FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

鶏舎の網掃除

今日は昨日の夜から雨で、朝の気温も8℃の暖かさ。
日中は15℃くらいまで上がっていました。

午前中は出荷発送作業、午後からは鶏舎の掃除をしました。

例年、10月終わりか11月半ばごろ、水が凍りだす前にやっていたのですが、今年は暖かい日が続いていたのでのびのびになっていました。
さすがにそろそろやらなきゃと思い、ちょうど暖かくなる予報なのもあって今日やりました。

いつも通り動力噴霧機で吹き飛ばします。

20181204144238.jpg

20181204144215.jpg


2時間ほどで完了です。

すごくきれいになりました。
すぐ蜘蛛が巣を作るうえ、ニワトリのホコリも出るのでなかなか大変です。

いつもは手が凍りそうになるのを我慢してやっていたのですが、今日は全然寒くなく、むしろ少し暑いくらいでした。
無事終わってよかったです。

鶏と麦の宴2019 開催日決定

お待たせしました。

冬の一大イベント屠畜ワークショップ「鶏と麦の宴」

以前から今年はいつやるの?と聞かれていたのですが、ようやく日程が決まりました。

今年は

1月は
6日(日)と7日(月)

2月は
11日(月・祝)と12日(火)

の4回開催です。


お好きな日程でご参加いただければと思います。

↓チラシです
クリックで拡大。

46667970_2012097562192706_8084876322372845568_n.jpg


46860457_2012097575526038_4181638296062918656_n.jpg

facebookをされている方は以下のページからでも参加申し込みできます。

1月6日(日)
https://www.facebook.com/events/2327828064170317/

1月7日(月)
https://www.facebook.com/events/2192274301042730/

2月11日(祝)
https://www.facebook.com/events/276133679759689/

2月12日(火)
https://www.facebook.com/events/1189841057860728/


これまでの様子
http://fop-jp.net/category/inochiwoitadaku/niwatori/


なかなか屠畜ということに抵抗があると思いますが、良い体験になるようにしています。
ぜひ、ご参加いただければと思います。

柿の皮

今年もやってきました。

干し柿の時期。

これから1か月間くらいの間、この辺りでは柿取りと皮むき、干すという作業で終われる地域になります。


で、その副産物で、剥いた皮、傷んだ(熟した)柿、ヘタの部分などが出てくるので、普通は畑に戻しちゃうのですが、うちではそれをもらってきます。

20181023112831.jpg
皮ばっかりたっぷりです。

長い部分はドラム缶へ。
ヘタ付近のものはニワトリ達に与えました。

20181023115431.jpg
寄ってたかってついばんでました。


20181023120015.jpg
こちらにおおすそ分け。
米ぬかが付いた皮をむしゃむしゃ麺類のように食べてました。
丸の柿もバリバリとかみ砕いてしまいます。まぁリンゴとかよりは食べやすいですね。

デザート

久しぶりのデザートです。

20181019092535.jpg
リンゴ

20181019092548.jpg
もちろん、大喜びでついばんでいました。


20181019082810.jpg
この子たちも土手上から放り投げてやったらおいしそうに食べていました。

またもらえるといいねぇ。

床だし

今日も床だしです。

そろそろ熟成した床の部分がなくなってきたのですが、出せるときに出すために袋詰めしていきます。

20181011143229.jpg
これは玉ねぎやニンニク畑(予定)に入れようと思います。




20181011150744.jpg

20181011142746.jpg
ひよこたちは羽がにょきにょきと生えてきて、かわいい盛りです。

長野tube収録

20181006084230.jpg
今日の午前中は近くのおおぐて湖でyoutubeで配信される動画の撮影。
長野tubeというのがあるらしい。

村内に関係する方で、大御所1名を含めて5人が出演しています。
そのうち配信されるようなのですが、自分の話した内容がどうなっているか恐ろしいです。。。

IMG_7881.jpg


収録が終わったら、鶏舎で作業です。
先日から続けている鶏舎の床出し。

今日は、袋詰めした床を畑に撒いていきます。

20181006143129.jpg
詰めた分を撒いて、終われば戻ってさらに詰めてを繰り返してほぼ撒き終わりました。

夏に小麦を刈り取った場所で、そのあと2回放牧しましたが、少し草が生えてきていました。

天気を見て、トラクターで起こしてしまおうと思います。
去年に引き続き、小麦栽培の予定です。


そして夕飯は昨日に引き続きサンマ。

20181006181304.jpg
今日は炭火を熾して焼きサンマです。


20181006181612.jpg
じゅわっという音と共に焼きあがります。

美味しくいただきました。

大船渡の漁業関係者の皆様と海の恵みに感謝します。

さて、明日からも頑張るぞ!

