長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

根雪

こんにちは。
しばらくぶりの更新です。

冬なのに毎日やることばかりで、休めません。
明るいウチは外の作業。
暗くなったら家の中での作業。
ちょっと休憩が欲しいですが、そんなことも言ってられません。

で、畑の様子で気がかりなことを一点。

の事です。

十数種類の麦を蒔きましたが、2週間くらい前に降った雪がまだ畑にあって、麦が埋もれています。

家の前やら、道やらは雪かきをしたので、割かし早く融けてくれるのですが。
さすがに畑の雪を除けるのも大変なのでほったらかし。。。

雪腐れなんていう単語も聞いたことがあるので、ちょっと心配です。
確か、強い品種はあったけど、弱い品種は無かったはず・・・

でも、さすがにずっと雪の下というのは心配です。
品種によって葉色が濃いのやら薄いのやら、葉先が枯れている(霜焼け?)のもあったんですよね。
大丈夫かな?


雪の下
とりあえず、一面真っ白です。

寒くなりました

雪が続いていて、最低気温が0℃付近やったんやけど、本日は久々の氷点下6℃ほど。
朝、外に出て手が痛いという寒さを感じながら、エサをバケツに移し、コッコ小屋へ。

エサをやったあと、ぼーっと観察。

また、隣の子をいじめて!!とか
そんなとこふらふらしてて、エサ食わんでええの?とか
よしよし、良く食って早くタマゴ産めよ!とか
いてっ!おいおい、それ(長靴の紐やつなぎの模様)は食いもんちゃうぞ。とか
あいつ、ぼーっとしとるけど、体調悪いんやろか?とか
いろいろ思いながら観察します。

今日みたいな氷点下の日は足の指先が痛いくらい冷たいですが、こんな時は足を発酵している床につっこむと暖かいです。

コッコ達は何を思ってか、床を掘っては何かをついばんでます。
食べこぼしたエサなのか、発酵した床を食べているのか、いろいろ食べている様です。

床掘り1
床をみて、エサ?が無かったら・・・

床掘り2
掘り掘り。朝なので、発酵床から湯気が出ているのが見えます。

キャベツ
今日の野菜はキャベツ。先輩農家市川さんの無農薬有機キャベツです。ヒトが食べても甘くて美味しいです。
もちろん大人気。贅沢なコッコ達ですなぁ。

卵産んでます
今日も、ちょいちょいの産卵率ですが、朝から頑張って産んでくれてます。
これからもお願いしますねぇ~

大雪の中産んでくれてます。

今朝は起きてびっくり。

昨夜は帰ってくるのが遅く、12時くらいで20cmほど積もってたんですが、朝には35㎝ほどになってました。

雪道
鶏舎に行く途中

雪かき
朝から湿り気のある重たい雪をかいてちょっと疲れました。


雪が多い分、寒さは厳しくなく朝は0℃付近でした。
コッコ達も元気で、朝からエサよこせ~!!とにぎやか。

鶏舎と雪
鶏舎はコッコ達の熱で暖かいからか、雪はほとんど落ちてました。
もう一つの物置小屋は結構積もっててあわてて降ろしましたが。


おかきくけこ
番犬も大はしゃぎで、お疲れです。



群の初卵が産まれてから1週間。

ずっと、1個が続いていたんですが
昨日は3個。

今日は6個(1個は地面で産んでましたが・・・)と好調。
何度か食べてますが、タマゴ臭くなく、すっきりとしていて甘みがあります。

そろそろ外回り営業を始めようと思います。

たまご
黄身はぷっくり濃厚、白身はプリッとゼリー状

つかめる卵黄

つまめます。だからどうってコトは無いですが。

美味しいですよ~

大豆の選別

晩生の大豆「ナカセンナリ」を脱穀してもう1ヶ月。
機械脱穀したので、きれいに脱穀出来ました。が、貧乏性というか、儲けられない農家の性というか、
排出口に出てきた脱穀が出来てないサヤを集めて、ちょっとずつ脱穀していたらこんな日付に・・・

