長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

鶏舎解体終了&建設開始

しばらく更新が止まってましたね。。。

鶏舎の棟下げやら、柱の移動やらで肉体労働の日々。
昼は作業があるので夜、パソコンしよう!!なんて思ってはいたものの
全身が疲れているせいか、夜になると降りてくるまぶたに邪魔をされて、この世に滞在出来ませんでした。

で、今日もまぶたさんか降りてきそうなので、とりあえず現状の報告を。。。出来るところまでやってみます(笑)

前回は、8組中3組の棟を下ろしたところまででしたね。
そのあと、1日かけて残りの5組を下ろしました。
NCM_0743.jpg
解体で最大の難関の棟下げは怪我もなく無事終了です。
1本が約40kgくらいあります・・・1組80kg?

NCM_0750.jpg
キツネやタヌキ対策のあぜなみシートを掘り起こします。

NCM_0748.jpg
ニワトリを飼っていた場所のあぜなみシートの裏には、カブトムシの幼虫がごろごろいました。
やっぱり、広葉樹チップは発酵して腐葉土のような状態になっているようです。それだけ、糞の分解が進んでいるってことなので、これには正直嬉しいです。
(ちなみに、浅いところにいるものはニワトリ達に食べられてしまいます。)

NCM_0753.jpg
ここまでくれば横桟と筋交いを外して解体完了です。
あとはバラした骨組みを運んで組み立てるだけ(だけ?その「だけ」が大変なのよね~)です。

ちなみに、鉄骨はボルトとナットで止まっているのですが、この締め緩めを助けてくれるのがこれ
NCM_0752.jpg
ACのインパクトドライバ
飯田のホームセンターで7890円でした。


で、今は解体した部材を運んだり、新鶏舎建設のために基礎を作っています。
何事もそうですが、基礎ってめっちゃ大事です。
素人なので上手くはいかないですが、素人なりにきちんと作らないと大変なことになります(汗

まずは測量をして、水平と距離を揃えます。
NCM_0791.jpg
そのあと水糸を張って、柱を立てる位置に目印つけ、穴を掘ります。
しかし、赤土の硬いこと粘ること。剣先スコップで削るようにしないと掘れません。

NCM_0798.jpg
掘った穴に石を詰めていきます。

NCM_0799.jpg
しっかり鎮圧しないと、沈下しちゃうことになりますね。

ちなみにこの鉄骨鶏舎は独立基礎と呼ばれるもの

NCM_0796.jpg
沓石と呼ばれる石の上に鉄骨が固定されています。
なので、この沓石が乗っかる部分を造ってるわけです。


NCM_0794.jpg
もちろん、前の鶏舎も同じように造ってあります。(↑わかるかな?沓石が置いてあった部分に石があるの)

NCM_0793.jpg
ので、この石もちゃんと回収します。
もともと田んぼの地目の場所に建てているので、石は出来る限り取り除くようにしないと地主さんに申し訳ないですからね。

この作業をひたすらやっています。
柱は全部で20本。今ようやく8本くらいでしょうか。
石の回収も結構辛い。。。今の作業全部が肉体労働ですからね。
(オレ頭脳派(のつもり)なんだけど~orz)

NCM_0800.jpg
怪我のないようにがんばります。。。

ウチのタマゴでコラボプリン

当たまご屋のタマゴを使ったプリンが販売されます。
販売するのは飯田市座光寺にある「キャトルフィーユ」というお店。

といってもレギュラーメニューではなく、限定発売です。

名称は
『絹田さんのたまごで作ったプレミアムカスタードプリン』
です。

実は、2回目なんですが、前回は引っ越しと重なってインターネットに繋がってなかったのでご案内できませんでした。
(ちなみに前回は、色々なタイミングが良くてほぼ店頭にならばず、予約販売のみに近い感じで売れたようです。。。)

で、限定発売の期間ですが
2013年5月24日~27日までの4日間
です。

このキャトルフィーユのプリンは本来、クリームたっぷりのとろとろタイプなのですが
今回のプリンは(自分好みの)固めにしてもらいました~(*^_^*)

430462_425802667515823_938053577_n.jpg
こんなプリンです。

食べたいという方は、是非ご予約して買いに行ってくださいね~


販売店舗
キャトルフィーユ(←クリックで地図表示)
〒395-000
長野県飯田市座光寺3793−1
0265-48-0281


お試しあれ~

鶏舎解体ver2.5

昨日の午後から雨模様でしっかりと降ってくれましたね。
畑が乾いていたので、良い感じに給水出来たと思います。

で、肝心の鶏舎解体ですが、昨日は桁の残りを外し、棟下げ(←こんな言葉あんのか?)を行いました。
といっても、8組あるうちの3組ですが。。。。

NCM_0716.jpg
残っていた(向かって右半分の)桁を外して

NCM_0718.jpg
わかりにくいですが、天面の「筋交い」を取り


NCM_0721.jpg
棟を片側ずつ外していきます。

写真では1組終わって2組目の途中ですが、結局もう1組やったところで終了。
理由は、まぁアレです。おとなしく待っててくれなくなったってやつです。こればっかりはどうしようもありませんね。

