長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

機械整備と中耕

本当に春になってきました。
梅が大分と開花し、昨日は朝息子と作業しているとウグイスの鳴き声が聞こえてきました。
本当に、ホーホケキョって美しい音色ですね。

さてさて、そんな中、今日は機械整備です。
そろそろ使い出す機械に燃料を入れ、ちゃんと使いたいときにすぐ使えるようにしておきます。

冬に入る前にガソリン等は抜いて、成分が固着しないようにとしていたのでガソリンを入れるだけで使えます。

と思っていたら、2つ、ガソリンが入りっぱなしでした。
あれ?何故なのでしょう?こういうのを無くしていかないとですね。

20150331160445.jpg
まずは草刈り機
手前の青いのに燃料が入りっぱなしでした。
キャブクリーナーでニードルと呼ばれる霧状にする部分を洗浄するだけで動くようになったので一安心です。
(最悪分解清掃だったので、時間は5分と30分くらいの差がありますからね。)


20150331162406.jpg
そして管理機。(写真左側の小さく写っている機械)
早速、雑草が多い麦の畝間を中耕してみました。なかなか良い感じです。

あと、ガソリンの耕耘機とロータリーモア-も問題なく動いたので、準備はばっちりというところです。

造成

近くの農家さんからバックホーを借りてきたので、造成中です。
とりあえずは、鶏舎まで行く道がでこぼこ、且つちょっと傾斜があるので、雨や霜でぬかるんでしまい、車が動けなくなることがあるので、ここを整地するのが一番の目的。

20150324114904.jpg

20150324114909.jpg

人生で3回目の操縦なので、まぁ慣れたものです。
と思っていますが、プロからすると全然駄目なんでしょうね。

まぁ、それなりになればなので、頑張ります。

あと、借りてる間に、もう2,3カ所くらい根っこを掘ったり、整地したい場所があるけど間に合うかなぁ?

太陽熱温水器

(写真が多く、容量もそれなりなので、少し重たいページになっています。)
太陽熱温水器を買いました。

え?今更?太陽光発電じゃなくて?っていう声も聞こえてきそうですが、太陽熱温水器です。
ノーリツとか朝日ソーラーとかコロナなどが有名ですが、今回は無名の中国製を購入しました。

でも、根本的に一般的な古くからある物とは違う物です。
というのは、真空管の「ヒートパイプ式」というものを使ってるからです。

黒い熱を集める部分がありますが、その中には水ではなく銅の棒(少し銅管)が入っており、この銅が水が入っているタンクの中に挿入され間接的に熱が伝わるという仕組みです。(真空になっている2重ガラスに覆われているので集熱の欠損はほとんどありません。)
当地では真冬に氷点下13℃を下回ることがしょっちゅうありますので、旧来の集熱部に直接水が通っているものでは、凍結破損の恐れがすごく高まります。

今回購入したヒートパイプ式は、タンクの凍結という心配はありますが、保温材もあるので氷点下10℃くらいなら1週間くらい曇りが続かないと凍らないと思います。(もちろん配管や継ぎ手は養生しないとですが。)
あとは、基本的にタンクには間接的に熱が伝わるので気密性が高く、水道直結式に出来るので、旧来の物のように水圧を作り出すために落差を作り出す必要が無く、地上設置が出来る(屋根に置かなくても良い)というのも自分で施工しやすいですね。

購入した物は基本的に部品が送られてきて、それを自分で組み立てるか地元業者に頼んで組み立て設置してもらうかですが、ウチは金がないのでもちろん前者で、自分で設置しました。

送られてきたのは「タンク」、「架台」、「集熱部」×2の4箱、それなりに大きいです。

201502281.jpg
タンクと右側の細長い箱(架台(フレーム))

201502282.jpg
集熱部(真空管ヒートパイプ)2箱

20150303155201.jpg
事前にワッシャーが無くて怖いと言う意見があったので購入しておきました。

そしていざ組み立てです。

201503041.jpg
付属のナットボルトが薄い。

201503042.jpg
そして、定型よりも少し大きいという中華クオリティ。(ソケットレンチが奥まで入りません。)
中華製品は見様見真似で規格が適当。とバカにされているのは知っていましたが、まさか、彼らも頑張って作ってるんだから・・・と思っていました。でもこれはちょっと困りました。
コピーのコピーの・・・の繰り返しでどんどん原型よりおかしくなっているのでしょうか?

