長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやくの雨

待ちに待った雨が降りました。

今日の天気予報は午後3時ごろから雨。
それまでにやっつけちゃえ~って、朝からコッコたちの基本作業を終え、午前中は秘伝豆やナカセンナリ大豆の中耕・培土作業。

お昼は牛のバイト。
その帰りに、薪こうばからコッコたちの床に引くチップを貰い、14時に昼食。

その後は中耕の続き・・・と作業してたらゴロゴロと雷。

大粒の雨が落ちてきた~やった!!
と思っていたら、晴れてきました・・・

あれ?ヤフーの雨雲レーダーで見てみると、ウチの周りだけ避けられてる・・・
先日植えたインゲン類とか、もう本当に水をくださいって感じですけど、ダメですか?

と半ばあきらめていたら、30分後からはげしい雨。

わーい、恵みの雨だーとようやく一安心です。

大豆の除草を、早く行うために中腰で作業していたらちょっと腰を痛めました。
明日は養生しようとおもいます。

今日もバタバタしていて写真はなしです。
スポンサーサイト

ジャガイモ初収穫

今日は、春先に植えたジャガイモの初収穫。
地上部がようやく枯凋した(枯れた)ので、晴れ間が続いている今のうちに掘り取りです。

といっても、4種類植えたうちの1つ、メークインです。

他には十勝こがねと、貰ったジャガイモを種芋にして植えたもの(たぶん「はるか」と「シャドークイーン」)が植わっています。
が、これらはまだ茎がしっかりしているので、もう少し待ってみようと思います。

DSC_1668.jpg

で、メークインですが、1kgの種芋で30kgくらい取れました。
通常だと、1kgの種芋から10kgに増えるので、その3倍くらい収穫できました。

ウチの鶏糞とアミノ酸肥料をたっぷりやったおかげでしょうか。
地上部の食害も無く、イモにはすこしそうか病が出ましたが、結構良質のイモが取れました。
といっても、明らかに肥料が多すぎたので、2次成長はおろか、5次、6次成長と思われる金平糖のようなイモもちらほら。
商品にはなりにくいですね。。。

ですが、自家用なので問題ないんです。
腐らせないように、美味しくいただきます。



SBSH0087.jpg
この子も「うわ、わぁ、わぁ。」と大喜び。
鼻水出ちゃってますが・・・

冷たいうどんやそばのつゆに

この時期、暑いですよね。ソーメンとか、冷たいうどんとかが食べたくなると思います。

そんなときに是非、つゆの中に黄身を落としてみてください。
つゆのコクが数段アップします。

つゆは、出来ればちゃんと出汁を取ったものにしてくださいね。せっかくの黄身の旨みが台無しなので。。。

DSC_1646.jpg

雑草の効果(生命の神秘)

ちょこちょこと大豆の除草をしています。

今朝、草を鎌で刈る作業をしていて気づいたのですが・・・

DSC_1652.jpg
シロザやアカザやコンフリーの根元の土が湿っています。

大豆は?と見てみると、まったく湿ってません。
イネ科も多少湿ってますし、小さい雑草が密集しているところ(草が茂ってました。反省・・・)は結構湿ってます。

今朝は朝露が植物体に降りたのですが、それが集まって茎を滴り、地面まで到達したようです。
雑草がすこし生えていると、作物が乾燥に強いと言われているのを知っていましたが、ただただ、地面の湿り気が飛びにくいくらいに考えていましたが、雑草が朝露を集めて地面に供給してくれるとは思いませんでいた。

こう考えると雑草といわれる草がどれだけ苛酷な環境に適応しているかよくわかります。
その時々で環境にあった草がはえてくるのでしょうね。
本当に生命の神秘だと思います。

ウチではもちろん草は抜かず、(通路の草は抜きます。というか、中耕すると生えてこなくなります。)
作物の株元の草は鎌で刈り取ります。作物が雑草に負けないようにすれば(ある程度大きくなれば)問題ないと思っています。

