FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下剋上

ニワトリを群で飼ってる(いわゆる平飼い)と、群れの中には上下関係ができます。

何かの事情で群れを混ぜたり、他の子を入れたりすると、さっそく喧嘩が始まって強弱が決まります。
(ヒヨコから育てたときも、ある時期になると喧嘩をしてだんだん順位が付いていきます。)

そして、基本的にはその上下関係はほとんど変わることなく続くのですが、たまにまた喧嘩することがあります。


今日、朝のニワトリ作業に行ったら、2番目に古い群のオスが喧嘩をしていました。

20190219081800.jpg
間合いを測って


20190219081758.jpg
どりゃー

20190219081807.jpg
20190219081808.jpg
そして、もつれ合いに

だいたい1分くらいで決着がつくことが多いのですが、このオスたちは5分経ってもまだ頑張ってました。

あんまり長いと血が出てくるので痛々しくて少しかわいそうになってきます。
まぁ、自然の摂理っちゃ自然の摂理なんですけど。。。


とりあえず、あんまり無茶しないでね~

スポンサーサイト

生え変わり

秋に入れたヒヨコたちですが、最近部屋に大量の羽が落ちています。

20190217081539.jpg

大人へと変わっている途中なんだと思いますが、本当に大量です。

あと1か月くらいで初卵が生まれるかなぁというところです。
無事ここまで育ってくれてよかったなぁ。

産卵箱やらなんやら、準備をしないとですね。

水タンク

ニワトリ作業の合間、ちょこちょこと伐採や枝落としを進めています。
「こがる」のおかげで楽に作業が進みます。



で、話が変わりますが、ニワトリも他の動物のように飲み水が必要です。

細菌とかチェックして沢水や湧き水を使ったりしているところもあるようですが、ほとんどのところは人用の水道水(井戸含む)を使っていると思います。

ウチも、井戸を掘りたいという願望はありますが、この辺りは地面に大きな石がゴロゴロしていて、上総掘りとかのような直径数十センチの小型の井戸を人力で掘るのはほぼ不可能です。

なので業者さんに頼んだりとかいう手段になるのですが、調査だけで十数万円かかるとか、かからないとか。

ということで、今のところ水道水を鶏舎まで送って使っています。

が、冬は鶏舎の外に置いてあるタンクが寒さで凍ってしまうので、12月頭から3月下旬くらいまではタンクに水を汲んで、一輪車で運んでいます。

今まで使っていたのはよくホームセンターで売っている水用のポリタンクだったのですが、使っている期間外に置きっぱなしなので紫外線で劣化していったり、鶏舎までの傾斜で少し段差ができているところがあり、ここで一輪車をこかしてしまったときにタンクを割ってしまったりと、あまり丈夫ではありませんでした。

20190216083637.jpg
20Lのタンク。コンテナに1つ入ります。


そこで何か衝撃や紫外線に強いものないかなぁって探していたのですが、時々人参ジュースの搾りかすやトマトジュースの搾りかすをもらっている隣村の農産加工所で、ある時、使い終わった後の一斗缶が置いてあることに気づきました。
で、その時聞いてみたときはその一斗缶は蓋を完全に缶切りではがしてしまっていてタンクとしては使えないということだったので諦めたのですが、昨日、なんとその加工所の方が蓋を取らずに使ってくださって、空いた容器をいただいてくることができました。

20190216083720.jpg
コンテナ1つに一斗缶が2つはいります。

一斗なので18Lですが、2つ入るので今までの運べる量のおよそ2倍。
少し重たいですが、基本下りなのでほとんど問題ありません。

今までは2往復していたのが1往復で良くなったので非常に楽です。
ありがたいです。良かった~

実家へ

今日は、相方「もー」と子供たちが里帰りです。

朝、ニワトリの作業を終わらせたら送っていく準備をして高速バスの発着所へ。

20190213111507.jpg
新宿行き

で、子供たちを送った後は、せっかく飯田まで来たのでとホームセンターなどで工具や雑貨など買って帰りました。

そのあとは、ワークショップ準備からの3日間、すこしニワトリの世話がおろそかになっているので、ゆっくりニワトリに構ってやりました。


屠畜ワークショップ「鶏と麦の宴2019」の終了

一昨日と今日の2回のワークショップが終わりました。

今日は、記念すべき20回目のワークショップとなり、5年間にわたって皆様にお越しいただき、体験していただけたこと嬉しく思います。

最近では生産側と食卓とが離れているという状況となり、なかなか相互のつながりが薄くなっていますが、ワークショップのような体験を通じて繋がりを作っていただければと思います。


