長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インゲン豆

明日から雨予報なので、雨の前に収穫。
つるありも、つるなしもインゲン類のサヤをひたすらちぎって集めていきます。

今年は、9月に入ってから雨が続いたので、その時に出来ていたサヤが全てカビが生えて腐ってしまいました。
その後、晴れ間(時々雨)が続いて、なんとか収穫出来ている感じです。

ただ、小豆、黒小豆は葉っぱが落ちてきて、すこし病気にかかってしまったような葉っぱの枯れ方をしている気がします。
天気頼みの農業は難しいですね。技術で対処できるところもあるのでしょうが、にわか百姓なのでまだまだその域までは達せれません。

少量ですが、今日は手亡、金時豆、小豆、黒小豆、さくら豆、トラ豆、貝豆、シャチ豆、霜ササゲ、赤花豆、白花豆の収穫が出来ました。皆様におわけするにはもう少し収量が欲しいところです。
もう、9月も終わりでどんどん寒くなってくるので、熟すのが遅くなります。
どうか、今年は収穫出来ますように。

20150930155608.jpg
トラ豆





ちなみに、今朝の気温は6℃でした。寒かった~。
今夜は薪ストーブに点火しました。半年以上置いておいたので、予想通りほこり臭い。掃除しても細かいホコリは取れないので臭います。
でも、これでいつでも点火できるようになりました。
あとは薪が足りるかどうか(苦笑)

20150930193704.jpg
炎のゆらめきは心が和みます。
スポンサーサイト

鶏の命をいただくワークショップ

2年前にやった鶏の命を戴くワークショップですが、今冬から毎年開催の予定です。
(過去の案内①案内②終えて①終えて②です。


で、昨日は企画をお願いしている F.O.Pのayumiさんとル・ジュジュのtakuyaシェフ打ち合わせを行いました。

今回は前回の色々な反省を生かして、来て頂く方にも、命を戴くニワトリにも感謝してバタバタしないように考えています。

今のところ1月11日(祝・月)、12日(火)と2月10日(水)、11日(祝・木)の4日です。

前回の反省から定員を搾っておりますので、なんとなく「行けるかわからないけど行きたいな~」という方はお問い合わせからでも構わないので、「未定ですがこの日に考えています。」という連絡を頂けると、定員に近づいた時にご連絡させて頂きます。

皆様のお越しを是非お待ちしております。



そういえば、今日は冷えますね。
ただいま夜の11時前ですが、すでに9℃をきっています。明日は何度まで下がることやら。

草がない

鶏に与える緑餌。
前回、サイレージを作るときに、粗方の草地にある草を刈ってしまったので、量がありません。
ちょこちょこサイレージ用に刈らなかったところを刈っていますが、十分では無いようで、食べ残しはなく夕方には無くなってしまいます。

ようやく、刈った場所に生えてきたので、その新芽・新葉を刈って与えました。
が、丈が短い上に密度も無いので、刈っても刈っても量が集まりません。
1時間くらい刈っていたのに、いつもの半分位でした。
うーん、費用対効果というか労働対効果というか、薄いですね。

そうは言ってもはじまりませんが。。。

20150928122538.jpg
丈が短いと、刈る面積もたくさんになって大変です。

小麦処理

気温が下がってきたので、収穫後すぐにドラム缶に詰めて保存しておいたものを開封してみた。
量が多く、粒のまま入れ封をしておいたけれど、今度はこれを米用(ウチではエサの小麦のもの)紙袋に詰め替えていく作業をしていく。

状態は上々で、虫(バクガ・麦蛾)による食害も、乾燥不足によるカビの発生もほぼ無かったので良かった。
シラネ小麦は1反と少しほど植え付けして、合計で450kgほど。有機質肥料無農薬栽培ではまずまずの収量だと思います。

去年の小麦と今年の一部麦芽になってしまったキタノカオリとあわせれば600kgに届きそうです。。。

そして他に栽培していたゆめかおり、キタノカオリ、ユメセイキ、ゆきはるか、ハナマンテン、南部小麦も紙袋への詰め替えをしてきます。
まだ計っていませんが、こちらもまぁまぁの収量になってそうです。
製粉したり、製乾麺に出したりして、販売していこうと思います。

薄力粉、中力粉、強力粉がそろってますので、お菓子、パン、和麺(うどん類)、洋麺類(パスタ)、中華麺などにもお使い頂けます。是非、お問い合わせ下さい。

きぬたまーな(かまたまーな)