今回のことで、自分のやっていた方法が、それなりに間違ってないことがわかりました。
もちろん、除草の手間はかかりますが、潅水環境が良くないことを考えると、一長一短でしょう。
天任せの水やり(つまり雨)ですからね。

去年みたいな旱魃・日照りにならないことを祈ります。


キタノカオリの脱穀

今日、最後の小麦「キタノカオリ」の脱穀を終えました。

先日の豆の準備で脱穀が遅れていましたが、ようやく終了です。

DSC_1649.jpg


DSC_1650.jpg


今年はマイマイガが大発生し、小麦の葉っぱをたくさん食べられました。
早生や中生の品種は葉っぱを食べられる前に成熟をむかえられたのですが、キタノカオリは他の小麦よりも2週間くらい収穫が遅かったので、他の品種にいたマイマイガが全部キタノカオリに集中したみたいで、成熟期には葉っぱがまったく無いといっていいくらいでした。

そのせいか、束も軽く、案の定粒の成熟もあまりよくなかったように思います。

うーん、マイマイガめ~。

豆の定植が終わりました。

梅雨が明けてしまい、日照りが続く中でしたがようやく豆類の定植が完了です。

京都から助っ人を呼んで、3日かけての定植です。

播種器で蒔いた場所もありますが、先に床蒔きして大きく育てた(育ちすぎた)苗も植えました。
播種器のは播種時期が遅くなりましたが、今回定植した苗と比べて収量やら育ちの速さやら、いろいろ比べてみようと思います。

SBSH0077.jpg
播種器で蒔いたもの

SBSH0079.jpg
ちょっと定植しました。
土が乾いているせいか、葉っぱが黄化しぎみです。


SBSH0078.jpg
竹を支柱がわりに挿していきます。

SBSH0083.jpg
ツルタイプも定植完了。


SBSH0084.jpg
ツルなしタイプもOKです。


今年植えた豆類は

大豆類
・エンレイ
・ナカセンナリ
・秘伝(青大豆)
・あやみどり(青大豆)
・茶大豆
・黒千石大豆(小粒黒大豆)

インゲン類
・シャチ豆
・トラ豆
・さくら豆
・貝豆
・霜ささげ
・べにしぼり
・手亡
・金時

花豆類
・白花豆
・紫花豆

あずき・ささげ類
・黒小豆
・小豆
・大納言小豆

の合計20種類。

さてさて、ちゃんと収穫まで持っていけるかが問題です。
草取りと適期収穫をちゃんとしていこうと思います。



DSC_1640.jpg

DSC_1642.jpg
大豆(エンレイ)の生育がゆるやかだったのでアミノ酸肥料をあげて、中耕培土しました。
大きくなあれ

初収穫

4月終わりに植えたジャガイモ。
ウチの鶏糞やアミノ酸肥料をたっぷり与えたせいか、地上部の生育が旺盛で、2度、3度と花が咲く始末。
いわゆる「つるぼけ」の症状が出て、地上部がよく育つけどイモの生育が全く・・・なんてことにならないか心配したんですが。

SBSH0081.jpg
意外と、大きいの取れてました。

これはフライドポテト用の十勝コガネ。
早速フライドポテトにしようと思います。

キタノカオリも収穫

連休は天気が悪い予報で、今日は朝から小麦の脱穀と、まだ畑に残っていたキタノカオリの収穫をしました。

脱穀は先日刈り取ったシラネコムギやゆめかおり、それまでに刈り取っていた農林69号やキタカミ、南部小麦、ハチマンコムギなどで、今日刈り取ったキタノカオリ以外はすべて脱穀しました。

今回、ハザ干しはせず地干しなどいろいろな方法を試しましたが、やっぱりハザを作って干すのがよさそうです。
ま、何事も挑戦して試してみないとですね。

キタノカオリの収穫は、こちらもそれなりに大変でした。
というのも、播種をちょっと変えてみたからです。
北海道方式を真似て、まだ大豆が植わっている間に条間にばら撒きしてみたのですが、蒔くタイミングも悪く、列もしっかりとならず、発芽から収穫までちょっと難有りというところでしょうか。