51924486_2305862289458559_3769142266791198720_n.jpg
餌や環境の説明


51960776_2305862162791905_2476352034043854848_n.jpg
鶏舎にて実際の状態を見てもらったり、雄のことについて

52633875_2305862102791911_2117921057389150208_n.jpg
「ルジュジュ」鈴木さんの解体説明

のべ100人超の方にご参加いただけました。
本当にありがとうございました。


ワークショップ準備

とうとう明日と明後日、2019年の第2弾のワークショップが始まります。

1月で会場の準備はあらかた終わっているのですが、企画・運営をお願いしているF.O.PのSさん達や東京自由が丘のレストランのSさんと配る材料の準備や打ち合わせなど共同で行いました。

今回はたくさんの方のお申し込みがあったので、準備も大変でした。

明日から、こちらも頑張ります。

雑草ロールサイレージ

いつもはドラム缶に作った雑草サイレージをニワトリ達に与えているのですが、今日は、お試しで作った雑草ロールサイレージをあけてみました。

このロール。シロザなどが茎が硬くなってから作ってみたのですが、茎が硬い分うまくロールにならなくて場所によってはちくわ状というか中空の部分ができてしまっていたものもあり、空間ができている分酸素が残り、カビが生えてしまうかなぁと懸念していました。

20190209111215.jpg
で、実際に開けてみたのですが、2つ開けて1つは半分くらいカビが、もう一つはほぼカビが無い状態でした。

やはり中空になっているとカビが生えやすいようでした。

いつもやっているサイレージと雑草の種類が違うので、これはこれで争いあってつついていました。

ぐっと冷えて

今朝はぐっと冷えて-7℃、積雪と相まって寒い朝でした。
(といっても、例年は-10℃を下回るのでまだまだ暖かいほうです。)

朝、ニワトリ達のエサを取りにスコップを持つと手がくっつきました。
20190201074051.jpg


そして、積雪すると景色は素晴らしくきれいです。

20190201080943.jpg
今年はあまり雪が降りません。


20190201081957.jpg
雪で大変なのがこちら。
水運びです。

今は水が凍ってしまうので、家から鶏舎まで約50mを一輪車にタンクをのせて運んでいます。
なかなか雪が積もるとこれが大変なので困ったもんです。


今日は阿智方面の出荷と、おからの日。
おからをちゃっちゃと仕込んでしまって、夜は消防の総会でした。

なかなか大変ですが、ガンバリマス。

人参の搾りかす

20190126082406.jpg
昨日の夕方から降り出した雪が積もって、朝起きると銀世界でした。

今日は近くの農産加工所で人参の搾りかすをもらってきたので、床に撒いてみました。

20190126084710.jpg

ニワトリ達もエサに混ぜない状態でもらうのもあまりないので、物珍しそうについばんでいました。


夜は公民館のお役の反省会。

来年も公民館の役員頑張りたいと思います。

餌づくり

餌づくりです。

ちょうど近くの食品加工所から人参の搾りかすとトマトの搾りかすをもらったのでエサに混ぜてみました。

普段ないものなので、ミネラル補給になってたらいいなぁと思います。

20190121160012.jpg

ワークショップ第1弾終了

鶏と麦の宴、1月の部が終了しました。

合計で40人ほどの方に来ていただけました。

年始早々で忙しいところであり。
さらにインフルエンザが猛威をふるっているようで、キャンセルもありましたが仕方ありません。

今回来られた方、皆さん「来て良かった~」と帰られていきました。

かわいそう、嫌だ~と言っていたお子さんがいらっしゃいましたが、親子で色々な会話の末、納得して屠畜されているご家庭もありました。
最後に聞くと、いやいやではなく、ちゃんと納得してのようでした。

