長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローバーの播種

雨の前に、クローバーの種まきをしました。

借りている畑は芝がきれいに生えている傾斜地で、この草を刈ってニワトリに与えています。
が、牛や羊などに与えるには適しているかもしれませんが、やっぱりいろんな草が生えないかなぁと思うわけです。

で、とりあえず、ニワトリたちはクローバーが好きなので、クローバーの種をまきました。
さすがにそのまま蒔くと芝に負けてしまいますので、一度小さな耕運機で起こしてからの種まきです。

DSC_1075.jpg
全面ではなく、部分的に起こして種まきです。

傾斜地はあまり耕すことはせず、果樹類を植えていこうと思います。
スポンサーサイト

蕎麦畑

昨年の秋に収穫した蕎麦の畑を耕しました。
本当は、秋ソバ(夏播種→秋収穫)を考えていて、夏まであまりさわるつもりではなかったのですが、冬の間にいただいたガソリンエンジンの耕運機でためし掘りをしたあと、よくよく見てみてみると、なんとソバが発芽していたんです。

よーく見ると、耕していないところも雑草に混じってソバがちらほら。
秋の収穫時にこぼれた実が発芽したようです。
で、欲が出てきた(笑)ので夏ソバ(春播き→夏収穫)にも挑戦です。
ということで、ディーゼル耕運機(あれ?ガソリンタイプは?)でちゃちゃっと耕しました。

やっぱりディーゼルはトルクがあります。
うーん、何とか傾斜でも安全に使える方法はないのでしょうか?
どうしても斜面の下から上に向かって耕すので、どんどん土が下に移動してしまいます。

DSC_1033.jpg
1時間で、3畝分ほどが耕し終わりました。

すこし雨が続くようなので、順調に生育してほしいです。



そういえば、もうそろそろストーブとはおさらばシーズンですが、エコファンというものを買いました。
このエコファン、ストーブの熱を利用して電気を起こし、プロペラを回して室内の空気の対流を促して、暖房効果が14%アップするとか。

DSC_1034.jpg
DSC_1035.jpg
まぁ、14%とまではいかなくてもストーブまわりの暖かい空気を攪拌してくれるので、効果はあると思います。
来シーズン、活躍よろしくね~

プリン、限定販売します。

事前告知が遅くなってしまいましたが、というか当日になってしまいましたが、プリン限定販売のお知らせです。

去年も同じ時期にやっていますが、人気だったため、再度作っていただくことになりました。


ちょっと固めのタマゴがしっかりしたタイプのプリン。
その名も
『絹田さんのたまごで作ったプレミアムカスタードプリン』
です。

販売期間ですが、
2014年4月17日~20日までの4日間

です。
1544538_853730431309345_3159491840181799239_n.jpg

また、この商品も同時に限定発売。
10246614_597659776996777_7685371975113655312_n.jpg

食べたいという方は、是非ご予約して買いに行ってくださいね~


販売店舗
キャトルフィーユ(←クリックで地図表示)
〒395-000
長野県飯田市座光寺3793−1
0265-48-0281


おいしいですよ~

自家製ラーメン

先日、知り合いに手伝ってもらって1代目のニワトリを屠殺・解体。
1代目は2011年7月にヒヨコから買い始めたコッコ達で、本当に良く産んでくれたし、我々の経験の犠牲になってくれた。本当に感謝したい。
そんな1代目もあとすこしで産まれて3年、生物としてはもっと生きるやろうけど、経済的な寿命では2年から2年半が一つのラインとするこの養鶏業界。

当たまご屋でも、だいたいそれくらいと感じていて、この冬にワークショップイベントも開きながら、命を戴いてきました。

そんな1代目も残り20羽。その残りのウチ数羽を今回戴きました。
せっかく手伝っていただいたので、その日の夜は挽肉にして、肉団子の状態で鶏すき焼きとしていただきました。
(鶏肉のすき焼き、本当は鶏肉の切り身を使って酒、醤油、砂糖で味付けていくすき焼きと同じ。今回は肉団子を使いました。)

