長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事納め

仕事納めと言っても、出荷(配達・発送)の方だけです。
動物を飼っていると、まぁ仕方ないですね。

20日を過ぎたあたりからは卵の注文が多く、ルーチン業務に加えて発送が入り、さらにこまごまとした事務仕事もあり、その他の年末しなければいけない仕事もあり、と重なり、なかなか落ち着きませんでした。

そして、本日、とりあえず今年最終の配達が終わり、ひと段落です。
もう30日ですが、年越しに向けておせちづくりや掃除などをちょこちょこと進めていきます。


今日の一番は「注連縄づくり」。
もう1週間前になりますが、地域の老人会(と役場?)が主催かで、お正月飾り教室があり、参加してきました。
その時作った「おやす」に触発され、今年は注連縄の輪に加えて少しわら細工で飾り物を増やすことにしました。
こういうときって、Youtubeが便利ですねぇ~

20161230142609.jpg
水引や紙垂は無しですが、松と南天をあしらってみました。

20161230130026.jpg
今年初挑戦の亀さん
思いのほかうまくできました。いや、目をつけるのを忘れています。

さて、残すところ今年もあと明日のみ。
頑張っていかないとね。
スポンサーサイト

最盛期

20161229115457.jpg
たまごの出荷ピークです。

たまごが足りず、当日の分を使うという自転車操業的な感じです。



まぁニワトリ達は、環境の変化を感じつつの産卵の変化があるくらいで休日や祝日なんて無いので、毎日頑張って産んでくれています。
が、飼い主の方が、地方発送やら、出荷準備やらで、年末の注文に右往左往しています。


とりあえず、一番のピークを乗り越えられてよかったです。
なかなか睡眠時間が取れなくなりそうですが、体を壊したら何もならないので後回しにできる仕事は後回しにしつつ、ある程度の睡眠時間を確保しています。


睡眠も大事ですが、食事も大事!!ということで、うちのコッコたちのスペシャルメニュー。
20161229123820.jpg
きぬたまーな!が昼食でした。

20161229123908.jpg
軽く混ぜて食べます。

たまごだけでなく、ソースの肉はうちの老鶏のスモークチキン。
塩と胡椒でここまで旨いのか!!というくらい味の濃縮したスモークチキン。
乳と肉と卵がそれぞれ旨味を引き出しあって最高においしいです。

出荷は明日で最後。
もうひと分張りです。

本当に師走

あっという間に月末です。
師走というくらい、いろいろと走り回っています。私は師じゃないのに~(笑)

月曜日の夜から雨で、この時期に雨なんて~というくらい、暖かかったのですが、少し寒くなってきました。

といっても、朝の気温が氷点下4℃くらい。
去年とか一昨年が-8~-10℃くらいまで冷え込んでいる時もあるので、やはり暖かめです。

20161228085108.jpg
霜柱が出来ていました。
そんなに霜が降りていませんが、地面はガチガチです。

20161228091254.jpg
日曜日に入れたチップのおかげで床はフカフカ&ホカホカです。
チップを入れるといつも高温で発酵が始まります。
なにか、菌の生育に必要な栄養源があるんだと思います。



そして午後からは、製粉をしつつ卵の調整作業。

20161227163629.jpg

20161227163621.jpg
なんとか試行錯誤してみますが、やはり少し思ったようにいきません。


29日がたまご出荷の山場です。
それまで頑張らねば。。。

餌づくり

昨日は飯田方面の出荷日で、いろいろと買い集めたりしながら出荷と入荷(?)をしつつ飯田方面をぐるっと回るのですが、やってしまいました。
大事な餌の米ぬかを買い忘れ。。。
17時前に帰ってきて、あれ?と気づきました。
実は、今日の分の米ぬか餌がなくて、昨日作らないと無い!!という状況だったのです。

で、とりあえず、米ぬか以外の材料はミキサーで混ぜて粉々の状態になっていたので、別の餌づくりで使う予定だった米ぬかを急遽こちらに回して、即席で米ぬかと米ぬか以外を1日分つくりました。