DSC_1606.jpg
バインダーでの刈り取りですが、条がところどころ太いのでちゃんと刈り取れないところが続出です。
刈り取れないところが多かったので手刈りも行いました。


DSC_1607.jpg
ちなみに上側はこれからインゲン類を植えるところ


DSC_1608.jpg
下側は大豆「エンレイ」が植わっています。


SBSH0070.jpg
刈り取った後は、早速耕しました。
ガソリンタイプの耕運機で、ざぁっと。さすがにディーゼル耕運機で等高線に沿っての耕運は倒しそうで出来ませんでした。

とりあえず、小麦もひと段落ですね。


そういえば、キタノカオリを刈り取っているとき、異様なにおいがしました。
ひょっとして小麦が雨に当たりすぎて腐っちゃったかなぁ~なんて心配しながら刈り進めたのですが、麦自体は変なにおいもなく、手でこすって脱穀(というのか?)をして、粒を確認しても結構良い状態でした。
あれ~?なんて思いながらよくよく束を見てみると。

・・・

あれ?


SBSH0068.jpg

DSC_1609.jpg
犯人はこれかな?


SBSH0069.jpg
単品でみるとこれ。


これ、なんだかわかりますか?
昨年から全国的に発生しているマイマイガのさなぎです。

ですが、どうやらこれ、途中で死んじゃっているみたいなんです。
だからつぶれて異臭がしていたみたいです。


マイマイガ、通常は3年くらいで大発生が落ち着くみたいですね。
寄生虫だったりウイルス性だったりで、自然の浄化作用というものなのか、大発生するとそのあとは落ち着くような作用が働きますよね。本当に自然の緩衝作用って良く出来ていると思います。

ウチの畑でもマイマイガの幼虫が少なくなってきたなぁと感じます。
柿や梅にたくさんついていたのですが、今は劇的に数が少なくなっています。

寄生虫のコマユバチも時々見るし。
(マイマイガの幼虫が死んでいて、周りに白い米粒のような繭があればコマユバチみたいです。)

岐阜でもウイルスがはやっているって記事もあったし。
(なんか「へ」の字型にぶら下がって死んでいるらしいです。ゾンビウイルスとかいうらしい。)

ウチのも何かにやられてしまって、孵化せず死んでしまっているのでしょう。
そろそろ浄化というか、なんというか、自然の緩衝作用が始まるんでしょうか。

草刈・除草と中耕

昨日、播種したのでこれから畑の作業は、ほぼ草との戦い。
(実は、先日耕したところに、豆の苗を定植するという任務が残っていますが。。。)

とりあえず、管理機での中耕作業と、その作業でとりきれない株もとの草を刈ったり引っこ抜いたり。
で、今日は遅れて播種した青大豆の「あやみどり」の中耕をしました。

DSC_1603.jpg
30年選手の管理機でぎりぎりまで頑張って中耕
(たまにやりすぎると豆まで掘っちゃいます。。。)

DSC_1604.jpg
これくらいのタイミングで中耕するとほとんど草の影響は無いですね。

あとは、先行して小麦があるうちに植えたエンレイの中耕もしました。
残った時間はひたすらコンフリー掘りや鎌での株もとの草刈です。

でも、美味しいお豆のためには頑張りますよ~

種まき終了。

今日、播種機を使ってインゲン類や小豆類の播種をしました。
先行して、床まきして苗作りはしていたのですが、意外と畑が余ってしまったので(もったいないと欲が出て)今更ながら播種してみました。

先日、終わらなかった耕運機での耕運もちゃっちゃと終わらせて、播種機ごんべえさんで無理やり蒔いてみました。

今後、麦類と豆類の輪作をすることを考えると、このタイミングでの種まきで、どれくらい収量があがるのかを確認してみる良い機会かもしれません。
ひょっとしたら、秋の長雨に重なって腐っちゃう可能性もありますしね。
まぁ、何事も挑戦です。

