長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

お宮参り

今日は、3番目の子供の初宮参りでした。

1人目の時からお世話になっている飯田の鳩ヶ嶺八幡宮さんへ。



無事お参りも終わってひと段落。
子供たちも頑張って耐えてくれました。

20170705110227.jpg
立派な建物です。

20170705114900.jpg
池でコイを見て、うれしそうな上2人


そして午後からは仕事に戻ります。

20170705171518.jpg
大豆畑の草がやばいことになってきました。
早めに中耕しないとです。

20170705171836.jpg
昨日の大雨にまぎれてか、電柵の外ですがイノシシが荒らしていました。
今年はサツマイモとかぼちゃを死守しようと思います。

そば研修

別団体で進めているそばの栽培。

今日は、このそばの勉強会がありました。
村内で、そば組合というのがあり加入しているのですが、その組合主催で現地視察と意見交換を行いました。

団体の方と2人で参加して、まずは圃場見学。

20170704141641.jpg

20170704150920.jpg

20170704144003.jpg

皆様、工夫して作られているようです。

いろいろあーだこーだと意見が飛び交ってましたが、まだまだ経験が浅く、とりあえずメモを取るだけで終わりました。

ウチの圃場はいろいろな要因が重なって草が多く、みっともない状態です。
なんとか秋そばは改善したいと、参加した団体のK君と話し合いました。

やることはもりだくさんです。

この研修会後半は交流会のようなもので、そば打ち体験と懇親会だったのですが、その頃には雨がざんざか。
この辺りは台風はそれたと思っていましたが、雷がごろごろ鳴ってどしゃぶりになりました。
レーダーでは1時間に100mm以上の大雨だったみたいです。
それに加えて風もすごく、大嵐でした。

適度に雨が降ってほしいです。

そばの種まき

別で進めているそば。

今日は種まきでした。

自分はニワトリの世話があるので少し遅れての参加。

直したトラクターも無事稼働して、肥料などを蒔くブロードキャスターでバラマキ播種。
そして、直ったトラクターと、うちのブルトラ、仲間の15馬力トラクターの3台体制で薄くロータリーをかけて覆土代わりにします。



あとは

そば畑耕運作業

実は、この地域の仲間とそば畑をやることになりました。

去年まで作っていた人が今年は引退し、だれかやってくれる人を探していたそうですが、誰も手を挙げず(あげられず)。
個人とかではやっぱり難しいので、共同で・・・という形になり、その一員としてということなのです。

名前だけは代表になっているのは内緒です。(笑)

で、今日はその作業。
来週種まきなので、その前にしっかりと畑を起こす予定でした。
62馬力の大きなトラクターと15馬力の小さいの2台の合計3台が出動。

順調に2町半ほどの耕運を進め・・・・ていく・・・つもりが。。。

なんと大きなトラクターの故障。
ロータリーから煙です。

20170502141455.jpg

20170502141236.jpg
ロータリーのチェーンケース側の軸からのオイル漏れ
というか、漏れというよりも、ぼたぼた落ちる感じです。

20170502114908.jpg
チェンケースの内部。
チェンやスプロケが痛んでいるかと思ったら、以外にも無事でした。

結局、分解してみたら、ベアリングが粉々でした。
ベアリングがここまで壊れているのを見るのは、うちの飼料ミキサーが壊れているのを見た以来です。

困った、これでは耕運が終わらない・・・
と、仲間に助っ人要請。
仕事の合間をぬって68馬力のトラクターで駆けつけてくれました。

なんとか、耕運作業が終わってよかったと思います。


ロータリーのほうは、この時期稲作で忙しいこの地域は農機具やさんがてんやわんやです。
なので、部品を取り寄せてもらって自分達で治すことになりました。

幸いにも連休に入るにもかかわらず、農繁期というのもあってかロータリーのメーカーさんも対応してくれてすぐに部品は入りそうです。
なんとか種まきまでには修理したいですね。

こいのぼり

20170412080151.jpg
今日は、雨の後で雲海でした。


支柱は立ててたのですが、雨であげられず。
ようやく今日、コイたちが泳ぎ始めました。

20170412133354.jpg
風が強いので、支柱がしなってますね~
まぁ、きれいに泳いでくれているのでうれしいです。
子供たちも大喜びでした。

わら草履づくり講習会

今日の午前中は、村内の団体「匠の会」がわら草履づくりの講習会をやってくれるというので、忙しい中ですが参加してきました。

息子が去年から保育園に通っていますが、夏場はこの匠の会のみなさんが作ってくれたわら草履をはいていて、「すごいなぁ、そんな方がまだいらっしゃるんだぁ」なんて思っていたら、地域回覧で講習会のお知らせ。

