長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

ロータリーモアの故障

敷地内の草刈りに使うロータリーモア。
ビーバー(よくある草刈り機)とは違い、自走してくれるので刈るスピードも速いです。

今日は、すこし前にやった放牧地の掃除刈り(食べない草を刈っていく)をしようと、前回の続きを刈り始めました。
外周から刈り始めて1周しないうちに「ドドド、ド、ド、、ド、ド」とエンジンの回転が遅くなり、ついには停止。

あれ?ガソリンあったよな?と燃料を確認。
うん、あるよな。

あれ?なんで?
リコイルを引っ張るも、硬い。。。

え?これは、ひょっとして、やっちまったか?
とオイル確認。。。


なんと。


からっぽ。。。


あぁ~エンジン焼き付かせてしまった。。。



これはどうしようもないな。



掃除刈りは諦めて、というか、今後、草刈りが大変になってしまう。。。
別の眠っている草刈り機を復活させるか、エンジン乗せ換えか。
眠っているのもうごくかわからんし。
迷うところです。









で、作業の予定が変わったので、畑のほうへ。

ジャガイモの土寄せをすることに。

20170614181746.jpg
こちらはしっかりできました。

雨がしばらくないですが、育ってくれています。

大豆播種

今日は昨日の耕運に引き続き、播種作業。

播種はいつもの播種機器「ごんべえ」さん。
去年までは1粒蒔きのベルトだったので約10cmで1粒だったのですが、今年は2粒蒔き用のベルトを購入しました。
これで18cm間隔2粒蒔きで播種できます。

今年の大豆のラインナップは
販売用
・ナカセンナリ(黄大豆)
・あやみどり(青大豆)

基本自家用(余れば販売)
・秘伝(青大豆)
・赤大豆
・黒千石大豆
・丹波黒
・信濃黒
・アオバタ豆

前者で合計8畝ほど、後者で合計2畝ほどと、1反少しの播種です。
手巻きなら5日程かかってしまいますが、ごんべえさんを使えば3時間ほどで終わります。

20170613153109.jpg
途中写真は無しで、終了後パシャリ
足跡と、鎮圧タイヤの跡だけがついています。

しばらく雨の予報が無いですが、どうなるでしょうか。



そして、6月に入っているのにまだまだ朝の気温は1桁です。
今年は冷夏でしょうか?それとも、これから暑くなるのでしょうか?

畑の小麦も成熟が遅れ気味ですが、少し気になることが。

20170613104819.jpg
極早生のハナマンテン
よく見ると茎がポキポキ折れています。

20170613104824.jpg
もっと寄ってみるとよくわかります

20170613104813.jpg
地面には外頴(籾にあたる部分)がぽろぽろ

なんで茎が折れてんのかな~?と思ってたら、どうやら鳥に食べられているようです。

他の畑でも同様になっていたらい、野良麦(こぼれ種で生えてきたもの)も、とりに食べられて茎だけになっているものもあります。
今年は涼しくてあまり餌が無いのでしょうか?

20170613185017.jpg
夕方、あらめが番をしてくれていました?じっとしているから、鳥が来るの待ってるんだよね?





おまけ

20170613104644.jpg
20170613101736.jpg
今年はタマネギがそれなりに取れました。
とう立ち(ねぎ坊主)も無く、大小さまざまなものが取れました。娘も大喜び。

しばらく乾かして、根切り、茎切りしたあと、干して保存ですね。

大豆の播種準備

今日は出荷を早めに終わらせて、そのあと大豆の種まき準備です。

まずは、鶏舎の床(鶏糞)をコンテナに詰めて畑にまきちらしていきます。
前から運んでいましたが、ようやく終わり。
だいたい満遍なく撒けたと思います。

そして、腰にくるのですがさっさと撒いてしまって、次の作業。

トラクターでの耕運です。

20170612181633.jpg
最後の耕運のつもりなので丁寧に丁寧に混ぜ込んでいきます。

夕方なので、少しブヨが出てきて顔の周りをブンブンされるのが気に障ります。
が、2時間弱ほどでなんとか1.2反ほどが終わりました。

これでもいつでも播種作業に入れます。



今日のバウム

20170612100913.jpg
相変わらずおから、ふすま、醤油粕のミックスを食べるバウム

若いイネ科の草やクローバーは大好きですが、栄養価が高いとされる出穂前後のカモガヤ(オーチャード)はほぼ食べてくれません。。。
なぜ?

