FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

障子の張替え

今日は年内最終出荷。

今日の出荷を終えてようやくひと段落しました。

今年も1年間お買い上げいただきありがとうございました。


で、出荷のほうは相方もーに任せて、自分は年末の大掃除と片づけ。


子供たちが破った障子の張替です。

といってもすべて張り替えるのは時間も労力も追いつかないので、破れたところを桟単位で張り替えます。

3時間かけて、とりあえずの交換が終了。

終わったらニワトリの世話。
そして、おせち料理の準備に入ります。

なかなか年末大変です。

最終出荷

今日で、発送が終了。
残すは明日の飯田方面出荷のみです。

遠方の方、1年間卵をお買い求めくださって、買い支えてくださってありがとうございました。


ようやく掃除や片づけ、お正月準備に専念できます。

で、今日は冷凍庫の整理。

去年のバウム君のお肉が散らばっているので何があるのか取り出してつけてみました。

ある肉の量を足していくと10kgくらいになりました。
意外と全然食べられてない・・・

新しくバイスとモクのお肉もあるので、それを生でいただきながらちゃんと冷凍できるように考えていこうと思います。

お正月飾り作り

なかなか毎日のニワトリの世話に加えて発送と出荷があって時間が取れないのですが、お正月の準備を進めています。

今日は、お正月飾り作り。

以前は竹が生えていたので門松みたいなものを作っていましたが、ここは竹が無いのでしめ飾りだけです。

青刈りの藁を出してきて湿らせておきます。

そして左綯いで縄を作り、くるっとして基本が完成。

これに加えて亀を作り、今年はさらに背中に鶴をのせてみました。

あとは適当に松と南天を添えて出来上がり。

20190111155827-0.jpg

まぁ、こんなもんですが、できてよかったなぁと。


番外編

灯油ストーブの電池での点火ができなくなりました。
電池はあるのに、押しても点火しま(電熱線が赤くなりま)せん

ひょっとして・・・と部品をコメリで買ってこうかんしてみました。

20181228134803.jpg
トップをとって

20181228134829.jpg
この部品。
買ってきたものと交換して

20181228135012.jpg
無事赤くなるようになりました。

少しの間マッチで点火していましたが、これでなんとか楽に点火できるようになりました。

大風

昨日から風が強いなぁと思っていたら・・・

20181227121906.jpg

機械を置いているハウスのビニールが飛ばされていました。
まだ風が強いので付けられていないのですが、早めに直そうと思います。

台風にもやられたこのハウス、風に飛ばされないように、風が抜けるようにちょっと考えようと思います。

ビーンスレッシャの修理

2週間くらい前に大豆の脱穀は終わってしまって置いてあった大豆の脱穀機「ビーンスレッシャ」ですが、とりあえずハウスの中に置いてありました。

で、脱穀していた時に少し気になったのが、ベルトのゆるみ。
エンジンから脱穀機につながるベルトはしっかり動いているのに、その先の脱穀胴の部分の回転が遅くなっていることがあって、あれ?ベルト緩んでるのか?と考えていました。

で、機械小屋格納する前にメンテナンスと思って各部のホコリを取ったり、油を注したり、ベルトの張りを調節したりといじってみたら何かおかしい。。。

で、よく見てみると・・・

ベルトの張りを調整する部品が割れていました。

千切れかけているという状態でまだ取れていませんが、なかなか難しい状況です。
自分で溶接しても良いのかと思ったのですが、寒い時期なのと強度が必要なこともあって、プロにお願いすることにしました。

20181226101742.jpg
こんな状態です。

鉄工所に持ち込んで、曲がっているところを直してもらって、さらに当て板をしてそれごと溶接。
時間にして30分ほど、1000円くらいでやってもらえました。


持って帰ってきてから油を除去して塗装して乾くのを待って組付けました。

20181231084325.jpg
無事治ってよかったです。



20181226134022.jpg
で、飯田の鉄工所にお世話になったのですが、ついでに飯田でもみ殻をもらってきました。

20181226134019.jpg
遅ばせながら、ニンニクとタマネギにもみ殻を撒きました。
ちょっと遅すぎですね。
来年への課題です。。。

お肉が戻ってきた

20181225072937.jpg
今朝はぐっと冷え込んで霜が強く降りていました。




今日、バイスとモクのお肉が返ってきました。

脱骨をお願いしている農協直販さんの機械の都合で、数日かかりましたが戻ってきました。

去年より1か月ほど長く飼育している(月齢も1か月ほど多い)のですが、1頭は去年よりも少ない肉量でした。
月齢だけでなく、血統・気性も関係することがよくわかりました。

20181225100951.jpg
こんな感じです。

とりあえず事前にお願いしてあったので、知り合いの冷蔵庫へ。
さて、どんな味になっているか楽しみです。


20181225204047.jpg
夜はシフォンケーキの生地でロールケーキを焼いてみました。
ふわふわのロールケーキだったので、これはこれでアリだなという味になりました。
美味しいなぁ。。。