これは、是非学びに行きたい!!と参加を決めました。

講習会では匠の会のメンバー10人ほどと、村内の方数名に村外からもいらっしゃっていて、合計15名ほど。

縄を綯うのは少し大変なので、一部ビニールひもを使ってわら草履作りスタートです。

20170330110210.jpg
作り途中

20170330110336.jpg
こんなふうに足を使って固定しながら編んでいきます。

3時間かけて、なんとか1足つくりました。
片方は手ほどきを受けながら、もう片方は自力で作ることができました。


途中、会話の中で草鞋(わらじ)のことも出てきて、草鞋と藁草履ってどう違うの?と思って聞いてみたら、草鞋を出してきてくれました。


20170330120555.jpg
これが草鞋。

足首に回して紐で止めるのが草鞋なんですね。
なるほどなるほど。時代劇とかに出てきますよね。

この草鞋も注文を受けて作ることもあるようです。
凄いなぁ。。。



午後からは梨園の伐採続きです。

20170330160904.jpg
わかりづらいですが、中央右側の木をロープで引っ張ってます。

真ん中右側の木が奥側に倒れそうになって、慌ててロープで引っ張って手前側に倒そうと試みてます。
さらにわかりづらいですが、奥側には電線があり、それに倒れたら一大事!!とひやひやしながらロープをかけてました。

無事、手前に倒れて一安心。
まだまだ残っているので、どんどん伐採を進めていきます。


20170330151202.jpg
そうそう、甲州小梅が咲き始めていました。
もう2本ある南高と豊後はまだまだつぼみです。この2つはいつ咲くでしょうか。

小旅行

「もー」にニワトリ達を任せて3日間実家の京都に行ってきました。
もちろん、チビ2人もつれてです。

去年の春や秋にも同様のものを計画していたのですが、その時期に体調不良になり、仕事が進まずやっぱりナシ!ということが続きましたが、今回ようやく行くことができました。

移動手段は青春18きっぷ!!
飯田線→東海道線→山陰線と乗り継いで京都の実家に向かいます。
飯田線がやっぱり長い!途中時間に余裕をみて乗り継ぎを組んで8時間前後。

でも子供たちは楽しんでくれていたようで、途中ほぼぐずることもなく行き帰りともスムーズに行ってこれました。

「こう」の個人的な楽しみはこちら

20170314123655.jpg
キハ40系ディーゼルカー

これは幼いころ地元の山陰線を走っていた形式で、今は電化されていない地方に追いやられているので、なかなか見ることはできません。
そして、そういう場所でも新型のディーゼルカーに置き換わっています。JR東海でも数年前に全廃してしまったのです。

あと数年で無くなってしまう!!と思ったので、この機会に実家近く(といっても片道3時間ほどかかる)「播但線」に乗りに行ってきました。
(3日のうち、前後は移動日で中日はこれで潰れました(笑))

20170314122033.jpg
改造した切り妻形

なんにせよ、子供たちも楽しんでくれたのでよかったです。

消防団春の訓練

今日は午前中が消防署との緊急訓練。

午後からがいつもの春の訓練と式でした。


午前中は幹線道路で玉突き衝突、車両火災と負傷者数名という想定。
自分も救護班として、軽微なけが人の手当てを行いました。

そういえば、手当てに使った三角巾返してもらってないや( ^ω^)・・・どこいったのかな?

20170305091839.jpg
訓練前にパシャリ。
救急車と救急隊員だけでなく、病院から医師看護師も派遣という想定で、お医者さん用車?のドクターカーも出動です。


午後からは歩行訓練など。。。

立ちっぱは腰が痛いです。

さて、明日は出荷日。
たまったタマゴを出荷できるように調整しないと。。。

チェーンソー目立て

まだ、少しお腹の調子が良くないので、少しずつできることをしていきます。
この様子だと完治まで1週間くらいかかりそう。。。

ちょっとニワトリの世話をこなしつつ、今日は座ってできる作業をすすめます。

もうすぐ木の伐採が始まるのでチェーンソーの手入れを。

20170301100232.jpg
やすりでゴリゴリ

20170301101021.jpg
下手くそですが、まぁそれなりに切れるようになったでしょう。。。

この後は少し薪割り。
来年の大事な暖房燃料です。

伊那谷に帰還

昨夜、ようやく伊那谷に帰ってきました。
が、すこし昨日の記事に書いたように体調不良でした。

で、今日もお腹の調子が悪く、熱を測ってみると37℃台の微熱。
そして少し頭痛です。頭痛は微熱のせいでしょう。。。

これはいわゆるノロなんかの食中毒で、そのせいでの微熱(と頭痛)でしょうか?