いろんな方にこの経験をしてほしい。
心からそう願います。


あとは写真でハイライト
FBからのお借りものです。

49775726_2246650945379694_4374142501250924544_n.jpg

49323230_2246651012046354_1181314992234823680_n.jpg

49797489_2245107108867411_8993606589487251456_n.jpg

49342221_2245107178867404_3991452664545148928_n.jpg

49388056_2245107325534056_537964479393038336_n.jpg

最後はごちそうさまでした。

ご参加いただいたかたありがとうございました。
また2月11日、12日にも開催予定です。
ご興味ある方、ご検討いただければと思います。

ワークショップ準備

早いもので明日には2019年の鶏と麦の宴が始まります。

年明けから弾丸帰省とその後片付けに追われ、そのあとはこのワークショップがあるので会場となるパイプハウスの整理をしたり、必要な機材の準備やらで追われていました。

なんせ、普段は屋根の代わりに使う作業用ハウスなので、ものが置きっぱなし。豆のガラやなんやら。
あとはちょっとした機械類。
これらを片づけているとなかなか時間がかかりました。
半日はニワトリの世話をしながらなので余計大変です。

まぁ、あとはせっかく子供たちが一緒にいるので少し一緒に遊んであげたいとか。
時間がたくさんほしいです。

まぁ、そんな忙しさを過ごしただけあってなんとか明日の開催にたどり着きました。


今日は主催のF.O.Pの方とシェフの方が来ていただいて一緒に準備と打ち合わせ。
なんとか無事、準備は終了です。

明日から2日ワークショップ。
ニワトリの世話がおろそかにならないようにワークショップの前後でバタバタと頑張ってニワトリの面倒を見ようと思います。

どんな方が来られるか、楽しみです。





49627725_2243743682337087_7999171821939195904_n.jpg
見本のスープ。

鶏と野菜と塩だけのスープ。
ぜひ心の奥底から味わってほしいです。

最終出荷

今日で、発送が終了。
残すは明日の飯田方面出荷のみです。

遠方の方、1年間卵をお買い求めくださって、買い支えてくださってありがとうございました。


ようやく掃除や片づけ、お正月準備に専念できます。

で、今日は冷凍庫の整理。

去年のバウム君のお肉が散らばっているので何があるのか取り出してつけてみました。

ある肉の量を足していくと10kgくらいになりました。
意外と全然食べられてない・・・

新しくバイスとモクのお肉もあるので、それを生でいただきながらちゃんと冷凍できるように考えていこうと思います。

クリスマス

今日はクリスマスイブですが、たまご屋にはそんなの関係ありません。

出荷日なので、卵の出荷調整と出荷に追われ、なかなか時間が取れません。

でも、とりあえず子供たちはサンタさん来る!!と楽しみにしています。


こういうイベントの時くらいは少しでも派手なご飯を!と思って今日は鶏のオーブン焼き。

20181224192254.jpg
もちろんウチのニワトリさんです


明日も出荷が続きます。
体調を崩さないように頑張ります。

野菜を求めて

20181214070539.jpg
夜のうちに少し雪が舞ったようで、今朝は地面にあられみたいな雪が少しありました。

そんな朝でしたが、昼間は陽が射して作業していると暑いくらい。


先日、隣の村のお世話になっている方から電話があって、野菜の出荷がおわりそうだから出荷できないようなの取りに来ていいよ~とのことでした。

なので、さっそく行ってきました。

鎌と包丁を持って、根元からばっさばっさと切り取り、コンテナに入れたり軽トラの荷台に投げ込んだり。

20181214150510.jpg
白菜、レタス、キャベツ、ターサイ、ブロッコリー、カリフラワー、大根などなど

とりあえず2往復して運びました。


20181214150451.jpg
久しぶりの緑餌で大喜びです。

まだ畑にあるので何回か取りに行こうと思います。

20181214163237.jpg
夕焼けに照らされた南アルプスがきれいでした。

リンゴジュース粕

集落内にあるリンゴ農家からリンゴジュース粕をもらってきました。

20181222153213.jpg

20181222153207.jpg
さっそくコンテナに入れて、ニワトリ達の床へ。
食べ残したら床に混ざって堆肥化するので、食べたいだけ食べれば~と少し多めに入れてしまいます。

