FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

雨降り

今日は朝晩の雨でした。

朝、ニワトリの作業中にぽつぽつと降りだし、あれ雨?と携帯で雨雲レーダーを確認するも、雨雲レーダーには影は無し。
ですが、結構な強さで20分程降りました。

20180712090258.jpg


で、出荷準備をして、使い終わった牧草モアやらバインダーや水田除草機の整備をしたりしていたらあっという間に夕方に。
なかなかあっという間に時間が過ぎ去ります。

で、夕方になると遠雷が。

で、あっという間に降ってきました。

20180712164411.jpg
ざんざか雨です。


昨日のロール作りを1日ずらす案もあったのですが、今日にしていたら雨に当たりまくりでした。
よかった~

適度な雨で作物にはいいのですが、降りすぎには要注意ですね。

ニワトリ試験

実は、あるところとニワトリの研究が始まりました。

で、今日はその方々と実験開始。

ニワトリさんたちはすごくびっくりした感じでこの試験がうまくいくのか不安になるくらいでした。

だんだん慣れてくれると良いのですが。。。


どうなるやら。。。

飯田出荷

今日は隣町への出荷の日。

ちょっと卵の数が少なくなってきているのですが、いつも通りの出荷数を確保できています。

今日は午前中に雨が降ったので、昨日蒔いた大豆たちには多少良いお湿りになったかもしれません。
ただ、草の種にもスイッチが入ったと思うので、中耕除草のタイミングを間違わないように頑張ろうと思います。


20180618185533.jpg

夕方、草が乾いていたので草やり。
やっぱり湿っていると集めるのも裁断するのも大変なのでこうやって乾くとやりやすいです。
写真はどうしても明るさが足りないで暗くなってしまいますが、わあっと集って啄んでいます。



20180618101945.jpg
手前のモクはだいぶん慣れてきましたが、奥のバイスはまだまだ。
いつになったら慣れてくれるのでしょうか?

出荷に追われる。

たまご屋でキツいのは、作業を最低限のニワトリの世話にしたとき。

主には地域の行事があったり、体調不良になったり、遠出をしたりした時です。

ニワトリ達が少し体調を悪くしたりすることもあるのですが、仕方ないところもあります。
で、さらに大変なのが、卵の調整です。
出荷するためにはいろいろと調整作業があるのですが、意外と時間がかかります。
調整作業の方法はいろいろとあるので、すべてのたまご屋さんがこんな調子ではないと思いますが、ウチではそれなりに大変~。

今日も一昨日から溜まっている卵の処理です。
疲れが出ていますが今日は出荷日で、卵を待っている人がいるので休むわけにはいきません。

もともとやりたかった「酪農」と比べるとどっちもどっちだよなぁと思います。

朝から晩まで

今日は早朝から火災で消防団出動でした。

その時間、なんと5時過ぎ。

あぁ、5時だ~起きなきゃな~と布団でぬくぬく(朝の外気温は5℃くらい)していたら、有線放送がなるときの気配が。
あれ、こんな時間に?ひょっとして火災?いやいや、地震か?それともミサイル?なんて一瞬でいろいろ考えていると、火災の知らせでした。

飛び起きて着替えて一気に出動です。
外は小雨で、時折強く降るような天気でした。

現場に到着した時には結構な炎の勢いでした。

3時間半くらいでなんとか鎮火して、解散・帰宅。
いつもより2時間遅れでニワトリ作業を行い、9時半ごろにようやく朝食です。

20180509085843.jpg
雨で体が冷えてしまったので汁物が染み渡ります。

午後からはヒヨコの世話です。

少し前にヒヨコの場所を大きくしましたが、やっぱり狭くなってきたので、もっと大きくするために、場所を作ってやりました。
ワイヤーメッシュとイボ竹で大きく柵を作ってやって、マイカー線で固定しました。

まだまだやることが残っているので引越しは無し。
近いうちに早く進めようと思います。

で、夜はたまごの出荷調整作業です。
なかなか大変ですが、頑張ります。

ヒヨコの部屋を大きく

いつもなら3週間くらいで育雛部屋を大きくするのですが、今年はいろいろあってまだ初めの段階と同じ広さでした。
肉用のヒヨコ達も入って密度は1.2倍になっているのに狭い狭い。

ようやく、今日少し広くしてやりました。
あまり狭すぎると蒸れるので病気になりやすいのですが、今のところ一羽も脱落することなく頑張ってくれています。
遅くなってごめん。。。

今回こそ、頑張って脱落組を出さないように管理していこうと思います。

20180503162323.jpg
ガンバレ、ぴよ!!