とりあえず、今日は作業は妻に任せて、妻にできない作業を少しこなすだけにしました。

帰ってきてバリバリ仕事をこなすはずだったのに、最後の最後でやられました。

ダメだったのはお昼に食べたカキフライか?それとも海藻ラーメンか?
しっかりしてくれよ、飲食店。。。

軽トラ車検

今日は朝から雪が降り、風邪もそれなりに吹いています。


20170209093325.jpg

20170209093332.jpg
解けたなぁと思っていた地面にまた雪が積もって一面銀世界に逆戻り。


こんな天気の中ですが、軽トラを車検に出してきました。
少し前から速度計の様子が変だったり、エンジンチェックランプ(ノックセンサー異常)が出たりと少し調子が悪くなってきていたので、ちょうどいいタイミングでの入庫です。

でもこの軽トラ、エンジンがかけにくいんです。
購入時点ですでにスペアキー1本だったのですが、それがだんだん摩耗してきたのか、セルを回すところまで回してもセルが回ってくれないんです。。。
なので、自分でキーシリンダハーネス周りを加工して、プッシュスイッチでセルを回す機構をつけてみました。
まぁ、車やさんにこんな状態(エンジンがかけにくい)で持って行っても迷惑だなぁと思ったので改良してみました。


20170209115337.jpg
今回は少し高めの車検関連料金になると思いますが、軽トラが動かないと仕事にならないので大事です。

放牧豚

「もー」が実家に帰省していて、1週間更新なしでしたね。
やろうと思えば記事にできたのですが、さぼっちゃいました。

で、今日は「もー」を途中まで迎えに行くついでに予てから行きたかった場所「ぶぅふぅうぅ農園」さんに行ってきました。

日本では数少ない豚を放牧しているところです。

私自身、まったく豚の知識が無いので、へぇ、ほぅ、はぁ・・・という連続でしたが、良い勉強になりました。


P1214958.jpg
親豚

P1214961.jpg
出産直後と赤ちゃん豚

P1214968.jpg
少し大きくなってきた子豚

写真左の中嶋さんにいろいろとご説明いただきました。
直前でのアポ取りだったにもかかわらず、時間を取っていただいて感謝の気持ちです。

P1214977.jpg
肥育中


ブゥブヒかわいかったです。
目が小さいのがひょうきん顔のトレードマーク?(笑)

お肉を買うのを忘れていたので、また取り寄せしてみようと思います。

お正月飾り教室

ここ、下條村ではこの時期に各地域でお正月飾り教室が開かれています。
といっても、回覧板での通知文は無く、音声告知(村内ケーブル放送の類)で案内がありました。

で、当地区は今日24日だったので、子供たちを連れて行ってみました。

で、行ってみてわかったのですが、対象は小学生。
どおりで、通知文が無いわけです。(多分、小学校で配られてたんだ~と気づきました。)

それでも、小学生の皆さんと親御さんがやっている中、ひげ面のオッサンが一生懸命作ってきました。

で、作ったのがこちら。

20161224095929.jpg
「おやす」という、藁を編んで?円錐状にしたものです

神様の器だそうで、お餅が基本でさらに入れるところは煮しめなどを入れるらしいです。
そもそもこの「おやす」この飯田下伊那のあたりと奥三河のあたりの風習なんだとか。

20161224094749.jpg
編み方を覚えるのが一苦労(順番を覚えるのがむつかしい。歳か?)でしたが、慣れてくると話しながらでもすいすいできます

何個か作ったところで、来ていた老人会のメンバーの知り合いの人に、いろいろと藁細工(というのか、藁加工品というのか)のことについて教えてもらいました。

藁草履か草鞋の作り方を聞いたところ、「もうしばらく作っとらんなぁ・・・」と言いながら、「こうやってこうやって、うーんと、どうだったっけなぁ」と言いながらするすると作っていくではありませんか。

昔の人は、さすが、手に技術が染みついてるなぁと感心しました。
なんとか、この技術を受け継いでいきたいなぁと思います。
この知り合いのお宅にお邪魔して、技術の継承をしていきたいなぁと思います。







20161224201956.jpg
世間はクリスマス一色ということで、子供たちもいるので、夕食はうちのチキン丸焼き。

うちのおいしいお肉でというのは、やっぱり贅沢だなぁと思います。

肺に穴が?