そして、残りは鶏の美味しいスープに。

そして、いつもスープを取るたびに「もー」から美味しいラーメンが食べたいとのリクエスト。
ちょうど、一昨年のだけど、中華麺用の小麦品種「ハナマンテン」の製粉を終わったところだったので、早速中華麺作りに挑戦しました。
材料は粉、卵、塩、重曹、水です。

適当に捏ねて、袋で熟成。

10153252_558887334218988_4801390258481090372_n.jpg
パスタマシーンで圧延と裁断して、中華麺のできあがり。

10155816_558887287552326_8148167322637569212_n.jpg
適当に茹でて、スープは醤油を足して味を整えて具材をのせて完成です。

1977136_558887317552323_5760679738788513204_n.jpg
麺はプリップリ、スープは旨みたっぷり。
ふすまが多く含まれているので色は茶色になりますが、風味は抜群に良いです。

小麦粉、2種の醤油のうち1種、卵、ネギ、スープの鶏はすべて自家製。
買ったのは松岡屋醸造の醤油、塩、豚肉、スープに使った野菜(知合いから)、海苔でしょうか。

まだまだ依存しているけど、なかなか完全自給は難しいし、正直目指していません。(物々交換が理想です。)

よーし、色んな命と要素を戴いたから、明日からがんばりますよ~。

三寒四温

4月に入って1週間が経ちました。

日中はどんどん暖かくなって、晴れた日に鶏舎や畑で作業をしていると汗ばんできます。
と思ったら日が陰ったり、朝晩の日が傾いた時は急激に寒くなります。
昨日は朝起きると、10cmくらいの積雪があったりもしました。ま、この雪は霧のあと太陽が顔を出すとものの30分ほどで解けてしまいましたが。
まだまだ朝晩は氷点下になり、今朝は-3℃でした。もちろん霜が降り、霜柱も結構大きいのが出来ています。
(体感的な)日中との寒暖の差が激しくなってきましたが、どんどん暖かい方向に向かっています。
隣の飯田市では桜が満開。当地でもちょろちょろと咲き始めてきたようです。

暖かくなってきて、木の新芽が出てきたり、クローバーやホトケノザの成長ぶりを見ていると、あれもやらなきゃこれもやらなきゃと、焦ってきました。
ひとつひとつですが、きっちりこなしていこうと思います。

DSC_0985.jpg
日の出まえの美しい南アルプス

麦の中耕

ようやく雪が解け、先日の雨で湿った土も昨日からの良い天気で乾いたので、今日の午後数時間ほど管理機で麦のすじ間の中耕作業をしました。

冬の間は基本的にニワトリの世話と家のまわりの片付け、細々した作業などだったので、久々の畑作業です。今年の農作業初めですね。

傾斜地の管理機での中耕は去年の大豆に引き続き2回目ですが、やっぱり大変ですね。
作業も大変ですし、土もどんどん谷川に流れていくので、ちょっと考えどころです。
どんどん山側の傾斜がきつくなるので、ある意味そこを畦として考えるのもありかもしれませんが、せっかくの農地、全面を有効活用出来ればなぁなんて思ってしまいます。
(↑こういうもったいない根性は稼ぐ農家はしないようですね。私はどうしても、「もったいない」と思ってしまうことが多々あります。)

まぁ、果樹もやりたいので考えどころです。

DSC_0954.jpg
こんな感じで作業してます。
中央の2本の白樺?(シラカンバ?)の幹やその右側にある松の茶色い幹が垂直です。どれくらい傾いているかおわかりになりますか?

これくらいの傾斜はディーゼル耕耘機で等高線に沿っての作業(写真と同じ向き)をするにはギリギリの傾斜です。実際、何度か転かしかけてますからね(-_-)



小麦粉の販売再開します。

実は一昨年の冬に一度記事にしたのですが、引っ越しがあり、受付をいったん停止。
引っ越しが終わったあと、自作の篩の改良を行ったら今度は篩のモーターが故障。。。
と、トラブル続きでしたが、先日、モーターも新しいものに付け替えました。

ようやく、小麦粉の販売開始します。
価格など詳細は以下の記事よりご確認ください。

小麦粉(受注生産)


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。