で、今日は、その忘れた米ぬかと取りに行ってきたのですが、それだけだと勿体ないので、その近くのお醤油屋さんにお邪魔してお醤油の絞り粕ももらってくることにしました。

で、帰ってきてから軽トラに積み替えて、倉庫とミキサー小屋まで一走り。
と思ったら、昨日から今日の午前中に降った雨のせいで、道はどろどろ。
たっぷり積んでいる米ぬかと醤油粕のおかげで、ぬかるみにはまってしまいました。

もう、ダメか?とあきらめかけたのですが一度下がり、勢いをつけて進んでやることで、なんとかぬかるむところを突破できました。

201612271539441.jpg
ドロドロ道。
始めは奥の道から5mほど入ったところでスタックしてしまいました。


20161227153344.jpg
まぁ、こんだけ積んでるとダメだよね。。。

なんとか運べたし、餌も作れてよかったです。

製粉機

ちょこちょこと小麦粉の注文が入ったので、少し卵の作業が落ち着いたところで、製粉作業をしています。

2016122514162.jpg
電動ふるい機で、ふるい分けます。

が、どうにもうまくいきません。
ふすまが細かくなりすぎたり、熱を持ったり、水分が多いせいか篩が詰まりやすかったり。
なかなか難しいところですが、原因を探って対策を練っていきたいところです。


そして、今日の夕食は飯田のレストラン「naturel kitchen TESSHIN」へ。
始めて飯田下伊那入りした日(つまり就農前)の夜に食べて、こんなレストランがあるんだ。こんなところに出荷できたらいいなぁ。。。と思ったこの記念の場所へ、「もー」のリクエストで行ってきました。
結局、このレストランの系列店「saryo」で、卵を扱ってもらえるようになったりと、うれしい結果になっていますが、お料理やお店の雰囲気に感動したのは懐かしい思い出です。


メインのシェフは交代していますが、また一味違った味を楽しませてもらえます。

20161225180555.jpg
今回は時期的にクリスマスディナーとなりましたが、どんな料理でも美味しかったです。

キャンセル待ちになりました!!鶏と麦の宴2017

お知らせ記事です。
通常のブログ記事は下にスクロールしてご覧ください。










今シーズンも行います。

鶏の屠畜ワークショップ「鶏と麦の宴~幸せな鶏編~」


日程は2017年の
・1月9日(月・祝)
・1月10日(火)

・2月12日(日) 定員に達しました。
・2月13日(月)定員に達しました。
の4回です。

※キャンセル待ちの受け付けはしております。



今回は、企画・運営をしてくれているF.O.Pの方で素敵なイベントページを作ってもらいましたので、そちらをご覧ください。

たくさんの方のご参加をお待ちしております。


鶏と麦の宴
↑クリックするとF.O.Pのページに飛びます。


Image_e47bd0d - コピー
シェフよりメッセージです。

お正月飾り教室

ここ、下條村ではこの時期に各地域でお正月飾り教室が開かれています。
といっても、回覧板での通知文は無く、音声告知(村内ケーブル放送の類)で案内がありました。

で、当地区は今日24日だったので、子供たちを連れて行ってみました。

で、行ってみてわかったのですが、対象は小学生。
どおりで、通知文が無いわけです。(多分、小学校で配られてたんだ~と気づきました。)

それでも、小学生の皆さんと親御さんがやっている中、ひげ面のオッサンが一生懸命作ってきました。

で、作ったのがこちら。

20161224095929.jpg
「おやす」という、藁を編んで?円錐状にしたものです

神様の器だそうで、お餅が基本でさらに入れるところは煮しめなどを入れるらしいです。
そもそもこの「おやす」この飯田下伊那のあたりと奥三河のあたりの風習なんだとか。

20161224094749.jpg
編み方を覚えるのが一苦労(順番を覚えるのがむつかしい。歳か?)でしたが、慣れてくると話しながらでもすいすいできます

何個か作ったところで、来ていた老人会のメンバーの知り合いの人に、いろいろと藁細工(というのか、藁加工品というのか)のことについて教えてもらいました。

藁草履か草鞋の作り方を聞いたところ、「もうしばらく作っとらんなぁ・・・」と言いながら、「こうやってこうやって、うーんと、どうだったっけなぁ」と言いながらするすると作っていくではありませんか。

