長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒濤の師走

2週間も更新が出来てませんでした。
あっという間の12月で、もう大晦日です。

年末は卵やその他の注文が多く、発送準備に追われたり、豆類の選別をしたりと、大忙しでした。

ようやく、ここ最近冬らしい気温になってきて、今朝なんかは-8℃。
ニワトリ達の水が凍っているので、朝作業の時に表面の氷を割ってやると、我先にと飲んでいます。


そして、先日ようやく3ヶ月待った物が到着しました。

20151228112935.jpg
小麦粉です。

10月頭に、一度製粉依頼をお願いしていたのですが、2ヶ月経っても製粉してもらえず、キャンセルして別のところに再依頼してだったので、結局3ヶ月かかりました。

でもこれで、強力粉2種類、中力粉2種類、薄力粉1種類の5種類の小麦粉が販売できます。
自分でパンやピザ、和麺、洋麺、中華麺、お菓子など色々使えるのも楽しみです。

もう正月なので、もう少し先ですが、楽しみです。



そうそう

鶏の屠殺ワークショップ
「鶏と麦の宴」ですが、1月分は2日分ともある程度埋まってきました。
まだ、若干名ですが募集していますので、迷っている方は是非お申し込み下さい。
12395357_1075381815839952_1536109328_n.jpg
クリックで拡大

詳細はこちら
スポンサーサイト

小米

今日もニワトリのエサの話題です。

隣の飯田市の方から、小米をいただけるというので、卵の出荷ついでに行ってきました。
小米というのは、そのまんま小さなお米。米選機下とも言います。

DSC_0636.jpg
出荷ついでなので卵と共存です。
なるべく出荷を終わらしてからにしないと割れる可能性が高くなりますが。。。

小麦だけだと飽きがでやすいので、お米が戴けるのはコッコ共々嬉しいです。


DSC_0637_20151219225729af9.jpg
この時期には珍しく、米ぬかエサが発熱してきました。
写真には写りにくいですが、湯気がモクモク出ています。

過発酵は困りますが、適度な発熱を伴う発酵は良いと思います。
今回は、パンのような香ばしい香りがする中に果物のような甘い匂いがして美味しそうです。

白菜と大根

阿智の知り合いの畑から、もう出荷の終わった大根と白菜を持って行って良いよというお誘いを戴いたので行ってきました。

もちろんニワトリ用ですが、美味しそうなところは(出荷には少し劣るが、家庭用では全然問題無いもの)ヒト様が戴きました。

DSC_0623.jpg
まずは、外葉を拾い集めるところから

DSC_0624_201512192249211d9.jpg
軽トラで

DSC_0625.jpg
コッコ達にはもちろん大人気


DSC_0620.jpg
こぼれ種からの発芽が、ついに出穂までしてしまいました。


DSC_0619.jpg
栽培用に播種したやつも変に花芽分化しませんように

まだ地面が凍ってないので、凍る前に麦踏みもしないとね~



あ、そうそう

DSC_0640.jpg
この子にも大根あげたんだった。
番犬いつもご苦労様

鶏と麦の宴2016 ~幸せの鶏編~

さてさて、2年ぶりのイベントのお知らせです。

今年もやります。
鶏の命をいただくワークショップ
「鶏と麦の宴 ~幸せな鶏編~」

今年は、1月の11日(月・祝)、12日(火)と、2月の10日(水)、11日(祝・木)の4回行います。
ご都合に合わせて、是非ご参加下さい。


12395357_1075381815839952_1536109328_n.jpg
クリックで拡大します。




~その1つのタマゴの向こうに~


今年もこの時期がやってきました。
2年間、頑張ってタマゴを産んでくれたニワトリ達。


その2年の頑張りに感謝し、最後まで「命」を全うしてもらうために、最後はお肉として戴きます。


『あなたの食べたものが、あなたになる。』


これは私たち一人一人にも、ニワトリ達にもあてはまります。
美味しいタマゴを産んでもらうためには、健康的で美味しい餌を。


私たちが健康でいるためには、美味しくて健康的なものを食べることが大事。



~そのタマゴの向こうに~

タマゴ1つ取ってみても、あの美味しいタマゴ1つには様々な要因が絡んで、できあがっています。
なぜスーパーのタマゴは1個20円ほどなのに、たまご屋のタマゴは60円もするのか。黄身の色がオレンジではなく黄色なのはなぜなのか。
物価の優等生と呼ばれているタマゴですが、なぜ優等生なのか。
などなど、伝えたいことは山ほどあります。

が、ただ言葉を並べるだけだと真意は伝わらないでしょう。

是非、一緒に命を戴きながら

そして

その美味しい美味しい命を味わいながら、すこし食について考えてみませんか?