NCM_0719.jpg
解体しているとき途中に見えた空模様
飛行機雲の影が下の雲に映っているという不思議な光景


で、昨日はその後雨が降ってしまったので終了。
今日はタマゴの出荷日で出荷に行っていたので作業は出来てません。

で、結局作業が・・・ということなので、↓これに行ってきました。

22c5f5c2cf4e0d8af8414169e8f56d2e.jpg

牡蠣好きにはたまらない企画です。
(タマゴを出荷しているフィラーレグループさんのお店です。)

NCM_0730.jpg
どれも大粒で美味しかった~

まだ、残りの日程があるので、ご興味のある方は行ってみては?

栄養補給して休息も出来たので、残りがんばります!!

鶏舎解体②

こんにちは。

明日は久しぶりの雨予報です。
鶏舎の解体があともうすこし残っているので、あまり長いこと崩れないで欲しいですね。

さてさて、前回はこんな感じまで終わりましたが、どんどん解体を続けていきます。
細々したものを終えて、とうとう屋根の解体に移ります。

NCM_0702.jpg
片側の上部の波板を剥がし

NCM_0704.jpg
どんどん剥がしていきます。

NCM_0707.jpg
波板が撤去出来ました。
終了直前まで風もなく、あまり暑くもなくでやりやすくて良かったです。

そして、剥がした波板を整理した後

NCM_0708.jpg
今度はC鋼の桁を外していきます。


こんな時活躍するのが、AC電源タイプのインパクトドライバ。
以前、(安物の)充電式のインパクトドライバを買ったのですが、すぐ充電が切れるのとパワーが無いので、どうしようか迷っていたところ、知り合いが使っているのをみて購入しました。
8000円くらいの商品でしたが、結構良いと思います。

かといって、充電タイプが悪いわけではなく、電源が無いところでは重宝しますし、上記の波板はフックボルトで留めているのですが、これを付けたり外したりするときは充電式じゃないとコードが煩わしくてやってられません。

NCM_0710.jpg
片面の桁が外せました~
あとは、反対側の桁と、棟材を下ろせば難所は終わりです。
怪我に気を付けてがんばります~


鶏舎建設地でも、着々と準備を進めています。

NCM_0715.jpg
水平を取るのには、原始的な水とホースで。
レーザーとか付いてる水平器が欲しいなぁなんて思ったりもしますが、全然活用できないので買うのはもったいないですね・・・

こういう作業は一人でも出来ますが、二人でやると早いですね。

さぁ、明日の雨までにもう少し進めばいいなと思ってがんばります。



番外編

P5177280.jpg

P5177281.jpg
途中、アルバイト先の方が鶏糞を取りに来ました。
自分の畑に撒ければ良いのですが、鶏舎優先なのでそうも言ってられません・・・


大麦小麦の生育

大麦の成長が著しく、穂が充実してきました。
徒長もはじまって、穂首がぐぐっと伸びてます。

ファイバースノウとシュンライ。
どっちが栽培面と製麦茶面、有利なのでしょうか?

NCM_0685.jpg
ファイバースノウです。

NCM_0686.jpg
こちらはシュンライ

微妙に違ってます。
シュンライの方が出穂が早かったですが、差の原因は「日当たり条件(温度)」な気がします。


P5107198.jpg
それにしても、穂って美しいですね~


NCM_0687.jpg
小麦も出穂が始まっています。
写真の右側が「ユメセイキ」:うどんに最適
写真の左側が「ナンブコムギ」:焼き菓子、パンに向く

あと1ヶ月~2ヶ月で収穫です。
収穫時期の天気がよい事を願います~。

鶏舎解体

パイプハウス鶏舎を移築して、はや1週間ちょい。
コッコ達もひよこ達も新居には慣れた様子で、元気いっぱいです。

P5107187.jpg
青草たっぷり

P5107177.jpg
もちろん、ひよこたちにも与えていますよ~

P5107176.jpg
真っ黒なヒヨコだった「岡崎おうはん」も縞模様になってきました。
右側のひよこ2匹の「胸」の大きいこと、大きいこと。いわゆる「はと胸」です。満腹ですね~。

P5107173.jpg
お腹が満足して暖かいと・・・こうなりますよね。
見てると、目を閉じた後、だんだん頭が下がっていきます。。。ヒトもヒヨコも同じですね~



そしてそして、鉄骨鶏舎の解体が進んでいます。
内装の分解が終わり、外側の分解作業。

NCM_0676.jpg
元はこんな感じ(内装はほぼ分解済み)

NCM_0695.jpg
で、今日はここまで。
妻面のほぼすべてと、横面の亀甲金網の撤去が終わりました。
細々したものを終わらせれば、屋根を取り外し、骨組みの解体に入ります。

建設地の準備も進めないとあきませんね~

ニワトリの引っ越し②

なかなか忙しくてブログには書けていませんでしたが、ニワトリ達の引っ越しを今日しました。
連休前からなので約10日くらいでしょうか。
実際は、これからが正念場ですが、とりあえず一段落です。