田んぼのくさかり

田んぼ話題が連続です。
今日は、たんぼの草刈り作業。
ひたすら草刈り機で刈ったあと、レーキで集めて畦の隅に積んでおきます。

畦の法面を刈るのが大変です。
上から刈るか、下から刈るか、法面に足をかけて真ん中から刈るか。
どの体制も腰にきます。

20170611152835.jpg
刈り終わり風景。
のどかです。









話は変わりニワトリ話題

20170611111010.jpg
毎日の草刈り&裁断作業
ニワトリ達は大喜びで啄んでいます。





そしてさらに話題が変わって放牧地。


20170611112749.jpg

20170611112756.jpg
蒔いた牧草の種が発芽してきました。
少し耕してみたところ(ただし根っこで断念)の種は2か月前に発芽していましたが、不耕起のところは発芽してなくてダメだったか?と思っていたので、発芽してきてよかったです。

覚える

ようやくわかってきたようです。

餌をくれる人


ではなく、餌が入っている容器。



最近、3日に2日くらいの割合でおからサイレージと(製麺依頼の副産物の)ウチのふすま、そしてお醤油粕を与えています。

で、その味を覚えたのか、バケツを見ると近づいてくるようになりました。

その前に名前を呼んでも完全無視。

ですが、バケツを見たら走ってきます。
現金ですなぁ。。。




まぁ、動物ってそんなもんだよね。

初除草

田植えから11日目。
ちょっと遅いですが、除草開始です。

動力付き田車を使って除草しようと倉庫から出してきて、エンジン始動させるもエンジンかからず。
プラグを見てみると湿ってないので、キャブレターの分解清掃です。

去年、使い終わりの時にはちゃんとガソリンを抜いておいておいたのに・・・
と分解を進めると、フロートバルブのバルブが固着していてガソリンが流れていませんでした。

ゆっくり手で外してキャブクリーナーで洗浄して、元通りに組み上げて修理完了。
こんどはエンジン一発始動でした。

そして、気を取り直して除草開始。

20170610103824.jpg
ブブブブブとエンジン付きです

あぁ、これこれ。
と考えながら、もうこんなに大きい草がある。だとか、さすがクログアイは強いなぁとか考えながら、大きい田んぼと3段のうち1段目を除草しました。

2段目と3段目はあまり大きな草が無かったのでこちらを投入。

20170610154023.jpg
じゃん。

チェーン除草器です。

これは阿南の知り合いにこの冬貰ったもの。
その方は約30*30cm(正確には27cmくらい?)に手植えしていて、縦にも横にも田車が入れられるので、除草自体は田車のみでできるようになったとか。
使わなくなったものをありがたく譲り受けたわけです。

一度に除草できる面積が広い(6条分)ので、動力田車よりも早いです。。。
草取りの効果は・・・水が濁っているので確認できず。
ただ、かけ終わったチェーンはこのとおり。

20170610162226.jpg
いろいろ引っかかってきています。

2段目と3段目の後、1段目と大きなところにもかけてみました。
途中でふと「これだけ草とかわらが絡んでくるということは、1往復ごとくらいで草を取るほうが良いのか?」と思い、最後の大きな田んぼをやっているときは1往復事に絡んだ草とワラを外してみました。
ちょっと手間ですが、何となく、除草効果が上がっている気がしています。