カルボナーラを讃岐うどんのかまたま風にしたものの調理法。
知り合いの方が考案されたのですが、めちゃウマです。是非お試し下さい。

塩、胡椒、チーズ、肉類、クリームか牛乳を合わせてフライパンで加熱し、そこに茹でたスパゲッティを投入。
ソースを絡ませます。

スパゲッティを茹でている間に卵を卵白と卵黄に分け、卵白をひたすら硬く泡立てます。

ソースを絡めたスパゲッティをお皿に盛り、卵白を乗っけて、頂点に卵黄を乗せればできあがり。

P9263324.jpg


食べる時に軽く混ぜて頂きます。

P9263326.jpg

チーズと肉類を吟味すればシンプルなのに抜群のおいしさ。
やっぱり、ウチのような臭みが無い卵じゃないとダメだと思います。(自画自賛)

雨の前に

数日前の予報では、週末に雨になるとのことでしたが昨日の夜の天気で、今日は下り坂とのこと。
あわてて、雨の前にしておかなきゃならない細々した作業を済ませました。

一つはインゲン豆類や小豆類の収穫。
今回は8月後半から9月頭のように雨が続くことはなさそうですが、その前後の影響で鞘ごと腐ってしまった豆も含めて収穫(と破棄)してしまって、今後の豆の選別が楽になるようにしておきました。

もう一つが、機械小屋の整理。
薪が思ったより多く、今まで機械をしまっていたハウスの端に薪を置くことにしました。
その時に取り合えずいろいろと外に出したのですが、薪が並んだ分、入りきらない機械が出てきたのでそれを別の屋根下に移動しました。

畑では、早生の大豆「エンレイ」が成熟を進めているようです。

20150924074953.jpg
少し葉っぱが黄色くなってきました。

中晩生くらいのナカセンナリは、まだ鞘の中には充実してないものがチラホラある程度で大分膨らんできています。
青大豆2種は、まだようやく膨らみ始めた位でした。

去年、一昨年とイノシシに荒らされましたが、去年の時に慌てて張った電柵のおかげか、今年はまだ悪さされていません。
ですが、畑の隣(一部畑に降り注ぐ)のシバクリは食べに来ているようなので油断はできません。

猪鍋にして食べてやりたいですね。。。

薪作り

2週間ほど前から、薪作りをしています。
夏も終わって、今更なにを?というところですが、今年は4月に腰を傷めてしまって、それまでにもらってきた薪用の木が庭に放置されていたので、薪割りしつつ、玉切りも進めつつ、割ったものや細いものを棚に積んでいくという作業をひたすら続けて行きます。

これが、以外と腰にくるので、ぼちぼちしか出来ません。
なかなか、大変ですが、結構な量を確保できたので、来年の事を思うとほっとします。




20150923105230.jpg
ヘビさんです。(ちょっと小さめに。クリックですごく拡大されるので注意)

昨夜、会議があって出かけようと玄関を出ると、足下に黒い影。
えっ?と思ってよく見るとヘビ。しかもマムシでした。

明かりで集まってくる虫を狙うカエル目当てなのかわかりませんが、ウチには腕白坊主もいるので、放置は危険と考えて、慌てて捕獲・駆除。
と言っても、噛まれたら・・・なんて思うと手が出せないので、棒で首根っこを押さえつけて、やっつける作戦で何とか退治。

もったいないので、ニワトリに与えました。
ヘビの皮ってやっぱり丈夫なのか(ウロコのおかげもあるのでしょうね)、つついても破壊することが出来ていませんでした。
表面の皮を剥いでやると、争って食べてました。

意外とニワトリは生肉が大好きです。雑食なので当たり前と言えば当たり前ですが、ちょっと怖いですね。

エサ作り

ミキサーが稼働するまでは毎日作っていたエサですが、ミキサーが来てからは1週間ないし2週間に1回です。

作ってから発酵が進み、与える時期によって発酵具合が変わってきます。
初夏から初秋までは、どちらかと言えば酢酸や乳酸発酵の様な酸っぱい臭いが強くなるのですが、今頃のように、日陰の気温が20℃を超えないくらいになってくると、米麹のような香りが出るときが多くなります。(最終的には酸っぱい臭いが出てきます。)

逆に真冬なんかは、低温で活動できない菌の生育が抑えられる分、いつもは抑えられている菌が増えるようです。例えるなら吟醸香のようなメロンとか、甘い匂いがすることがあります。場合によってはセメダイン臭と呼ばれるようなエステル香がすることもあります。