秋の味覚

今日は昨日に引き続き床の敷料詰めです。
腰に負担があまりかからないように、あまり慌てず詰めていきます。

かなりの数を詰めて、紙袋が無くなったので本日はここで終了。

明日、小麦畑に撒こうと思います。


で、今日、大船渡からサンマの直送が届きました。

作業をちゃっちゃと終わらせてサンマを捌きます。
もちろんお刺身でいただきます。

お刺身の半分は酢で〆て冷蔵庫へ。
これも後のお楽しみ。


20181005201630.jpg

そして、秋の味覚の代表格
マツタケも買ってきて京都から来たハモと合わして土瓶蒸し風。
スダチの香りと合わさって最高です。

年に1回くらいはこの味わいを楽しみたいです。

床の掃除

新しく入ったヒヨコ達。
いきなりの台風にも負けず、頑張っています。

ヒヨコ達を入れてすぐに雨があり、また漏電したようでブレーカが落ちました。
今回は幸いにも昼だったのですぐ断線箇所を探せました。

今回の断線は、鶏舎まで行っている太い線ではなく、そこから先のコードリールでした。
常設で以前から電動工具などを使っていたのですが、初めて伸ばして使ったのですが、それのどこかから亀裂かなにかが入っていて漏電したようです。
とりあえずコードリールを新しいものに交換してすぐ復旧できました。

前々回や前回の台風の時に村内では停電があったので、この台風とヒヨコの導入が合わさると怖いなぁと心配になります。
その時はお湯でも沸かして湯たんぽとかなにか対処しないとなぁと思っています。


で、話がずれましたが、今日は床出しです。

ヒヨコの保温室を作るときに突貫工事で床をきれいにしましたが、その周りにはまだまだ古い敷料が残っているので、これを袋詰めないし、コンテナに詰めていきます。
ニワトリ達を出してからしばらく給水してないので、床の表面から2,30cmは乾いているので、この部分は米袋へ。
土間に近い部分は地面から水で少し湿っているのでこれをコンテナに入れていきます。