いい加減、売れる状態にもっていかないとやばいなぁということで、まだ脱穀できないものは置いといて
出来た分だけを、これまた機械選別にかけました。

で、まぁ、ちょっと未脱穀の分がありますが、収量の結果を発表します。
(一応、種の量とか、未脱穀の物があることを考慮しないとね。)

エンレイ(早生品種) 播種量約1.8kg
大  25.3kg
中  6.1kg
小  3.3kg
クズ 20.3kg
合計 50kg

ナカセンナリ(晩生品種) 播種量約2kg
大  33.3kg
中  18.7kg
小  5.2kg
クズ 8kg
合計 65.2kg

晩生のナカセンナリの方が、晩生というコトもあって、収量は10kg多かった。約8割ですね。
まぁ、播種量も違うし(1割違う)、当然というか、長く畑にあるので収量は増えるのは妥当ですが・・・


エンレイの規格外率の高さにちょっと驚き。
まぁ、機械選別なので、ヒトが選別した様なきれいな状態ではなく
①転がりやすさ(まん丸かどうか)
②大きさ
の2項目での選別となる。

エンレイは、見た感じ①のまん丸かどうかの選別ではじきが多い。
具体的には、虫食いやしわなどが無いにもかかわらず、楕円の様な形で、これが転がりにくい原因となったみたい。

自分の栽培方法が悪いのか、品種特性なのか・・・
とりあえず、今後、栽培計画を考える中で、品質、収量、栽培期間などを考慮して、来年どういう風に作付けするか考えたいです。

ロケットストーブ ロケットマスヒーター

我が家のロケットストーブ(コンロ型)
良く活躍してくれます。

少し前、薪ストーブが欲しいと言ってましたが、やっぱり薪の確保がネックになります。
一応、借りている山林もあるのですが、今シーズン使える薪は春に切った物がちょびっと。

と、考えるとなかなか燃焼効率が悪い、ぺらぺらの鉄板ストーブはちょっとデメリットが大きい。。。
ウチは隙間だらけなので、すぐに冷めてしまうだろうし。
安い鉄板ストーブだと、弱火運転で煙突がすぐに詰まるらしいというのも聞いて、更に考えどころ。

やはり、燃焼効率の良いロケットストーブを導入したいと考えてたけど、暖房用のロケットストーブ(ロケットマスヒーター?)は基本的に燃焼部分が大きめで、排気管を地中や地表を這わせて、煙突から暖気を得るという大がかりなシステム。

我が家は借家で、薪ストーブを入れて良いとは言われたけど、ロケットストーブの配管を取り回せるほどシンプルではないし、床下が保温されているわけでもない。

どうしようか考えてながら、ロケットストーブについて調べてたら、
見つけました。

大がかりなシステムでも無く、タダの薪ストーブでもない、コンパクトタイプのロケットストーブ。
そらまめ農園の園主さんのブログ。←その2、その3もあります。

これを参考に早速作ってみようと、材料を集めてます。
中古のガスボンベとか、ヒートライザー用のパイプや角パイプ、溶接機など・・・

そう簡単には集まりそうに無いですが、地道に集めて行こうとおもいます。

そうそう、海外のかたも同様に考えているみたいで、同じような小型のロケットマスヒーターがありました。
http://www.iwilltry.org/b/build-a-rocket-stove-for-home-heating/

動画もありました(英語)









早く作りたいですね。

とは言っても、すぐに暖房は必要なのでぺらぺら鉄板のストーブを購入するつもりでした。
このことを、以前醤油搾りのブログ記事にした隣町の小川さんに言うと、使ってない物があるから貸してくれるとのこと。
ありがたくお借りすることに。