まだまだたくさんあるのでちょこちょこ与えていこうと思います。



20181221111346.jpg
あと、米ぬかを整理しました。
年末年始の忙しい時とお店がお休みの時に備えて、米ぬかを確保しておかなければならないので、古いのを手前に。新しいのを奥にと入れ替えておきます。

とりあえず年始のワークショップまでは間に合いそうな在庫が確保できています。



番外編

20181221205233.jpg
今日は、モクのハラミ・サガリをいただきました。
小さくて処理が大変ですが、めっちゃおいしかったです。
ありがとう、モク。

鶏の屠畜

実は春先から別の方と進めている鶏肉の試験があって、その関係で、鶏を隣の市町村の食肉処理場に持って行ってきました。

20181216101317.jpg
処理中です。

試験でやっているもののほかに、自家用で春に入れた肉用のヒヨコも屠畜してもらいました。
明日帰ってくるようなので楽しみです。

20181217112635.jpg
その帰り道、何度か前を通って気になっていた橋で止まってみました。
吊り橋なんですが、その先に何があるのか?と

20181217112641.jpg
で、恐る恐る渡ってみます。

20181217112851.jpg
向こう側は通路があるような無いような山道でした。
しかも結構山肌を登っていくような感じです。

すぐ引き返してきましたが、どこに通じているのでしょうか?

米ぬかを求めて

いつも米ぬかを買っている飯田のお米屋さんがあります。

先日いつものように電話をかけて米ぬかを買おうと思ったら、年末だからか予約が入っているようで分けられる部分が無いとか。。。

困ったなぁと、別の隣の市町村の会社に電話してみました。

そしたら今日なら用意できるといわれ、何とかエサを切らすことなく確保できました。

20181213133012.jpg
フレコンでの販売です。
しっかりとロープで縛って帰ってきました。

帰ってきてからは中身を詰め帰る作業です。
米の紙袋に箕をつかって詰め替えていきます。

この作業、しばらくぶりです。
数年前までコイン精米所から米ぬかを買っていた時には、そのサイロから軽トラの荷台にあるフレコンに落とし、持って帰ってきて袋詰めだったのですが、そこから買えなくなってからお米屋さんから買うようになりました。
お米屋さんではお米の紙袋での購入なので詰め替えの手間がありません(ただし金額も張りますが。。。労働経費ですね。)

で、しばらくぶりに作業を続けているとやはり腰に来ます。
前の時もゆっくりやらないで急ぐと腰が痛くなってくるんだったなぁと思いながら、ゆっくり行いました。

ぼちぼちやりつつなんとか夕方には終了。
時給何円で計算すればいいのかなぁ?と考えてしまいますね。

黄身が濃くなってきました

なかなか強く冷え込むことがないですが、寒さを感じてか黄身が濃くなってきました。

20181205084233.jpg

サイレージを与えているのもあって、色が濃いものもいます。

この時期ならではのぷっくりとした濃厚な黄身を楽しんでもらえればと思います。

鶏舎の網掃除

今日は昨日の夜から雨で、朝の気温も8℃の暖かさ。
日中は15℃くらいまで上がっていました。

午前中は出荷発送作業、午後からは鶏舎の掃除をしました。

例年、10月終わりか11月半ばごろ、水が凍りだす前にやっていたのですが、今年は暖かい日が続いていたのでのびのびになっていました。
さすがにそろそろやらなきゃと思い、ちょうど暖かくなる予報なのもあって今日やりました。