あとは、速度の問題。
トコトコ早歩きでも引けてしまいますが、チェーンの重みを生かしつつ、草を引っこ抜くにはある程度ゆっくりのほうがチェーンが浮かなくて良いのか?とも考えました。

まぁ、今年は試験的に使ってみることにします。
問題はクログアイなんだよなぁ。。。

掃除刈り

放牧地の雑草が伸びてきたのですが、もちろんバウムはたべてくれず。
蒔いた牧草にも影響がでそうなので、掃除刈りです。

今回は、とりあえずまだ切り株の残りがすくない場所だったので、ロータリーモアで刈りました。

20170606161929.jpg

20170606161919.jpg
掃除刈り途中

20170606161916.jpg
別角度から

切り株を避けていくのですが、イタドリが大きくなり陰に隠れていて、慌てて停止することもしばしば。
でも、なんとかきれいにできました。

20170606163038.jpg
手前部分は終了。


奥のほうは草が伸びてきていないのでまだ掃除刈りはやらなくてもよさそうですが、今日やった部分の切り株周辺や梨棚の支柱周辺は草刈り機で刈る必要がありますね。。。


ただ、今日草を与えに行くと生えてきた牧草を食べていました。



もう少し牧草が育ってくると、草を与えなくても良さそうかな?

20170606112713.jpg
わかりずらいですが、牧草が食いちぎられています。
ようやく食べられる大きさになってきたようです。




20170606105731.jpg
毎日の草刈り量
手前がニワトリ用。奥が牛用です。
牛にはイネ科雑草とクローバーを与えています。

バウムがいない

今日は、びっくりしました。
放牧地に草をもっていくと、バウムの姿が見えません。

ばうむ~と呼んでも来ず。
あれー、脱走した?電柵切れてないはずなんだけど。。。なんで?

とおもってきょろきょろしながら探してみると。



20170605105922.jpg
いた!

わかりますか?

20170605105907.jpg
ここです。

うっすらとわかりますか?
特徴的なのはピンク色のお鼻です。



いつもなら、別の木の木陰に入っているのですが、別の場所のイタドリの下で休んでいました。

このイタドリも伸びすぎなので、刈らないとですね。
近いうちに掃除刈りしようと思います。

鶏糞出し

ちょこちょことヒヨコ達のいるパイプハウス鶏舎から床を運び出しています。
いろんなところに入れていますが、今日は大豆畑(予定)へ撒いています。

午前中にも知人が鶏糞を取りに来てくれて数袋お渡ししました。

なかなか腰が痛くなるので全部を一気ににやるのは難しいですが、ちょこちょこ袋に詰めては畑に運んで撒きたいと思います。

イネの補植

今日は未明から嵐でした。
深夜1時過ぎにごろごろという雷の音に加えてものすごい強風。
そして激しく雨が降り始めて、目が覚めてからしばらく寝れませんでした。

朝起きるとすっかり雨は止んでいて、夢だったのか?と思えるようなきれいな青空が広がっていました。

今日は、イネの補植を行いました。

先日田植えをしたときに、うるち米ではちょうど2箱分(といっても1箱は鳥に食べられた歯抜け状態のもの)で、もち米は1/3箱分という個人的にはちょうど良い量でした。

この残った苗を補植していくのですが、欠株のところというよりかは枕の部分(植え始めと植え終わり)の植わってない部分を中心に植えていきます。

5%くらいの欠株なら収量に差はないという研究結果があるので、遠目にひどいなぁというところは補植しますが、基本的に田んぼの中に入ってまでしないつもりです。

補植前をパシャリ

20170602102423.jpg


20170602102414.jpg
1段目

20170602102408.jpg
2段目

20170602102431.jpg
3段目

うるち米ももち米も無事補植が終了しました。
手がドロドロで写真は撮れず。


水の量が多すぎるので、一度水を切っておきました。
忘れない様に明後日でも注水しにいかないとですね。

FC2Ad