20181004154056.jpg
とりあえず今日の目標は達成。
入れたものは鶏舎の中に積んであります。

でもまだまだ残っているのでどんどん運び出して畑に入れたいです。


作業のそばでヒヨコ達はぴよぴよと忙しそうに餌を啄んだり、固まって休んだり、眠りこけたりしていました。
癒されます。

20181004144318.jpg
少し寒い?はずの外の端でも。

20181004145636.jpg
保温室の中でも
カメラを入れるとびっくりして起きることが多いので隙間から隠し撮り

20181004153845.jpg
そおっと入り口から。

台風24号被害

台風24号が通過していきました。

大きな被害は無いですが、ちょこちょこと手間のかかる痛手があります。

まずは畑回りから

20181001055837.jpg
機械小屋
ほぼ天幕が無い状態でした。



20181001055850.jpg

20181001055923.jpg
作業ハウスの妻面もぼろぼろです。
天幕も少し破れていました。。。うーん困ったぞ。

20181001055903.jpg

20181001055915.jpg
牧草の機械小屋
こちらも天幕が破れています。


20181001060142.jpg

20181001060214.jpg
鶏舎の妻面
表は良く外れるのですが、裏まではがれたのは初めてです。



20181001060302.jpg
ヒヨコは無事でした。
ゆっくり眠っています。

被害はありますが、急ぐほどではないので
次はとりあえず、田んぼへ。


20181001061315.jpg
大きな田んぼの様子
ハザはとりあえず無事そう。

20181001061450.jpg
3枚目の刈り残している田んぼ。

20181001061438.jpg
下側から。
しっかりと水が溜まっています。

20181001061506.jpg
田植えが出来そうなくらいの水面のきれいな状態でした。


そしてとりあえずニワトリ作業です。

20181001074206.jpg
ハウス鶏舎の肩の部分から少し雨が吹き込んで固まってしまったので耕運機でよく撹拌しておきました。


20181001112007.jpg
ヒヨコ達も元気に動き回っていました。

20181001144313.jpg

大豆は相変わらず風の方向に倒れていました。
収穫が難儀しそうです。

今日、妻面をちょこちょこ直しました。
出荷日だったのであまりできませんでした。また明日頑張ります。

2018年2回目のヒヨコ導入

今朝は冷え込んで8℃を切るくらいの気温でした。

そんな寒空の中、秋ビナがやってきました。

朝の作業を終わらせて、隣の市の近物さんのところにヒヨコを引き取りに。
ピヨピヨと大騒ぎ。

20180928103751.jpg
こんな箱でやってきます。

20180928103758.jpg
ピヨピヨ騒いだり。
端に寄って暖めあったり。

育雛箱の準備をしっかりとして、ヒヨコ達を導入していきます。

20180928110326.jpg


20180928110338.jpg
黄色の雄と茶色のカワイイもふもふです。

ピヨピヨと活発に動き回っていました。
何事もなく大きくなるように育てていきたいです。


午後からは田んぼへ

台風(24号)がまた近づいてきているので、去年のようにハザをこかされないように補強します。


20180928143210.jpg
ウチから持って行ったハザ杭と、地主のおばあちゃんに貸してもらったハザ杭でしっかり補強しました。
無事、台風が通過しますように。

ヒヨコ準備

今年は秋ビナを迎えます。

ちょこちょこと床を準備してきましたが、まだまだ終わってません。
が、明日ヒヨコ達が来るので、今日は準備に専念します。

まずは、床の整備から。
ある程度床を運び出して鶏糞として床に撒いたりしていましたが、まだ運び出せてないので米袋に入れたり、コンテナに詰めたりしていきます。

そして、新しいチップを敷いたらその上に育雛箱を組み立てます。
保温室と運動室の1.5畳ほどの広さ。
ヒヨコが大きくなれば広さを開放して使います。

組み立て終わったら暗くなったので作業終了。
意外と床の運び出しに時間がかかりました。

保温室に電気配線などの異常なしかどうか確認のために電灯をつけておきました。

明日、ヒヨコが来るのが楽しみです。

サイレージ作り2日目

今日はサイレージ作り続き。
午前中にニワトリ作業と発送作業のあと、昼前から草の反転作業です。


20180918112905.jpg
乾いてきています。


お昼ご飯をちゃっちゃと済ませて、午後から軽トラに草を集めて回ります。
集めた草はカッターで裁断していきます。

20180918143922.jpg
1杯目

20180918150404.jpg

20180918150421.jpg
カッターでザクザク裁断します。


20180918160526.jpg
2杯目

20180918171626.jpg
3杯目

20180918174837.jpg
これだけになりました。

これをどんどんドラム缶に詰めていきます。

全部で7缶できました。
これで足りるかな?
まぁ、ロールサイレージもあるのでなんとかなりそうです。

20180918174810.jpg
きれいになりました。

サイレージ作り

3日くらい晴れ予報なので、本当は稲刈りを進めたいところですが、今日はサイレージ作り。

夏の酷暑の後、草が伸びて来てサイレージ作りたいなぁと思っていたのですが、雨がちょこちょこ降ってできませんでした。
稲刈りとサイレージどっちが先か?と考えると冬の大事な緑餌なので、まずはサイレージ作りから。

今日は出荷日なので午前中はニワトリ作業と出荷準備。
なので午後からサイレージ作りスタートです。

今回は、全体的に長く伸びているので草が生えているところ全面を刈り取ります。
刈り払い機で刈り取っていきます。

20180917140731.jpg

牧草ロール用に買った牧草モアを使ってもいいのですが、まっすぐな傾斜ではなくデコボコしている傾斜部分もあるので地面を削ったりしやすいと思ったので遅くて大変ですが、刈り払い機で刈り取りました。


20180917170309.jpg
夕方
少し乾き始めています。
明日まで置いておけばもう少し乾くでしょうか?