ディーゼルエンジンの音がキンキンと集音されてしまったので別のBGMを入れてみました。

落水

出穂から40日くらい経ったので、落水です。
もう注水はしてなかったのですが、田んぼに水が残っているので、暗渠排水らしい(地主さんから)と伺っていた栓をはずして、水を抜きました。

ようやくですが、だんだんイネが黄色くなってきました。

去年はあきたこまちで10月10日くらいに稲刈りだったそうです。
今年はコシヒカリなので、数日遅くなる予定。。。

どうなるでしょうか。

20150920165921.jpg

スイカ

今日はもらってきたスイカをコッコに。
基本的にウリ科は大好きです。

熟れすぎた(おっきい)キュウリも争って食べますからね。
美味しいモノの判断って赤外線(甘さや澱粉量)以外でどう判断してるのでしょうか?

20150915114244.jpg

下がってきました

今日は田んぼの草刈り。
なかなか腰が痛くて出来ませんが、頑張ります。
(先日の電牧張りの時に少し刈っただけで痛くなりました・・・orz)

もうそろそろ水を抜いた方が良いんでしょうね。。。
20150913130825.jpg

サイレージ作り第2弾

連日の作業ですが、天気に左右されるので、休みたくても休めません。

本当は明日にサイレージを作るつもりでしたが、雨予報になったので今日やりました。
昨日の夜、それまで晴れ予報だったのが、いきなり午前中に雨予報に変わったので、急遽予定変更です。

午前中にひたすら刈払機(いわゆるビーバー)で草刈り。
刈り終わった後は、レーキで集めて軽トラに載せ、鶏舎横の倉庫スペースまで運んでカッターでカットします。

20150912121227.jpg
イネ科が中心

20150912155157.jpg
軽トラに山積みです。合計3回分を運んでカットしました。

20150912172951.jpg
合計でドラム缶6本分です。これで冬は安心ですかね。

全身を使う作業なのでかなり疲れました。
助っ人もお願いしましたが、大変だったと思います。

小麦の収納

先日、調達してきた6トンの小麦。
近くの選果場の一角に置かせてもらってました。

それを助っ人の活躍があって、エサ用コンテナの中に納めることが出来ました。
今年の助っ人は松本から来て頂いたKさん、Nさん、Sさんの3名。
そしてウチの「もー」の4人体制でしたが、200袋が2時間で終わりました。動ける人のマンパワー強しですね。

20150911113357.jpg
1段5袋で11段、それが2列ずつで4列あります。そして手前の20袋とあわせて、全部で140袋

すごくきれいに格納してくれました。すばらしいです。
本当にお三方、ありがとうございました。

これで、1年間の穀物は心配なさそうです。

電柵張り

関東では豪雨で、大変な事になっているようですね。。。一人でも多くの命が救われることを祈ります。



昨日、電柵を張らなきゃと、とりあえず仮の支柱を立て、電柵のワイヤーを張っておいたのですが、草が茂っていたのもあるせいか、今日、電柵を張りに行ったら、さらに田んぼに侵入した跡がありました。

早速、畦の草刈りを行って、電柵を張る作業を開始します。
前日までの雨で、すこし畦がぬかるんでいて、あまり歩きすぎると土手を崩してしまいそうな感じでした。
なるべく歩数を少なくするように作業するのですが、地面が柔らかくて踏ん張りが利きにくいのでそうもいってられません。

20150910113713.jpg

20150910120939.jpg
この2つは前日に見に行った時のものです。
上の写真はイネの間を通って、鼻を支点にぐるりとまわったのでしょうか?ミステリーサークルのような円状に倒されてました。
下の写真は今年はイネを作らなかった田んぼのもの。ミミズでも探したのか掘り返されています。

そして今回はさらに・・・

20150910120954.jpg
これもイネを植えなかった田んぼ。掘り返されてます。

20150910113722.jpg
手前の様に電線を張っていたにもかかわらず進入されました。

20150910113729.jpg
こちらもイネの株間をズズズズっとZ字の様に歩いて行ったようです。

20150910120110.jpg
さらには、田んぼの反対側にも株間を抜けていったようです。
少し倒れていますが、ひどいやられようではないので、やれやれです。
が、これからも襲撃がくると思うのでなかなか安心できません。

