長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

小麦の中耕

畑の作業も開始です。
今日はお昼から雨予報でしたが、ニワトリの作業や梨園の作業をさっさと朝に済ませて、午前中の遅い時間に急いで管理機で条間を中耕除草しました。

20170415110958.jpg
やっぱり傾斜地での機械の取り回しは大変です。

作業の最後に降ってきましたが、とりあえず、春草を少しは減らせたかな?

ジャガイモの植え付け

20170404051830.jpg
今朝の夜明け



先日耕したアーモンド畑の端っこにジャガイモを植え付けました。

今年植えるのは
こがね丸(自家種と購入種)
十勝こがね(自家種)
はるか(購入)
アンデス赤(購入)
グラウンドペチカ(自家)

です。

今年は、少し品種を絞ってみました。

さて、どうなるでしょうか。

20170404144035.jpg
サツマイモあとに播いた小麦に、サツマイモの匂いを感じたのか、イノシシに荒らされてました。。。。
ジャガイモにも電柵を張らないと!!

運搬車の修理

去年の秋にうちにやってきたダンプ運搬車。

こいつです→ダンプ運搬車

秋口に使ったあと、ハウスにずっと入れていたらエンジンがかからなくなってしまいました。
燃料ポンプ付きの車両ですが、キャブレターを簡易清掃したり、なんだかんだしてみましたが動きません。

どうやらキャブレターまで燃料が来ていない?という疑惑になりました。

20170329131801.jpg
外側から

20170329131859.jpg
内側から

で、燃料ポンプが怪しかったので、取り外して動作確認してみました。
このポンプがちょうどフレームの内側にあって、手が届きにくく非常に取り外すのが大変でした。

下からや上から手をつっこみ、背中や腕や足がつりそうになりながらなんとか外してみると、なんと、正常に動いていました。。。

あれ?なんで?と思いながら、じゃあ、どこだ?と思って、燃料ポンプからキャブレターまでのホースをチェックしてみると・・・
ここが詰まってました。。。
これなら時間と手間をかけてわざわざ外す必要はなかったのに~
まぁ、仕方ありません。

そのあとは、キャブレターのフロート栓が異物が詰まっていて動作してなかったので、再度キャブレターの掃除。

で、動くようになりました。
動かなくなったのは年明けにハウスから出そうとして動かなかったとき以来なのでほぼ3か月ぶり。
無事動くようになってよかったです。

種苗交換会

20170211075335.jpg
昨晩からまたすこし雪がちらつき、新雪です。

新雪になると、動物たちの足跡が浮かび上がるので、どこをどのように歩いているかわかるので、面白いです。


さて今日は屠畜ワークショップの準備で忙しいですが、時間をやりくりして長野有機農業研究会が共催している種苗交換会に参加してきました。

その前にもちょっと用事があり岡谷に寄ってからの参加。

「みんなで作ろうお醤油プロジェクト」の説明と、うちで栽培してる豆類の栽培方法情報や種子の交換。
短い時間でしたが、普段会わない方々とお会いでき、良い時間になりました。

本当に師走

あっという間に月末です。
師走というくらい、いろいろと走り回っています。私は師じゃないのに~(笑)

月曜日の夜から雨で、この時期に雨なんて~というくらい、暖かかったのですが、少し寒くなってきました。

といっても、朝の気温が氷点下4℃くらい。
去年とか一昨年が-8~-10℃くらいまで冷え込んでいる時もあるので、やはり暖かめです。

20161228085108.jpg
霜柱が出来ていました。
そんなに霜が降りていませんが、地面はガチガチです。

20161228091254.jpg
日曜日に入れたチップのおかげで床はフカフカ&ホカホカです。
チップを入れるといつも高温で発酵が始まります。
なにか、菌の生育に必要な栄養源があるんだと思います。



そして午後からは、製粉をしつつ卵の調整作業。

20161227163629.jpg

20161227163621.jpg
なんとか試行錯誤してみますが、やはり少し思ったようにいきません。


29日がたまご出荷の山場です。
それまで頑張らねば。。。

製粉機

ちょこちょこと小麦粉の注文が入ったので、少し卵の作業が落ち着いたところで、製粉作業をしています。

2016122514162.jpg
電動ふるい機で、ふるい分けます。

が、どうにもうまくいきません。
ふすまが細かくなりすぎたり、熱を持ったり、水分が多いせいか篩が詰まりやすかったり。
なかなか難しいところですが、原因を探って対策を練っていきたいところです。