そんなこんなにもめげず、とりあえず組み立てていきます。

20150303155207.jpg

20150303161646.jpg
タンク以外の架台が完成。

20150304153716.jpg
ソケットレンチが使えないのでこちらを使って組み立てです。

20150304162917.jpg
そして設置場所に移動して、タンクも据え付けてみました。

20150306124822.jpg
タンクの出水(出湯)口の大きさは3/4インチなので1/2インチに変換します。

20150306124833.jpg
入水側も同じように1/2インチに変換しますが、こちらは圧力安全弁も設置します(付属でした)。

20150315152227.jpg
そして配管は冬場の凍結に備えて埋め込みます。
入水側は2層の水道用ポリ管。出水側は高熱に対応出来る架橋ポリ管に5mmの保温材が巻いてあります。

20150315152233.jpg
40cm以上は埋めています。

20150315152241.jpg
配管の立ち上がりの部分は電熱線を通して保温材をぐるぐるに巻いて、凍らないようにしています。
あとは継ぎ手の部分を保温すれば、凍結対策はばっちりかと。

20150306105441.jpg
ミキシングバルブという部品とボール弁を組み合わせて配管
ミキシングバルブはサーモスタットが入っていて、希望の温度になるように水とお湯を混ぜてくれる部品です。

20150322083636.jpg
そして、真空管ヒートパイプを接続して完成です。
真空管ヒートパイプは一つ一つ銅管に熱伝導性の高いシリコングリスを塗って差し込んでいきます。ガラスなのでちょっとした衝撃で割れてしまうので、ここは手伝って貰って2人でやりました。

20150327182019.jpg
付属の温度計で温度が測れます。
だいたい、今の時期だと1日でずっと晴れていると30℃以上、すこし雲があると20℃以上水温が高くなります。

20150324072749.jpg
朝の日の出から1時間ちょっとで5℃ほど上昇しました。

まだ今の時期は水道水はかなり冷たく、お湯側をひねるとボイラーを付けなくても冷たくない水が出るのはありがたいです。

最後に。
これは太陽熱温水器に非は無いのですが、この温水器の利点が水道直結式で、配管によっては、そのぬるくても温かくなった水がボイラーで加熱出来る。というのが良いなぁと思ったのです。
が、当家にある給湯ボイラーで試したところ、30℃くらいの水を入水すると何故か加温してくれない・・・
当家は追い炊き機能が無いボイラーなので、風呂が冷めると熱い湯を入れるしかないのですが、これだと使えないんです。
なので、とりあえず50℃に下がるまで温水器のお湯を湯船に入れ、50℃を下回ると水道からの水に切り替えてボイラーでわかしたものを入れています。
完全に燃料フリーでは無いですが、まぁ、無いより全然ましなのでありがたいです。
夏が楽しみですね。

地元のお祭り

今日はお祭りがありました。
住んでいる地区は下條村の親田の長原という場所ですが、この親田地区には太子堂という場所があります。

聞くところによると、少し前までお坊さんが住んでいたとか。

で、その太子堂の春祭りがあったのですが、今回は私の地区が当番で、準備やらを手伝ってきました。
太子堂の太子っていうのは聖徳太子の事だそうです。


20150321094002.jpg
のぼりや吹き流しを立てたり

20150321094411.jpg
花を飾ったり、

20150321094944.jpg
太子像を立てたり

20150321092652.jpg
一番の重要アイテムは掛け軸。
結構というか、すごく古い物みたいです。

20150321094815.jpg

20150321094831.jpg
年代物です。

こんな品が残っているのは本当にすごいです。
毎年、飾っているんだと思いますが、継続していきたいですね。



最後は飲んでおしまい。

ちょっとおなかの調子が良くなかったのでビールとか軽い物で済ませようと思ったら、清酒と焼酎しかありませんでした。。。
まぁほどほどに。(笑)

春の陽気

今日は、朝は霧で曇っていましたが、昼前からは霧もスカッと晴れて、ぽかぽか陽気でした。
作業しているとすぐ汗ばんできて、おぉ、春がきたぞぉと言う感覚。
気温も20.4℃と20℃越えでした。

20150317112409.jpg
きれいに晴れて暖かいのにすっきりとアルプスが見えました。

ニワトリ達も最近の暖かさからなのか、日長の長さなのか、春を感じているようで、緑餌(草)を欲しがっているようです。
いつもおからと草のサイレージを同時に与えているのですが、2月~3月上旬は草なんでほとんど見向きもしなかった(とりあえずおから優先だった)のに、ここ1週間ほどは緑餌に執着する個体が増えた気がします。

20150317114102.jpg
奥の餌箱におから、手前の床にサイレージ。
サイレージ大人気。

20150317114037.jpg
好みの葉(や茎や実)をついばんでいます。

草にはヨモギも入っていて、ヨモギ好きな子もいます。
(今朝食べた卵2個のうち1個は、黄身がヨモギの香りがしていました。皆様も是非探してみてください。)


ちょっとずつですが、草も伸び始めてきました。
去年よりも麦や草の伸びが早い気がしますが、去年は2月に降った大雪のせいで、根雪がずっと残ってたんでしょうね。
下條に来て3回目の春ですが、1回目は引っ越しでばたばたしていて、よく見てなかったので、まだ2回目の春。まだまだこの土地の感覚が養えてないですね。

20150317112455.jpg
クローバーが芽吹いてきました。



20150317150417.jpg
知り合いを通じて古米、くず米を200kg弱ですが頂いてきました。
まだまだ募集していますので、少量でも古米くず米などありましたらお声かけ下さい。
左のオレンジ色はにんじんジュースの絞りかす」です。これもニワトリ達は大好きです。

