FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく止まり木まで設置

ちょっと寒さが緩んで朝の気温-6℃
日中は0.5℃まで気温が上がって、日差しの温かさもあり昨日から積もった雪を除雪しつつ、圧雪だったりアイスバーンになっていたけど解けてきたところを破壊してある程度きれいにどけておきました。
雪が積もると美しいのですが、路面凍結になっちゃうのは困りものです。特に、ここは山間部なのであちこち坂道だらけ。いったん滑り出すと・・・考えただけで恐ろしいです。

20180129165320.jpg
夕方のさんぽでアイスバーンで滑り台もどきをする息子



で、今日は先日設置した産卵箱に止まり木を作りました。

今までがあり合わせで小さい止まり木だったので、一気に倍の長さのものになりました。


20180129152537.jpg

気に入ってくれるでしょうか?
スポンサーサイト

水道修理

昨日の夜洗面台の下の温水配管から水漏れ。
とりあえず夜だったので給水を止めて対処して、今日ごそごそと潜って確認してみると。。。
破断していました。ちょっと触るとぽきっと折れてしまって。
早速今朝から修理です。
ちょっと隣村まで行く用事があったので、その前に現状確認して買わなきゃいけない部品を調べて、用事のついでに買ってきました。

最悪を考えて3種類買ってきましたが、「とりあえず蓋をする」という1つ目の対策でなんとか水漏れは治まりました。
洗面台のお湯が出なくなりましたが、春になって暖かくなってから本格的に直そうと思います。

20180128151242.jpg
夕方からまた雪が降り始めました。
ちょうど地上の気温は-2℃くらい。

20180128151250.jpg
きれいな雪の結晶ができやすい気温のようです。

20180128151649.jpg
子供たちも大喜びでこっちきれい、こっちもきれいと楽しんでいました。

産卵箱づくり③

まだまだ寒波の影響で朝は-12℃まで冷え込みます。
冷え込むのは良いんだけど日中の気温が寒いのはつらいです。


20180127093445.jpg
今日は保育園がお休みなので朝の作業のお手伝い。
と称してつらら落とし遊び。本人は仕事をした気でいます。
お手伝いありがとうね~


さてさて新しい産卵箱つくりもようやく完成です。

今回は、空中産卵方式にしてみようと画策中。
ただ、今まであった産卵箱の場所に同じように設置するためにいろいろと試行錯誤してみました。

微妙に長さがずれていて入らなかったり(無理やり押し込んだ・・・)

高さが合わなかったり(かさ上げ用に木を打ち付けてなんとか対処)



で、本体が設置できたら今度は貯卵場所を設置。
ま、これは今まで使っていたものを高さを合わせて取り付けしなおすだけなので、ちょっと高さ調整が煩わしいですが、一度決めてしまえばすぐできます。

20180127161216.jpg


最後に蓋をつけて完成。

途中も最後も写真を撮っていません・・・

産卵箱づくり②

そういえば、産卵箱づくりしていますが、たまご屋として作るのは初めてでした。

「たまご屋として」というのは、就農する前にも鶏を数羽飼っていたので、その時に作った適当なものくらいです。
で、今使っているのは、鉄骨の鶏舎をバラしてもらってくるの時に一緒にもらってきたもの。
これを幅とかを少し短く加工して流用しています。

もとからある形をアレンジするのではなく、本格的に自分でデザインから考えて作るのは初めてです。

産卵箱づくりに手を移す前に、雪と強風で剥がれてしまったパイプハウスの天幕なおしです。
いつもなら外れて飛んだパッカー(抑える部品)を探して同じところにはめるだけなのですが、今回は飛んだあと雪が降ってしまって、どこに行ったか分からない状態。
昨日、出荷のついでに買って来て、ようやく修理できます。


20180126103107.jpg
良い天気でした。
あわせてすばらしい景色です。


午後からは産卵箱組み立てです。

20180126134925.jpg
切ったコンパネを組み立てて行きます。

組みあがったら細部を仕上げていきます。

箱部分が出来上がると今度は中に使う網を用意します。
今回はちょっと特殊な感じにしようと思っているので、前の網ではなく新しく購入した網を使うことにします。
長さが少し長いので、折り曲げて加工しました。