そして、今日の夕食は飯田のレストラン「naturel kitchen TESSHIN」へ。
始めて飯田下伊那入りした日(つまり就農前)の夜に食べて、こんなレストランがあるんだ。こんなところに出荷できたらいいなぁ。。。と思ったこの記念の場所へ、「もー」のリクエストで行ってきました。
結局、このレストランの系列店「saryo」で、卵を扱ってもらえるようになったりと、うれしい結果になっていますが、お料理やお店の雰囲気に感動したのは懐かしい思い出です。


メインのシェフは交代していますが、また一味違った味を楽しませてもらえます。

20161225180555.jpg
今回は時期的にクリスマスディナーとなりましたが、どんな料理でも美味しかったです。

大豆の脱穀終了

残っていた大豆の脱穀が終わりました。

エンレイ
信濃黒
丹波黒
あおばた豆
秘伝
赤大豆
品種混合の黄大豆

どれも少量ずつだったのでビーンスレッシャで脱穀している時間と、そのあとの掃除の時間が同じくらい(笑)
やっぱり、機械作業は楽ですが、品種がたくさんになってくると効率は悪いですね。。。
まぁ仕方ないところですが。

どれも数キロずつ。
まぁ、今年は黄大豆と青大豆のあやみどり以外は種取りくらいに考えていたので、こんなものでしょう。

そうそう、痛めていた腰もだいぶ良くなりました。完治に2年くらいかかるとは思わなかったです。


とりあえず、ハウス内にあった、大豆が片付きました。
でもいろいろとまだ荷物があるので、ちょこちょこと片づけていかないとですね。
1月のイベントでは会場になるので、それまでにはきっちり綺麗にしとかないと(汗

大豆脱穀

今朝の冷え込みは-9℃。
今年一番の冷え込みですね。

20161212084754.jpg
夏に使うニワトリ用の水タンク。
少し水が入ったままだったのですが、そこから水が滴ったらしく、地面からの氷柱ができていました。


大豆脱穀の2回目。
しばらくハザで干していたので、かなり乾燥が進んだと思います。
明日が雨の予報なので(当地は雪かも?)出荷日で忙しいですが、脱穀を行いました。

20161212124351.jpg
修理したビーンスレッシャで順調にできました。

前回は種用のナカセンナリでしたが、今回は一般用のナカセンナリとあやみどり(青大豆)を脱穀しました。
前半は、いつものように根っこの部分を持って脱穀部に入れ、脱穀できたら引き抜くという方法でしたが、後半は本来の使い方で。
つまり、茎や根っこごと放り込んでしまう方法で行いました。

うちのビーンスレッシャは連続排幹と間欠排幹と切り替えできるのですが、やっぱり自分で排幹する間欠式の方がきれいにできるので、少しめんどうですが放り込んでからしばらくして排出ペダルを踏むという方法で行いました。

途中から「もー」とチビも参加して、ハザに干されていたのがあらかた終了です。
残りは少数しかないものばかり
・青大豆
 秘伝
 あおばた豆
・黒大豆
 信濃黒
 丹波黒
・赤大豆
・黄大豆
 エンレイ
の6種類。

量はほとんどないのですぐ終わってしまうと思います。

脱穀はあと少し。

そして選別だ~

大豆脱穀

少しですが、大豆の脱穀を始めました。
昨日、ほぼ終わった大豆の抜き取り。
途中で、抜き取っている大豆のほとんどが結構乾いていると感じていました。

昨日も晴天で今日も晴れの予報。
ということで、昨日は途中から抜き取った株を軽トラに並べたり、風通しがよくなるように中空に橋みたいなものを作って、そこに置いて乾燥を進めておきました。

今日も、朝から霜だったので、霜が解けて乾いただろうお昼前から脱穀開始しました。



と、思っていたのですが、いざ脱穀を始めようと、ビーンスレッシャを移動させていたら、なんとなく違和感。
エンジンを止めて、何となく見ていたら・・・

エンジンを固定しているボルトが壊れて、エンジンがちゃんと固定されていない!!
4つのうち片側2つが壊れていて、しかもこの固定してあるのが、ちょっと特殊。
土曜日でしたが、JAの農機センターに連絡したら、さらに衝撃の事実。