今朝は-4.5℃。
強い霜が降りていました。


20161129063818.jpg


20161129063826.jpg


20161129063834.jpg



今日はびっくりしました。

午前中、ちょうど卵の発送作業で、ちょうどいい大きさの段ボール箱を見つけて作業に戻ろうとしたら、咳がでて、風邪気味かなぁ?悪化しないように気を付けないとと思った瞬間、右胸にちくっと痛みが。

あれ?なんだ?と思っていたら、どんどん痛みが強くなります。
とりあえず、発送作業を続けるも痛みは治まらず。
ちょっと横になって休んでみるも、今度は寝返りや起き上がる動作が痛くてできない・・・
呼吸もしにくいし、話すのも一苦労。
腹筋をつかうのが痛い感じだ・・・

うーん。これはひょっとして。
あれか?10年前にやったやつ。

そう。気胸か。

前回は左胸。
今回は右胸。

まぁ、とりあえず診断が必要なので「もー」に運転してもらって病院に行ってきました。
問診の段階では、まぁ気胸でしょうとのこと。

レントゲンで、肺の様子をみれば一発なので、ということで、胸部レントゲン撮影。

待ち時間の間に
入院とかなったらどうする?
安静だけでなおらんかな?
米ぬか餌は作ったところだしたくさんあるし。
鰹節はこの時期だから置いといても大丈夫かな?
・・・・・

なんて相談していたのです。


が、レントゲンの結果は

異常なし。

前回気胸になったときはレントゲンで素人の自分でもわかるくらい肺が小さくなっていたのですが、今回は少しもちいさくなっていませんでした。
あれ?と拍子抜け。
先生も不思議がっていました。

前回はまだ学生で、今回ほど痛くなかったので、講義に出てから病院行ったくらいだったのですが、入院→手術。
でも今回は、歩くのも大変なのにレントゲンでは異常なし。

もし心配ならCTで見てみるとわかるかも?ということでしたが、CTでわかるくらいの気胸ならほっといて治るくらいなので~ということなので、それならいらないわとお断りして帰ってきました。

それにしても、なぜこうなってしまうのかわからないのが気味がわるいです。

まぁ、気胸じゃないということで、一安心。

1日安静にして、明日以降どうなるか経過観察しようと思います。
なるべく早く治りますように。

ミカンが届きました。

因島からの物々交換で温州ミカンが届きました。

葉付きレモンも一緒に届いたのですが、話をしながら葉をモミモミ。。。
ふとレモンの香りがするので、手を嗅いでみたらなんとレモンのにおい。

ミカンの葉っぱってどちらかといえば青臭いえぐい匂いなのですが、レモンの葉っぱはさわやかな香りでした、

よくよく嗅いでみると、どちらも皮のにおいに近いものがありました。
レモンって皮もおいしい匂いですもんね~

20161122101544.jpg
いい匂いのレモンの葉っぱ

初冠雪

明け方から降り出した雨。
結構激しく降っていて、びっくりしましたが、播種した麦にはいいお恵みだったのかなぁと思っています。

そして今日は、午後から打ち合わせ。
ちょっと進めている計画があるので、そのうち発表したいと思いますが、まだ内緒です。。。


畑の方では、少し小麦の播種ができてないところがありますが、早めに播種してしまおうと思います。


そうそう、タイトル通り、南アルプスが今シーズン初冠雪です。
昨夜からの雨で3000mくらいの山が冠雪していました。
忙しくて写真を撮る暇がなかったので写真は無しですが、そのうちまた写真をアップしたいと思います。

放牧酪農

6月に近くの村で行われた山地酪農の講演会。

あれを聞きに行って、自分の中でやりたいという気持ちが再燃し、近くの仲間に話をしたところ、いろいろと面白い方向に話が進んでいました。

で、昨日は、そのメンバーとかいろいろと含めて、放牧酪農(山地酪農をしているところが近くにない。。。)をしている福井県勝山市にあるラブリー牧場に研修で行ってきました。

ラブリー牧場の牧場長、松本さんは私たちと同じサラリーマン家庭からの新規就農組。
1985年に入植し、ソフトクリーム販売や牛乳配達販売をメインに、現在は直売店をもちながら20人以上のスタッフ(パート等含む)で運営をされているそうです。

なかなか仲間内でも分野が違う農家の方も多いので、酪農、しかも「放牧」というあまり例のない方法で飼っている農家さんを見たことで、何を感じてくれたのかなぁと気になるところですが、私としては(妻も含めて)うん、そうだよね~そうだよね~という感想。