長さもぴったりになったので、明日実際に取り付けできそうです。

産卵箱づくり

ようやく雪が止んで、晴れ間が見えてきました。


20180125064103.jpg
今朝はぐっと冷え込んで、-13℃。

20180125071943.jpg
ただ、朝日が7時過ぎから差してくれるので、寒のなかに温が感じられます。
それでも手がちぎれそうに寒いですが。。。

20180125080805.jpg
昨日解けた雪が再凍結。送迎バスが運休のため、息子を保育園に送って行ったのですが、確かに危険。早い時間に送って行ったのでまだましでしたが、日差しを浴びて表面が解け、つるつるになっていました。


新しい産卵箱づくりを始めています。
とりあえず、設計図を見ながらコンパネを切っていきます。

まだ日中の日差しがあると暖かいのですが、雪の中、今日も最高気温-3℃です。この気温だと足の中にも冷気が突き刺さってきて足がちぎれそうな痛みがあります。

コンパネを切った部品を組み立てて行く途中でしたが、夕方日が影ってしばらくするともう限界。

組み立てた準備をしたところでギブアップ。あまり動きが無い作業はまた明日にして、通常にニワトリ作業です。

20180125072151.jpg
今朝からもらってきた林檎をデザートに与えています。
久しぶりに食べるフレッシュなリンゴはサイコーと啄んでいました。

粉雪が舞う~こんな時は事務作業~

今日は真冬日でした。
日中の最高気温が-3℃。午後3時ですでに-7℃、夕方6時には-10℃の冷え込みでした。明日は一体何度まで冷えるでしょうか?

日中は昨日に続き時折強風が吹き、体感温度は-5℃よりももっと寒いくらい。そんな中でもいろいろ作業はあります。
作業しなきゃですが、家に逃げ込みたくなります。まぁ、家畜も大事なので作業を放棄することはできません。

20180124102508.jpg
水は毎日一輪車で運んでいます。
雪が積もると滑りやすくて大変。でも雪が無いと日差しが出た時地面がジュクジュクになるのでこれも大変。


午前中に外仕事を済ませて、午後は事務作業。
この時期特有の青色申告作業です。

各種入力を済ませ、最終的な細かな確認作業。
とりあえずひと段落しそうです。

今年は色々と新しく始めて、資材購入もあったので支出が例年より多くなったので収入は減でした。うーん。モノはあるので資産的な意味合いではあるんだけど、実収入が減るのは困りますね(笑)

20180124110812.jpg
20180124110832.jpg
ちょっと日差しが出たときにつららが解けて、夕方再凍結したようで変な角度のつららです。



20180124154010.jpg
夕方からまた雪が降りだしていました。

20180124154048.jpg
時折吹く風も強く、遠くのほうで雪煙が舞っています。あれの中には入りたくないなぁ。

寒波襲来

20180123075234.jpg


20180123075709.jpg


20180123075722.jpg


朝までサラサラと降ったようで、予想通り20cmくらい積もりました。

今年初出動の除雪機で、家から鶏舎までと鶏舎から飼料ハウス、道までを除雪してみました。
少し晴れ間も出て、湿っぽい雪だったのでうまく投雪できず詰まることも2回。あれ?大丈夫か?

まぁ、とりあえずまた雪が降っていますが、作業はある程度しやすくなりました。

夕方も近くの凍りやすい道の除雪を行いました。
すでに-6℃くらいの冷え込みなのですが、風が強い強い。

20180123161947.jpg
地吹雪のように吹き付けて来て、息ができなくなります。

さて、もうしばらく冷え込むようですが、どうなることやら。

寒波で雪予報

全国的に寒波が来ているみたいです。
こちらでも結構つもるようで、20~30cmかな?と予想しています。


20180122151524.jpg
ただ、やっぱり心配なので、各ハウスなど雪対策をしておきました。


そして今日は出荷日。
午後から雪とのことで、昨夜から急いで出荷準備をしておいて、午前中に出荷に出かけてきました。

20180122150921.jpg
午後から予報通り雪が降りだし、3時で5cmほどの積雪

さらに雪足が強まって降り始めました。
当地では大きな降りは夜まででしたが、一気に20cm以上積もっていました。

念のため、夜9時にハウスの雪下ろし。
結構湿り気たっぷりで重たい雪になっていたので、小康状態とはいえ、この後の降りがわからなかったので下ろしておいてよかったなぁと思います。

さて、明日朝どれくらい積もっているでしょうか?