昔の人は、さすが、手に技術が染みついてるなぁと感心しました。
なんとか、この技術を受け継いでいきたいなぁと思います。
この知り合いのお宅にお邪魔して、技術の継承をしていきたいなぁと思います。







20161224201956.jpg
世間はクリスマス一色ということで、子供たちもいるので、夕食はうちのチキン丸焼き。

うちのおいしいお肉でというのは、やっぱり贅沢だなぁと思います。

軒先基礎作り③

鶏舎の軒先を増やす計画の基礎作り。
前回は砂利がなくなってしまったので、終了。

早速砂利を手配して、残りを片づけていくことにしました。

20161223144839.jpg
前回と同じような写真ですが、まぁ、前回と同じことをやっているのでしかたありませんね。

残っていた分を終わらせて8つ全部の沓石を置くところまでやることができました。
あとは、適当に土を戻して沓石の周りが霜で浮いたりしないようにするだけです。

今年はそんなに寒さが厳しくなかったせいか、土が凍る前に終わってよかったです。



20161223081308.jpg
そうそう、ここ最近は青草代わりにキャベツを与えています。
たまにカリフラワーやブロッコリーも入っていますが、やっぱり葉っぱの方がスキみたいです。

軒先基礎作り②

先日の基礎作りの続きです。
木を切り倒し、その幹で新しく大槌(ヨイトマケ)を作り直したので、砂利を穴につめて、突き固めていきます。

20161221164403.jpg

砂利の量節約のため、大きな石を入れて嵩を稼ぎつつ、隙間にもちゃんと砂利を詰めます。。
そして、大槌でたたいてしっかりと固めていきます。

20161221164424.jpg
嵩が減った分砂利や中くらいの石を足して・・・
と繰り返して、全部で8つあるうちの穴の5つ目まで終わったところで、ストックしている砂利が終了。
また、用意しないといけません。

完全に地面が凍る前に終わらせないとね。。。

基礎作り

2年前から作りたいと思っていて出来てなかった鶏舎の通路の屋根づくり。
とりあえず鶏舎の軒先を伸ばす計画ですが、そのための柱を立てる基礎作りにようやく着手しています。

数日まえから穴を掘っていましたが、今日は中に石を投入しました。

2,3日前にもやろうと思ったのですが、最低-6℃、最高1℃の気温では土や砂利が凍ってしまって、できませんでした。
木曜日くらいまでは暖かいようなので、この間にやれるところまでやってしまおうと思います。

今日は、掘った穴に大きな石をとりあえず入れました。そして、そのあと砂利を入れて、ヨイトマケ(大きな槌風の取っ手の付いた丸太)で突き固めていくつもりだったのですが、いざ肝心の「ヨイトマケ」を持ってきたら、虫に食われてボロボロになっていました。
まぁ、確かにもう4年も前に作ったものなので、さすがにもう使えないようです。
代わりになる木を切り出して、新しいのを作る必要が出てきました。

いろいろとやることが溜まっていますが、優先順位を決めてちゃっちゃと片づけていこうと思います。(となると、屋根づくりなんかは下位になっちゃうのですが・・・)

大豆の脱穀終了

残っていた大豆の脱穀が終わりました。

エンレイ
信濃黒
丹波黒
あおばた豆
秘伝
赤大豆
品種混合の黄大豆

どれも少量ずつだったのでビーンスレッシャで脱穀している時間と、そのあとの掃除の時間が同じくらい(笑)
やっぱり、機械作業は楽ですが、品種がたくさんになってくると効率は悪いですね。。。
まぁ仕方ないところですが。

どれも数キロずつ。
まぁ、今年は黄大豆と青大豆のあやみどり以外は種取りくらいに考えていたので、こんなものでしょう。

そうそう、痛めていた腰もだいぶ良くなりました。完治に2年くらいかかるとは思わなかったです。


とりあえず、ハウス内にあった、大豆が片付きました。
でもいろいろとまだ荷物があるので、ちょこちょこと片づけていかないとですね。
1月のイベントでは会場になるので、それまでにはきっちり綺麗にしとかないと(汗

柿をプラス



20161215102405.jpg


20161215102422.jpg


20161215102454.jpg


最近のニワトリ達の2回目のごはん。
おからに加えて柿の皮と熟した実を与えています。
やっぱり、実の方が好きなようで、飛んできて争ってついばんでいます。

あんまり多いと次の日は食べないようで、1日おきに与えても良いのかもしれません。
ちゃんと必要な成分がわかっていて、自己体調管理しているのでしょうか?