村長・村議との意見交換会

今日は保育園の遠足でした。
今年から真ん中の子も保育園に入所したので、親2人居ないと管理しきれんかも、ということで「もー」と二人で参加してきました。
(もちろん第3子も連れてなので、家族みんなで参加です。)

大変でした。。。


で、帰って来てからニワトリの作業を済ませて、今度は村長・村議との意見交換会です。
先月にも行ったのですが、今回で2回目。
前回はUターンの就農(跡継ぎ)について意見を出させていただいたのですが、今回は今後空いてくる農地について意見を言わせていただきました。

具体的には

・現在遊休荒廃農地にはソバを推奨しているが、その面積は約30haもある
・しかし、その作付けを行っているメンバーのほとんどが70歳台に近い
・あと5年、10年するとその農地が空いてくる
・そのことについて村としてはどう考えているのか?
・自分が考える対策としては「土地利用型畜産」を進めること
・具体的には、放牧での利用や飼料として牧草・その他を栽培することを行う。
・メリットとしては
 ①動物は自分で動いて餌(=生えている草)を食べるので、基本的に飼育の労力がいらない
 ②出口に何を求めるかで変わるが、輸入がほぼ90%を占めるなかで自給飼料100%に近い状態で飼育できるので生産物に付加価値がつけられる
・難点として考えられる糞尿による汚水や悪臭は飼育密度をしっかりと取れば問題が無いことがわかっている
・飼育密度は牛で1~2頭/ha(豚は10頭/a)

ということを挙げさせていただきました。

また、去年の実績と言ってもたった1頭だけですが、この飼育状況や肉質の評価など、第3者に評価してもらった結果も簡単に試験中ということを前提になりますが、説明させていただきました。


まぁ、そうは言ってもまだまだ半信半疑で行政として進めていくことを決めるためには課題はたくさんあるとは思うのですが、そういう方法もあるんだなぁと思ってもらえたらなぁと思っています。


しっかり放牧しようとすると面積が必要なので、良い感じに使えると思うんだけどなぁ。。。
小さい面積のところは牧草地とか穀物用で、家畜用だからそこまで品質こだわらなくて良いし。。。

ハウス鶏舎の天幕張替え張り

パイプハウスを改造した鶏舎。

使い始めて7年が経過しました。
天幕屋根材としてタフシェードG&Wを使っていますが、少し破れたりしてきました。

通常の耐用年数は10年くらいなのですが、一度移築していることもあってその時の傷が出来たりしていて少しぼろでした。
それと合わせて先日作った新しい機械置き場となるハウスの天幕が無いのと、今機械を置いているハウスの屋根が度重なる強風と雪で破れていて、これに今のパイプハウス鶏舎の天幕フィルムを流用すれば一石二鳥!!ということで少し耐用年数には早いのですが天幕フィルムを注文しました。

でようやく昨日届き、ちょうど夕方風がほぼ無かったのでとりあえず古いのを外して新しいのを張り、仮止め。

天幕フィルムを広げるのは風が無い朝晩のうちに行うのが良いのですが、フィルムをきちっと張るのは少し陽が出てフィルムがあったまったほうがピンと張れます。
冬にピンと張ったハウスは夏ビロビロになりますし、夏張ったハウスは冬切れそうになってくるので怖く、ちょうど今の季節から初夏に張ればいいのかなぁと思っています。
で、昨日はもう日暮れだったので仮止めで終了。