他の命を食べることで、自分の命がつながっている。その循環の輪を考え、広げる機会にしていただけたらと思います。

また、当日は、東京の自由が丘にある「Le joujou(ル・ジュジュ)」の鈴木琢也シェフが来てくれます。
貴重な命(食材)の味を損なうことなく、美味しく彩り創るための料理って?

鈴木シェフとお店
Le joujou

食(いのち)を大事に彩り創る鈴木シェフも交えて

「育てる」
「使う・調理する」
「食べる」

そんな全てが繋がって今がある、その食材がある、おいしさがあるということを、シンプルで贅沢な食事を通して感じ、話あえればと思います。


この特別な食事、大切な人と一緒に味わいませんか。

いのちを感じ、美味しくシェアするワークショップ。

お待ちしています!

【ワークショップ参加費】 3500円(1家族・・・大人2名子供2名まで)

『内容』
●美味しい鶏のさばき方 (1グループにつき1羽解体をします)
●参加者の皆さんでとっても贅沢なランチ 
●お肉となった『鶏一羽』の美味しい命のスープセットのお持ち帰り。
(スープセット・・・鶏一羽、有機野菜、月桂樹の葉、タイムなどのハーブ)

【昼食代】 1人 500円
 とっても贅沢なランチです。
・丸ごと鶏と有機野菜の命のスープ
・幸せな鶏の卵かけご飯! 
(じっくりコトコト煮こまれた命のスープ
 餌はもちろん、暮らす環境まで手間も、愛情もしっかりかけられた鶏の卵。とっても贅沢なランチです。)


ご参加希望の方は画像の下部に記載の連絡先までご連絡下さい。
もしくは「お問い合わせ」からご連絡下さい。
(迷惑メール対策のため、記事内に文字での表記はしません。)

facebookのアカウントをお持ちの方は、facebookのイベントページから「ご参加」通知をお願いします。

1月11日(月・祝)

1月12日(火)

2月10日(水)

2月11日(木・祝)

↑日付をクリックすると各日のイベントページに飛びます。ご自分のアカウントでログインして、「ご参加」戴ければと思います。


前回は出来ませんでしたが、今年こそは「鶏と麦の宴2016 第2弾~黄金の小麦編~」と題して、鈴木シェフとパスタ教室かなにか、小麦粉を使ったメニューを作れればと思っています。こちらもご期待下さい!!

鶏舎の掃除

ブログを更新する暇が取れなかったので、まとめて更新です。

今年は本当に暖かい。
まだ、水が凍らないなんて。

暖かい日が続くので、せっかくなんで鶏舎の掃除をしました。
暖かいのと何が関係あるのか?

これです。


20151212160417.jpg
動力噴霧機での水圧掃除。

鶏舎の金網とかが、蜘蛛の巣とホコリとで、だんだん汚れていきます。
夏にも掃除したんですが、また汚れてしまいました。

20151212160431.jpg
噴射したところはきれいになりますが、比較的圧がかかった水じゃないとホコリが落ちてくれないので、結構大変です。

すこしはきれいになったかな?と思います。

真冬はそんなにホコリが立たないと思いますが、真冬の掃除はどうしようかな?
デッキブラシとかで落とせるんでしょうか?

大荒れ

今日は朝から雨。しかも強風付き。

そして、気温が高いです。
なんと、9時位に15℃ちょっとまで気温があがりました。
家の中よりも暖かいよ。。。

玄関の壁とか、ストーブ焚いてない部屋のガラス(外側)が結露してました。

雨は時折激しく降ったり、止んで陽射しが差し込んだりと、どんどん変わりゆく天気でした。

20151211105247.jpg
虹が何回も出ていました。

この虹、すごく近くにでていました。
ちょうど、高台を通るときに、眼下に広がる平地が見えたのですが、その平地の真ん中から立ち上がっていました。
距離にして500mくらいでしょうか。
大きな虹の袂が見えたのは初めてでした。

しかし、こんな変な天気で、農作物は大丈夫なのかな~?

大豆の片付け

昨日終わった大豆の脱穀。

でも後片付けがまだ残っています。
明日から雨なので急いで片付けていきます。

まずは、軽トラに積んであったチップを鶏舎の鶏の床に。
いつも近くの薪工場(こうば)からもらってくるのですが、今回は大豆の脱穀を優先してもらってきて積んだまんま置いていました。

これを鶏の部屋に入れていきます。

そのあと、空いた軽トラに、大豆の茎の部分を積んでは運び、積んでは運びで、以前に脱穀した分も置いてある場所に運びます。

20151210144908.jpg

20151210144925.jpg
結構な量になりました。
置いておくとゆっくり分解して、腐葉土の様になるらしいです。
なったらなったで、鶏の床に入れたり、苗作り(するのか?)の培土にしようかと考えています。