餌がどんどん変化しますので、この時期の卵の味をお楽しみ頂ければと思います。

産卵数が増え始めました。

昨日、今日と冷え込みがぐっと来ています。
昨日に引き続き、今朝も氷点下7℃。

それに加えて昨夜から降った雪が3センチほど積雪していました。

そんな中ですが、ニワトリ達の産卵数が増えています。
(ここ2日の寒さでまた減ってしまうかもですが)

ありがたいことです。
いつも卵を産んでくれているニワトリ達に感謝ですね。



寒さの中ですが、今日はニワトリ達のお命を頂戴しました。
頂いたのは、去年春に入れたヒヨコたちのうち、何故か肉用と思われるヒヨコが混じっていて生き残った1羽と就農した際に導入したヒヨコ達のうち3羽。

肉用と思われるヒヨコは他のニワトリ達に比べて2倍くらいの体重。明らかにおかしいです。
今の時代、ニワトリでも肉用は短期間でたくさん太るように。卵用は卵を毎日長く産むように改良されています。
経済的な意味では理にかなっているのだと思いますが、少し変な気もします。しかしながら仕方ないといえば仕方ないです。

肉用だと思われるコッコはそのまま肉として、もうほぼ4年飼っているコッコ達は(肉は硬いので)よく煮込んでスープとしていただきます。

P3121886.jpg
唐揚げ。とささみはフライで

P3121890.jpg
噛むと肉汁がほとばしります。これでも胸肉です。

P3121888.jpg
ちゃんと命に感謝して食べるということ。

いつも命をありがとう。


真冬日

しばらく暖かい日が続いていたのですが、急に冷え込んで今日は真冬日でした。
(真冬日・・・最高気温が0℃以下の日です。)

3月に入っても、まだこんな日もあるんだなぁと・・・

今朝の最低気温が-7.1℃、朝8時でも-4.8℃。
日中は薄曇りの中から太陽が顔をうっすらと覗かせる時があって、屋根の雪が解けるものの、その後すぐ寒さに当てられて凍るのでつららが見事に成長していました。
20150311114256.jpg

風も時折激しく吹くので、体感温度はもっと冷え込んでいる感じで、久々に真冬を体感しました。

20150311082425.jpg

雪がちらつくと同時に強い風。

全国的に大荒れだったみたいですね。




今日は3.11
あの震災から4年。

下伊那に引っ越してきてすぐ。
自分の生活もまったく落ち着かないままで、被災地で何が起きているのかはほとんど知らない状況でした。

被災地および被災された方々の生活が早く元に戻る事を願います。

施肥2回目

今日も小麦に施肥です。
夕方から雨模様なので、撒けて良かったです。

20150306152829.jpg

20150306152822.jpg
5月には穂肥も与えるので、薄撒きで。


20150306154818.jpg
今日はリンゴを貰ってきました。
コッコ達のデザートです。

産卵率

最近、産卵率(卵の数)の落ち幅が大きいです。
2月頭までは60%くらいをキープしていたのですが、中旬頃から40%くらいまで下がったり、60%まであがったりをふらふら。

寒暖の差が激しいこの時期の気候のせいなのか、管理がちゃんと出来てないのか。。。
需要が上がってきているので頑張って産んで欲しいですね。

20150228083342.jpg
そうは言っても朝は、産卵箱の前は行列です。
それぞれ好きな場所があって、空くのを待っています。たまに待ちきれない子は無理矢理入って2羽とか入っているときもあります。

20150225111512.jpg
嗜好性の高いおからサイレージと柿サイレージの混ざった物。マーブル模様的な感じになってより嗜好性アップ?


そしてそしてここ3日間の天気と昨夜の雨で、一気に雪解けが進みました。

20150304165524.jpg
2日前にはソリが出来たのに雪がほぼ無くなりました。

20150304165559.jpg
鶏糞を撒いたところも、跡形もなく雪がありません。

20150304165707.jpg
一番残っている場所でこんな感じ。少し前までは30cm以上の根雪だったんですけどね。


もう、春の足音が聞こえそうです。



施肥と融雪材

小麦に追肥を与え始めました。
といっても、まだ雪が解けてないところが多いので、雪があるところは薄めに撒いて、融雪材の代わりにという感じです。

20150228150817.jpg
左側が施肥したところで、右がまだ。
手前10mほどは解けていますが、のこり90mくらいはまだ雪の中です。

20150228151737.jpg
雪に負けず、雪の下でじっと耐えています。

20150228155759.jpg
どさっと撒いていきます。

20150228151700.jpg
軽トラで運べる量があるので、半分くらいは融雪効果を狙って薄撒きにしました。


この時期、地面がぬかるむので床用チップの搬入や鶏糞の運び出しが大変です。
ちょっと油断するとぬかるみにはまってでれなくなるので、朝冷え込んで地面が凍ったときがチャンスです。

まだ撒いたのは1/4くらいなのでどんどん撒いていこうと思います。

FC2Ad