そうそう、今話題の鳥インフルエンザ。


20161215144028.jpg
県内でも野鳥から鳥インフルエンザウイルスが検出されたようで(追記:結局精密検査で陰性)県から消石灰が緊急配布されました。

20161215150820.jpg
一応撒いてみましたが。。。

どうなることやら心配です。
近隣で(もちろん自分も)何も起こらなければ良いのですが。。。

床の管理

肺というか腹筋というかわき腹というかが痛くなって、いつもやっている床の管理ができてませんでした。
大分よくなってきたので、とりあえず、今日は管理機での床の管理作業。

通常は、3本鍬で掘り起こすのですが、どうしても管理してないとカチカチに硬くなってしまうところがあって、そこを今の負傷の状況でやるのはちょっと辛いので、動力に頼っての作業です。

20161214150242.jpg
ブリッジを使って、7馬力のマメトラを部屋の中に入れ、まんべんなくかき混ぜます。
管理機の良いところは、ほぼ全面を綺麗に混ぜてくれるところ。
逆に悪いところは、あまり深くまでは混ぜてくれないこと。

ニワトリ達は、繊維分や発酵した何かを食べるようで、床もついばんで食べているのですが、深い嫌気発酵?のところも食べたいみたいで、鍬で掘るときは結構深め(たまに土まで)に掘ることができるのですが、管理機だと掘れても15~20cmくらいです。

これで床も柔らかくなったので、明日からは3本鍬できっちり管理しようと思います。
やっぱり、床が大事ですからね~

大豆脱穀

今朝の冷え込みは-9℃。
今年一番の冷え込みですね。

20161212084754.jpg
夏に使うニワトリ用の水タンク。
少し水が入ったままだったのですが、そこから水が滴ったらしく、地面からの氷柱ができていました。


大豆脱穀の2回目。
しばらくハザで干していたので、かなり乾燥が進んだと思います。
明日が雨の予報なので(当地は雪かも?)出荷日で忙しいですが、脱穀を行いました。

20161212124351.jpg
修理したビーンスレッシャで順調にできました。

前回は種用のナカセンナリでしたが、今回は一般用のナカセンナリとあやみどり(青大豆)を脱穀しました。
前半は、いつものように根っこの部分を持って脱穀部に入れ、脱穀できたら引き抜くという方法でしたが、後半は本来の使い方で。
つまり、茎や根っこごと放り込んでしまう方法で行いました。

うちのビーンスレッシャは連続排幹と間欠排幹と切り替えできるのですが、やっぱり自分で排幹する間欠式の方がきれいにできるので、少しめんどうですが放り込んでからしばらくして排出ペダルを踏むという方法で行いました。

途中から「もー」とチビも参加して、ハザに干されていたのがあらかた終了です。
残りは少数しかないものばかり
・青大豆
 秘伝
 あおばた豆
・黒大豆
 信濃黒
 丹波黒
・赤大豆
・黄大豆
 エンレイ
の6種類。

量はほとんどないのですぐ終わってしまうと思います。

脱穀はあと少し。

そして選別だ~

リンゴ

阿智の農家さんからいただきました。

20161212112328.jpg
キズや一部腐ったリンゴ

ニワトリ達に与えると大喜びで奪い合って食べてました。
やっぱりおいしいのが分かるようです。

20161212112209.jpg
黄色いのもいただきました。
これはたぶんシナノゴールドかな?



