長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

卵が濃厚

こんばんは。

先週は、一昨年ご紹介した「支援米プロジェクト」の支援物資を届けに&現地の様子確認をしたくて、福島県、南相馬市に行っていました。
このときの様子は、また別の記事にするとして、今日はたまご屋さんらしく(らしく?)たまごの紹介です。

ここたまご屋さんのある場所は標高804mくらいで、いわゆる高原とも言うことができます。
なので、結構寒さが厳しいです。

今朝は-6℃、水道管が凍っちゃうので水抜きは欠かせません。(一応ヒーター入ってるんだけどね)
今現在(8時pm)も、すでに-3℃。

でも、この時期はとても卵が美味しくなります。
どう美味しいのか?とても濃厚で、黄身なんかは生なのに半熟?と思えるほど固めです。

PB308468.jpg

PB308476.jpg

濃厚で、それでいて嫌み臭みもなく、すっきりとした甘味と旨味が口の中に広がります。
是非、お買い求めになって、黄身だけを箸でつまんで召し上がってみてください。
その後は、たまごかけご飯なりしてくださいね。

PB308454.jpg
PB308456.jpg
白身も弾力があってプリプリです。


ちなみに、夏はさらさらとした黄身になります。
やっぱり、暑いときはさらっとしたモノ食べたいですもんね。

白菜を召し上がれ

こんにちは。
どんどん冬が迫ってきていますね。

今朝も強い霜が降りていて、地表付近の気温は-5℃でした。
そんな中、ニワトリ達は元気いっぱいです。
床も新しいチップを入れて、ちょっと掘るとほかほかしていますから、まだそんなに寒くないようです。

今日は、阿智の市川有機農園から白菜の外葉をたくさんもらってきたので与えました。
先日から草のサイレージ(草の漬け物の様なもの)を与え始めましたが、やっぱり草よりも美味しいらしく、みんな競争してつつきあってました。
ま、そりゃ、えぐみのある草よりは甘くてさっぱりしている野菜の方が美味しいですよね。

DSC_0447.jpg
白菜を軽トラの荷台にいっぱいもらってきました。

DSC_0431.jpg
ちなみにコレがサイレージ。
緑の色はくすんでいますが、発酵したちょっと酸味のある臭いが美味しそうです。




今日も良い天気で、引き抜いて乾燥していた大豆を脱穀しました。
が、乾燥の方法が悪かったようで半分くらいを腐らせてしまったようです。
忙しさにかまけて、横着したのが良くなかったと反省しています。
結構寒くならず、暖かい日が続いたから・・・なんて言い訳をしてみてもなにも変わらず。。。
来年こそは、きっちりとはじめから最後までがんばってやろうと思います。





おまけ
DSC_0452.jpg
天気が良かったのでお外で遊ぶ息子と愛猫のあらめ。

タマゴ

P4167045-1.jpg
タマゴを買う方法のご案内です。


今年4月に入れたヒヨコ達が大きくなり、タマゴを産み出しています。
新人達が産みだした美味しくて新鮮な卵を是非ご賞味下さい。


また、これにともなってある程度の数が確保できるようになりましたので、通販も再開したいと思います。
是非、お買い求め下さい。ご連絡お待ちしております。




現在、タマゴを購入していただくには3通りの方法があります。

①直接、たまご屋さんまで来ていただく。
 たまご屋はちょっと山奥になりますので、ご足労をおかけしますがニワトリやタマゴについていろいろとお話が出来ると思いますし、天気が良いときのここからの景色というのもきれいなもんです。ぜひ一度お立ち寄っていただければと思います。
青見平のたまご屋さん(絹田)
長野県下伊那郡下條村睦沢7065(クリックでgoogle地図が開きます。)
0260-27-2302(夜間)
090-1768-9309(昼間)

②お店で購入する。
 たまご屋のタマゴを置いていただいているお店は以下になります。リンクがあるものは、クリックすればそのお店のHPや地図が開きます。

 ・てくてく飯田市
 ・およりてふぁーむ飯田市
 ・たろう屋(伊那谷を移動販売)
 ・生活菜園飯田市
 ・ふらっとホッと(阿智村ショッピングセンターピア内
 ・自然村(東京練馬区)
 ・メガテン上郷店(飯田市

③通信販売(宅配便で送る)
 タマゴを宅配便で送ると、送料の方が高くなりかねないので30個といった大量購入でしかおすすめしませんが、ご希望がありましたら地方発送も行います。
詳しくはご相談下さい。