ただでさえ労力が回ってないですが、いろいろと考えながら山地酪農を進めていきたいなぁと思っています。

PA054548.jpg
到着したらポニーが。。。
他にわんこ、にゃんこ、ウサギ、ニワトリがいました。

PA054557.jpg
子牛たち。松本さんに説明してもらいます。

PA054568.jpg
70年~80年代に多く作られただろう、タワーサイロ。
冬の大事なサイレージを作るのに、現役で使っているそうです。

PA054564.jpg
牛舎の中。
もちろん放牧中で牛はいません。

PA054573.jpg
牧柵は電気柵。
これのみの牧柵は初めて見ました。一番外張りのは大抵もっと強固なものしか見たことなかったので、驚きです。

PA054572.jpg
放牧中の牛たち。
むしゃむしゃ草を食べてていい風景でした。

続いて直売店へ。

PA054593.jpg
9坪ほどの売り場と飲食スペース。

PA054596.jpg
一番人気のソフトクリーム

PA054590.jpg
焼き菓子スペース

5ae04c4f.jpg
こんな商品を置いています。

PA054589.jpg
新発売の牛ソーセージ。


朝早くから4時間弱×2の移動時間でしたが、いろいろ実のある研修でした。
いろいろ関係者さんには時間やお金やありがたい限りです。

ちょっと埼玉へ

昨日は、生まれた甥っ子に会いに埼玉県まで行ってきました。

ついでに、2年前から狙っていたところへ寄り道。
金精軒です。

目的はこちら

20160917112526.jpg
水信玄餅!!

プルプルでした。

南アルプスのおいしい水をぎりぎりの寒天でかためたものにきな粉と黒蜜をかけたもの。

まぁ、餅というよりは、信玄ゼリーというかんじでしょうか。
(正直、加工でんぷんとかで、少しでももっちりしているかと思っていました。)


そのあとは、甥っ子姪っ子に会って、しばらく過ごしてからとんぼ返り。
往復600㎞はつらいですが、鶏屋のさだめ。仕方ありませんね。
今日は寝坊気味です。

さぁ、雨といえども休めないので頑張らねば

名古屋出張

今日は、一日雨の予報なので名古屋にお出かけ。
あんなことになってる・なるともしらずに。)

一番の目的はこちら。

20160913142949.jpg
山地酪農ソフトクリームを食べること。

あと牛乳とヨーグルト(飲むタイプ)を買ってきました。
こっちはまだ味を見てないけど。。。

ソフトクリームの感想。
息子や妻はおいしい美味しいと言って食べてましたが、私はちょっとひっかかることが。
それは、ソフトクリームの香り。
原料が「牛乳、ブルーアガベシロップ、脱脂粉乳」なんですが、なんとなく脱脂粉乳臭い。
なんだろ、牛乳のフレッシュな香りが脱脂粉乳(スキムミルク)の香りに負けている感じ。

もう一度食べたいか?と聞かれると、うーん、もういいかなと言うのが正直なところでした。
ちょっと残念。

けど、脂肪分が少ない(クリーム類無添加)にも関わらず、ソフトクリームとして成り立っている(フリーザーの冷却能力が良い?)のが分かったので、それも一つ勉強になりました。


そして、同行した子供たちの楽しみは、続きます。

いつものオレンジのJR東海車両はもちろんのこと。

20160913141726.jpg
EF64電気機関車の貨物列車や

20160913141810.jpg
線路を運ぶキヤ97系、左がわにはDE10ディーゼル機関車。

ほかにもDD51やEF210、EF66などいろんな機関車が見れました。
息子娘にとっては大満足だったでしょう。

救護の勉強

今日は、たまご屋さんの話題とはちょっとずれて消防団のお話し。

去年から、消防団の中でも救護班というところに所属していますが、今年はその救護の技術である日本赤十字社の救急法という方法を行う大会に出場してきました。(2年に1回行われるそうです。)

20160910093029.jpg
よくわかりませんが、県内各所のたくさんのチームが出場します。
消防団の方も来ていますが、日赤奉仕団の方や、一般の方もいらっしゃいました。

20160910093023.jpg
午前中は三角巾での手当ての競技。
みなさん練習中です。

1チーム3人で、1人一か所ずつ、3か所の負傷個所を三角巾を使って手当てしていきます。
(競技中だったので写真は無し)
ちゃんと練習してきたとはいえ、いざとなると緊張してしまいますが、うまく自分の個所を手当てできたと思います。


そして午後は三角巾を使ったけがの手当て、骨折の手当て、一次救命処置(心肺蘇生やAEDなど)、搬送などを応用した「総合演習」という項目。
今年から初めて追加された項目なので、出場はしないで見学してきました。


20160910124327.jpg
交通事故を想定

20160910132554.jpg
水難関連事故を想定

最後には登山中の事故を想定して担架や簡易担架を作っての搬送でした。




1週間ほど雨が続くという予報で、最後のいい天気だったので、正直稲刈りしたいわ~という気持ちが強かったですが、朝早くからニワトリの世話をしつつ、遠くまで行ってきたかいがありました。

明日、天気が早くから崩れませんように。。。

鹿ソーセージ

今日は、買い出しの都合もあったので、午後の作業はお休み。

飯田の中心部で行われている「人形劇フェスタ」に顔を出してきました。

といってもチビ2人連れてはまともに鑑賞できないので、メインの人形劇はパス。
(去年、下の子がおとなしい時に行こうと思って、頑張って作業を終わらせて行ったら定員オーバーで入れず。なんでやねん!!)