今日は、地域の道役。つまり、側溝などの掃除です。
そのあと忘年会があって、飲んだくれました。。。

で、いつもならこの道役→慰労会(今回は忘年会)の流れですが、今日はこの道役の前に防災講習会がありました。
つまりは、災害対策をしっかりしろというお話です。

家具の固定や、新聞で作るスリッパの作り方(飛散したガラスの上を歩ける!!)と簡易ローソクの作り方(ティッシュとアルミホイル、揚げ油で作れる)を教わってきました。
(いえ、もっといろいろとありがたい話がありました。。。)

この辺りでは東海地震で震度6弱の予想だそうです。

いつ来るのか心配です。

お醤油見学会

今日はお醤油屋さん見学会でした。

地元近くの高森町や下條村、阿南町からと、少し遠くの伊那市や茅野市、原村などからも来ていただいて総勢16人(+子供5人)。

いろいろ松岡屋さんにてお話を聞かせていただいて、参加者の方々に「お醤油プロジェクト」に興味を持っていただけたかと思います。

詳しくは参加者の代表のHさんがまとめてくれていますので、そちらをご参照ください。
【報告】 「農家と醸造所のコラボ、醤油もろみと絹田農場見学会」を開催しました

このブログを見て、ご興味のある方、ぜひ連絡ください。
お問い合わせフォームか、アドレスdancp2000@hotomail.comまで(←@を半角に変えてください。)







写真は上記ブログ記事より拝借しました。

鶏舎掃除

また、この季節です。
鶏舎の網に付いたホコリ取り。

いつものように動力噴霧器を使って高圧の水でホコリを吹き飛ばしていきます。

が、今回もトラブル。

前回、筒先が凍って割れてしまいロウ付けで修理したのですが、まだ不十分。
で、追加で修理したのですが、なんとさらに悪化させてしまい修理不能に。。。なんてこったい。。。

とりあえず、タンクの水が水であるうちにしかできない(寒くなって凍ったらおしまい)ので、無理やりホースとホースバンドで割れ口を多い、それでもそこから噴き出す水を浴びながらの作業でした。

2時間ほどでホコリ取りは終わったのですが、全身びちょびちょ。これでも上半身はカッパを来ていたのですが、首や足から水が入って、かなり冷えてしまいました。。。

風邪を引かないようにすぐ着替えました。

なんとか綺麗になって、よかったです。

お醤油屋さん見学会

今進めている、「たまご屋の原料で作るオリジナル醤油」の後継として、

農家が持ち寄った原料で作るオリジナル醤油」プロジェクトを進めています。

もう間近になりますが、お醤油屋さん見学会を有機農研のメンバーが企画してくれました。
ぜひご参加ください。

申し込みは、図中のハマダさんまで。

12月10日13時集合
①お醤油屋さん「松岡屋醸造場」見学
②たまご屋(キヌタ農場)見学

①のみの参加でも大丈夫です。
ぜひぜひ

20161203102315.jpg
(クリックで拡大)

犬小屋つくり

畑の大豆の抜き取りが終わって、気持ち的にはひと段落。
本当にどうしようかなぁと悩んでいたので、肩の荷が下りた気分です。

で、とりあえず、ハザ干ししているので、乾燥を待ちます。

その間にやることは、いろいろあるのですが、今日は犬小屋つくりです。
去年うちに来た番犬の「白」の小屋が今までずっと簡易的なものだったのですが、ようやく作ってやることになりました。
いままで変な小屋でごめんよ。

材料は、先日止まり木用にもらってきたコイツ。

20161123112333.jpg
角材チックなもののうち、松を骨組みに。壁材として、丸太を切った時の半月のような断面のものを使います。

チラシの裏にある程度の大きさや形を書き、これをもとにちゃっちゃと切っていきます。
そして、電動インパクトドライバでビス止め。
ちょっと適当だけど、まぁ、酷使するわけじゃないからいいかな?

そして完成です。

20161205121553.jpg
前から

20161205121612.jpg
後ろ側


20161205121601.jpg
中身


余っている波トタン板を付けて屋根を付ければ完成です。
今日は時間切れだったけど、明日か、明後日には完成させるつもりです。

大豆脱穀

少しですが、大豆の脱穀を始めました。
昨日、ほぼ終わった大豆の抜き取り。
途中で、抜き取っている大豆のほとんどが結構乾いていると感じていました。

昨日も晴天で今日も晴れの予報。
ということで、昨日は途中から抜き取った株を軽トラに並べたり、風通しがよくなるように中空に橋みたいなものを作って、そこに置いて乾燥を進めておきました。