そして、さやや葉っぱ、葉柄の混ざったガラは、鶏の床に。
早速がさがさかき分けてなにか探していました。
すぐには食べれないですが、床と混ざって小さくなったり、分解が始まったら、食べたりしています。

また鶏糞は畑に戻します。
うまく循環すると良いなぁ。。。

ナカセンナリの脱穀終了

なんとか大豆の脱穀が終了しました。

午前中から、鶏の作業を早々に終わらして(コッコ達、手抜きでごめんよ)、作業開始です。
娘がちょうど寝てくれて、タイミングもばっちり

2時間ほど作業して、お昼休憩。
午前中に外のハザ15m×3段(こけちゃったやつ)が終わりました。
天気が良かったのでぽかぽかと暖かく、そばに一緒にいた息子も、ハウス内で土遊びをして待っていてくれました。

20151209145929.jpg
外のハザに少し残っていますが、残り1/3くらいです。


20151209150738.jpg
あとは、ハウス内の4段ハザ

午後は逆に息子が寝てくれて、娘がおめめぱっちり。
ビーンスレッシャー(豆用脱穀機)のディーゼル音が怖いのか、妻にしがみついてました。

外のハザも乾いていましたが、ハウス内のはもう完全に乾燥してるという感じで脱穀機に差し込むとバキバキに砕けるという感じでした。

20151209165631.jpg
途中、大豆を詰めている袋が破れるというトラブルも

紫外線による劣化です。乾燥させるときは、考えて乾燥させないとですね。。。
もちろん、そのあとの袋の品質チェックもちゃんとしなかったのが悪いですね。麦にしろ米にしろ大豆にしろ、結構重量物が入るので
それなりに強度がないと、こんな風に破けますから。。。教訓です。

20151209165610.jpg
なんとか日暮れギリギリに脱穀終了です。

脱穀で出たガラの山がめちゃくちゃ多いです。
雨で濡れる前になんとか運びたいけど、無理だろうなぁ。。。

20151209165618.jpg
ハウス内もすっきり。

ナカセンナリは、ハーベスター袋に軽く入れて4袋ほど。
思ったより収量が無いのは、雑草負けしたせいでしょうか。

脱穀してて早く終わって欲しいけど、終わって欲しくない(思ったより量が無いから)と思ったのは初めてでした。
まぁ、なんにせよ、終わって良かったです。

ナカセンナリ脱穀

今朝の気温は-6℃
そして、日中の最高気温は8℃
寒い冬です。

今日は日陰の霜が解けずにシャリシャリの状態でした。

そんな肌寒い中、脱穀ばっかりですが、続けます。

今日はナカセンナリです。
今年、一番の作付け量で、1反ほど。


まずは、一番乾燥が進んでいるだろうハウス内のハザに干したものから脱穀していきます。
今日は1/4くらいが終わったかというところ。
他にいろいろ作業があったので、2時間位しか出来ませんでした。ということは、あと6時間位の作業時間が必要ということです。

今週、天気が崩れる金曜日までに終わるのか?

頑張らないとですね。

赤大豆

今日は、昨日のあやみどりに引き続き、赤大豆の脱穀。

株数も少ないので、相方に出荷に行ってもらっている間に一人で済ませました。

20151207155000.jpg
倒伏しまくったので、品質は良くありません。

まぁ今年は種を増やす目的なので、まぁまぁというところでしょうか。

さあ、残すはナカセンナリだけです。

冷え込みで?産卵数減

今朝は、-4℃まで冷え込みました。
先月末から、ようやく冬らしく、ほぼ毎日氷点下です。

20151207074452.jpg
今日はきれいに晴れ渡って、雲一つありませんでした。

20151206211517.jpg
これだけ冷え切ってても、薪ストーブのおかげでぬくぬくです。
自家製床暖房で、足下から暖かいのも嬉しいですね。

ただ、すこし産卵率が落ちています。
秋口の休産が回復してきたかなぁと思った矢先。冬の冷え込みのせいでしょうか?

20151207081252.jpg
それとも、腰痛で床の管理が疎かだから?

回復してちょうだいね。

あやみどりの脱穀

あやみどりの脱穀が終わりました。


20151204113352.jpg
前回に収穫したものは、ハウスで地干し(島立て)して干していました。


と、その前に。
昨日こけちゃったハザ。

とりあえず、仮復旧作業です。

まず、ロープをかけて軽トラでハザを起こし、そのあと、直接のつっかい棒と、ロープによる間接つっかい棒で固定です。


20151206110709.jpg
軽トラで引っ張っていたロープは外しましたが、つっかい棒を立てて、そこから引っ張っています。

20151206110644.jpg
斜めにつっかい棒を。しかし、元々垂直に立っていたハザ杭、傾きすぎ。。。

20151206110655.jpg
まぁ、とりあえず、地面に付いていた大豆が浮いたので、OKかな?