で、設置作業を急ピッチですすめました。
火事だけは怖いので、ちゃんと防火しないと・・・

SBSH0727.jpg

SBSH0728.jpg

SBSH0729.jpg
軒先のポリカ波板をトタン波板に交換して、煙突を通して固定したり


SBSH0734.jpg
設置した場所に石膏ボードで遮熱対策して設置完了。煙突ガードも貰いものです。


SBSH0736.jpg
早速、試運転してみました。

燃やし始めてすぐ、部屋は急に暖かくなりました。
こんなに暖かくなるとは・・・

とりあえずは、大丈夫そうですが、火事には気をつけないと。

ただ、障子が破れてたりと、隙間だらけなので、すーっと冷気が足元にきます。
このへんをちょっとは改善しないとね~

で、やっぱりこのぺらぺら鉄板タイプのストーブは、薪の消費量が多いです。
早く、ロケットマスヒーターを作らないとね。。。

石油ストーブとノブヒェン窯

ノブヒェン。

元々、直火?やロケットストーブでパンを焼く用に開発されたこの窯。
前例が合ったし、自分でもやってみたのでガスコンロでも焼けることはわかっていた。

ロケットストーブにしろ、ガスコンロにしろ、30分から1時間弱火でじっくり焼き、最後に3分~5分強火で焼き色を付けるという行程は一緒。

一方、石油ストーブの熱量というのは比較的大きい。
輻射熱がたくさん出てるし、上に置いたやかんもシューシュー言いながら蒸気を出してるし。

ならば、石油ストーブでも出来るんじゃないか?

で、実際にやってみました。


いつも通り、200gの地粉(長野県産中力粉)に砂糖8g、塩3g、イースト(セミドライ)2g、水100cc、オリーブオイル15cc?をフードプロセッサーに入れて2分攪拌。
その後、1次発酵させ、ガス抜き・成型したものをノブヒェン窯に。
もちろん、瓦はたっぷり湿らせておき、生地にも霧吹きでたっぷり水を吹きかけておく。飾り粉も忘れずに~

石油ストーブノブヒェン1
10分くらいでパンの香ばしい匂いが漂ってくる。
この匂いだけでもう食欲が湧く。

40分が経過。
開けて見たら、ふくらんで形になっているけど、焼き色が全く付いてない白いパン。
ひょっとして、石油ストーブの場合は焼き色が付かんのかも・・・最終的にはガスコンロでちょい加熱かなぁ~
なんて思いながら、ちょっと用事を済ませる。

そして、用事を済ませた1時間15分経過した頃に見てみる。

石油ストーブノブヒェン2
まず、保温用のたらいを取って

石油ストーブノブヒェン3
インナーボウルを取って、かさ上げ用のスペーサーも取ってみると、見事な焼き色、割れ具合。

石油ストーブノブヒェン4
この見た目には敵わず、手にとってかぶりつく。
デンプン質のモチモチした食感と、表面のバリッとして噛み応えのあるクラスト。
美味しかったです。

うーん、ノブヒェン窯ってすごいわぁ。
この様子だと、石油ストーブでピザも出来ちゃうね。

やっと初卵

今日、まだ産まないってぼやきでブログを書いたところですが、
なんと、やっと産まれました。
P1123149.jpg

産んだ瞬間を見たわけじゃないので、どの子が産んだのかはわからないですが、昼前の水やりの時に発見しました。

P1123147.jpg
産卵箱に、輝く?タマゴ。
驚きすぎて、あわてて「もー」を呼びに走りました。

P1123150.jpg
そっとタマゴを取ってみると、もう冷たくて産んでからしばらく経ってました。
産み立てではありませんでしたが、うれしさをかみしめながら落とさないように、家まで持って帰りました。

P1123167.jpg
早速、夜にいただきました。

P1123170.jpg
レモンイエローよりも少し濃いくらいの黄色

P1123172.jpg
もちろん、タマゴの味を純粋に味わえるたまごかけご飯で

うーん、味は・・・よくわからん。美味しいと思うけど、心にフィルターがかかってるせいかも?
もうすこし落ち着いて、もう一度ちゃんと味わってみようと思います。

さぁ、タマゴを売り込んでいかないとね。

まだ産みません

こんにちは。
今朝は寒かったですね。

軒下でも氷点下10℃と、恐ろしく冷え込みました。
でも、いつも思うんですけど、氷点下でキンキンに冷え込んだ方が、微妙に0~5℃くらいのときより寒くないと感じるのは気のせいでしょうか?
そりゃ、手やほっぺ、耳は痛いくらい寒く感じますけど・・・