この機械、もともと、米麦用の脱穀機が乗っていて、それを豆用と交換したもの。
で、その米麦用の脱穀機が乗っていたオリジナルはガソリンエンジンで、今乗っているのはディーゼルエンジン。
前の所有者が交換したらしい。

で、本来のカタログでの部品と完全に違っているから、部品を見てもわからないらしい。
農機センターの方がいうには、基本的には型番がはっきりしてないと在庫確認もできず、似たような部品を探すことはできないとのこと。。。なんて、硬い頭だろうか。。。
まぁ、そのあとの責任問題とかいろいろあるんだろうけど、柔軟性がないなぁと思ってしまいました。

まぁ、でも、はいそーですか。とはならないので、自分で考えました。

まず、オリジナルの部品。

20161205115146.jpg
ボルトとボルトの間に、ゴムで成形された部品があって、ボルト同士は貫通しているわけではなく、ゴムでつながっている状態。
これが、ちぎれてしまっています。

20161204075137.jpg
こんな風に固定されていました。
上のほうにある黒い板は、汚れた金属の板で、白っぽい円柱の中とその下にゴムがある状態でした。



で、これを直接上下をボルトで固定してしまうとおそらく、振動でほかにひずみができてしまうかも・・・と心配しちゃいます。でもまぁ上下を貫通して固定するしか方法が無いので、間にゴム板をたくさん挟んで衝撃を吸収してもらうことにしました。

とりあえず、あわててホームセンターに直行。
ありあわせで部品を調達します。
買ったのはステンレスのM10*90mmボルト、大きめのM10ワッシャー、(合成)ゴム板20*100*100mmです。

で、ゴム板を切り、穴をあけて、固定してみました。

20161204075142.jpg
適当に作ったのですが、まぁ悪くない感じです。
運転してみましたが、とりあえず問題ない感じ。まぁあったとしても見えないところで進行すると思うのでどうしようもないんですけどね(汗



そして、肝心の脱穀ですが、今日やろうと思っていた分は無事終了しました。
なんとか終わってよかったです。

大豆の取入れ

胸が痛くなった次の日。
ものすごく晴れていい天気でした。

ちょうど、助っ人が来ていて、絶好の大豆の抜き取り日和。
なのに、胸がまだ痛くて(少しましになっていましたが)大事をとって作業はお休み。

助っ人にお任せしてやってもらってしまいました。

20161202060254.jpg
朝の南アルプス
キーンと冷え込んだ空気がたまりません。

その前からもやってもらっていて、ちょうど出荷日と重なったり、別の用事があったりと、大豆の抜き取りをほとんどお願いする結果になってしまいました。
うーん、これじゃあ営農としてはまだまだですね。

今日もいい天気で、ゆっくり作業しつつ、なんとか抜き取りが終了。

20161202142151.jpg

20161202142157.jpg
小麦のラインがしっかり出ています。

先週雪が降った時はどうしようかと思いましたが、とりあえず、畑の収穫物がひと段落してなによりです。

さて、明日も天気がもつようなので、ビーンスレッシャで少し脱穀するつもりです。
できるかなぁ?

ビーンスレッシャ2 修理完了

今朝はキーンと冷え込んで気温は-3℃。

20161110080751.jpg

20161110080748.jpg
今日は初氷までできていました。



昨日、外装を外して少し進んだところで終わったビーンスレッシャの部品交換。
明日から雨の予報なので、今日中に終わらせるつもりで作業を進めていきます。

昨日とりあえず取れたローラー部品。
これが2つあって、ベルトコンベアーと同じようにベルトを動かしています。

まずは、その部品を動かすためのプーリーやギヤがついているので、外していきます。
そして、その軸がベアリングとともにフレームにくっついているのですが、ボルトを外しても軸とベアリングが外れない。
潤滑油を吹いたり、コンコンたたいたり、何回もやっても外れませんでしたが、ちょっとずつ力を強くしたりたたくところを変えてみたりと格闘すること1時間。