2,3日保てばいいので、本当に仮復旧です。
ハザ杭がOKでも、竹が保ちそうにないので、早めに脱穀するか、ハウス内に運ぶかしないとです。


そして、続いてあやみどりの脱穀。

20151206150019.jpg
脱穀準備完了です。

妻にハウス内から机へ運んでもらい、それを受け取って、ビーンスレッシャーに投入していきます。

20151206164352.jpg
脱穀は無事終了です。

ビーンスレッシャーは、茎ごと投入して、脱穀出来るのですが、脱穀した後の処理が大変なので、稲の脱穀機のように、茎を持って先端だけ差し込み、数秒で引き抜いて隣に積み上げました。
結構な山になりました。

ナカセンナリの時はどんな山になるのか。。。


脱穀が残っているのは、ナカセンナリ大豆と赤大豆。
もう少しです。

強風

日本中で寒気が入って大荒れ?だった様ですが、こちらたまご屋でも大荒れでした。

夜中から「びゅうぅぅぅぅぅぅぅー」という音と共にすきま風がぴゅー。
音が寒さをいっそう引き立ててていました。

冬場用の水タンク(20lのやつね)が飛ばされたり、立てて置いた一輪車が倒れたり
あぁ、風が強いなぁなんて思ってたらやられました。

20151204113317.jpg

20151204113330.jpg
ナカセンナリ大豆のハザが。。。

確かに、「すごく頑丈、何でもござれ」には作りませんでしたが、ちゃんと作ったつもりでした。
が、筋交いというか、支えを作ってなかったところがポッキリ?やられちゃいました。

うーん、軽トラで引っ張ってみるか?それとも、もう放置するか。ハウスの中を片付けて運ぶか。
いろいろ考えてますが、どうしようかな。。。

雨が落ち着けば、今度はサヤが割れて豆がはじけるので、早めに対応が必要ですね。。。

こりゃまいった。。。

花豆収穫

明日から雨の(雪の?)予報なので、慌てて花豆の収穫です。

ここ4日ほど降霜が続いたので、さすがの花豆も葉が黄化してきました。
中には枯れずに青々としている株もありますが。。。

20151202104209.jpg
左隣のシャチ豆はツル茎しかありません。

20151202104447.jpg
まだ青いさやもありますが、もうダメでしょうね。

あと、1回くらい収穫出来るか出来ないか。
まあ、出来たとしてもおそらく熟が甘いので自家用ですね。

さてインゲン豆類も、さすがにもうおしまいです。

松本出張

大豆の引き抜きが終わって、脱穀が残っていますが、一段落したので少しお出かけです。

何回かウチに見学に来て、前回は小麦運びのお手伝いにも来てもらった、松本にある洋食屋「おきな堂」に昼食を食べに行ってきました。
ついでに、付属農場も見学させてもらうことに。

ここでは、自然栽培で野菜などを作られていること。

そして、こちら

20151202160052.jpg
カモさん

合鴨農法をやられていて、もうお役ご免で残り2羽でしたが、その様子を見に行ってきました。

あとは、いろいろ畑のことについて。
最近は、鶏がいることと、子供達がいることもあって、なにかと農家さんへの見学をサボってましたが、やっぱり勉強になるなぁと感じました。
また、他のところも見に行って勉強しないとと感じました。



あとは、松本周辺は松本平というだけあって、真っ平らでした。
広々とした平らな畑はすごいなぁ。



浅間温泉にも入って、夕食も外食で、豆収穫の終了を祝いました。

さて、今年ももう一踏ん張りです。
過ぎ去るのは早いぞ~


20151202135848.jpg
おきな堂の美味しいプリン

大豆類の収穫完了

本日、残していた青大豆のあやみどりの引き抜き収穫が終了しました。

娘・息子がお昼寝をしているあいだに一気に引き抜き。
といっても、私はあまり頑張りすぎると腰にくるので、休み休み。
妻が頑張ってくれました。

意外にも早く終わったのは、面積の割に株数が少なかったからとも考えられます。

このあやみどり、蒔いても蒔いても(補植、いや補播?)ネキリムシの類にやられてしまって、比較的欠株が多かったのです。
一般的には、多少欠株があっても、その周りの株が、その欠けた場所にに枝などを伸ばし、収量が増えることもあるのですが、今回はそうはならなかったようです。

ネキリムシの類による被害は、無農薬でやっていると仕方ないのかもしれません。

うーん、悩みどころです。

まぁ、とりあえず、今年は畑の大豆がすべて収穫出来たので一段落です。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。