20180416174839.jpg
まだゆったりです。
強風の予報でもないので簡単に仮止めして終了。

そして今日、ニワトリの午前の作業が終わった頃ちょうどお日様が顔を出して薄曇りになりフィルムが温まりだしたので本格的に張り始めました。

20180417112426.jpg
妻面を引っ張りながらパッカー(ハマカセット)と呼ばれる固定具で固定していきます。

20180417152846.jpg
そのあと、アーチの方の部分のビニペットにバネで固定していきます。

きれいにピンと張れて良かったです。


京都からやってきたレッドブロは元気です。
来た日(生後3日目)はあずさにぶつかれたりしたらよろけてましたが、今ではなんのその。

20180417071824.jpg
一生懸命、餌を啄んだり

20180417114918.jpg
保温室でぬくぬくと温まってウトウトしたり

元気そうです。

ハバードレッドブロ

今年は一昨年に少し試してみた肉用のヒヨコをまた飼育してみようと思います。

一昨年は丹波黒どりでしたが、今回はロードアイランドレッド鶏のハバード社のレッドブロです。
実家のある京都から持ってきてもらい、今日入雛です。

今はほとんど違いが判らない(生育の差で翼の有無はわかる)んですが、生育していくにつれて卵用のあずさは「茶+白」に対して今回のは「茶+黒」になるので、明確に違ってくると思います。

しっかり大きくなって美味しいお肉になってもらおうと思います。

今年のヒヨコはこれで総勢140羽くらい
頑張ります。

20180415112532.jpg
レッドブロは映っていませんが、1週間の差は大きいようで、餌をあげると新入りはぶつかってよろけています。
やっぱりまだまだ弱い個体なのでしっかり育てていこうと思います。


20180415113228.jpg
こちらはあずさ。
大きくなりました。

ヒヨコ6日目

ヒヨコが来て6日目。
にょきにょきと翼が生えてきています。

20180412081353.jpg

まだまだピヨピヨとかわいいです。
餌に米ぬか発酵のものに加えておからサイレージも与え始めました。

もう少ししたら草も少しずつ与えようと思います。





先日からバラシているヤンマーGE70Nというエンジン。
コンロッドが焼き付いて溶けていましたが、ピストンとシリンダは?と上を開けてみました。

20180412151728.jpg

20180412151720.jpg
やっぱりかぁ。

まぁオイルが無くなったらこうなるよね。
部品注文するか、中古で探すか、捨てちゃうか。

新品の部品注文にしても古いし、きっと高いし、中古で部品を移植できるのを探そうと思います。
あればいいなぁ。。。

わらカッター調整

ちょこちょこと機械修理の話題ですが、今日はわらカッターの修理・調整です。

冬の間お休みしていたカッターですが、そろそろ春草の丈も伸びてきたのでカッターの出番です。

刃を研いで、油を差してというのが例年ですが、今年は5年経つので細部まで分解できるところは分解して掃除しました。


で、分解してて気づいたのですが、モノを投入してそれを裁断部に送り出すロールの抑えバネが錆びてちぎれていました。

20180409122546.jpg

20180409122542.jpg
バネが外れています。(錆びてちぎれてしまってプラーンと垂れているだけ)

去年、途中でなんだか草が送られにくいなぁ、土でも詰まって動かなくなったんだろうか?と思っていたのですが、原因がわかってナルホド!です。

このカッターは錆びてボロボロで廃業酪農家さんのところに放置されていたのを貰ってきたのですが、「コレ動くの?」というレベルのものを再生したのですが、なんと現行機種でもあるようで、部品も注文すればあるようなのです。
が、まだバネが残っているので、無理やり加工して引っ掛けました。
次外れてしまってまたロールのおさえが聞かなくなったら部品注文しようと思います。

各部の掃除と注油をしたら組み立てて完成です。
最後に刃を簡単に研いで調整完了。

これからどんどん活用していこうと思います。

寒波

今朝は少し雪が舞ったようで、残っていました。
すぐ解けてしまいましたが、風は冷たいです。

20180408061648.jpg

20180408061652.jpg

こんな中ですが、ヒヨコ達は元気そうでした。

20180408162252.jpg
まぁ、それでも保温室からはほぼ出ないのでやっぱり寒いのでしょう。

20180408084248.jpg
今日もたまごかけご飯。

黄身の色がどんどん濃くなってきました。
また、黄身に草の香りが付くものが増えてきました。
春の味を楽しんでいただければと思います。

ヒヨコが来た

今年もヒヨコがやってきました。

朝、早めにニワトリの世話を済ませてヒヨコが届く運送屋さんの営業所までひとっぱしり。

ついでにヤマトの営業所に寄って荷物を出して、ホームセンターで単管やなんやを買って、帰りに農機センターで注文していたモアとトラクターの部品を受け取ってと、外に出たついでに色々と用事を済ませました。


