長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

菜の花

どうも、こうです。

下界(飯田市)は大分暖かくなってきたようで、梅が満開になってきているようです。さくらもちらほら咲き始めたとか。
我が家の梅はようやく10輪くらい開花したくらいで、まだまだ1分咲きにもほど遠い・・・

ですが、ニワトリ達に春の味覚のおすそ分けがやってきました。
戴いたのは「阿智有機農園」の市川さんから

NCM_0471.jpg
ナバナ、いわゆる菜の花です。

NCM_0473.jpg
アブラムシがついてしまったそうですが、全然食べられそうです。

カッターで切り刻むと茎もすっかり食べてしまいます。
今日、明日くらいの量ですが、ニワトリ達にとっては久々の生草で、しかも美味しい野菜とくれば、かなり興奮するでしょう。。。


ニワトリ達に。と貰ったのですが、ヒトの方がおすそ分けをもらったのはナイショです(笑

春は近し

ようやく、根雪に近かった雪がだいぶん解けました。
一番日当たりの悪い畑の雪が解け、畑にはほとんど雪は残っていません。

雪が無くなった分、今度寒くなるときは霜柱が出来て麦を浮かせてしまうので、気を付けて見ておかなければなりませんが、春が近づいているのを感じて、楽しみです。

今年もたくさんの収穫が出来れば良いのですが。。。

NCM_0394.jpg
大麦のファイバースノウです。

大麦はもう一品種、「シュンライ」というのを植えています。
どちらが麦茶にして美味しいのか。収量と手間も併せて比較試験です。

次年度は1品種に絞ろうと思っています。

今年は「青見平のたまご屋さんの黄金麦茶」として売り出し予定です。
そうご期待あれ~

フィラーレグループ

「タマゴが食べられる場所」で紹介している「saryoのカルボナーラ」「TESSHINのオムレツ」

この2つの店舗はフィラーレという会社が運営しているのですが、そのグループではフリーマガジンを発行しています。

このフリーマガジン、ネットでも見ることが出来るのを最近知ったので紹介させていただきます。
2013年3月から新しいものが発行されていて、ウチのたまご屋もちょびっと載っています。
2012年の秋冬号(1つ前のもの)には、当たまご屋の訪問記事まで載っけていただいています。

「フィラーレ 飯田市 りんご並木 農業への取り組み」

代表取締役の中根さんの言葉
「10年後も皆さんが笑ってられる仕事をしたい」
「関わる人すべての幸せを創る」(企業理念だそうです)
などなど、感銘をうける言葉はたくさんあります。

生産者さんがどんな思いで、どのように農産物をつくっているのか?ということも大変気にされていて、ウチにも中根さん、専務の笹原さん、saryoシェフの宇佐美さん、TESSHIN総料理長の堀本さんが訪れて、いろいろお話をさせていただきました。

作る側として、使っていただける方、食べていただける方に思いが伝わること、意見が聞けることというのは大変ありがたいし嬉しいことです。

こんな会社が地元地域にあって本当に嬉しいです。
私もまだ新米ですが、共に歩んでいけるよう精進していきたいと思います。

あ、是非ウチのタマゴもその他の料理も食べに行ってくださいね~♪

FC2Ad