20161110104809.jpg
ようやく外れました。

20161110104750.jpg
ついでにぼろぼろベルトも

20161110104758.jpg
中はすっからかんになりました。

このローラー部分、ゴミが付いたりその部分が湿気てか錆びたりしていて凸凹なので、グラインダーで磨いていきます。
そのあと、そのままだとまた錆びてしまう恐れがあるので、防錆処理をします。

20161110112141.jpg
といっても、アクリルスプレーで吹くだけですが。。。

アクリル塗料を乾燥するまで放置して、元のように組み立てていきます。もちろん、ベルトは新品に。

戻すのは早いもので30分くらいで完了です。
完了後の写真を撮るのを忘れていますが、、ベルト部分だけ新品になって少し違和感(笑
これで、いつでも大豆の脱穀ができます。

雨の前に終わってよかった。





そうそう、こいつも作業しながらやりました。

20161110141952.jpg
スモークチキン。

20161110141929.jpg
今回は量が多いので一斗缶スモーカーを段ボールで拡張しての燻煙作業です。

あとは、少し燻煙をなじませたあと真空パックして、お湯で火を通せば出来上がり。
楽しみですね~

ビーンスレッシャの部品交換

強い霜が降りました。
朝の気温は-3.5℃。

PB094867.jpg
フロントガラスは凍ってませんが、屋根や草には強い霜がついています。



PB094871.jpg

PB094872.jpg
朝焼けのような、靄の中にオレンジに染まる空が幻想的でした。


なかなか大豆の収穫に手を出せていませんが、大豆脱穀機「ビーンスレッシャ」のメンテナンスをしました。
このビーンスレッシャ、平成に入ってすぐのころの製品のようで、おそらく消耗品はほぼ交換無し。
うちに来て、使い始めにVベルトの交換をしましたが、ベルト類でももう一つの交換の必要がでてきました。

20161109144352.jpg
この緑の部分。
ここは、脱穀したあとの豆や石や鞘や葉、葉柄なんかが落ちてくる場所なんですが、この緑の部分が傾斜を上るようにベルトコンベヤーのように動くことで、丸くて重いものだけを奥にもっていくことができる(軽い葉や鞘、丸くない葉柄なんかは風で飛ばされたり、転がらずに手前に排出される。)ようにできており、転がり選別してくれる大事な部品です。
が、ご覧のように破れてしまっています。こうなってしまうと、転がるもの(良い豆)が破れたふちに引っかかって転がらずに排出されてしまい、良い豆も排出されてしまいます。

なので、この緑のベルトを交換することにしました。
部品代だけで3万越え。
この機械を輸送費込で8万で買ってきたことを考えると高いなぁと感じますが、本来は100万くらいするはずなので、まぁそんなもんでしょう。実際、部品は丁寧な作りになっているし。。。


20161109144358.jpg

20161109144404.jpg
ただし、この部品を外すためには、いろいろ取り外さないと交換できません。

説明書も整備書もなく、試行錯誤でも分解です。

おそらく、これとこれを外して、こうやれば・・・とやっていって、一つ外れたのですが、もう一つが外れず。
時間切れ。
また明日続きをやろうと思います。
・・・明後日は雨予報なので、明日には完了しないと。。。






20161109142302.jpg

20161109142310.jpg
そうそう、先日屠畜した雄たちは、塩漬けを経て乾燥に入っています。

今日と今晩乾燥させて、明日燻煙にかけようと思います。

楽しみ~


20161109164253.jpg
夕焼けに照らされる南アルプスでした。

豆の収穫

今日は午後から雨の予報だったので、雨になる前に、インゲン類や大豆類の収穫を行いました。

まずは、小豆類。
大納言や小豆、白小豆、黒小豆など、もうあと少しですが、収穫してきます。

20161108091138.jpg
キレイな大納言

20161108091354.jpg
大納言や黒小豆(右側)は葉っぱが落ちてきました。白小豆(左側)はもう少し葉っぱが残っています。


そして、次がツルインゲン


最後は大豆。
枯れ始めている青大豆のあおばた豆、信濃黒、そして黄大豆のエンレイ。
とりあえず、乾いているものを集中して抜き取り、麻ひもでしばっていきます。
エンレイをある程度抜いたところで、腰が疲れてきたのでとりあえず終わろうと、片づけをしていると雨が降ってきました。
グッドタイミング!!