鶏糞撒き

さて、昨日詰めた鶏糞を今度は小麦畑に撒いていきます。
しばらく晴れているのでマシですが、朝の地面の凍結が日差しで解けるとぐちょぐちょになって軽トラがスタックするので、まだ地面が凍っているうちにちゃっちゃと運ぶだけ運んでおきます。

20180120145342.jpg
とりあえず畑に横付けして放置。先にニワトリを済ませます。
今回の鶏糞は全部で29袋ありました。

20180120145435.jpg
午後から袋を抱えながら小麦畑を行ったり来たり。
サラサラと撒きながら条間を歩いていきます。

今日で小麦畑の半分くらいが終わりました。
まだ小麦以外にも蒔きたいので時間を作ってちょこちょこと出して行こうと思います。






番外編

そして今日も寒稽古

20180120190034.jpg
昨日よりも進んだことをします。
が、うちの子は以前はしゃぎまくって練習してるんだかしてないんだか。
まぁ、保育園児ってこんなもんでしょう。。。

鶏糞処理

早く出したい出したいと思っていた2番の部屋の鶏糞出し。
ようやく少し時間ができたので、ちゃっちゃと袋詰めしました。

前は肥料袋をもらって来て使っていたのですが、最近は米袋。
ただ、少し置いておくと湿り気で袋が破れやすいので要注意です。

20180119152741.jpg
ザクザク詰めていきます。

20180119165657.jpg
息子もお手伝いする!!と手伝ってくれました。

20180119165724.jpg
35cmくらいでしょうか。土間までしっかりと取りました。
また、コッコたちが平らにならしてくれるでしょう。

さて、明日はこの鶏糞を撒こうと思います。





番外編

今日はこの地域の子供向けイベント、県道寒稽古でした。
去年は予定が合わず行けず、一昨年は無理やり連れだしましたが半泣きでした。

20180119190359.jpg

今年は下の子も一緒に参加して、保育園のお友達も来ていることもあって大はしゃぎ。
先生の言うことちゃんと聞こうね。。。親は気苦労します。

ネズミ対策

そういえば、家の中の数部屋にネズミが出てしまったのですが、どこから入ったんだろうと疑問でした。

2,3年前にも入られたことがあって、その対策はしっかりしていたつもりだったのですが、またの襲撃。
困ったなぁと思っていたのですが、今日製粉機を移動させようと部屋を整理していて発見。

20180116125453.jpg
扉を食い破って侵入していました。

今住んでいる家は築70年以上前。
とりあえず戦後すぐくらい以前のはずなのですが、大家さんとしては戦後ではないとのこと。
使われている材が上等で、前後の物不足の時にこの状態のものを使うのは難しいのではないかというお話でした。

で、なにが言いたいのかというと、それだけ古いので、基本木戸です。
なので、侵入しようと思えばこの扉のどこからでも侵入できてしまうんです。

うーんどうしましょう。。。
下部すべてに板トタンでも打ち付けないとだめですかね?

製粉小屋③

昨日のどんど焼きのあと、少し時間があったので製粉小屋の床づくりをちょこっと進めていました。

とりあえず、床の根太的なものを作ります。
ちゃんとした床じゃないので大引はナシで。。。

床下の湿気があると考えられるので、根太は余っているC型鋼を使って25cmおきくらいに設置。
これにこれまた余っているハウスのビニールシートを敷き、上からコンパネを切って敷き詰めていきます。

20180116140029.jpg
完成

途中の写真を撮ったつもりでしたが、撮れてませんでした。。。

本当は、床材などこの上に敷くと良いのですが、今回はこれでとりあえず完成。

製粉機を持ってこないと。。。

どんど焼き

今日はどんど焼きの日。
まわりでは、前もって準備して朝5時や6時から点火するところ、前日に準備して朝8時に点火するところとありますが、ここ長原と呼ばれる集落では、朝8時から準備して10時点火です。

