月に暖かかったせいかネキリムシの類にやられてしまってズタボロで、11月中旬に植えた玉ねぎ(列左側)がいい感じです。

FC2Ad