いつも通り動力噴霧機で吹き飛ばします。

20181204144238.jpg

20181204144215.jpg


2時間ほどで完了です。

すごくきれいになりました。
すぐ蜘蛛が巣を作るうえ、ニワトリのホコリも出るのでなかなか大変です。

いつもは手が凍りそうになるのを我慢してやっていたのですが、今日は全然寒くなく、むしろ少し暑いくらいでした。
無事終わってよかったです。

チップ取り

ニワトリの敷料にしている木材チップ。

先方から連絡があって今日は2回取りに行ってきました。

腰痛明けなので、あまり無理をしたくないところですが、先方にも都合があるので仕方ありません。


チップを使えるのはこちらにとってもありがたいこと。

相方もーに手伝ってもらってなんとか運び終わりました。


ニワトリ達も大喜びです。

サイレージ

腰を痛めてから相方もーに朝の作業を代わってもらっていましたが、ここ数日はちょこちょこ作業を始めています。
悪化させないように無理しないように頑張ろうと思います。

20181124061227.jpg
日の出前

20181124061406.jpg
霜が降りています。



20181126162020.jpg

ニワトリ達にサイレージを与え始めました。

みんなが飛びついてきます。

青草がなくなってしまったので、大喜びです。

しばらくすると落ち着くと思いますが、やっぱり草の何か成分を求めているのでしょう。

ぎっくり腰

突然の出来事でした。

今朝、朝のニワトリ作業を始めようと、エサをエサ小屋から鶏舎まで運んで、いざ、エサバケツを取りに行こうと歩きだしたら腰にギクッときました。

その場に倒れこみ、何とか家に帰ろうと動いてみるも痛みで動けません。
慌ててもーに連絡して作業を代わってもらいました。
(携帯電話、携帯しててよかった~(たまに家に忘れることもあるのです))

とりあえず作業を優先してやってもらって、自分はしばらく地面に横になっていると痛みが少しマシになり、這うところから四つん這いになって帰宅。
ちょっと動けるようになっていました。

でも屈むとまだまだ痛いので、しばらく作業は交代になりそうです。

今回は予兆もなく突然で困りました。
まぁ仕方ありません。

鶏と麦の宴2019 開催日決定

お待たせしました。

冬の一大イベント屠畜ワークショップ「鶏と麦の宴」

以前から今年はいつやるの?と聞かれていたのですが、ようやく日程が決まりました。

今年は

1月は
6日(日)と7日(月)

2月は
11日(月・祝)と12日(火)

の4回開催です。


お好きな日程でご参加いただければと思います。

↓チラシです
クリックで拡大。

46667970_2012097562192706_8084876322372845568_n.jpg


46860457_2012097575526038_4181638296062918656_n.jpg

facebookをされている方は以下のページからでも参加申し込みできます。

1月6日(日)
https://www.facebook.com/events/2327828064170317/

1月7日(月)
https://www.facebook.com/events/2192274301042730/

2月11日(祝)
https://www.facebook.com/events/276133679759689/

2月12日(火)
https://www.facebook.com/events/1189841057860728/


これまでの様子
http://fop-jp.net/category/inochiwoitadaku/niwatori/


なかなか屠畜ということに抵抗があると思いますが、良い体験になるようにしています。
ぜひ、ご参加いただければと思います。

柿の皮

今年もやってきました。

干し柿の時期。

これから1か月間くらいの間、この辺りでは柿取りと皮むき、干すという作業で終われる地域になります。


で、その副産物で、剥いた皮、傷んだ(熟した)柿、ヘタの部分などが出てくるので、普通は畑に戻しちゃうのですが、うちではそれをもらってきます。

20181023112831.jpg
皮ばっかりたっぷりです。

長い部分はドラム缶へ。
ヘタ付近のものはニワトリ達に与えました。

20181023115431.jpg
寄ってたかってついばんでました。


20181023120015.jpg
こちらにおおすそ分け。
米ぬかが付いた皮をむしゃむしゃ麺類のように食べてました。
丸の柿もバリバリとかみ砕いてしまいます。まぁリンゴとかよりは食べやすいですね。