ばたばたと作業していたので写真はなし。
まぁ、備忘録ということで。。。

まだ梅雨

台風は特に被害も無く行っちゃって、晴れが続くかなとおもったら微妙な天気

ただ、雨の影響で植物の成長がはやい。特に雑草ね。

今年から新しく使い始めた場所にまいた大豆も、雑草に覆われ始めました。
厄介なのが宿根草で毒草のコンフリー
地上部を刈ってもすぐ伸びてくるし、耕してもこれまた伸びてくる。「耕して根っこ部分を拾って」を繰り返すしかないんですけどね。

14052917420.png
ところどころコンフリーにやられてます。

14052917060.png
中耕である程度は防げますが、根本的な改善にはならないですね。


先日刈り取った麦の後には小豆などインゲン類を植えるつもりですが、麦の株や生えてきた雑草があるのでこれを起こさないといけません。

14052965880.png
台風の後、地面が乾くのを待って耕運してた。

んですが、予定より早い雨が降り出し時間切れ。
あと1/4を残して終了です。

14052965690.png
インゲン類の出芽も順調です。

14052965510.png
キタノカオリは・・・どうなんでしょうか。雨が続いているのと、マイマイガに葉っぱを食べられてしまったのとで、ちょっと生育や麦の品質が心配です。


麦の刈り取り終了

今週末、台風が来るようですね。

天気予報を見ていたら週末の台風接近までほぼ雨。唯一晴れ間がありそうなのは今日のみ、ということで、あわてて麦刈りをしました。
残っていたのは南部小麦の一部、ゆめかおり、シラネコムギ、農林69号、キタカミ、ハチマンコムギの6品種。
ゆめかおりとシラネコムギ以外は、タネ用の継代とちょっとした味見用に栽培してるだけなので、量はしれているんですが、なにぶん傾斜地での刈り取りは本当に骨が折れます。いや、腰が痛くなります。

ちょうど、すじとすじの間を管理機で中耕除草するのですが、耕した土が斜面下側の株のそばに集まるので、株の付近はちょうどあぜのようになって余計傾斜がきつくなります。

で、刈り取るのも大変ですが、刈り取った束を集めて運んで干して、という作業も結構大変です。
ちょっと刈り遅れ気味なので軽くはなっているのですが、それでも300束くらいは運んだでしょうか。

夕方から夜にかけて雨が降り出すとの予報が出ていたので、あわてて助っ人をお願いしての刈り取り作業でした。
やっぱり1人で作業するのと、2人ないし3人で作業するのとでは作業効率が2倍や3倍「以上」になりますね。

まだまだ熟が進んでいないキタノカオリを残して、麦刈りが終了。肩の荷がひとつ下りました。

P7060441.jpg
シラネコムギ(左)とゆめかおり(右)

P7060444.jpg
農林69号(左)、キタカミ(中央)、シラネコムギ(右)

P7060449.jpg
ハウスの中で地干しです。

P7060434.jpg
北海道品種のキタノカオリはこんな感じ。


先日刈り取ったゆきはるか、ユメセイキの後はこんな感じになりました。

P7060447.jpg
ちょっと草が生えていますが、大豆が大きくなってきました。

P7060448.jpg
ま、草もあると昨年みたいな過乾燥のときには湿気を保ってくれるので、刈るだけで抜かないようにしてます。

P7060437.jpg
インゲン類も芽が出てきました。
今回刈り取ったところを耕して定植していこうと思います。


中耕と補播

タイトルの日本語あってるのかな?補うために蒔くってことだけど・・・

先日刈り取った小麦の条間には大豆を植えていました。
この芽を出した大豆を踏んだりしないように刈り取ったのですが、さすがに雑草が生え始めています。
なので昨日、中耕を行いました。