さぁっと片づけておしまい。14時前で、少し予報より早かったけど、インゲン類が終わってよかった。
そして、ニワトリの夕方の作業。雨が強くなる前にできるところだけしてしまいます。

明日は、大豆脱穀機のビーンスレッシャを修理しないとなぁ。。。



20161108105939.jpg
そうそう、数日前から柿皮と熟柿をおやつに与えています。

やることいっぱい

今日は昨日に引き続き、朝のニワトリの作業後、田んぼに行ってきまました。
ハザを作る資材の片付けです。
三脚とハザ棒をせっせと軽トラの場所まで運ぶこと15往復ほど。結構腰にきます。

そして、そろそろハーベスター袋での乾燥が進んできたので、お米を入れる貯蔵缶の準備です。
昨日、丁寧に洗っておいたので、今度はそれを設置する場所の準備。
納屋で小麦を貯蔵していたドラム缶を片づけながら、田植え機を奥にもっていったり除雪機(去年は雪が少なかったのですが、今年は活用するでしょうか?)を手前に移動させたりと、場所づくりをしました。
が、結局まだ入れられず。もう少し整理が必要です。

そして、ちょっと調子が悪そうなニワトリが2羽いたので、お命を頂戴して解体します。
今回は、味噌漬け燻製鶏にするつもりです。
そのお味噌のストックがなくなっていたので、樽に取りに奥の部屋へ行ってみると・・・
なんと、チュー助が出没している形跡(つまり糞と食い荒らされた種用小麦)が・・・

とりあえず、味噌漬けを完了し、今度はネズミ対策です。
せっかく、ネズミの侵入経路をとめて、今年は万全!!と思っていたのですが、そうではなかったようです。
今あるその部屋の食料となるイモとかぼちゃ、種用麦を別の場所に運び、掃除をしておきました。
どこから入ってきたか、経路を探って対策を取りたいと思います。

もう少し、作業をすすめるつもりでしたが、今日はチュー助対策というイレギュラー対応があったので、ここまでです。
夕方のニワトリの世話もあるので、最近の日暮れの早さは困りますね。

初霜

厳密には2回目の霜ですが、しっかり降霜したのは今シーズン初です。
(微妙なのは10/25にありました。)

20161104061938.jpg
もうすぐ日の出。
この日の朝の最低気温は-1℃でした。初氷点下!!

20161104061627.jpg
しっかりと霜が降りています。

20161104061633.jpg

20161104061652.jpg
氷の結晶もきれいです。

空気が澄んで景色が美しい季節になってきました。

畑をこまごま

もうあと少しで10月もおしまい。
今年は、畑作業が後手後手です。

特に、小麦の種まき。
去年は10月中旬には終わっていたのですが、今年はまだ終わっていません。

今日は村民運動会。
息子の出番があったり、自分も選手として選抜されている種目があるので、参加してきました。

20161030103441.jpg
これは玉入れ競技

20161030104046.jpg
子供たちはお菓子を食べ、ジュースを飲み、お絵かきをして、暇をつぶしていました。



でも午前のニワトリの作業やら、畑作業があるので、競技が終わったら早退させてもらいました。


お昼を食べて、午後からは畑作業です。
種継ぎ用に少量まく品種のためにトマトを撤去したり、草取りをして耕したりして、ハナマンテン、南部小麦を播きました。

あとは、大豆の畝間にシラネ小麦を5列くらいですがパラパラ播いて覆土。
本当は、20列くらい播くのですが、畝間に草が生えていたり、一部大豆よりも草の方がはびこっている場所があるので、そこはまたあとで対策を考えます。