で、どんど焼きの燃やすもの(=山のようにしたもの?)をほんやり様と呼ぶようです。
(ちょっと違うかもしれません。少し前まではどんど焼き=ほんやり様と思っていたのですが、燃やす飾りというか山のことをほんやり様と言っているのを聞きました。。。)

で、今日も朝8時から準備なので、2日連続でコッコたちは暗いうちから朝ごはんの時間でした。
寒さも和らいで、-6℃くらいの朝。全然寒いと感じません。むしろあったかい朝だなぁと思ったほど。
慣れというのはすごいですね。

20180114094735.jpg

20180114103807.jpg
心棒を立てて、まわりに杉や檜の枝、剪定枝、木の枝などを寄せていき、最後に竹をたくさん刺していきます。

竹を割いて作った帯状のもので絞めつけたりしてどんどん大きくなっていきます。

ここまで大きいのは5年間で初です。

いつも大きいなぁと思っていますが、さらに大きい。
飯田の方や隣の阿智の栗矢地区のものはもっときれいな△状でクリスマスツリーのような飾りというかもあります。
ここ長原のものは、美しさとは対極の豪快さです。


20180114104241.jpg
点火です。
豪快に竹の爆ぜる音と共に轟轟と炎が上がります。


そして夕方配達でした。
そのついでに骨とう品を引き取りに行ってきました。

20180115115610.jpg
製縄機です。
足踏み式ではなく、動力別のタイプ。
動力がないので、エンジンをつけるかモーターをつけるかどうしようかな

製粉小屋②

今日は上の子の保育園の土曜参観。

午前中からお昼過ぎまでなので、早朝からニワトリ作業をちゃっちゃと終わらせて保育園に行ってきました。

で、午後から製粉小屋の続き。

昨日切った波トタンを釘やねじで固定していきます。
まぁ雨が当たる場所じゃないので、傘釘じゃなくてもいいやと適当です。

20180113145539.jpg
片屋根の側面
微妙な角度の傾斜を実測値をみながら切ってみました。まぁピッタリあてはまりました。

20180113145551.jpg
こちらは上部の10cm弱の隙間を埋めます


これで、新しく張った波トタンと前からあった波トタンの隙間を針金で止めればとりあえず壁の加工はOK。

あとは、中の床づくりです。
今まで土間だったのですが、衛生的なことを考えるとやっぱり床があって、土足じゃないほうが良いですね。

さて、明日はどんど焼きです。

製粉小屋

製粉小屋というものがうちにはあります。

名前だけ製粉小屋ですが、実際は中身は空っぽ。

4年前に作って、しばらく製粉していたのですが、ちゃんと囲ってなかったのでネズミの害にあったり、スズメバチに巣を作られたりと、何も使ってない状態でした。

で、ようやくここを復活させることにして、まずは外装から。

波トタンで壁を作っていたのですが、上部がスカスカ。
風が入って暑くならなくて良いと思ったのですが、虫や鳥やネズミが入ってくるのでとりあえず大きなものが入れないようにふさぎます。

20180112143745.jpg
まずは、塞ぐ部品を作るところから。

新品の波トタンで囲えば良いのですが、お金をかけたくないので余っているorボロボロのトタンを再利用。
見た目は気にせずツギハギしていくつもりです。

しかし今朝の冷え込みは-12.5℃
日中も-3℃の真冬日で、作業していると手が悴んできます。悴むというより痛くてちぎれそう。

グラインダーに切断砥石をつけて切っていきます。


できたモノを少し取り付けて見て今日は終了。


明日、明後日と少し予定があるので、作業が進むかな?
しばらく自家製粉できてないので、早く完成させて製粉したいですね。

ディーゼルエンジンのメンテナンス②

先月、飼料用ミキサーの動力エンジンを馬力の低いものに交換したのですが、早くもトラブルです。

タンクから燃料フィルターを通ってポンプ、噴射ノズルと流れる燃料(軽油)ですが、その燃料フィルターのねじ固定がうまくできておらず、ぶらぶらしている状態でした。

それが、エンジンを動かしていると振動でホースが外れるという事態が発生。
とりあえず、外れたホースをつなぎなおして空気抜きをして、借固定してとやってみてだましだまし動かしていたのですが、ワークショップ前にまた外れて燃料ダダ洩れ。
ちょうどすぐそばにいたので、すぐ燃料コックを止めてエンジンも停止。

