長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

鶏と麦の宴(番外編)

台風がいっちゃったあと、急に気温が下がってきました。
今朝の気温はなんと13℃!!涼しいを通り越して寒かったです。
いっきに秋めいてきそうですね。

今日はいつも冬にやっている「鶏と麦の宴」の番外編を行いました。

少数ですが試しに、肉用品種として「丹波黒どり」という品種を春に導入しました。
このお味を見るために、「宴」でお世話になっているNPOのスタッフと自由が丘lejoujouのシェフを交えて、丹波黒どり(肉用品種)と卵用品種(あずさ)の食べ比べをしてみました。
ついでに小麦粉(もちろん自家製)で主食を作り、文字通り「鶏と麦の宴」となりました。

20160831173238.jpg
メインディッシュの丸焼き
ムネは丹波黒どりで、モモはそれぞれ食べ比べをしてみました。

20160831184340.jpg
ごちそうの数々。
ロースト(丸焼き)から始まり、唐揚げ(モモ)、蒸し鶏風(あずさのムネ・ササミ)、肝類のソテー、焼き鳥(皮・ボンジリ)
と、ナン(南部小麦とシラネコムギ食べ比べ)、手打ちパスタのカルボナーラ風(背肝、鶏出汁、卵)

結論はどっちもおいしい。

ただ、卵用のほうがおいしいという意見もあったので、まぁ、また食べ比べしたいなぁというところです。

増えてきました

販売が始まった初卵。
だんだん増えてきています。

20160829081524.jpg
朝の1コマ、順番待ちで産卵箱が行列中です。
ほとんど2羽入っていて相部屋状態・・・

お次はリンゴ

ニワトリ用にナシをもらって与えましたが、今日はリンゴです。

近所の果樹農家さんが、ニワトリに~って持ってきてくれました。

20160829081844.jpg
傷や少しの腐れがあるものです。

少し、人がおすそ分けしてもらい、おかきくんも食べてました。

ニワトリたちは甘いからか、あっという間に食べつくしていました。
そのうち飽きてくるんだと思いますが、やっぱり初物はうれしいですね。

梨の季節

近所の農家さんから、「鶏用に梨やるからおいな(おいで)~」って連絡があったので、もらってきました。
「人も食べられるでな」って言われて、食べられそうなものをいくつかピックアップ。
(といっても、傷んでいる部分をとればほとんど食べられるものばかり。ただしすぐ痛むのですべて食べるのはむつかしいですね・・・)


SBSH0198.jpg


ニワトリたちは、嬉しそうに啄んでいました。
甘くてみずみずしくて、おいしい梨でした。

土寄せ

今更ですが、大豆の中耕培土作業を行ってみました。

先日助っ人が来てくれた時に、伸びすぎた畝間の草をとってくれたので、これ幸いと、機械を入れることができるようになりました。

とりあえず、半分ほどを管理機で培土してみました。
残りもやって、そのうち来るだろう台風(による倒伏)に備えようと思います。

20160826143410.jpg

床の様子

昨日、もらってきた木材チップを床に入れました。
とりあえず、鶏舎の部屋に入れて、そのまま山になっていましたが、それを3本鍬で崩して広げる作業も必要です。

20160823104027.jpg
崩すと発熱していて、熱気があがってきます。

何があるのかわからないですが、せっせと鶏たちはなにかを啄んでいます。
何を食べているのでしょうか?




20160823183601.jpg
穂がだいぶんと色づいてきました。
来月頭には収穫できるでしょうか?