最近はあっという間に日暮れ。
日が沈むとぐっと寒くもなってきました。


キタノカオリの種まき

雨上がりで、少し作業がしにくいですが、ニワトリの作業をこなしつつ、ムギの種まきの準備を進め、さらに準備が完了したところにキタノカオリを播種しました。

大豆の畝間にパラパラと播いていき、三角ホーで土寄せ・覆土していきます。
結構腰にくるんですよね~。。。


そしてそして、知り合い経由でカラマツの薪をもらってきました。
乾かさないと燃えないですが、切ったり割ったりしないでいいのはうれしいです。

これも重たいので、ちょっと腰にきました。
明日はどうでしょうか?あまり頑張らずに、ぼちぼちやりたいと思います。

玉ねぎ植え付け

今日は麦の種まきの予定でしたが、明日の午後から雨というので予定変更。玉ねぎ苗を植えつけました。
でも、とりあえず2品種殺菌して、1品種は播いてしまいました。

20161024150120.jpg
サツマイモ跡と、続きの大豆の条間にパラパラと播いて覆土します。



玉ねぎですが、去年は400株植えたのですが追肥のタイミングを逃してしまい、結構とうだちさせてしまいました。
今年は、ちゃんと追肥しようと思います。

今年は、極早生の甘いやつと中生のもの、そして貯蔵性の高いものと、3種類を植えます。
ただし極早生は冷涼地でも育たないと書いてあるので、トンネルにしようと思ってますが、果たしてどうなるやら。。。

自分で蒔いたものと、買ってきた苗を合わせて、おそらく1000株ほど。
うまく収穫できてほしいなぁと思います。


暗くなる前までやってたのですが、ニワトリ作業もあって、あと少しで定植作業終了。
明日は雨の前にコシヒカリの脱穀もしてしまいたいので、その前に定植の続きをしようと思います。



今日は珍しく日が沈んでぐっと寒くなってきました。
明日は霜が降りるかもですね。

芋つる撤去

コムギの植え付けを、サツマイモを植えていた場所にもすることにしたので、イノシシに掘り荒らされていた状態のまま放置だったツルを撤去していきます。

でんぷんを貯蔵する地下部がなくなったせいか、ツルの生育は旺盛でたっぷりのツルでした、
これがちゃんとイモになってたらと思うと、残念でなりません。
そして、イノシシが憎くてたまりませんね。せめて肉として食ってやりたいです。。。

20161022145602.jpg
見た目はしっかりツルが伸びています。

20161022145558.jpg
綺麗に撤去できました。


撤去したツルは明日にでも、カッターで切ってニワトリに与えようと思います。
きっと、まだツルにも糖分がたっぷりのはず。

小麦播種

もう10月も後半。
いつもなら半分くらいは小麦の種まきが終わっているような気がしますが、今年はようやくこれからです。

毎年、種子消毒としては46℃スタートで10時間ぐらい自然に温度が下がる状態での方法を選択してきましたが、今年はちょっと温度が高いですが、55℃5分の種子消毒でいこうと思います。

ただ、この種子消毒は「コムギなまぐさ黒穂病」の防除効果のみしか試験をしていないので。ほかのいろいろな病気まで消毒してくれるかは謎なところ。

20161021113008.jpg
55℃のお湯に5分漬けます。
終わったら、水をかけて直ちに冷却。

今日は、ゆきはるかとユメセイキを巻きました。
去年は、土寄せ(覆土)をしませんでしたが、やはり鳥かネズミか、食べられてしまったようなので、今年は三角ホーで覆土しました。

うまく発芽してくれると良いのですが。。。

麦まき準備

10月も後半に入りましたが、全然寒くありません。
今日も、作業をしていると汗ばむくらいで、朝の気温も14℃くらい(いつもなら1桁の真ん中くらい)です。

そのせいもあってか、今年は少し作付けを少なくしようと思っているのも加わり、もう始まっているはずの麦まきがまだできていません。
まずは、種麦を発掘(※)してくるところと、播種する大豆の条間にすこし草が生えている場所があるので、この除草作業をする必要があります。
(※夏前に脱穀した麦は、バクガという虫に食べられないように急いでドラム缶に密封保存した。が、どこに何があるのか記録が消えた・・・)

とりあえず、今日は大豆の畝間の除草をしました。

20161019143243.jpg

20161019143232.jpg
畝間・株本に草が。。。

管理機の入るところは管理機で、入れない(大豆が倒れてしまっている)ところはホーや草かき鎌をつかっての除草です。

がっつり倒れているところは、逆に日光が入らないので草が生えてないのですが、光が入るところはすぐ草が出ています。
管理機はそういったことを関係なく1列通らないとダメなので、真ん中に空いているところがあると、大変です。
手作業だと、草があるところだけ除草できるので効率はいいのですが、体力と時間が追いつきません。
難しいところですね。
来年は、しっかりと除草のタイミングをみてやろうと思います。