この大豆も播種機「ごんべい」さんを使って、まだ小麦が青かったときに蒔いたものです。
草取りが大変ですが、秋の麦の播種を早くできると思うので頑張ります。

そして今日は中耕できずに残ってしまった草刈りと、あいだが空きすぎた欠株に播種しました。

雨の合間に急いで作業したので写真はありません。ま、いいか。



そろそろシラネコムギとゆめかおりが刈り取り適期に入りつつあります。
天気を見ながら刈り取っていこうとおもいます。

麦の刈り取り

大麦に続き、小麦の刈り取りも始まりました。
ハザを作って、コレに干す。というのが本来ですが、今後の経費削減(→労力削減)のためにいろいろ試してみようと思っています。

まずは、粒干し。
ある程度、畑で生えたまま乾燥させて、バインダーで刈り取り後すぐ脱穀。
P7010226.jpg

大麦では意外と難しいかも。という感じ。
いや、小麦でも同じかも。

というのは、大麦は成熟が進みすぎると穂首が折れて、わらだけになってしまいます。なので運んでるそばからぼろぼろと地面に脱穀されてしまいます。
小麦はというと、大麦みたいに穂が全部落ちるわけでは無いですが、粒がぽろぽろと落ちてしまいます。
といっても、成熟が進んでない状態で刈り取り・脱穀してしまうと、シートに広げて干すのが意外と大変。結構な水分を持っているので、あんまり厚い層になると蒸れてしまうし、薄く広げると場所をとってしまうしで、難しいですね。

写真のは結構水分が高いので、頻繁にかき混ぜて表面と下のほうにある麦とを、なるべく交換させるようにしています。

次が地干し。
P7010225.jpg

前述の粒干しでいろいろと苦労した(するのがわかった)ので、急遽変更。
枠とかを作って、そこに刈り取った束を立てかけて乾燥。茎を切っているので地面(=根っこ)からの水分供給はほとんど無し。粒がどんどん乾いていくことを期待しています。

ウチはハウスが小さく、ハザを作るのも一苦労(6段とかにしなきゃだめなので)、干すのも一苦労(脚立に上って1束1束は本当に大変)なので、どうやって労力をかけないで効率よく作業を進めるか(もちろん消耗資材は使わず)が一番の悩みどころです。


P7010217.jpg
今年も大活躍です。3000円のバインダー。
いろいろ傷みはありますが、まだまだ現役です。これからもよろしく~

オムレツ トウモロコシのソースを添えて

期間限定ですが、当たまご屋のタマゴを食べられる場所のご案内です。

いつもお世話になっているフィラーレグループの「ナチュラルキッチンTESSHIN」にて7月31日までの限定提供です。

今回は、「オムレツ」。トウモロコシのソースをつけて食べるようです。
ウチの玉子は臭みも無く、濃厚な旨みがたっぷりだと思っています。

このすっきりした旨みにトウモロコシの香りとほんのりとして甘みが・・・と想像するとたまりませんね。

7月31日までのディナーでの提供になります。
是非、ご賞味ください。

--------------------------------------

ついに始まりました!
フィラーレ各店舗No.1決定イベント
〜キングダム〜
今回のテーマは 玉子!
テッシンでは、青見平の養鶏家 絹田さんの玉子を使用しました 体に優しいオムレツでございます。
正直な所、斬新なアイデア、奇抜な発想
はございません…
ですが
絹田さんが優しくのびのび育てました玉子、とても上品な味わい、その優しい味を邪魔しないほんのり甘みのあるトウモロコシのソースを合わせ、何処かしら懐かしく ほっ とする一品に仕上がりました。
期間限定 7月1日〜7月31日 ディナー営業のみとなっております。
一度 ご賞味頂けたら嬉しく思います。

10478584_691937800885221_6009784441258036207_n.jpg

--------------------------------------

ちなみに、同系列店の他5店舗でも別のタマゴを利用したタマゴ料理を提供しています。こちらも是非!!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。