そして、帰って来て少し落ち着かせてから育雛箱に入れていきます。

20180406113856.jpg
昨日から箱に詰められて旅してきました。

20180406113841.jpg
初めての場所で戸惑う子たち

20180406114148.jpg
これからよろしくお願いします。
頑張って育てるからね。

とりあえずヒヨコ達は落ち着いているので、午後からは機械整備。
牧草モアの修理の続きです。

買ってきた牧草モアの部品はこんな感じ。

20180406144201.jpg
クラッチ部分のシュー的なものがすり減っていてうまくクラッチが切れないのでは?と思って部品注文したらビンゴ!!
数ミリですが、やっぱり減っていました。

で、これを組付けたらちゃんとクラッチが切れるようになりました。

あとは、車輪部分(ミッション)のオイル交換とか、モアの回転部(ギアケース)のオイル交換をすれば、ほぼ整備は終わりです。



20180406144448.jpg
途中、ヒヨコの様子を見に行ってみたら、少し寒そうです。
ヒヨコ電球を追加して様子を見てみます。


で、夜になってから会議に出てたら家から電話。
嫌な予感がして電話に出ると、なんと家のブレーカーが落ちてしまってどうにもならないとか。

今日は午後から大雨と大風の嵐だったので、家のどこかで漏電です。
ヒヨコ達は電球で温めているので電気が止まると凍え死んでしまいます。

会議を中座させてもらってあわてて帰宅。

漏電の場所を探っていると、鶏舎に電気を引っ張っているコンセントを含むブレーカーがダメでした。
ひょっとして、と思って鶏舎につながる電線を切るとブレーカーは落ちません。

鶏舎に行って、全部のコンセントを抜いてみましたが、やはり改善せず。
家から鶏舎に伸びている電線のどこかで漏電しているみたいです。
5年経って表面が劣化してきたのか、電線のどこかをネズミやリスに齧られて露出したところが雨で漏電しているのか。。。

もう夜で、雨風が吹き荒れているのでチェックすらままなりません。

緊急で、コードリールを3つ引っ張り出してきて、つないでなんとかヒヨコまで電線をつなぎました。
これも雨の中だったのでなかなか上手にできず。

結局1時間以上外で雨風のなか作業していました。
合羽を着ていましたが結構びしょぬれ。

とりあえず通電するようになったので、一安心です。

久々のヒヨコに関するトラブルでびっくりしました。

青草開始

サイレージが無くなって半月ほど。

たまに日当たりの良いところの伸びてきた草を手や鎌で切って与えていましたが、スズメの涙ほど。
ようやく少しですが、春草が伸びてきたので草刈り機で集めて与えました。

20180404094810.jpg

20180404094815.jpg
ニワトリは大喜びでした。
今回はほぼ春草で丈も短いのでカッターでの裁断は無し
(というか、まだ使い始めのメンテナンスをしてないので使えない・・・のは内緒)

20180404172845.jpg

そして午後からは牛用の機械を置くためのパイプハウスを完成させるために作業です。
天頂部分のや肩の部分の直管を固定したり、買ってきたビニペットをドリルねじでアーチに固定していきます。
で、筋交いもいれてなんとか完成。

あとは天幕フィルムを張れば完成です。
パイプハウス鶏舎の天幕を新しくして、そのお古をこちらに使おうと計画中でもう注文してあるのですがまだ届きません。
早くこいこいタフシェード~♪

熱を出そう

昨日撒いた水がなじむように、マメトラ耕運機で軽く撹拌しました。
そのあと、スコップを使って山にしておきます。

こうやって積んでおくと熱が出たときに中心温度が上がります。

20180320145036.jpg
スコップで積み上げられるだけ積み上げました。
水で湿らせたのでかなり重たく、重労働です。


そうそう、甲州小梅が開花し始めました。

20180320164853.jpg

20180320164900.jpg

例年より少し早い気がします。

冬が寒かったのに、最近すこし暖かいのでそのせいでしょうか?