今日も、朝から霜だったので、霜が解けて乾いただろうお昼前から脱穀開始しました。



と、思っていたのですが、いざ脱穀を始めようと、ビーンスレッシャを移動させていたら、なんとなく違和感。
エンジンを止めて、何となく見ていたら・・・

エンジンを固定しているボルトが壊れて、エンジンがちゃんと固定されていない!!
4つのうち片側2つが壊れていて、しかもこの固定してあるのが、ちょっと特殊。
土曜日でしたが、JAの農機センターに連絡したら、さらに衝撃の事実。

この機械、もともと、米麦用の脱穀機が乗っていて、それを豆用と交換したもの。
で、その米麦用の脱穀機が乗っていたオリジナルはガソリンエンジンで、今乗っているのはディーゼルエンジン。
前の所有者が交換したらしい。

で、本来のカタログでの部品と完全に違っているから、部品を見てもわからないらしい。
農機センターの方がいうには、基本的には型番がはっきりしてないと在庫確認もできず、似たような部品を探すことはできないとのこと。。。なんて、硬い頭だろうか。。。
まぁ、そのあとの責任問題とかいろいろあるんだろうけど、柔軟性がないなぁと思ってしまいました。

まぁ、でも、はいそーですか。とはならないので、自分で考えました。

まず、オリジナルの部品。

20161205115146.jpg
ボルトとボルトの間に、ゴムで成形された部品があって、ボルト同士は貫通しているわけではなく、ゴムでつながっている状態。
これが、ちぎれてしまっています。

20161204075137.jpg
こんな風に固定されていました。
上のほうにある黒い板は、汚れた金属の板で、白っぽい円柱の中とその下にゴムがある状態でした。



で、これを直接上下をボルトで固定してしまうとおそらく、振動でほかにひずみができてしまうかも・・・と心配しちゃいます。でもまぁ上下を貫通して固定するしか方法が無いので、間にゴム板をたくさん挟んで衝撃を吸収してもらうことにしました。

とりあえず、あわててホームセンターに直行。
ありあわせで部品を調達します。
買ったのはステンレスのM10*90mmボルト、大きめのM10ワッシャー、(合成)ゴム板20*100*100mmです。

で、ゴム板を切り、穴をあけて、固定してみました。

20161204075142.jpg
適当に作ったのですが、まぁ悪くない感じです。
運転してみましたが、とりあえず問題ない感じ。まぁあったとしても見えないところで進行すると思うのでどうしようもないんですけどね(汗



そして、肝心の脱穀ですが、今日やろうと思っていた分は無事終了しました。
なんとか終わってよかったです。

大豆の取入れ

胸が痛くなった次の日。
ものすごく晴れていい天気でした。

ちょうど、助っ人が来ていて、絶好の大豆の抜き取り日和。
なのに、胸がまだ痛くて(少しましになっていましたが)大事をとって作業はお休み。

助っ人にお任せしてやってもらってしまいました。

20161202060254.jpg
朝の南アルプス
キーンと冷え込んだ空気がたまりません。

その前からもやってもらっていて、ちょうど出荷日と重なったり、別の用事があったりと、大豆の抜き取りをほとんどお願いする結果になってしまいました。
うーん、これじゃあ営農としてはまだまだですね。

今日もいい天気で、ゆっくり作業しつつ、なんとか抜き取りが終了。

20161202142151.jpg

20161202142157.jpg
小麦のラインがしっかり出ています。

先週雪が降った時はどうしようかと思いましたが、とりあえず、畑の収穫物がひと段落してなによりです。

さて、明日も天気がもつようなので、ビーンスレッシャで少し脱穀するつもりです。
できるかなぁ?

水を汲みに

今日は出荷のついでに、飯田市の北西にある「猿庫の泉」で水を汲んできました。

というのも、ようやく「乾麺うどん」の申し込み受付ができて、製造元に小麦などを送れることになったからです。

20161201154734.jpg
美味しいです。

まろやかと表現されています。が、なんというか、個人的な感想は「やわらかい」水です。
隣の阿智村の清内路地区にもおいしい湧水があるのですが、そちらは同じ軟水でも「硬い」気がします。

やっぱり、猿庫のほうがおいしいなぁと思うのです。
(アクセスはしづらいんですけどね~)

お近くに来られた際はぜひ。。。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。