初卵

今年も初卵の販売を本格的に開始します。

「初卵(しょらん・ういらん・はつたまご)」は、
厳密には一番最初のタマゴをいうのですが、現在では産み始めから3週間~4週間くらいのモノを言うようです。
今まで貯めていた色んな要素が、ぎゅっとつまった卵を産むとも言われていて、ありがたい卵です。

栄養素としては、あまり変わらないとも言われたりしますが、個人的には味に大きな差が出ていると思います。
具体的には
「黄身がすごく濃厚で甘みがある」
と思います。

20160822134733.jpg

今のところ1か月ほど続く見込みです。
よろしくお願いします。

野菜

近くの農家さんからニワトリ用にと野菜をいただきました。

20160821104737.jpg
トマト、ナス、ズッキーニ、キャベツ、 スイカ、梨。。。」

20160821110710.jpg
ナスも鋭いくちばしでかじります。

20160821123029.jpg
大好物のスイカも

20160821123035.jpg
穴をあけて、そこから頭を突っ込んで中身をきれいにくりぬいてくれます。

20160822105646.jpg
お椀みたいになっていました。

基本的に、草が多いので、こういう「お野菜」はうれしいですね。

電柵張り

昨日は杭の直管を打ちこむ作業が終わったら、突然の大雨で早々に退散したので、今日はその続き。

打ち込んだ杭に、碍子を取り付けてワイヤーを張っていきます。
20160820095656.jpg
まずはガイシ

20160820101818.jpg
そして電柵ポリワイヤー

実は、碍子が足りなかったということを後で気づいたので、とりあえず、イノシシがやってきそうな山手側を張りました。(電気は通してないのでバレたらおしまいですが)

早々に碍子を買ってきてぐるっと回そうと思います。



田んぼの生き物たち。

20160820094221.jpg
名前がわかりません。
この模様(羽の先に模様がある)で茶色はよく見かけるのですが、この個体はきれいな赤でした。そのうち赤色になるのかな?

20160820101921.jpg
サワガニ君。
息子がいたら大喜びしただろうなぁと写真撮影。
案の定、写真を見せたら、見たかった~と連呼していました。

もっと生き物が豊かになるといいなぁ~

穂いもちと溝掘り

田んぼのお米、「ゆきむすび」の生育が早く、少し心配になったので電柵の準備です。

去年は自前の杭が少なく、田んぼの地主さんの杭をたくさん借りたので、今年は材料もたくさん手に入ったので杭づくりから。
といっても、錆びたパイプハウスの直管を助っ人に切ってもらいましたが。。。

そして、これを打ち込んでいきます。


ふと、先日普及センターの職員さんに、穂いもちが出てるよ~と言われたので、よく確認してみました。
すると、実が入ってない穂だと思っていたり、黄色くなってきたなぁと思っていたものが穂首いもちにかかっていたものでした。。。

20160819150146.jpg
穂の下が黒く枯れています。

20160819145721.jpg
比較的病斑が多いところ

20160819145714.jpg
全体では1割くらいでしょうか。

うーん、これは困りました。
秋雨に入る前にさっさと成熟してほしいです。
葉いもちのときもそうですが、病斑に全然気づけて無かったので、初動が遅れました。
また、石灰を撒いたほうがいいのかもしれません。

とりあえず、原因となっているだろうモチ品種には撒いておきました。


そうそう、そのモチ品種。
2枚の田んぼで作付しているのですが、1枚が壊滅的。
土手から(冷たい)水が染み出してきていて、ずっと水に浸かりっぱなしでどうしようもないなぁと思っていたのですが、地主さんが「そりゃ水を切るための溝を掘ればいいんだに(飯田弁)」とアドバイス。
あぁ、そっか、そんなこともわからんかったのか、と早速溝を掘りました。

20160819150946.jpg

20160819150950.jpg
水が流れ始めました。

後手後手の対策に我ながら呆れます。

経験をもっと積まないとですね。

鶏の引っ越し

春に入れたひよこ達がポツポツ産むようになってきました。
実は今回いつもの倍のひよこ達を導入して育てていたのですが、鶏舎の部屋分けの関係上で、(適当に)生育の早いほうと遅いほうと1:2くらいに分けていました。

で、初卵を生み出したのは生育の早いほうの部屋の子たちだったのですが、ここにきて生育の遅い(と思っていた)ほうの部屋の子たちも産み始めました。

20160815070148.jpg
あら、こちらも産みだしちゃったよ。。。


なので、早急にこちらにも産卵箱を設置しないと・・・となるのですが、部屋の数が足りないので、元からいるオネエサン鶏グループとオバサン鶏グループを一緒にすることに。
もちろん、見分けがつくように足にバンドをつけて混ぜていきます。