ちょうど燃料ホースも交換しようと買っておいたので、良い機会と思って交換しました。

20180112075709.jpg
中央の赤いタンク下側のピンク色のホースが交換したもの

が、動きません。
クランクしても燃料が送られるキュっという音がしません。
これは大変。エア抜きがちゃんとできてないのか?と思いましたが、イベント前でバタバタしていてしばらく放置していました。

で、ようやく修理です。

20180112075656.jpg
写真下側の円筒形のものが燃料ポンプ

これに上からホースが伸びて来て六角ボルトで止まっています。
ここを緩めてホースのエアを抜くのですが。。。

何回やってもエアが抜けている感じが無い。。。

20180112075716.jpg
全体。

ちょっとわかりずらいですが、燃料フィルターから先は普通そのまま燃料ポンプにつながっているのですが、これは一度燃料タンクの下側にあるへの字の中継を介して燃料ポンプにつながっています。

なんのために一度中継のようなものがあるのか?と不思議でしたが、最終的に少しわかりました。
これ、ひょっとして勝手に少しの空気なら抜いてくれるような仕組みではないのでしょうか?

燃料ポンプにつながっているホースをはずして、燃料を流す(空気抜きに燃料フィルターのコックを合わせる)と勢いよく流れるのですが、だんだん流れが弱くなって、ごぽっと空気を吸ってそれからすった空気をコポコポ出しながら燃料が流れてくるという、文字にするとややこしいですが、そんなかんじでした。(ペットボトルや瓶をさかさまにしてやると、ゴポゴポ言いながら中身を出しつつ空気が吸われつつだんだん中身が出ていく感じに似ているなぁと)

で、燃料ポンプより先も噴射ノズルに入るところで管を外し、何回か空気抜きとクランキングを繰り返すと、キュキュと圧がかかっている音に代わりました。

空気抜きの操作をすると逆に空気が入ってしまったようで、しばらく待っておくと(大きな気泡なら)抜けるようです。
多分。


で、なんとか動くようになりました。

ようやくミキサーで混ぜられるようになりました。
よかった~

ニンニクの芽

20181105104646.jpg


先日植えたニンニクから芽が出ていました。


20181105104708.jpg
種球根はもちろんですが、本当の意味での種からもひょろひょろと。

20181105104651.jpg
何か獣(というより猫だなこりゃ)に糞をされて埋められた跡もあり、荒らされていました。

うまく冬越しして、来春から夏に収穫できればなぁと思います。

2018年あけましておめでとうございます。

2018年が始まりました。
今年もたまご屋のたまごをどうぞよろしくお願いします。

さて、たまご屋の正月は、「こう」の実家帰省からです。
例年、こちらでのお役や諸事情が重なって元旦から2日にかけて弾丸帰省するのですが、今年は予定変更。
大みそかから元旦に弾丸帰省してきました。(生き物を扱う仕事なので弾丸帰省なのは変わりません。)

弾丸帰省は夕方から高速で移動開始し、夜実家に着き夕食。次の日はゆっくり過ごし、その夜に帰ってくるという移動時間含め24時間くらいの帰省時間です。
なぜか、毎回思うのが、夕方まで作業やらなんやらして過ごして、実家でもまた夜を過ごすので時間が2倍に感じること。
長い時間をすごしたようで、日付が1日しか進んでないのが不思議な感覚です。

さて、備忘録として今年のおせちを載っけておきます。
いつもならたまご屋で迎える新年が今年は実家でなので、実家で撮ったのですこしごちゃごちゃです。

S_7295744424453.jpg
角度①

S_7295744384513.jpg
角度②

今年はギリギリまで出荷作業に追われていてなかなか時間が無く、お煮しめの類はお休みしました。

そしてお雑煮は京都の白みそに「こう」実家特有の八つ頭の親芋が入ったもの。
子供のころは苦痛でしたが、大人になった今は美味しいなぁと思います。

長野に帰って来てからは、「もー」の東京風+新潟風?のお雑煮に舌鼓をうちました。

相変わらず、卵不足のたまご屋さんですが、これからもよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。