明日、集めて裁断してサイレージにしようと思います。




20180917132030.jpg
そうそう、今日から初卵出荷始めました。
まずはおよりてファームからです。どうぞ、お買い求めください。

鶏舎改造

ちょこちょこ進めている鶏舎の手入れ。

鉄骨鶏舎の4部屋のうち、周囲は建設時からプラスチック板を埋めて穴を掘って侵入するタイプの獣害を防いできましたが、各部屋の床面の仕切りにはトタンの波板を使っていました。

これが、5年経つと錆も出始めボロボロになってきたので、各部屋の鶏がいなくなるタイミングを計ってプラ板タイプに交換していました。

今回、ようやく最後の交換を終えることができました。

20180913170956.jpg
コメリで買ったのですが、前回同じものを買ったはずなのに製品が結構違いました。
値段は・・・どうだったか覚えていませんが、記録を探ればわかると思うのですが、まぁいいやと調べていません。

今回の方が少し角などのバリ取りが甘い感じです。

まぁ。本来の機能があれば問題ないんですけど。。。気になってしまいます。

鶏舎補修

今日は阿智方面の出荷日。
出荷準備を終わらせて、午後から鶏舎の修理です。

この地に引越してきて5年が経ち6年目。
ニワトリを連れての引越しだったので突貫工事で行ったのと、あまり費用がかけれずリサイクル資材を使ったりとそろそろガタが来ています。
大雪や毎年の台風の大風(といっても長野県は台風の影響がすくないらしいのですが)にもさらされているので徐々に劣化していきます。

ちょこちょこと時間を作って直していこうと思います。

20180907164733.jpg
亀甲網を止めている針金がちぎれたので、新しく畦波板に直接固定。



番犬おかきのおかげで獣害を受けたことはないですが、用心するにこしたことはないですね。





番外編


20180907113339.jpg
今牛たちがいるところは家から見えるところ。
家から牛たちが見える幸せ。

台風の被害

台風一過の今日は後片付けです。

まずは被害確認。

・パイプハウス鶏舎の妻面がはがれている。
・鉄骨鶏舎に倒木
・作業ハウスの妻面が両面ともはがれている。
・機械ハウスが横風で天幕がはがれて、さらにフレームも歪んでいる
・牧草関係の機械ハウスも横風でアーチに圧がかかって抜けてその部分が弱くなり折れ曲がったりちぎれたり。。。
・つる豆のネットが倒れるのではなく、上部が重くなっていたのでひっくり返った・・・
・大豆が横倒し
・大豆畑の隣に倒木(電柵に被害)

とりあえず、復旧を急がないといけないのは鶏舎関連。
三脚を出してきて、飛ばされたパッカーを探してはめていきます。


産卵箱も濡れてしまったので中を掃除です。
なかなか大変でした。

20180905074155.jpg
作業用ハウス

20180905074324.jpg
機械ハウス

20180905074230.jpg
牧草関係機械ハウス。左奥から風が吹き、右側のアーチが壊れています。


20180905072456.jpg
鶏舎への倒木

20180905074205.jpg
つる豆の支柱倒壊。6列アウトです。。。

20180905090607.jpg

20180905090541.jpg
大豆の倒伏

20180905090807.jpg
大豆横の倒木


復旧が大変です。



20180905124601.jpg
そうそう、田んぼはちょっと傾いたくらいで倒伏はありませんでした。
結構周りの田んぼはバタバタに倒れていたりしたので、今年は分けつが少なくて良かったなぁ・・・と怪我の功名です。



そして午後からは飯田市の遠山地区へ。

ちょっと共同研究で進めている肉用鶏の打ち合わせで遠山地鶏を育てているKさんのところへ行って来ました。

20180905150942.jpg
帰りに平岡ダムで放流を見てきました。
天竜川流域がかなりの降水量なのでフル放水のようです。



道中も倒木があったり、土砂崩れで片側交互通行だったりと片付けに追われているようでした。
村内でも台風通過中の昨日は国道で通行止めやら停電やらあったようでした。

自然災害。困ったものです。
この地域の被害ももちろんですが、関西を中心に被害が多いようなので心配ですね。

初卵!!

昨日設置した改造産卵箱に網を付けます。
市販の網なので、箱のサイズに合わせて左右を折り曲げます。

結構力がいるのと、周りの硬い枠の部分は力業で。
内側の網の部分は柔らかいですが折れやすいので、慌てずに少しずつ曲げていきます。

それでも何箇所が折ってしまいました。

でも完成です。


で、早速今朝地面に産んでくれていました。

20180831072328.jpg
めっちゃ小ぶりですが初卵です。
朝、早速たまごかけでいただきました。

おそらく肉用種の卵ではないでしょうか?