ニワトリの移動は、夜な夜な行います。
鶏目といいますが、ある程度の暗さまでは見えている(個体差はありますが。)ので、結構暗くならないと捕まえるのも一苦労だからです。

なので、真っ暗になってから、どんどん捕まえていきます。

一度、オネエサン鶏を捕まえ、オバサン鶏グループに混ぜ、そのあとに生み出したほうの数を同じくらいにするために(元は1:2くらい)さらに生み出したグループを捕まえて移動していきます。

ニワトリも群れの中で上下関係があるので、グループの中に新顔が入ってくると、上下を決める争いが起こります。
明日も盛大に喧嘩が行われることでしょう。



追記
やっぱり新顔はやられるようです。
20160819072636.jpg
この雄は止まり木のさらに上にある、普通は止まれないだろうという筋交いの上にいました。


20160819071728.jpg
こちらは、特に大きな混乱は無いようです。もう順位付けおわったのかな?
メスよりもオスのほうが覇権争いが強いですね。

サイレージ作り

ここのところ、ちょっと天気が良くないですが、助っ人が来ているのでサイレージを仕込みました。

20160817120347.jpg
奥のほう一面に刈り取りました。

20160817120338.jpg
こちらは草丈がすこし高いところ。乾きがちょっと悪いかもですね。

20160817123408.jpg
ある程度乾燥させたら集めていきます。

20160817123419.jpg
軽トラに積み込んで

20160817150103.jpg
鶏舎まで運んでワラカッターで裁断。

細かく刻んだものをドラム缶に詰めて上から踏んでいきます。


今年は草の伸びが早く、鶏に与えるも全然追いつかないので、場所によっては伸び放題です。
その伸びたところも刈り払い機で刈り取り、短くてよく乾燥したところと合わせて、それなりな水分になるようにしました。

高水分のものになってしまいましたが、ドラム缶6本分できました。
もう1回くらい作りたいと思います。

天気がどうなるかだなぁ・・・

蜂の季節

今年もこの時期は至る所に蜂が巣を作っています。
といっても、いつも通りアシナガバチの類で、よく知っている六角形の巣で、こちらから手を出さない限りは襲ってこないので、ちょっと怖いくらいで、知っていればそんなに心配ありません。
(それでも子供たちが知らずになにかしてしまった時が怖いですが。。。)

と思っていましたが、今年はいろいろと畑の草を伸ばしてしまっているところもあって、その草刈りをしているときにもう2回も刺されてしまいました。
しかも服の上から、左ひざの付近をです。確かに軽い素材のものでしたが、服の上からも刺されるとは驚きでした。

幸いにも、とりあえず、口で吸いだし(意味がないとも言われていますが)、水で洗い流しながら冷却、そしてさらに氷で冷やすこと1時間以上行うこと(さらにヘビイチゴ酒を塗りました)で、特に腫れもなく、次の日には少しちくっとした痛みが残るぐらいで収まっています。

刺されてから氷で冷やすまでが結構痛いので、草刈りの時にまた刺されるかと思うと少し億劫になりますね。


で、本題です。
今までは、アシナガバチの類のハチだったのですが、なんと、今年はキイロスズメバチに巣を作られました。
場所はもともと、製粉小屋として使っていた小屋。
ですが、自作の篩機が壊れてしまったこと、製粉を業者にお願いして、その残りがまだあったことから、今年はその場所に立ち入ってなかったのです。

そして、ふと、製粉機を使いたくて扉を開けると・・・


20160813095010.jpg
ギャー


なんと、自分の頭くらいの大きなアカバチ(このあたりでのキイロスズメバチの別称)の巣が。
びっくりして思わず、急いで扉を閉めてしまい、衝撃でびっくりしたのか騒ぎ始めたので、急いで退散しました。