で、自前の資材と、少し足りない分の支柱を地主さんにも貸してもらい(電牧機は地主さんの)電柵を張りました。

20150910170308.jpg

20150910170314.jpg

20150910171227.jpg

20150910171222.jpg

これでイノシシが防げると良いのですが。。。

イネとイノシシ

イノシシが田んぼに出ました。
少し前から、借りたけど今年は田んぼにしてない場所に出没していたので、早めに対処しなきゃと思っていたのですが。。。

今日、隣の田んぼの方が電柵張ってたよ。と田んぼを借りているおばあちゃんから連絡があり、早速行ってみると、なんとまぁ、ウチの田んぼに侵入してすこし荒らしたあと、隣の田んぼの方角に抜けていった感じでした。
隣の方もあわてて張ったのでしょうか?

小麦の輸送もあって、また腰がポッキリといってしまうとどうしようもなくなるので、草刈りが出来ていませんでしたが、小麦の輸送が一段落したので、急いで畦草を刈って、電柵を張ろうと思います。

バッテリータイプの電柵は持ってないので、とりあえずワイヤーだけ。
だまされてくれないかな?

小麦の輸送

今年もやってきました。
ほぼ1年分のニワトリのエサとなる小麦を輸送する季節です。

上伊那のJAから買い付けるのですが、総量が6トンとなるので結構大変です。
去年までは色々な方法で運んでいたのですが、基本的には手積みの手下ろしで、1日で済ませていたのですが、今年は腰痛の影響もあって機械を使う方法に変更しました。

一度に近くまでは運ぶのですが、その後は、ぼちぼち体力と腰の状態を見ながら運ぶことにしました。
今年は、雨で運ぶのが大変なのと、倉庫までの道が柔らかいのもあって、この方法で良かったと思います。

20150908130416.jpg
まずは、朝レンタカーを借りて南箕輪村まで行き、小麦をフォークリフトで積んでもらいます。

20150908130439.jpg
この日は雨だったので、倉庫の中で積んでもらいました。
この中すごく天井が高い。。。なにか理由があるのでしょうか?もともと乾燥機とか何か機械があったのでしょうかね・・・

そして、高速道路を通って下條村に入り、最寄りの選果場の屋根下まで運びます。
JAの方にお願いして、小麦を置かせてもらえるようにと、下ろす際にフォークリフトを使わせてもらえるようにしていただきました。ありがたいです。

20150908162155.jpg
とりあえず、急いで下ろします。1パレットに1050kg載ってます。
フォーク、初運転でしたが、なんとかなりました。前日にインターネットで勉強したのと、南箕輪で積んでもらったときによく見てたおかげですね。

そして、また南箕輪までもどって同じように積んでもらい、下條村まで戻ってきます。
借りれるトラックが、基本的に3~4トンまでしか積めないので(今回は3.5トンのタイプでした)、2台か2往復かです。

フォークリフトが借りられるのは午前中だけなので(お昼から夜までは果樹の積み込みが繁忙となってしまうので)トラックに積みっぱなしの状態で次の朝まで放置です。

20150908162144.jpg
2回目は少し軽いです。

そして朝に急いで下ろして、レンタカーを返却。
忙しい日々ですが、今回みたいな悪天候のときでも麦を濡らさずに運べたので何よりです。
あとは、選果場からがんばって運んで来るのみです。

NCM1142.jpg
今日は天気予報が変わって雨が止んだので少し運んでみました。
天気が良くないと運べないので、なかなかですが、台風が行ってしまったのでしばらく晴れるかな?

倉庫の掃除

もうすぐあるニワトリの一大行事の一つ、「小麦運び」

その小麦を運びいれるのはいつも保存している倉庫。
ですが、去年の小麦や米がまだ残っているので、運び入れる前に整理しないとです。

余っている小麦を別の場所に運び出しながら、新しく買ってくる小麦を奥にしまえるように並び替えていきます。

20150905160810.jpg

今回から「すのこ」を敷いてみることにします。



腰が痛くてあまりできない草刈り。さすがに伸びすぎてきたので、刈ります。
が、刈り払い機はなかなか腰にくるので、こいつで。

20150905121759.jpg


20150905121803.jpg

やはり早いです。

梨のごちそう

20150905105727.jpg

またまた梨をいただきました。

床にころがすと、あっというまに近寄ってきてついばみます。
ニワトリ達も大喜びのようでなにより。

スイカは自家用に作ったのですが、雨続きということもあって、あまり甘くならなかったのと一気に成熟したので食いきれずでニワトリ達に。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。