雨と霧

20180319172731.jpg
今日は3月にしては珍しい暖かい雨です。


朝の作業から上がって来て、玄関の壁が結露していました。
暖かくなって作業はしやすいですが、色々なものの傷みが早くなるので寒いほうも捨てがたいなぁと思います。


で、午後から雨が止んだのですが、ヒヨコ導入予定の床に水を混ぜて発酵させ始めました。
ヒヨコが入るまでに落ち着いてくれると良いのですが。。。

で、この水まきを子供たちに頼んだら、途中から水遊びに。
今日は陽が射さず、暖かいとはいえ日暮れは肌寒くなり、子供たちが風邪ひかないか心配で、怒ってしまいました。。。
お手伝いしてくれるのはありがたいんですけどね~


あ、そうそう。少し卵の数が増えてきたので、お待たせする時間が短くなりそうです。
よろしくお願いします。


ひたすら鶏糞運び

20180314095215.jpg

今日も鶏糞出し続きです。
早くしないとヒヨコが来ちゃうので、その前にしっかりと床を用意するために大忙しです。

果たして間に合うのか?
いや、間に合わせないと。。。

ワクチン

今日から少しの空いた相方「もー」が里帰り。
途中まで送ってきました。

ぐっと気温が上がり、高原の住人としては下界に降りて暑さにびっくり。4枚来ていた服を2枚にしてもまだ暑く、汗をかきました。

といってもこちらも気温が高くなったらしく、春の陽気です。


しばらく子供たちもいなくなりますが、自分のペースで動けるのでこれはこれで楽です。

腰を壊さないように頑張ります。



そんな忙しい日ですが今日はワクチン投与日。

といっても決まっているわけではなく、年1回以上(できれば2回以上?)ニューカッスル病という特定伝染病の予防のためにワクチンを打たなければならないと決まっています。

ワクチン自体は生ワクチンと呼ばれるもので、経口摂取させるだけでOKなので、摂取させる少し前に喉が渇いた状態にしておいて、水に混ぜて飲ませれば完成です。

少し前までは自分でワクチンを購入してだったのですが、購入1梱包あたりの量が多くかなり無駄になっていたのですが、2年前から家畜保健所の方がワクチン投与をやっていただけることになったので、待っているだけというすごく簡単なものになりました。


で、今日がその巡回日のため今日がワクチンの投与日ということ。

ですが、すっかり飲み水を少しやらないでおくのを忘れていたのでワクチンを溶いた水だけもらって、後でやることに。


20180313160915.jpg
ワクチン入りの遠沈管(ファルコン管)。



もーを送り届けてから帰って来て、夕方水に溶いてやりました。

20180313161310.jpg
1時間ほど水を切っていたのでごくごく飲んでくれます。

病気にならないでね。

鶏糞詰め

早くやらないと、そのうちヒヨコが来る期日になっちゃう~と、調子にのって鶏糞を袋詰めしました。
昨日の雨もあり、ほかの作業ができないというのもあります。

午前中から、2番目の「つき」のお手伝いもありました。

20180306113910.jpg
落ちている羽を集めています。

20180306113914.jpg
午前中に15袋くらい。

午後もあわせて50袋くらい詰めれました。

1袋20kg以上なので1トンぶんくらい詰めたのかな?

さすがに腰が痛いです。。。
調子にのってやりすぎました。

ほどほどにしないとですね。





20180306164325.jpg

20180306164328.jpg
そうそう、やっぱり雨が激しく降ったせいで、小麦を蒔いたところの土が流れていました。

小麦を蒔く前にトラクターで耕したからでしょうか。草の根張りがなくて流れやすいようです。
ふわふわなので、逆に水を吸いそうなもんですが、違うんですね。
(小豆やインゲンマメのあとの少し草が生えているところはまったく流れていません。)

雨降り

20180305155755.jpg
3月になって春が近づいてきたからか、今日は雪ではなく雨です。

午前中はそれなりに小ぶりだったのですが、午後から大雨。

あんまり降ると畑の土が流れそうで心配です。


しかし暖かい。
温かい雨で、玄関が結露していました。

20180305155743.jpg
そして、気温もあるのか水分を吸ってなのか、クローバーの葉が膨らみ始めていました。

春はもうすぐそこです。

機械修理-バインダー①

隣の飯田市にある下伊那農業高校。
今日はこの高校の畜産部というらしい部活のメンバーが引率の先生と共に来てくれました。

鶏の生態や餌、飼い方や飼育についての考え方など1時間半ほど話させていただきました。
どれくらいのことが伝わったかわからないですが、どういう思いを持ってくれたでしょうか?