うーむ。
ちょうど巣の真下1mくらいのところに製粉機ががあるのですが、どうやって取ろうか画策中です。

このハチの巣も冬でお役御免だそうなので、冬まで待てばいいのですが、そんなに製粉を待ってられません。
どうしたもんだか。。。

水まき

最近の暑さで、鶏舎の床の乾燥が進んでいます。
場所によっては、鶏が羽ばたいただけで、土埃というか、細かなごみというかが舞うので、人も鶏も大変です。

床の発酵も進まなくなるので、水をまくことにしました。

20160814171713.jpg

20160814171721.jpg
ホースでジャバジャバ撒いていきます。

床の深さにもよりますが、結構たくさん撒かないとちゃんと湿ってくれません。
これで、床の状態がよくなればいいのですが。。。

増えてきました

ようやく初卵の産卵数が10個/日(昨日)に達してきました。
20160813111213.jpg
ただし、2つは地面に産んでいるので実質8個。

でも、今日は、全部で11個、うち地面に産んだのが1個と格段に産卵数が増えています。

毎度思うのですが、なぜか鶏はちゃんと産卵箱に入って産んでくれるんですね。
暗くて狭い場所を好む習性があるのですが、基本的にはちゃんと産卵箱で産んでくれます。

この初卵の時期は、産み始めるときにはまだ自分が産卵するってわかってないせいなのか、地面にいながら産んでしまうような感じですが、2回目以降はほとんどが箱で産んでくれます。
(大人の鶏でも地面に産むことがありますが、弱い個体で産卵箱に入れないとか、なにか驚いた拍子に産んでしまったとか、そんな理由がほとんどです。)

まぁ、なんにせよ、良い習性をもっているので、きれいな状態の卵で出荷できます。
きれいに産んでくれてありがたいですね。

ジャガイモ掘り

遅くなりましたが、昨日からジャガイモを掘り始めました。

今年は、品種を結構絞って栽培してみました。
買ってきた種芋と、自家でつないでいる種芋を使っていますが、この影響なのか、違う要因があるのか、自家でつないでいる3品種のうちメークイン・シャドークインの2品種はニジュウヤオシテントウ(テントウムシダマシ)に葉っぱを食べられまくって、早期に地上部が枯れてしまいました。

20160812122724.jpg

20160812122757.jpg

もう一つの十勝こがねは結構葉っぱを食べられていましたが、それなりに収量があったのでまだよかったです。

今年から新しく作り始めたのが、こがね丸、ディンギー、グラウンドペチカ。
前者2種はフライドポテト用。
十勝こがねもフライドポテト用なので、7品種中3つがフライドポテト用です。どんだけフライドポテト好きやねん。。。
でも揚げたイモおいしいですよね。

残りの1品種は、種芋を近くの農家さんから余ったからといってもらったもので、キタアカリ。

早速、夕食でキタアカリを粉吹きイモにしていただきました。
新じゃがの風味がまた絶妙ですね。

個人的には少し貯蔵して品種ごとの風味が増してきたほうが好みです。
さて、少し涼しくなってきた気がしますが、低温で貯蔵できるようになるまで待ちたいですね。


1年分の小麦

今年もこの日がやってきました。

一昨年から個体の増羽にあわせて一気に量が増え、レンタカートラックによる輸送となりました。
去年は天気の不安さもあり、さらにまだ春先の腰痛を引きずっていて、屋根下の置き場所と、フォークリフトがある場所などを使った方法をとりましたが、今年は大分回復傾向にあったので、一気に力技で運んでみました。

20160810090510.jpg
まずはオリックスレンタカーさんでトラックを借ります。
高速を使ってでJA上伊那の施設へ向かいます。

20160810091929.jpg
行くともう外に準備してありました。

20160810091926.jpg
ウイングをパカッと両側を開けてフォークリフトで積んでもらいます。
やっぱり、機械というのは素晴らしいですね。

20160810092723.jpg
パレットが大きくて(手前の大豆パレット)載らないので、別の小さなものに変えてもらいました。
パレットは載るけど、上の紙袋が外に張り出していて扉が閉まらん・・・となりましたが、さすが向こうの職員さん。ぐっと紙袋をフォークリフトでうまいこと押して閉まるようにしてくれました。ある意味職人技です。