寒いせいもあるのか、コッコさん達はまだタマゴを産んでくれません。
そろそろかなぁと思ってるんですが。。。

以前は、2割ほどが地面でかたまって寝てたのですが
最近やっと、コッコさん達がみんなで止まり木にとまるようになりました。

ただ、新しく設置した産卵箱に入って寝る子が3羽ほど・・・
フンが溜まるし、変なクセをつけない欲しい。。。


夜止まり木

誕生日

1月2日は誕生日です。

誰のかって?
我が家の番犬、「おかき」のですよ。
SBSH0713.jpg


昨日、満1才になりました。
最近は、ものすごくやんちゃで、体力が有り余ってるようです。

反面、人の言うことや自分のやってることが、ちょっとは理解できるようになったのか
怒られたときに、なぜ怒られたのか?がわかるようになったようです。

ちょっと聞き分けが良くなりました。


また、人が大好きで、かまってくれる人には愛嬌をふりまきます。
最近は、知らない人やあまり来たことが無い人には良く吠えますが
知ってる人や構ってくれる人には全く吠えず、来て来てと合図を送ってます。

でも、木にとまってるカラスに吠えたり、夜、人が見えてない何かに吠えたりと、どうしようもない物にもうるさかったり・・・

夜中に吠えまくるのは止めてほしい・・・のが本音です。

ま、これからもよろしく
SBSH0702.jpg

おせち料理とお雑煮

こんばんわ。
備忘録的な意味合いも含めて、今年のおせちとお雑煮を載せときます。

お雑煮は、今年は2種類を作ります。
「こう」は京都出身、「もー」は埼玉出身なので、完全にお雑煮が違います。

こうのお雑煮は白みそベースに八頭の親芋と丸餅、大根、にんじん。
もーのお雑煮は醤油ベースに切り餅、大根、にんじん、里芋、ゴボウ、白菜、小松菜、こんにゃく、なると、鶏肉と具だくさん。

それぞれの親の合作を引き継いでいるので、実際の郷土料理とは違うのかもしれませんが、それぞれの家庭の味です。
今年は2種類作りますが、来年からはどうなるでしょうか・・・?
やっぱり自分の実家の味を食べたいですねぇ~

おせちも、微妙に味付けが異なります。
まぁ、この辺はお互いの折衷を取っていかないとあきませんね。

おせち全景
今年のおせちと、京風お雑煮。


おせち
関東風お煮しめ

おせち1
ごまめや黒豆、きんとんなど、自家製蒲鉾もあります。

おせち2
タンパク類。お酒やご飯がすすみます。

雑煮1
白みそのお雑煮。本当はもっと野菜が少ない・・・ハズです。
今年は八頭が無いため、大きい里芋(石川早生?)で代用です。




ついでに

正月飾り1
作った正月飾りも紹介。門松ではなく、本飾りです。


製作もーで、製作補助こうです。


正月飾り2
芸術的な注連飾り。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

なかなかタマゴを産んでくれないコッコさん達。
早く産んでくれないと、こっちのお金が無くなるよん(汗

そろそろかなぁと思ってるんですけど、寒さが厳しいせいで生育が鈍っているのか、はたまたエサのエネルギー量が少ないせいなのか、まだのようです。

家のキッチンの前にある外蛇口に繋がる配管が割れてしまいました。びっくりです。

この時期にこんなに寒さが厳しくなるのは10年間で初めてと、師匠も仰ってたので、本当に寒いんだなぁと実感してます。

そんなこんなで新年が始まりましたが、今後とも「青見平のたまご屋さん」をよろしくお願いします。

FC2Ad