鶏のワークショップでお世話になっているNPOのF.O.Pのブースに顔を出してきました。

20160807140438.jpg
食べたかったのが、この鹿ソーセージ。
変なうまみも入れず、(鹿とハーブと、ジューシーさのために豚脂)臭みも無くで、本当においしい。

そのあと、ゆっくり買い物をして、帰ってきました。
しかし、たまご屋さんと飯田の市街地の気温差にびっくり。30と36くらい違ってくるので、もうくたくたです。

キノコ

ウチの鶏糞からはキノコが生えます。

いろんなキノコが出ますが、98%くらいがツクリタケというもので、いわゆるマッシュルームです。
最近の微妙な天気(晴れたり曇ったり、時々雨降ったり)で、キノコにとっての良い環境なのか、鶏糞がこぼれている鶏舎の網の外ではちょこちょこ繁殖中です。

今日も、床を調整している最中にふと網の外を見ると・・・

20160725120318.jpg
あった。いつもなら数個という株ですが、今回は多いです。

20160725131044.jpg
こんなにたくさん。
小さいのも大きいのも食べられます。市販のマッシュルームと違って味があります。
スライスして塩コショウや少しお醤油を入れたり、バターソテーも、と楽しめます。

が、今日は、ちょっと都合があってニワトリを絞めたりとバタバタしていて、取ったのにほったらかしで食べませんでした。
まぁ、また生えてくるからその時に食べましょう。


どうやら、初めは森から飛んできた菌の胞子が、いまは繁殖して鶏糞に付いているようで、鶏糞を山のように果樹や野菜の株回りに撒いておくとこのツクリタケが出てきます。

不思議ですね~。

氷見へ

たまご屋ではなかなか無いお泊りのお出かけをしてきました。

年2回ほどのうちの1回です。
今回は、海水浴で富山県氷見市に行ってきました。

「こう」の出身は京都。海というと丹後のほうに行くことが常で、海というと日本海。
大学では江の島が近いところにいましたが、海の汚さに辟易していました。。。

なので、ここからだと、近い海は浜松のほうになるのですが、なんとなく泳ぐ気にはなれません(浜松の方ゴメンナサイ)

ちょうど日曜日に脱穀が終わって、作業的にもひと段落だったのも良いタイミングです。
昨日は出荷日ですが、出荷を午前中に回して、午後のたまご回収を早めに済ませ、次の日の餌を与えて(もちろんその日のうちに食べてしまう子がたくさんですが)午後3時に出発。

中央道-東海環状道-東海北陸道-能越道をひたすら走ります。
途中休憩をはさんで、夜7時に氷見の民宿に無事到着。


20160711202501.jpg
普段無いシチュエーションなので大興奮。
子供って、こんな場所で遊びますよね。

20160711200831.jpg
海鮮の夕食を食べ、次の日の下見で暗い中、海岸に出てみました。
砂遊びがしたいと言っていましたが、とりあえず明日ねと言って帰ってお風呂に入って就寝です。


そして、次の日は朝から海辺を散歩。

20160712061107.jpg
波打ち際を歩いたり
隣の港に行っていろんなお魚を見たりと、楽しかったようです。

朝食を食べたら海に出陣して、お昼まで遊び倒しました。


そして、お昼を食べ(また海鮮)、さらに海産物を買って帰路につきました。

今回は1泊しましたが、往復600kmの車の運転は疲れました。
帰ってきて、その日のニワトリの世話が残っているので、さらに疲労困憊です。

ただ、子供たちは大満足だった模様。
子供の笑顔がうれしいですね。


追伸。
富山はさすが雪国です。
信号が縦向きになってたり

20160712070109.jpg
看板の後ろ側がこんなふうにガードされてたり

道路に融雪用の水栓があったりと豪雪地帯の対策がしてありました。

消防団

今日は、村内の消防団の訓練・大会でした。

都会に暮らしているとなかなかわからないと思いますが、消防団という組織があります。
まぁ基本的には、名前の通り火災時に出動して消火活動をするんですが、都会にもあります。
たとえば、横浜市とか、大阪市や堺市、中野区にだってあります。
首都圏とかのはいわゆる、地域防災組織ですね。

で、この消防団には、大きく3つの班に分かれています。消火活動の機関班、救急救護の救護班、そして喇叭班です。
で、この技術を競う大会があります。

何を競うの?と言われそうですが、機関班なら、小型ポンプをつかって、ホースを連結し標的に正確に水をかけるまでの時間や動作の正確性を競います。(youtubeで「小型ポンプ操法」と検索してみてください。)