20160810120030.jpg
そして、近くまで運転して帰ってきて、今度は軽トラに積み替えます。
一応、フォークリフトで下せる場所とフォークリフトを借りれるようにお願いしておきましたが、天気が良かったのと、腰も大丈夫そうだったので一気に運んでしまうことに。(一応、とりあえず下すだけ下して、トラックは返しに行き、後日にでも地道に軽トラで運ぶこともできるようにしておきました。)

20160810120633.jpg
軽トラに積み替えるのからは手作業ですが、積み替え自体は高低差を利用して下ろすのがメインなのでかなり楽です。
(パレットごととはいえ、地面に一度おろすと荷台に上げるのも大変。。。)

20160810135734.jpg
これで1/3といったところでしょうか。
汗が噴き出てくるので、途中塩水分も補給しながら運びます。

SBSH0197.jpg
反対側からも下します。
あと少し!!

20160810144521.jpg
全部、終わりました。
思ったよりも時間がかからず、予定よりも3時間ほど早くトラックも返すことができました。


20160810150902.jpg
これも返しに行かないと。。。
天気にもよりますが、来年はパレットごと積んでもらわなくてもいけそうな気がします。

20160810125807.jpg
今日は、晴れ時々曇りで、少し日差しが出たときは暑かったですが、時折の曇りと風が気持ちよかったです。汗だらだらでしたが。。。


トラックの返却の帰りは温泉に浸かってきました。
少しでも腰への疲労軽減になればいいのですが。


とりあえず、今年も無事一年分の主食が確保できてよかったです。
ただ、偏ったものだけだと不足するものがあるので、秋口には米の類も確保したいなぁと思っています。

まだまだ増えない

生み出した初卵ですが、まだ毎日3個か4個。
でも、4個のうち1つは地面で産んじゃうので出荷できず実質3つ。

まだまだ増えてくれません。
まぁ、1週間から2週間くらいにはまとまった数が出荷できるようになると思います。
もう少しお待ちいただければと思います。

20160809172837.jpg

大豆の中耕

今日は、鶏の作業を終えて、雨続きでやる気のなかった大豆の中耕作業。

管理機やマメトラ耕運機を出して、条間の中耕作業です。


と思ったら、草が育ちすぎてしまって、管理機がうまく動いてくれません。


今年の教訓です。
「午後から雨で復活するかもだけど、中耕作業はやりなさい。」


炎天下の中、水分を補給していたつもりでしたが、塩分不足か頭が痛くなったので、遅いおひるごはん後、暑い時間は休んでました。
そのあとは麦の準備

明日も暑くなるみたいなので気を付けないとですね。

小麦の整理

今朝は、本当に数週間ぶりにきれいな日の出になりました。(いや、実際は作業してみてないです。)

20160808051257.jpg
起き出して作業前のコーヒーの1コマ

日の出も遅くなったもんですね。。。






さてさて、年に何回かある、鶏の大きな作業。
夏は、サイレージつくりとこれ。
(サイレージもやんないと・・・)

「1年分の小麦の確保」

まぁ、簡単にいうと、レンタカートラックでJA上伊那のライスセンターから小麦を運んでくるんですが、その量が6トン。


そして、それを鶏舎の近くにある餌用のトラックコンテナを利用した倉庫に運び入れます。

ですが、まだ、前回分が残っている状態です。
コンテナ自体は小さく、1か所からしか出入りできないので、このままだと先入れ先出しのように古い小麦が一番奥に入ってしまいます。
なので、今ある小麦を取り出し、掃除をしました。


20160808170431.jpg
簡易すのこを外して掃き掃除。

簡易すのこは去年から敷きはじめたのですが、いい感じです。
どうしても、このコンテナだとネズミは防げるけどアリの侵入は防げず、床面の隙間に巣を作ってしまって、糞(のような土のような?)かなにかの湿り気も相まって、袋は破れるし、小麦はカビるしで、大変でしたが、今回はほとんど被害がなかったです。


20160808171309.jpg
すのこをしいて完成。
あとは、一番下の袋を壁にピタッとつけないようにすれば、より一層アリ君の心配がなくなります。
(微妙な隙間が欲しいみたいですね。。。)

さて、明後日の麦輸送に体力(というか腰)を温存しないと。。。

鹿ソーセージ

今日は、買い出しの都合もあったので、午後の作業はお休み。

飯田の中心部で行われている「人形劇フェスタ」に顔を出してきました。

といってもチビ2人連れてはまともに鑑賞できないので、メインの人形劇はパス。
(去年、下の子がおとなしい時に行こうと思って、頑張って作業を終わらせて行ったら定員オーバーで入れず。なんでやねん!!)