卵用種もそろそろ産み始めるのでは?と思っています。
数がまとまってきたら初卵として売り出そうと思います。

産卵箱改造

春に入れたヒヨコ達。
7月末から肉用のですが、オスがコケコッコーと鳴き始めているのでそろそろ卵を産み始めるはず。
ということで、産卵箱をきれいに掃除します。

で、いつもならこれだけなのですが、今回はちょっと改造。

今使っている産卵箱は4つ中3つが貰い物。
で、今設置しているところは柱の都合上、もらってきたままの大きさだと大きくて入らないので短くしてあります。
なので、1部屋だけ大きさが違うわけです。で中に浸かっている網やら中敷きやらも左右で違っており、洗ったりするときに替えが無いと困る!!ということもあって、順々に中の仕切りの位置を変えています。

で、今回はこの仕切りを変えました。
結構な重量のある産卵箱を一度取り外し、中を掃除して、釘を抜き、板の位置を変えてまた(今度はビスで)留めるという作業をしてようやく完了です。

そしてまた重いものを元通り設置してと、文字に書くと簡単ですが、結構大変でした。

そして写真撮り忘れ。
まぁ、仕方ないです。

あとは、中に付ける網を設置すれば完了です。


いつから生み出すかな?
初卵楽しみです。

番外編

20180830182522.jpg
田んぼの様子です。
だいぶんと穂が垂れて来て色づいてきました。
今年は分けつが少なく収量は落ちそうですが、ここまでたどり着けたことに感謝です。

台風の前に

今日は午後から台風が接近する関係で雨。
その前に昨日運べなかった小麦の残りを少しでも運んでおきます。

12時過ぎから降る予報だったのですが、11時頃からポツポツと降り始めました。
おっと!!と思って急いで運んで、表面が少し濡れたくらいになりました。

ですが、焦って急いで運んだらやっぱり腰が痛くなりました。

なかなか難しいところです。


夕方から風が強くなってきました。
どうなるでしょうか?被害が無いと良いのですが。。。

小麦運搬

昨日外れた小麦の運搬。
今日こそ運んでしまいます。
台風が近づいているので、早めに運べるものは運んでしまいたいです。

というわけで、ひたすら運びます。

20180822172202.jpg

20180822172219.jpg

今日は全体の3/5くらいを運びました。

まだ残っているので明日、雨が降りだす前に運んでしまいたいなぁと思っています。


今日は腰に来たので、村内の温泉「コスモスの湯」に行って来ました。
近くに温泉があるのはいいですね~

雨降り

今日は朝晩の雨でした。

朝、ニワトリの作業中にぽつぽつと降りだし、あれ雨?と携帯で雨雲レーダーを確認するも、雨雲レーダーには影は無し。
ですが、結構な強さで20分程降りました。

20180712090258.jpg


で、出荷準備をして、使い終わった牧草モアやらバインダーや水田除草機の整備をしたりしていたらあっという間に夕方に。
なかなかあっという間に時間が過ぎ去ります。

で、夕方になると遠雷が。

で、あっという間に降ってきました。

20180712164411.jpg
ざんざか雨です。


昨日のロール作りを1日ずらす案もあったのですが、今日にしていたら雨に当たりまくりでした。
よかった~

適度な雨で作物にはいいのですが、降りすぎには要注意ですね。

ニワトリ試験

実は、あるところとニワトリの研究が始まりました。

で、今日はその方々と実験開始。

ニワトリさんたちはすごくびっくりした感じでこの試験がうまくいくのか不安になるくらいでした。

だんだん慣れてくれると良いのですが。。。


どうなるやら。。。

飯田出荷

今日は隣町への出荷の日。

ちょっと卵の数が少なくなってきているのですが、いつも通りの出荷数を確保できています。

今日は午前中に雨が降ったので、昨日蒔いた大豆たちには多少良いお湿りになったかもしれません。
ただ、草の種にもスイッチが入ったと思うので、中耕除草のタイミングを間違わないように頑張ろうと思います。


20180618185533.jpg

夕方、草が乾いていたので草やり。
やっぱり湿っていると集めるのも裁断するのも大変なのでこうやって乾くとやりやすいです。
写真はどうしても明るさが足りないで暗くなってしまいますが、わあっと集って啄んでいます。



20180618101945.jpg
手前のモクはだいぶん慣れてきましたが、奥のバイスはまだまだ。
いつになったら慣れてくれるのでしょうか?