④通信販売(他の購入サイト)
 GOEN(ご縁)というサイトで、紹介されています。


まだまだ、走り出しでご迷惑をおかけることがありますが、どうぞご賞味いただければと思います。
よろしくお願いします。

2013年11月21日更新

柿の季節

当地は市田柿と呼ばれる干し柿の産地です。

この季節になると、農家の軒先や乾し場、ハウスの中にオレンジ色のキレイな柿カーテンができます。
今回、写真が無いので載せれませんが本当に見事なモノです。

で、その干し柿には剥いた柿の皮がゴミとして出ます。通常、この皮は畑に肥料代わりとして戻されます。

が、ニワトリ達にとってはとっても貴重なエサになります。
この時期、生えている草もわずかとなり、もらったクズ野菜などを与えていますが、量的には足りません。
リンゴなんかも与えていますが、今はもう量的にもほとんどありません。
そんななか、この柿の皮は貴重な繊維質・ミネラルの宝庫。

「赤い柿を食えば医者が青くなる」という言葉もあるとおり、柿には栄養満点。
甘さの糖分(エネルギー)から、ビタミン、ミネラル、そしてポリフェノール(カテキン類)と素晴らしい成分です。
昨日から近くの農家さんからもらってきたものを与え始めました。

結構大量に出ますが、大半はまだあげないでドラム缶に詰めておきます。
時間が経つにつれてアルコール発酵→酢酸発酵と進み、春にはさらさらの柿酢になります。
冬の間は、この発酵分解しているものをだんだんに与えていきます。
酢になるので、健康的にもよく効くのかな?

なので、この柿の皮は冬の貴重な栄養剤です。

DSC_0383.jpg
ありがたいです。

DSC_0397.jpg
ニワトリ達も大喜び

DSC_0394.jpg
ヒヨコ達も初めはびっくりしていましたが、すぐにつつき始めました。

DSC_0391.jpg
この子もおすそ分け。
ぺろっと平らげ、7個くらい熟したとろとろ柿を食べてました。。。大丈夫か?

冬到来

こんにちは。

昨日の朝は強い霜が降りました。
なんと気温が-7℃・・・。
園芸用の簡易的な温度計なので誤差が2℃としても、-5℃。。。
今朝も冷え込み、同じように強い霜が降りました。
冬到来です。


DSC_0265.jpg
夜明け前

DSC_0272.jpg
もうすぐ日の出。
雲海です。この下には飯田市があります。

DSC_0273.jpg
そしてご来光

DSC_0279.jpg
霜がキラキラ輝きます。

DSC_0270.jpg
朝日がまだ当たらないところは寒そうです。

ただ、日中は日差しがあたたかく、作業していると汗ばみます。
これが、真冬になると日中も寒くなるんですよね。。。

寒いときはもちろん薪ストーブの出番です。
今年は3980円の鉄板ストーブではなく、奮発して10倍以上もする(中国製ですが)鋳物のストーブを買いました。
暖かくなるのはすこし遅いですが、熱がある程度蓄積するとじんわり暖かくて快適です。
ただ、薪をあまり準備していないのでどうしようかなぁと思っているところです。今年もだけど、来年の分もちゃんと準備して乾かしておかないと・・・

そして畑ですが、2回目に蒔いた大麦が発芽していました。

DSC_0243.jpg
すこし蒔き遅れなので、なんとかがんばって欲しいです。

DSC_0211.jpg
1回目のものは順調に成育中。

3回目に蒔いたものはまだ発芽しません。。。
さすがに収量は落ちそうです。多めに蒔いたんですけどねぇ~(汗

これから寒い日が続きますが、片付けやら冬の準備やらがんばりますよ~


DSC_0334.jpg
おまけ。
夕焼けの光が当たる南アルプス。
冠雪がだいぶんキレイに見えるようになってきました。


DSC_0302.jpg
さらにおまけ、冠雪した南アルプスとパシャリ。
お外で遊びたい盛り。
寒くないのかなぁと思いますが、本人はそんなことお構いなし。遊びまくりです。

豆の片付けとそばの収穫

今日はインゲン類の植わっていた場所をキレイに耕耘しました。
傾斜地を等高線に沿っての耕耘なので怖々の作業。春にも2回、転倒させているので慎重に作業です。


DSC_0141.jpg
目一杯車輪幅を広げます。

なんとか、耕耘はできました。
が、所々耕耘できていません。まぁ、転倒させるよりはマシでしょう。

うーん。
本気で不耕起栽培を考えています。
自然農法とかあまり興味は無いですが、どんだけ省力的にやるかを考えるとなるべく耕耘しないで収量を上げる方法を考えないと・・・と思っています。
耕耘するとエネルギーや労力もかかりますが、傾斜地だと、どんどん下側に土が運ばれてしまうんですよね・・・

なにか良い方法、ないかなぁ~


そして、そして。
倒れに倒れたそばの収穫。

本当はバインダーを使っての収穫を考えていましたが、ほぼ使えず。
やむなく、刈払い機で刈り、手作業での縛り。
そのうち、縛りもしないで地干しすることにしました。

DSC_0143.jpg
とりあえず軽トラに積み込みます。
こちらも省力的にどこまで収量を上げるかが課題です。


DSC_0138.jpg

前回蒔いた小麦が発芽していました。

FC2Ad