長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

「烏骨鶏小屋」改め「製粉小屋」の移築

長かった夜のバイトが昨日、終了しました。
最後の方は毎日ではなかったとはいえ、肉体労働のあと、日付が変わる頃まで働くのは大変でしたが、生活費はどうしても必要なので、夜働ける仕事があるというのは助かりました。


先日、物置小屋の記事を書きましたが、あれから屋根下(屋根があって雨に当たらない場所)がようやく出来たので、阿智の荷物をちょいちょい運んでいます。

細々したものが多いですが、残っている大きなモノは「烏骨鶏小屋」と「パイプハウス物置」です。

パイプハウス物置は間口4.5m、長さ7mの比較的小さなモノなので、解体は楽です。(解体はね・・・)
そろそろ平らな場所が無くなってきたので、どこに建てるか検討中です。
実は、これよりも2まわり大きい、間口6m長さ10mのパイプハウスの骨組みも持っているので、後々の干し芋や豆麦の乾燥を考えると、こっちの方が実用的なんですよね。

現在、4.5mの方にはタフシェードw&wという70%遮光タイプのモノが張ってあるので、光を当てたくないモノの物置なんかに使おうかなぁなんて思ってます。でもどこに建てるかが問題なんですけどね。


もう一つの烏骨鶏小屋は、就農する前に数羽のニワトリを飼うために作った物。今回の移築で3回目の引っ越しとなります。
o0800106710557909426.jpg
当初はこんな感じ。まだ小さかった赤地鶏がいます。

阿智に引っ越ししたときには2tロングのアルミバンで移動させましたが、今回は軽トラックで運びました。
かんたんなアリ接ぎに、補強のため、コーススレッドで組み立ててあるので、基本的にはそんなに大変では無いです。一番の苦労は、基礎代わりのブロックの水平を取ることでしょうか。

DSC_0043.jpg
ブロック基礎の上に壁部分を組み立て。

DSC_0046.jpg
屋根部材まで載っけました。
まだ筋交いを入れてないのでぐらぐらです。

ニワトリ(烏骨鶏)用なら、このあと網を張ってその上から筋交いを付けていきます。
が、今回は製粉小屋として使いたいので、防風のために壁を張るために、あまり出っ張った筋交いを付けられません。。。内側に筋交いを付けるか、それとも木造建築の様に柱に刻みを入れるか。。。どうしましょう。。。

とりあえず、エタノールか次亜塩素酸で消毒して屋根と壁を付ければ製粉小屋として使っていこうと思ってます。
自家製粉、楽しみです。


もうすこしで大きな引っ越しが終わります。
あとは、残っているモノを運ぶのと、畑をキレイにすればおしまい。
もうちょっとですね。

やっと初卵。。。って早すぎるけど大丈夫?

こんばんは。
台風一過の夜、いかがお過ごしでしょうか。

こちらは朝9時過ぎから風が強くなり始め、2時頃まで大荒れでしたが、特に大きな被害もなくなんとかやり過ごせました。
畑の方は蕎麦や豆類(大豆にツルインゲン類)が倒伏してしまいましたが、なんとかなるというか、するというかでがんばります。


で、タイトルの通り、今春に入れたヒヨコが卵を産むまでになりました。
卵不足で苦しんでいたので、やっとか!!と言う気持ちと、明らかに産み始めるのが早いので大丈夫か?と言う気持ちが混じって複雑な心境です。

産まれたタマゴは40数グラム。市販の規格でいうとSSサイズです。

NCM_0114.jpg
二回りくらい小さい

NCM_0119.jpg
色は、だいぶん濃いです。
ただし小さい。黄身もだいぶん小さいですね。。。

やっぱり、初卵は今まで食べたものの要素を凝縮している気がします。
(ま、全部が全部というわけではないですが、一部の要素が溜まっているハズとは思っています。)
味も濃厚で(多分)、美味しかったです。

さぁ、これからもよろしくね

蕎麦の開花

すっかり日が落ちるのが早くなり、朝晩が寒い季節になってきました。
寒いときで15℃を下回るくらい・・・そろそろ暖房の準備をしないとダメですね。

先月のお盆ごろに蒔いた蕎麦が開花し始めました。
白くて小さな花が見頃です。
下條村は蕎麦の産地として力を入れているので、近くには大きな蕎麦畑もあります。
是非、一度見に来てはいかがでしょうか。

DSC_0018.jpg



また、大豆の早生品種「エンレイ」がちょっとずつ葉っぱの色が黄色くなり始めて来ました。
収穫までもうしばらくありますが、成熟期に入ったようです。

DSC_0015.jpg
左側が晩生品種の「ナカセンナリ」。右の色が薄いのが「エンレイ」



豆つながりでいうと、黒小豆が収穫出来そうです。

DSC_0017.jpg
右手前の黒いのが未熟なさや。中央にある茶色いさやが熟したモノ。

あんこやお汁粉が楽しみです。


物置小屋建て

新しい下條の家。あらかた引っ越しが進んだのですが、農業用のいろんな器具や道具がまだ運べてません。

というのも、新しい家には物置が無いからなんです。
鉄骨の鶏舎にはまだ空きがあるのですが、家の裏に物置が欲しいということで、とりあえず雨がかからない場所を作りました。

一つめがパイプハウス。
間口4.5m、長さ5mでアーチのみの簡易的なモノですが、ちょっとした道具や機械を突っ込んでおくのには便利です。

もうひとつが、鉄骨のタイプです。
立派な鉄骨の骨組みだけが家の裏に放置されていて、所々ボルトとナットで止めてあったのですが、一部は傾いたり外れていたりでした。

NCM_1426.jpg
まずは骨組みをしっかりとさせるために、柱をまっすぐにし、壁の基本となるC鋼を止めていきます。


NCM_0003.jpg
鶏舎と違って、C鋼の桁ではなく、木で垂木もどきと野地板代わりに横の部分を止めていきます。
かなり適当です。。。


IMG_20130908_164237831.jpg
で、最後にトタンとポリカで屋根板を張っておしまい。
明かり取りでポリカを入れてみました。
(右側に白く写っているのがパイプハウスの物置です。)

あとは、壁を張ったり、入り口の扉を付ければ、物置小屋としてはOKです。
とりあえず、物置が出来たので、ちゃっちゃとモノを運んでいきたいと思います。

FC2Ad