出荷に追われる。

たまご屋でキツいのは、作業を最低限のニワトリの世話にしたとき。

主には地域の行事があったり、体調不良になったり、遠出をしたりした時です。

ニワトリ達が少し体調を悪くしたりすることもあるのですが、仕方ないところもあります。
で、さらに大変なのが、卵の調整です。
出荷するためにはいろいろと調整作業があるのですが、意外と時間がかかります。
調整作業の方法はいろいろとあるので、すべてのたまご屋さんがこんな調子ではないと思いますが、ウチではそれなりに大変~。

今日も一昨日から溜まっている卵の処理です。
疲れが出ていますが今日は出荷日で、卵を待っている人がいるので休むわけにはいきません。

もともとやりたかった「酪農」と比べるとどっちもどっちだよなぁと思います。

朝から晩まで

今日は早朝から火災で消防団出動でした。

その時間、なんと5時過ぎ。

あぁ、5時だ~起きなきゃな~と布団でぬくぬく(朝の外気温は5℃くらい)していたら、有線放送がなるときの気配が。
あれ、こんな時間に?ひょっとして火災?いやいや、地震か?それともミサイル?なんて一瞬でいろいろ考えていると、火災の知らせでした。

飛び起きて着替えて一気に出動です。
外は小雨で、時折強く降るような天気でした。

現場に到着した時には結構な炎の勢いでした。

3時間半くらいでなんとか鎮火して、解散・帰宅。
いつもより2時間遅れでニワトリ作業を行い、9時半ごろにようやく朝食です。

20180509085843.jpg
雨で体が冷えてしまったので汁物が染み渡ります。

午後からはヒヨコの世話です。

少し前にヒヨコの場所を大きくしましたが、やっぱり狭くなってきたので、もっと大きくするために、場所を作ってやりました。
ワイヤーメッシュとイボ竹で大きく柵を作ってやって、マイカー線で固定しました。

まだまだやることが残っているので引越しは無し。
近いうちに早く進めようと思います。

で、夜はたまごの出荷調整作業です。
なかなか大変ですが、頑張ります。

ヒヨコの部屋を大きく

いつもなら3週間くらいで育雛部屋を大きくするのですが、今年はいろいろあってまだ初めの段階と同じ広さでした。
肉用のヒヨコ達も入って密度は1.2倍になっているのに狭い狭い。

ようやく、今日少し広くしてやりました。
あまり狭すぎると蒸れるので病気になりやすいのですが、今のところ一羽も脱落することなく頑張ってくれています。
遅くなってごめん。。。

今回こそ、頑張って脱落組を出さないように管理していこうと思います。

20180503162323.jpg
ガンバレ、ぴよ!!

村長・村議との意見交換会

今日は保育園の遠足でした。
今年から真ん中の子も保育園に入所したので、親2人居ないと管理しきれんかも、ということで「もー」と二人で参加してきました。
(もちろん第3子も連れてなので、家族みんなで参加です。)

大変でした。。。


で、帰って来てからニワトリの作業を済ませて、今度は村長・村議との意見交換会です。
先月にも行ったのですが、今回で2回目。
前回はUターンの就農(跡継ぎ)について意見を出させていただいたのですが、今回は今後空いてくる農地について意見を言わせていただきました。

具体的には

・現在遊休荒廃農地にはソバを推奨しているが、その面積は約30haもある
・しかし、その作付けを行っているメンバーのほとんどが70歳台に近い
・あと5年、10年するとその農地が空いてくる
・そのことについて村としてはどう考えているのか?
・自分が考える対策としては「土地利用型畜産」を進めること
・具体的には、放牧での利用や飼料として牧草・その他を栽培することを行う。
・メリットとしては
 ①動物は自分で動いて餌(=生えている草)を食べるので、基本的に飼育の労力がいらない
 ②出口に何を求めるかで変わるが、輸入がほぼ90%を占めるなかで自給飼料100%に近い状態で飼育できるので生産物に付加価値がつけられる
・難点として考えられる糞尿による汚水や悪臭は飼育密度をしっかりと取れば問題が無いことがわかっている
・飼育密度は牛で1~2頭/ha(豚は10頭/a)

ということを挙げさせていただきました。

また、去年の実績と言ってもたった1頭だけですが、この飼育状況や肉質の評価など、第3者に評価してもらった結果も簡単に試験中ということを前提になりますが、説明させていただきました。