そのあとは、バインダーの整備です。
2012年末頃に金属回収所で3000円で買ったジャンクバインダー。
エンジンを調整して、刈り取り部を調整して、結束部を調整してとやってきましたが、ここにきてタイヤの破損。

タイヤの破損自体は3年くらい前からだったのですが、まぁもともとチューブレスのゼロプレッシャータイヤということで空気が入ってない状態で使うのが前提だったようなのですが、とうとうタイヤの横面の割れがひどくなってきたのでどうしようか迷っていました。
一番はタイヤの新品交換ですが、これには1万ちょっとの費用が掛かります。
ちょこちょこメンテナンスしていますが、ほかの部分がいつ壊れてもおかしくないと思っているので、ここにその金額を出すのはちょっとと思ってしまいます。
で、中古タイヤも無いかなぁと思っていますが、このサイズに合うものはずっと無くて断念。

そして、やっぱり新品かぁと思ってタイヤを見ているとチューブだけ売っていることに気づきました。
このタイヤに合うチューブはないのですが、少しサイズの違うものが売っています。
3千円かからないくらいなので新品のチューブを買うよりは大分安いということで、そもそもタイヤを外せるか試してみました。

バインダーから車軸ごとタイヤを外して、さらに車軸を取ったあとリムを外していきます。
が、このリムが外れない。

20180217153612.jpg
バールで外そうとしますが、全然とれません。

YOUTUBEとかで見てたらパカッと外れているのですが、全然外れません。

20180217154004.jpg
錆びて摩擦があって取れにくいのかも?とバールでリムを引っ張りつつ、マイナスドライバーでタイヤのゴムを少しずつずらしていくと外れていきました。

20180217154232.jpg
そしてようやく開きました。

20180217162405.jpg
錆を取るために、ブラシを付けたグラインダーで磨きます。
今度再塗装しようと思います。

で、とりあえずタイヤが取れたので、チューブを注文しました。
サイズはほぼ同じですが、幅だけ少し大きいものにしました。
これ以下は外形も5cmほど小さくなってしまうので、少し使えるか不安だったので、大は小を兼ねる的な考えです。
うまくできると良いのですが・・・


鶏糞出し

今日は昨日までのワークショップの時とがらっと変わってきれいに晴れ上がりました。
気温も少し下がって-10℃の冷え込みです。

20180214083917.jpg


20180214084019.jpg
南アルプスもきれいに見えています。

20180214084038.jpg
雪もキラキラ輝いています。

歩くと、キュっという踏みしめる音と、サラサラという雪をかき分ける音と聞こえて気持ちいいです。

この天気が1日ズレれば良かったのに~と思いますが、天気はどうしようもありませんね。

ワークショップの時に溜まっていた諸々の作業に加えて除雪作業もやらないとです。。
こういっちゃなんですが、参加者の方々が道の雪を踏み固めてくれたので、除雪がちょっと大変でした。

日中は気温があがり5℃くらい。
日差しもあり、汗ばんできます。

午後からは、先に終わらせたいと思っていた鶏糞出し。
1つの部屋の鶏糞をずっと出しているのですが、ようやく終わりです。
今日だけで800kgくらいは出したでしょうか。。。

小麦畑には雪があって、条が見えずまだ撒けないのでどうしようか考え中です。
とりあえず、パレットに積んでおこうと思います。

鶏の屠畜ワークショップ「鶏と麦の宴2018」が終了しました。

今日、昨日の2日間で屠畜ワークショップの2月の部が終了しました。

今年は1月も2月も天気に恵まれず、全4日が雨か雪で、日中の最高気温が0℃に行かない(というか氷点下3℃くらい)という数値だけ見ると極寒のなかでの開催となりました。