救護なら、しっかりと三角巾の使用や、AED・心肺蘇生の方法などを正確に、マニュアル通りに行えるか。(こちらも、「消防団 救護」でyoutube検索)
喇叭は、しっかりと決められた分を吹けるかですね。(「消防団 喇叭」で、以下同文)

私は音楽はさっぱりなので、喇叭班のはよくわかりませんが、一昨年は機関班、去年から救護班に所属していて、それぞれの練習をしていますが、機関では火災時の対応、操作など大会の規定(小型ポンプ操法と言います。)の練習を通じて学びましたし、今は救命救急や、災害時の対応などを学んでいると思います。

この消防団の訓練も、「技術熟練のための大会」ではなく「大会のための訓練」になっているところもあるようですが、とりあえずのところ、地域防災・消火のことを考えると、役に立っていると思います。

ただ、困るのがIターンの畜産業。
毎日世話をしなければならないのですが、この大会、朝から夕方まであります。
ということは、大会前と大会後に、その日の世話の作業がまわってきます。
まぁ、普通に会社に勤めているひとや、野菜農家さん、後継ぎの畜産農家さんは、日曜日なので休みだったり、収穫・世話をお休みしたり、家族(先代?)に少し世話をお願いしたりとできるかもしれません。が、Iターンは自分が主体的に働いていたり、奥さんが小さい子を抱えながら作業せざるをえなかったりと、少し大変です。

まぁ、愚痴っぽくなってしまいましたが、半日とかでなんとか終わらんかなぁ?と思うのはだめでしょうかね??

今日も、当然、4時から起きて作業。そして大会後の慰労会(まぁ飲み会です。)には参加せず、帰ってきて作業です。


20160626165715.jpg
最近、小麦の刈り取りに追われていて、ニワトリの床材の引き取りにも行けてなかったので、それも行ってきました。
明日、地面のぬかるみが取れて来たら投入しようと思います。

車両整備

先日、東京出張の時に高速道路を走行中、車に2つ異変が。
といっても、1つはよく注意してないとわからないレベルかもしれません。

1つめは、水温計。
普通、一度水温が上がって、水温計の真ん中位で安定したら動かないもんなんですが、この日は走行していると温度計が下がったり、また真ん中まであがったり。
なんか変だなぁと思っていたのですが、帰り道で変化が。
行きは昼間で太陽も出ていたので車中は暑い位でしたが、帰りは夜。まだまだ冬なので、車外は氷点下。

そんな中、暖房を入れながら走行していると、なんか送風が冷たい。
ふと水温計を見ると、Cの一番下。。。
これはエンジンにとっても冷えすぎで良くないので、暖房を止めてゆっくりめに走行します。
そうするとちょっと水温計の針が上がってきたので、とりあえず一安心。
寒い中、帰宅しました。

これはオーバークールという現象で、大概がサーモスタッドという部品の交換で直ります。

で、もうひとつがエンジンの吹け具合です。
通常走行しているくらいだとあまりわからない程度ですが、高速走行中に追い抜きなど5速から4速に下げて、高回転に回して加速しようとすると、ボボボと息継ぎの様な少し苦しそうなエンジンの回転音。
よく回転数や車体の響きを聞いてないとわからないレベルですが、妻と確認し合って、変だなぁということがわかりました。
この症状、以前乗っていた車でもあったんです。その時はプラグ交換で治りました。
この車も、いつプラグ交換したかわからないので、せっかくだし、サーモスタッドの注文もするから同時に交換しちゃうか?って交換しました。


DSC_0983.jpg

DSC_0984.jpg
(写真が逆さまです。。)
下の写真のコイルバネの下の方にある隙間がわかるでしょうか?本来だとココがちゃんとゴムパッキンで閉まってなきゃ駄目なんですが、ゴムパッキンがちぎれて無くなっていて、隙間がばっちり開いていました。
これじゃ、サーモスタッドが動こうが動くまいが液はバリバリ通っちゃいますね。。。


続いてプラグ交換

DSC_0981.jpg

DSC_0979.jpg
茶色く焦げている方が古い方です。

てっぺんの電極の-側の端子(「の部分)が無くなってます。
この際なので、10万キロ交換無しと言われるイリジウムタフタイプに交換しました。

さて、車のメンテナンスも大変ですが、まだ自分の体と違って、交換で直るのでまだ良いなぁとか思ってしまいます。(笑)

ほんやり様

今日は集落でのどんど焼がありました。
この辺ではほんやり様。
飯田市のほうでは「おんべ」なんて言い方もあるようです。

全国的にはどんど焼ですかね。。。

今年は、すごく盛大な物を作りました。

20160109090641.jpg
心棒に松やら杉やら檜やらをつけて

20160109091423.jpg
竹をつけて、お飾りをつけて

20160109094252.jpg
さらに竹をまいて完成です。

20160109095035.jpg
そして点火。


その後は、訳あってわかりません。
ちょうど、点火にあわせて妻と子供がやってきたのですが、途中でこけて惨事に。
その手当で戻ったらこんどは私が災難を。。。

大変でした。

明後日のイベントは無事に迎えられるのでしょうか?