まぁ、そうは言ってもまだまだ半信半疑で行政として進めていくことを決めるためには課題はたくさんあるとは思うのですが、そういう方法もあるんだなぁと思ってもらえたらなぁと思っています。


しっかり放牧しようとすると面積が必要なので、良い感じに使えると思うんだけどなぁ。。。
小さい面積のところは牧草地とか穀物用で、家畜用だからそこまで品質こだわらなくて良いし。。。

ハウス鶏舎の天幕張替え張り

パイプハウスを改造した鶏舎。

使い始めて7年が経過しました。
天幕屋根材としてタフシェードG&Wを使っていますが、少し破れたりしてきました。

通常の耐用年数は10年くらいなのですが、一度移築していることもあってその時の傷が出来たりしていて少しぼろでした。
それと合わせて先日作った新しい機械置き場となるハウスの天幕が無いのと、今機械を置いているハウスの屋根が度重なる強風と雪で破れていて、これに今のパイプハウス鶏舎の天幕フィルムを流用すれば一石二鳥!!ということで少し耐用年数には早いのですが天幕フィルムを注文しました。

でようやく昨日届き、ちょうど夕方風がほぼ無かったのでとりあえず古いのを外して新しいのを張り、仮止め。

天幕フィルムを広げるのは風が無い朝晩のうちに行うのが良いのですが、フィルムをきちっと張るのは少し陽が出てフィルムがあったまったほうがピンと張れます。
冬にピンと張ったハウスは夏ビロビロになりますし、夏張ったハウスは冬切れそうになってくるので怖く、ちょうど今の季節から初夏に張ればいいのかなぁと思っています。
で、昨日はもう日暮れだったので仮止めで終了。

20180416174839.jpg
まだゆったりです。
強風の予報でもないので簡単に仮止めして終了。

そして今日、ニワトリの午前の作業が終わった頃ちょうどお日様が顔を出して薄曇りになりフィルムが温まりだしたので本格的に張り始めました。

20180417112426.jpg
妻面を引っ張りながらパッカー(ハマカセット)と呼ばれる固定具で固定していきます。

20180417152846.jpg
そのあと、アーチの方の部分のビニペットにバネで固定していきます。

きれいにピンと張れて良かったです。


京都からやってきたレッドブロは元気です。
来た日(生後3日目)はあずさにぶつかれたりしたらよろけてましたが、今ではなんのその。

20180417071824.jpg
一生懸命、餌を啄んだり

20180417114918.jpg
保温室でぬくぬくと温まってウトウトしたり

元気そうです。

ハバードレッドブロ

今年は一昨年に少し試してみた肉用のヒヨコをまた飼育してみようと思います。

一昨年は丹波黒どりでしたが、今回はロードアイランドレッド鶏のハバード社のレッドブロです。
実家のある京都から持ってきてもらい、今日入雛です。

今はほとんど違いが判らない(生育の差で翼の有無はわかる)んですが、生育していくにつれて卵用のあずさは「茶+白」に対して今回のは「茶+黒」になるので、明確に違ってくると思います。

しっかり大きくなって美味しいお肉になってもらおうと思います。

今年のヒヨコはこれで総勢140羽くらい
頑張ります。

20180415112532.jpg
レッドブロは映っていませんが、1週間の差は大きいようで、餌をあげると新入りはぶつかってよろけています。
やっぱりまだまだ弱い個体なのでしっかり育てていこうと思います。


20180415113228.jpg
こちらはあずさ。
大きくなりました。

ヒヨコ6日目

ヒヨコが来て6日目。
にょきにょきと翼が生えてきています。

20180412081353.jpg

まだまだピヨピヨとかわいいです。
餌に米ぬか発酵のものに加えておからサイレージも与え始めました。

もう少ししたら草も少しずつ与えようと思います。





先日からバラシているヤンマーGE70Nというエンジン。
コンロッドが焼き付いて溶けていましたが、ピストンとシリンダは?と上を開けてみました。

20180412151728.jpg

20180412151720.jpg
やっぱりかぁ。

まぁオイルが無くなったらこうなるよね。
部品注文するか、中古で探すか、捨てちゃうか。

新品の部品注文にしても古いし、きっと高いし、中古で部品を移植できるのを探そうと思います。
あればいいなぁ。。。

FC2Ad