昨日も、今日も朝から雪が降り始め、日中のあいだに昨日は10cmくらい、今日は20cmくらいの積雪であっというまに歩いた足跡が埋まるという状態でした。

そんな雪の状態でしたが、雪による欠席は1日目の1組だけという状態でした。
(下界に降りてないのでわからないのですが、下界はそこまで雪が多くないようでした。)

悪天候のせいできれいなアルプスを見ていただくこともなく、お日様が差し込むハウスの暑さを体験してもらうこともありませんでした。

が、毎年のようにニワトリ達が、参加いただいた方たちの身体だけでなく心の中に残るような一生を終えることができて良かったなぁと思います。

なかなかできない命を感じる体験だけでなく、それ以上の事が感じていただけるこのワークショップ、長く続けていきたいなぁと思います。

今回来れなかった方も来年お待ちしております。

満席御礼

鶏の屠畜ワークショップですが、ありがたいことに2月の12日、13日の両日とも予約いっぱいとなりました。
今回も2日合わせて60名ほどの方にご参加いただける予定です。

ただ、この時期は風邪等もあり、直前のキャンセルもあります。
キャンセル待ちの予約も承っております。
予約の受付はチラシの中にある杉浦までご連絡ください。

S_7016673055825.jpg

S_7016723479109.jpg

命や食、農について言葉では書ききれないほどの体験をしてただけると思います。
是非ご参加ください。

テレビで紹介いただきました

下條村出身の俳優・タレントの峰竜太さんが、下條村を紹介するテレビ番組が放送されたのですが、この中でたまご屋さんが紹介されました。

20180204102123.png


20180204100439.png


20180204100449.png


20180204100535.png


20180204100631.png

これからも下條村の農業を支える一粒として頑張っていきたいです。




そして、番組中で食べてもらったたまごかけご飯ですが、番組中では出てきませんでしたが
実は、特別なお醤油を使っています。

20180204100805.png

少し映っている左上のこちら
「畑の雫」
です。

PB026548-2.jpg
たまご屋で栽培した大豆と小麦(農薬や化学肥料は使っていません)を隣の飯田市のお醤油屋さんに持ち込んで醸してもらったたまご屋のお醤油です。
一般的なお醤油に比べて濃く、たまごかけにぴったりです。

是非一緒にお買い求めいただければと思います。




たまごなどのご注文はこちらの問い合わせフォームから
住所・氏名・個数などをお知らせください。
送料は地域や個数によって変わりますが700円~1000円ほどです。

ようやく止まり木まで設置

ちょっと寒さが緩んで朝の気温-6℃
日中は0.5℃まで気温が上がって、日差しの温かさもあり昨日から積もった雪を除雪しつつ、圧雪だったりアイスバーンになっていたけど解けてきたところを破壊してある程度きれいにどけておきました。
雪が積もると美しいのですが、路面凍結になっちゃうのは困りものです。特に、ここは山間部なのであちこち坂道だらけ。いったん滑り出すと・・・考えただけで恐ろしいです。

20180129165320.jpg
夕方のさんぽでアイスバーンで滑り台もどきをする息子



で、今日は先日設置した産卵箱に止まり木を作りました。

今までがあり合わせで小さい止まり木だったので、一気に倍の長さのものになりました。


20180129152537.jpg

気に入ってくれるでしょうか?

産卵箱づくり③

まだまだ寒波の影響で朝は-12℃まで冷え込みます。
冷え込むのは良いんだけど日中の気温が寒いのはつらいです。


20180127093445.jpg
今日は保育園がお休みなので朝の作業のお手伝い。
と称してつらら落とし遊び。本人は仕事をした気でいます。
お手伝いありがとうね~


さてさて新しい産卵箱つくりもようやく完成です。

今回は、空中産卵方式にしてみようと画策中。
ただ、今まであった産卵箱の場所に同じように設置するためにいろいろと試行錯誤してみました。

微妙に長さがずれていて入らなかったり(無理やり押し込んだ・・・)

高さが合わなかったり(かさ上げ用に木を打ち付けてなんとか対処)



で、本体が設置できたら今度は貯卵場所を設置。
ま、これは今まで使っていたものを高さを合わせて取り付けしなおすだけなので、ちょっと高さ調整が煩わしいですが、一度決めてしまえばすぐできます。