20161019112140.jpg
ようやく8月に取ったかぼちゃを箱詰めして屋内へ

8月、9月に収穫していたかぼちゃですが、初めの置き場所が悪かったこと、9月の半ばから雨が
続いて乾きが悪かったので、ハウスの中にずっと入れてました。
ようやく乾いたかな~?と思ったのですが初めの乾燥がよくなかったからか、ヘタがうまく乾燥してないのがちらほら。
こういうのは早めに食べようと思います。

初出動

玉ねぎやニンニク、冬野菜を植える用に鶏糞を入れて耕していた畑。

一部に播種して、育苗分もそのまま育てる用も育ち始めていましたが、雑草が生え始めていました。

なので、ネギ苗を定植するところを先日やってきたトラクターで耕してみました。

20161002172013.jpg

馬力が低かったり、自動水平機能が無いなど、借りているものと比べて性能はかなり下ですが、そこは操作術でカバーできるようにこれから頑張っていきたいです。

豆がダメになる

9月頭からちょこちょこ降っている雨。

一日のうちどこかで降るという感じで、先週からは本当にずっと雨(1.5日くらい降らなかったときもあるけど)。
9月に入って、小豆類が成熟してきているなぁと思っていたら、まさかの雨続きなので、収穫しませんでした。

やっぱり、雨に濡れている鞘をとるよりは、乾いたものをとったほうが、そのあとの乾燥もらくだから。というのが理由ですが、まさかこんなに雨が続くとは思いませんでした。

で、さすがに心配になって、鞘や株をよく見てみると。


一部にカビが生えていたり、鞘の中が腐っていたり、はたまた、中の豆から発芽していたり。
散々です。

うーん。今年は天気に恵まれません。

サツマイモもやられたし。
豊作なのはジャガイモとかぼちゃくらい。

冬の貯蔵が・・・

トラクターとダンプ運搬車

今日は雨が一休みでした。

ひょんなことから、ウチにトラクターとダンプ付きの大きな運搬車がやってきました。
近くの方から譲ってもらえることになりました。

数日前から話が進んでいたのですが、雨続きでなかなか乗ってこれずようやく雨が止んだ今日、乗って帰ってきました。

20160921110858.jpg
まずはトラクター。
クボタのB1500というタイプです。古いらしいですが、この縦のマフラーがかっこいいですね。

20160921110841.jpg
別にブルトラという愛称があるようですが、ブル=オス牛でしょうか?かっこいいです。

各部をチェックしていたら、冷却水が不凍液ではなく、水が入っていたので交換しないと2年前のビーンスレッシャのエンジンみたいになってしまいます。
とりあえず不凍液の在庫がないので、買ってこないとです。冬までの交換を忘れないようにしないと。。。


20160921172741.jpg
そしてお次が運搬車。油圧のダンプ付きです。
セル付き、オートマ2速、4WDでガソリンエンジン。
軽トラよりスリムで500kgまで積めるみたいで、鶏糞や青草を運ぶのに便利ですね。
ただ、タイヤの空気が少ないのでもう少し入れないとです。

荷物を積んだ状態で、うちの斜面を登れるかが問題ですね。
あとは、スピード。基本歩くスピードくらいなので、近場のみですね。(ナンバーも無いし)



20160921171917.jpg
雨続きのせいもあって、またツクリタケが出ています。
これくらいのカサの開きがおいしいですね。

ロータリー

今年は耕作をお休みした畑。
途中、1回も草刈りをしなかったので、大変なことになっています。背丈が2mほどの高さのアカザやシロザ、メヒシバなどのイネ科など、盛大に繁茂しています。

ですが、とりあえず1回耕したいと思って、草刈りをしたいのですが、うちにあるロータリーモアーや刈り払い機(いわゆるビーバー)といった草刈り機の類では、刈ることはできても、長いまま草が残ってしまうので、そのあとの耕耘が大変です。

なので、この場合はハンマーナイフモアという機械を使えば、刈り取った草が粉々になるので、便利です。
が、結構お高いので、なかなか購入は。。。
借りれる人を探したら、同じ集落の方が貸してくれるとのこと。