鶏のワークショップでお世話になっているNPOのF.O.Pのブースに顔を出してきました。

20160807140438.jpg
食べたかったのが、この鹿ソーセージ。
変なうまみも入れず、(鹿とハーブと、ジューシーさのために豚脂)臭みも無くで、本当においしい。

そのあと、ゆっくり買い物をして、帰ってきました。
しかし、たまご屋さんと飯田の市街地の気温差にびっくり。30と36くらい違ってくるので、もうくたくたです。

床材投入

いろいろ作業が重なってますが、これはこっちの都合では動いてくれないので仕方ありません。

昨日の夜に床に敷くチップをとってきました。

今日、明日と予定が入っているので、加工場の作業が終わっている17時以降になってしまいます。
まぁ、涼しくてゆっくりできるので楽です。
20160805181857.jpg
少ないように見えますが、結構あります。
しかも、連日の雨続きのせいで、湿って結構重たかったです。


20160805185409.jpg
なんとか積み込みました。
途中、上に載って踏み込んだりしながら、たっぷり積みました。

この場所が近くでよかったです。
ゆっくり安全運転で帰ってきました。

今日は、これを床に投入しました。
鶏たちもうれしいようで、チップを投入すると集まってきます。(それはうれしいよりも、なにか餌を期待しているのでは・・・)



ちなみに午後は消防団の作業と慰労会、さらにそのあと消防団救護班の打ち合わせでした。
土曜日も忙しいです。

初卵!!

ついに生まれました。

3月に入れたひよこ達の1羽が生み始めました。
いわゆる「初卵」です。

最近はちょうど1か月ほど前にときの声を上げ始めていたので、そろそろかなぁと思い、作業をしながらきょろきょろと卵を産んでないか確認していたのです。
今朝は、同じように床の調整をしながら落ちてないか観察していると・・・

20160805071824.jpg
あった~!!

ついに産んでくれました。
慢性的に卵不足だったので、もう少しするとちょっとは解消してくれるでしょうか?

P8044387.jpg
朝は1つのみでしたが、午前中にあと3つ産んでくれて合計4つ。
4羽同時に産み始めるなんて、示し合わしたみたいですね。

P8044390.jpg
早速、夜にたまごかけご飯で頂きました。
うーん。
やっぱりおいしい!!
甘みとコクが詰まっています。



20160805062458.jpg
そうそう、肉用のお試しとして飼っている丹波黒どりもなぜか同時に産卵開始してくれました。
(ちょっと見にくいですが、写真中央の餌箱の手前と奥に1つずつ。。。)


P8044388.jpg
こちらは2つでした。

P8044391.jpg
右が丹波黒どり。草をあんまりやってないせいか、黄色が薄いです。


床に産んじゃうとだめなので、産卵箱に入れるように整備しようと思います。
(今は夜に入って寝ちゃう子がいるので(中でフンをされる。。。)、入れないようにしていました。)

雨続き

梅雨明けしたにもかかわらず、連日夕方になるとゴロゴロ雷雲がやってきて、雨になります。
最近は夕立じゃなくて、夜に降ることが多いですね。
青草も雨がついていて朝の涼しいうちに刈れない(重い)ので、大変です。濡れてるか暑いか、どっちがいいか・・・

20160802115744.jpg
今日もゴロゴロ。

20160802120737.jpg
連日暑そうです。
日陰にぐたっとだらしない感じで寝ています。このときはきりっとしていますね。

20160802105624.jpg
ゆきむすびは頴花が出終わって枯れ始めています。

20160802103822.jpg
日当たりが悪い手前側と水が冷たい左側は、出穂がまだですね。

8月2週目から夏のような天気になるそうですが、どうなるでしょうか。

FC2Ad