雨ふり

久しぶりのまとまった雨でした。明日の午後まで降るようです。
あまり暖かい雨にならなきゃいいんですが。

20151108073942.jpg
朝から霧のなかの森です。
どんどん紅葉が進んで、落葉まできています。


今日は、知り合いの旦那さんのマッサージの訓練ということで、マッサージを受けてきました。
素人ですが、との前置きで、やはり腰、背中、足の張りが半端ないそうです。
爆弾を抱えているようなものだとか。

大豆の収穫が終われば、肉体労働が終わりなので、それまでぼちぼちやって、冬はゆっくり休めて治療しようと思います。

さて、どうなるやら。


運動会と戦場ぬ止み

20151012102812.jpg
雨上がりの秋晴れ

今日は延期になった保育園の運動会に行ってきました。
我が家のご長男、ついに来年から入園で、顔合わせも含めて?1種目だけ参加してきました。
が、こういう集団生活にまだまだ慣れず、参加を断固拒否。結局参加はしたけど、全部拒否。

まぁ、不安ですよね。
来春から否が応でも放り込まれることになるので、初めは拒否するだろうけど、慣れてくるんだろうなぁと思います。
集団の中で、人との接し方などいろんな事を体験してきて欲しいと思います。

で、午後からは沖縄の辺野古の問題を題材にしたドキュメンタリー映画の上映会に行ってきました。スタッフとして。
いろいろな複雑な思い。
本当に難しい問題ですが、なんとか良い方向に進むと良いし、進ませなければならないと思いました。


なにより目標人数を上回る方々が来てくれて、何よりです。

さて、明日はまた麦の種まきです。もうしばらく続きそうです。
本当は稲刈りの予定でしたが、日曜日の雨で、地面が緩くなってしまったので延期です。

お祭りと消防団

ここ、たまご屋があるのは親田と呼ばれる地域。その中に八幡様のお宮がある。

今日はその八幡宮の奉納煙火、まぁ、つまり花火大会。
でも消防団の警護のお仕事で良くは見えないですが。。。

打ち上げは何でもないグラウンドの隣と、少し離れた果樹園と林の間。
事前に、火の粉による家火事防止のため、散水をしたり、打ち上げ中はもしものために近くで待機したりと、色々大変。
こういう地道な仕事がお祭りを支えているんですね~。

ついでにお宮から花火会場まで御神輿も担ぎました。
(私は腰がきついので代わってもらいましたが)

全体的には豊作を願うお祭りだそうです。

ウチも豊作になると良いなぁ~。


20151004173831.jpg
大三国と呼ばれる花火があります。


20151004175127.jpg
ブシューっと炎と火の粉が飛び散ります。火の粉って言っても実態は熱く燃えた鉄粉。

20151004175135.jpg
こんな風にきれいに落ちます。


しかし、待機中は寒かった。

太陽熱温水器(配管仕上げ)

ウチにやってきた真空管ヒートパイプ式水道直結型太陽熱温水器(長いな)ですが、前回の設置の時からやってないことがありました。
それは、配管の埋め立てです。

当地は、真冬になると-10~15℃くらいまで冷え込むのですが、配管をそのままにしてると一気に凍結→破裂しちゃいます。
なので、外に出てる配管は電熱線ヒーターで温めて凍らないようにしてあります。
今回の配管もこの方法で温めると、すごーく電気代がかかります。約20mありますからね。(行き帰りで10mずつ)

なので、基本的にはなるべく凍らない深さまで埋めてしまって、立ち上がりの部分はヒーターを取り付けるという方法が少し手間がかかりますが、合理的です。
で、その埋める作業を全くしていなかったのですが、刻々と冬が近づいてくるのを前に慌ててちょこちょこと作業してきましたが、それがようやく一段落してきました。

20151002152454.jpg
配管を埋めて、立ち上がりの部分はヒーターと保温材で。

深さは35cm以上を確保するようにしました。
なかなか30cm以上掘るのは大変です。

あとは、ボイラー手前の温水と冷水が混ざるところの凍結対策をすれば、配管処理作業はすべて終わりです。
さて、真冬の太陽熱温水器の稼働はどうなのでしょうか。
楽しみです。凍結してぶっこわれたりして(><)

FC2Ad