デザート

久しぶりのデザートです。

20181019092535.jpg
リンゴ

20181019092548.jpg
もちろん、大喜びでついばんでいました。


20181019082810.jpg
この子たちも土手上から放り投げてやったらおいしそうに食べていました。

またもらえるといいねぇ。

床だし

今日も床だしです。

そろそろ熟成した床の部分がなくなってきたのですが、出せるときに出すために袋詰めしていきます。

20181011143229.jpg
これは玉ねぎやニンニク畑(予定)に入れようと思います。




20181011150744.jpg

20181011142746.jpg
ひよこたちは羽がにょきにょきと生えてきて、かわいい盛りです。

長野tube収録

20181006084230.jpg
今日の午前中は近くのおおぐて湖でyoutubeで配信される動画の撮影。
長野tubeというのがあるらしい。

村内に関係する方で、大御所1名を含めて5人が出演しています。
そのうち配信されるようなのですが、自分の話した内容がどうなっているか恐ろしいです。。。

IMG_7881.jpg


収録が終わったら、鶏舎で作業です。
先日から続けている鶏舎の床出し。

今日は、袋詰めした床を畑に撒いていきます。

20181006143129.jpg
詰めた分を撒いて、終われば戻ってさらに詰めてを繰り返してほぼ撒き終わりました。

夏に小麦を刈り取った場所で、そのあと2回放牧しましたが、少し草が生えてきていました。

天気を見て、トラクターで起こしてしまおうと思います。
去年に引き続き、小麦栽培の予定です。


そして夕飯は昨日に引き続きサンマ。

20181006181304.jpg
今日は炭火を熾して焼きサンマです。


20181006181612.jpg
じゅわっという音と共に焼きあがります。

美味しくいただきました。

大船渡の漁業関係者の皆様と海の恵みに感謝します。

さて、明日からも頑張るぞ!

秋の味覚

今日は昨日に引き続き床の敷料詰めです。
腰に負担があまりかからないように、あまり慌てず詰めていきます。

かなりの数を詰めて、紙袋が無くなったので本日はここで終了。

明日、小麦畑に撒こうと思います。


で、今日、大船渡からサンマの直送が届きました。

作業をちゃっちゃと終わらせてサンマを捌きます。
もちろんお刺身でいただきます。

お刺身の半分は酢で〆て冷蔵庫へ。
これも後のお楽しみ。


20181005201630.jpg

そして、秋の味覚の代表格
マツタケも買ってきて京都から来たハモと合わして土瓶蒸し風。
スダチの香りと合わさって最高です。

年に1回くらいはこの味わいを楽しみたいです。

床の掃除

新しく入ったヒヨコ達。
いきなりの台風にも負けず、頑張っています。

ヒヨコ達を入れてすぐに雨があり、また漏電したようでブレーカが落ちました。
今回は幸いにも昼だったのですぐ断線箇所を探せました。

今回の断線は、鶏舎まで行っている太い線ではなく、そこから先のコードリールでした。
常設で以前から電動工具などを使っていたのですが、初めて伸ばして使ったのですが、それのどこかから亀裂かなにかが入っていて漏電したようです。
とりあえずコードリールを新しいものに交換してすぐ復旧できました。

前々回や前回の台風の時に村内では停電があったので、この台風とヒヨコの導入が合わさると怖いなぁと心配になります。
その時はお湯でも沸かして湯たんぽとかなにか対処しないとなぁと思っています。


で、話がずれましたが、今日は床出しです。

ヒヨコの保温室を作るときに突貫工事で床をきれいにしましたが、その周りにはまだまだ古い敷料が残っているので、これを袋詰めないし、コンテナに詰めていきます。
ニワトリ達を出してからしばらく給水してないので、床の表面から2,30cmは乾いているので、この部分は米袋へ。
土間に近い部分は地面から水で少し湿っているのでこれをコンテナに入れていきます。

20181004154056.jpg
とりあえず今日の目標は達成。
入れたものは鶏舎の中に積んであります。

でもまだまだ残っているのでどんどん運び出して畑に入れたいです。


作業のそばでヒヨコ達はぴよぴよと忙しそうに餌を啄んだり、固まって休んだり、眠りこけたりしていました。
癒されます。

20181004144318.jpg
少し寒い?はずの外の端でも。

20181004145636.jpg
保温室の中でも
カメラを入れるとびっくりして起きることが多いので隙間から隠し撮り

20181004153845.jpg
そおっと入り口から。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。