20180127161216.jpg


最後に蓋をつけて完成。

途中も最後も写真を撮っていません・・・

産卵箱づくり②

そういえば、産卵箱づくりしていますが、たまご屋として作るのは初めてでした。

「たまご屋として」というのは、就農する前にも鶏を数羽飼っていたので、その時に作った適当なものくらいです。
で、今使っているのは、鉄骨の鶏舎をバラしてもらってくるの時に一緒にもらってきたもの。
これを幅とかを少し短く加工して流用しています。

もとからある形をアレンジするのではなく、本格的に自分でデザインから考えて作るのは初めてです。

産卵箱づくりに手を移す前に、雪と強風で剥がれてしまったパイプハウスの天幕なおしです。
いつもなら外れて飛んだパッカー(抑える部品)を探して同じところにはめるだけなのですが、今回は飛んだあと雪が降ってしまって、どこに行ったか分からない状態。
昨日、出荷のついでに買って来て、ようやく修理できます。


20180126103107.jpg
良い天気でした。
あわせてすばらしい景色です。


午後からは産卵箱組み立てです。

20180126134925.jpg
切ったコンパネを組み立てて行きます。

組みあがったら細部を仕上げていきます。

箱部分が出来上がると今度は中に使う網を用意します。
今回はちょっと特殊な感じにしようと思っているので、前の網ではなく新しく購入した網を使うことにします。
長さが少し長いので、折り曲げて加工しました。

長さもぴったりになったので、明日実際に取り付けできそうです。

産卵箱づくり

ようやく雪が止んで、晴れ間が見えてきました。


20180125064103.jpg
今朝はぐっと冷え込んで、-13℃。

20180125071943.jpg
ただ、朝日が7時過ぎから差してくれるので、寒のなかに温が感じられます。
それでも手がちぎれそうに寒いですが。。。

20180125080805.jpg
昨日解けた雪が再凍結。送迎バスが運休のため、息子を保育園に送って行ったのですが、確かに危険。早い時間に送って行ったのでまだましでしたが、日差しを浴びて表面が解け、つるつるになっていました。


新しい産卵箱づくりを始めています。
とりあえず、設計図を見ながらコンパネを切っていきます。

まだ日中の日差しがあると暖かいのですが、雪の中、今日も最高気温-3℃です。この気温だと足の中にも冷気が突き刺さってきて足がちぎれそうな痛みがあります。

コンパネを切った部品を組み立てて行く途中でしたが、夕方日が影ってしばらくするともう限界。

組み立てた準備をしたところでギブアップ。あまり動きが無い作業はまた明日にして、通常にニワトリ作業です。

20180125072151.jpg
今朝からもらってきた林檎をデザートに与えています。
久しぶりに食べるフレッシュなリンゴはサイコーと啄んでいました。

粉雪が舞う~こんな時は事務作業~

今日は真冬日でした。
日中の最高気温が-3℃。午後3時ですでに-7℃、夕方6時には-10℃の冷え込みでした。明日は一体何度まで冷えるでしょうか?

日中は昨日に続き時折強風が吹き、体感温度は-5℃よりももっと寒いくらい。そんな中でもいろいろ作業はあります。
作業しなきゃですが、家に逃げ込みたくなります。まぁ、家畜も大事なので作業を放棄することはできません。

20180124102508.jpg
水は毎日一輪車で運んでいます。
雪が積もると滑りやすくて大変。でも雪が無いと日差しが出た時地面がジュクジュクになるのでこれも大変。


午前中に外仕事を済ませて、午後は事務作業。
この時期特有の青色申告作業です。

各種入力を済ませ、最終的な細かな確認作業。
とりあえずひと段落しそうです。

今年は色々と新しく始めて、資材購入もあったので支出が例年より多くなったので収入は減でした。うーん。モノはあるので資産的な意味合いではあるんだけど、実収入が減るのは困りますね(笑)

20180124110812.jpg
20180124110832.jpg
ちょっと日差しが出たときにつららが解けて、夕方再凍結したようで変な角度のつららです。



20180124154010.jpg
夕方からまた雪が降りだしていました。

20180124154048.jpg
時折吹く風も強く、遠くのほうで雪煙が舞っています。あれの中には入りたくないなぁ。

FC2Ad