トラクターに着けるタイプだったので、借りているトラクターの持ち主に相談して、つけかえさせてもらうことにしました。

これが、初めてする作業で、トラクターについているロータリーも、おそらく初めて外すのもあって、いろいろ固着しているところもあり、グリスアップしながらで、四苦八苦です。

20160914171233.jpg
パレットを準備して・・・と思ったのですが、上下のバランスでうまくいかないので結局地面に。

20160914171223.jpg
PTOのジョイントをはずして

20160914171714.jpg
各部のロックを解除して、地面に下げて、少しバランスを整えてやれば外れました。


20160914171747.jpg
このA型のアームって便利ですね。
簡単に着脱できました。


と言ってもかなり省略しました。
ジョイントを外すのも、ロックの解除も、少し力を加えてバランスをとってやるのも、大変でした。

最後に、トラクター側のPTOジョイントをとれば完了なのですが、これがまた固着して取れません。
ハンマーナイフモアが着くのはもう少し先ですね。。。

意気消沈

やられました。

サツマイモ。

そう、イノシシです。

一昨日の秋作準備の時にはやられてなかったので、一昨日からの夜か昨日から今日の夜ですが、おそらく一昨日からの雨の中の犯行でしょう。。。


イノシシに入られないようにぐるっと電柵で囲っていたのですが、家側は除いてコの字型に囲っているので、その隙間からやられたのでしょう。
まさか、そちら側からは入られると思ってなかったので、正直びっくりです。

そして、怒りがふつふつと沸いてきますね。
まさかの全滅。この時期なので、もう再生はできなさそう。

くっそ~猪鍋にして食ってやりたい。。。

畑の準備

秋冬作の畑の準備です。

ジャガイモ跡に、鶏糞とダメになった牡蠣殻を撒いて、トラクターで耕しました。

ほうれん草、カブ、玉ねぎ、にんにくなどを植え付けるつもりです。

20160912175348.jpg

土寄せ

今更ですが、大豆の中耕培土作業を行ってみました。

先日助っ人が来てくれた時に、伸びすぎた畝間の草をとってくれたので、これ幸いと、機械を入れることができるようになりました。

とりあえず、半分ほどを管理機で培土してみました。
残りもやって、そのうち来るだろう台風(による倒伏)に備えようと思います。

20160826143410.jpg

ジャガイモ掘り

遅くなりましたが、昨日からジャガイモを掘り始めました。

今年は、品種を結構絞って栽培してみました。
買ってきた種芋と、自家でつないでいる種芋を使っていますが、この影響なのか、違う要因があるのか、自家でつないでいる3品種のうちメークイン・シャドークインの2品種はニジュウヤオシテントウ(テントウムシダマシ)に葉っぱを食べられまくって、早期に地上部が枯れてしまいました。

20160812122724.jpg

20160812122757.jpg

もう一つの十勝こがねは結構葉っぱを食べられていましたが、それなりに収量があったのでまだよかったです。

今年から新しく作り始めたのが、こがね丸、ディンギー、グラウンドペチカ。
前者2種はフライドポテト用。
十勝こがねもフライドポテト用なので、7品種中3つがフライドポテト用です。どんだけフライドポテト好きやねん。。。
でも揚げたイモおいしいですよね。

残りの1品種は、種芋を近くの農家さんから余ったからといってもらったもので、キタアカリ。

早速、夕食でキタアカリを粉吹きイモにしていただきました。
新じゃがの風味がまた絶妙ですね。

個人的には少し貯蔵して品種ごとの風味が増してきたほうが好みです。
さて、少し涼しくなってきた気がしますが、低温で貯蔵できるようになるまで待ちたいですね。


大豆の中耕

今日は、鶏の作業を終えて、雨続きでやる気のなかった大豆の中耕作業。

管理機やマメトラ耕運機を出して、条間の中耕作業です。


と思ったら、草が育ちすぎてしまって、管理機がうまく動いてくれません。


今年の教訓です。
「午後から雨で復活するかもだけど、中耕作業はやりなさい。」


炎天下の中、水分を補給していたつもりでしたが、塩分不足か頭が痛くなったので、遅いおひるごはん後、暑い時間は休んでました。
そのあとは麦の準備

明日も暑くなるみたいなので気を付けないとですね。

FC2Ad