前回の引っ越し記事ではバックホウでの整地でしたが、それからの経過をすこし。

NCM_0625.jpg
アーチパイプを挿していきます。
軽トラが奥まで入れるウチに、床材用の広葉樹のチップを入れていきました。

NCM_0635.jpg
アーチパイプの肩と足元、頂点を止めていきます。
さすがに中古で購入し、2度目の組み立てとなれば、ちゃんと測っているはずなのにズレが出ます。アーチパイプ自体に大きな狂いが出てきてしまっていますが仕方ありません。

NCM_0641.jpg
妻面の骨をつけていったり、網を張ったり。

NCM_0643.jpg
穴を掘って、育苗トレイを縦にして埋めていきます。野生動物対策ですが、、、効果の程は??
多分あります。でも、電柵の方が効果は大だと思います。

NCM_0650.jpg
筋交いと、横のビニールを張っていきます。
扉もつけてみました。

P5067120.jpg
天幕と妻面のビニールを張って、外側はほぼ完了です。

この後、電柵など細々した修正作業と、内装をやりました。
新しく導入したヒヨコをどうするかや、引っ越してストレスもたまりやすい方だと考えると、なるべく前の環境に近づけてやった方が良いに決まってます。
でも、なかなかそうはいかないんですが・・・

そして、夕方知り合いに手伝ってもらって、ニワトリ約90羽の大移動をしました。
とりあえず、明日まで生き残っていることを願います。
番犬「おかき」もつないでいますが、目の前の事で精一杯な奴なので、番犬出来ているのかどうか?

さて、また解体が始まるので、もう一踏ん張りです。

プチヴェールと白菜のとうだち菜

先日、サイレージから青草(雑草)に切り替えましたが、早速、美味しい青菜を頂きました。

いつもの市川さんから、今度はプチヴェールと白菜です。
両方とも花が実っていますが、ニワトリ達はお構いなし。きれいに茎をのこして食べちゃいます。

これを与えた後に、雑草を与えても全然食べてくれません。。。やっぱり美味しいものをわかっているのでしょうね。。。

なんて贅沢なヤツらでしょう(笑

NCM_0627.jpg
開花しているのが白菜です。

NCM_0629.jpg
一斉によってたかって啄みます。

大麦の出芽

こんにちは。

2品種の大麦のうちシュンライが出穂し始めました。
もう一つのファイバースノウはまだです。

基本的には同時期に出穂するはずなんですが、差が出てきてしまっています。
おそらく日当たりの問題だと思いますが、品質にどれくらい差が出てしまうのかが重要です。

NCM_0639.jpg

「国産・環境・安心 食の3重丸セレクション」を授賞しました。

こんにちは

先日、当たまご屋の製品「青見平のたまご屋さんのたまご」がニッポンの食、がんばれ!実行委員会の「国産・環境・安心 食の3重丸セレクション」を授賞しました。

この賞は様々な食品分野で、原料や製造方法など厳しい基準をクリアしたものが受賞されます。
鶏卵では、国産飼料を基本とし基本的に薬剤を与えないことや、鶏糞を有効活用しているなどとなっています。
鶏卵における現在の受賞商品は当たまご屋以外にもう1ヶ所のみで、これから徐々に増えてくるのでしょうが、とても嬉しいです。

webサイトはこちら→http://www.nippon-shoku.com/

NCM_0610.jpg
これをバネにして頑張っていきたいです。
いつもお買い上げ頂いている皆様、応援してくださっている方々、本当にありがとうございます。

このセレクションを知るきっかけとなった、同じ養鶏仲間のYさんに情報を感謝します。
精進して参りますので、今後ともよろしくお願いします。

P4167045-1.jpg

ニワトリの引っ越し①

こんにちは。

ヒトの引っ越しの次はニワトリ達です。
ヒトは引っ越して、新しい住居で過ごしていますが、ニワトリ達はまだ前の家での生活をしています。

なので、今は午前中一杯ニワトリの世話をして、その後新しい家で作業。最後に夕方にたまごを見に行くという生活をしています。

とりあえず、借りた土地が元果樹園の傾斜地なので、その造成から。
バックホウを借りてきて、なるべく平らになるように削ったり盛ったり。
最終的には穴を掘って水平をとるので、多少でこぼこでも鎮圧がちゃんとできてれば大丈夫です。


NCM_0581.jpg
この写真は以前のものと同じ。造成開始直後です。機械が傾いたまま作業するってなんとなく安定してないようで怖いです。
高校の時、コマツの小型建設機械の講習をうけたので、なんとなく動かし方はわかりますが、習うより慣れろですね・・・。


NCM_0602.jpg
造成途中。だいぶん平らになってきました。


NCM_0608.jpg
造成完了。と思いきや、平らな部分の長さも幅も計画より狭くて手直し決定でした。
今日、手直ししたので、明日から実際に鶏舎造りスタートです。

FC2Ad