クリスマス

今日はクリスマスイブですが、たまご屋にはそんなの関係ありません。

出荷日なので、卵の出荷調整と出荷に追われ、なかなか時間が取れません。

でも、とりあえず子供たちはサンタさん来る!!と楽しみにしています。


こういうイベントの時くらいは少しでも派手なご飯を!と思って今日は鶏のオーブン焼き。

20181224192254.jpg
もちろんウチのニワトリさんです


明日も出荷が続きます。
体調を崩さないように頑張ります。

野菜を求めて

20181214070539.jpg
夜のうちに少し雪が舞ったようで、今朝は地面にあられみたいな雪が少しありました。

そんな朝でしたが、昼間は陽が射して作業していると暑いくらい。


先日、隣の村のお世話になっている方から電話があって、野菜の出荷がおわりそうだから出荷できないようなの取りに来ていいよ~とのことでした。

なので、さっそく行ってきました。

鎌と包丁を持って、根元からばっさばっさと切り取り、コンテナに入れたり軽トラの荷台に投げ込んだり。

20181214150510.jpg
白菜、レタス、キャベツ、ターサイ、ブロッコリー、カリフラワー、大根などなど

とりあえず2往復して運びました。


20181214150451.jpg
久しぶりの緑餌で大喜びです。

まだ畑にあるので何回か取りに行こうと思います。

20181214163237.jpg
夕焼けに照らされた南アルプスがきれいでした。

道普請


年末でバタバタしていますが、頑張って更新していこうと思います。


今日は昨日に引き続き雨
今年は全然雪が降りません。困ったもんです。
火曜日くらいから冷えるらしいのですが、どうなるやらです。

さて、今日は地区のお役の日
今年は朝から集落の道にかかっている木の伐採作業もありました。
いくつか道があるのですが、これから雪が降って道が凍ると危ないので、陽が差し込んだりするように枝落としをしたり、根元から切ったりという作業をしました。

20181223093113.jpg


まぁ、自分はチェーンソーを持って行ったのですが少し重いタイプで他の方は小型の軽いものを持ってきている方が多かったので軽トラに積みっぱなしで、主には枝はらいしたものを運ぶ作業でした。

午後からは側溝のお掃除。
落ち葉や泥・砂がたまっているのでこれを掃除。
しっかりしておかないとこれから雪が降って解けて流れて凍ってと大変なことになりますからね~

そして、そのあとの慰労会を兼ねた忘年会。

地区のお役は家畜がいる農家にとって少し重荷ですが、やはり地区の方と一緒に作業できるのは嬉しいことです。


少しアルコールが入りすぎて寝れないのでこんな時間に更新です。

今日はこの時期には珍しく雨でした。

暖冬というのは本当ですね。
麦がちゃんと越冬できるのか心配です。

暖かすぎるのも困ります。

そんな雨模様だったので、ニワトリ達の世話が終わった後は家にこもってスープを作っていました。

ちょうど肉用の鶏ガラが出てきていたので、これを煮出して鶏ガラ出汁を取ります。

コトコト煮込みながらアクをすくって、野菜を入れて。

久しぶりのゆっくりした時間でした。

さぁ、これから怒涛の卵発送・配達が続くので頑張ろうと思います。

リンゴジュース粕

集落内にあるリンゴ農家からリンゴジュース粕をもらってきました。

20181222153213.jpg

20181222153207.jpg
さっそくコンテナに入れて、ニワトリ達の床へ。
食べ残したら床に混ざって堆肥化するので、食べたいだけ食べれば~と少し多めに入れてしまいます。

まだまだたくさんあるのでちょこちょこ与えていこうと思います。



20181221111346.jpg
あと、米ぬかを整理しました。
年末年始の忙しい時とお店がお休みの時に備えて、米ぬかを確保しておかなければならないので、古いのを手前に。新しいのを奥にと入れ替えておきます。

とりあえず年始のワークショップまでは間に合いそうな在庫が確保できています。



番外編

20181221205233.jpg
今日は、モクのハラミ・サガリをいただきました。
小さくて処理が大変ですが、めっちゃおいしかったです。
ありがとう、モク。

内蔵類

20181220131207.jpg

内蔵類が返ってきました。

戻ってきたのは
タン(舌)
ハラミ・サガリ
レバー(肝臓)
ハツ(心臓)
胃4つ
小腸(マルチョウ)
大腸(テッチャン)
テール
です。

去年は佐川さんだったのですが、今年はヤマトさんでした。
ヤマトさんだったので、到着が早かったです。

飯田市のお世話になっている方、最近繋がりを持った飲食店の方に少しレバーを分けて味を見てもらうことにしました。

どう評価されるのか、気になるところです。

松本の屠場へ

とうとうこの日がやってきました。

仔牛たちを松本の屠場に送り届ける日です。

昨日、家畜運搬車をお借りしてきて仔牛たちを積み込みました。

20181218161302.jpg
去年に引き続き、お借りしてきました。
本当にありがたいです。

20181218155455.jpg
バイスはビビりで捕まえるのは大変ですが、引くのは慣れてよく歩いてくれます。
逆に写真のモクは捕まえるのは簡単ですが、引っ張っても動いてくれません。

前から引いて、後ろから押してでようやくです。

20181218160726.jpg
一番下の子が繋がれたら怖くないのか、撫でに行っていました。

20181218161319.jpg
こうやってみるとまだまだ仔牛です。
このタイミングで命を奪うのはどうなのか?とも考えてしまいます。

だけど間引き菜であったりシラスやイナダなど、若いうちに命を戴くことは珍しいことではありません。
同じ命。ちゃんと大切に戴くことが重要なのでは?とも思っています。

20181218161307.jpg
がらんとした放牧地。
悲しいというより寂しいです。
やっぱり家族に近いような存在なのでいなくなると心に穴が開いたような、そんな感じです。

そして家畜運搬車の中で1日を過ごしてもらって翌日を待ちます。


で、今朝、まずは鶏作業をやっつけます。

20181219071512.jpg
日の出。
7時15分くらい?だいぶん遅くなりました。

鶏作業を終わったら、トラックに乗り込み松本に向かいます。

去年は11月下旬でしたが、県内では雪が降ってスリップ事故とかあったなぁと思いだしながら。
今日は晴れて良い天気だったのでそんな心配はなくて行けました。

屠場について受け入れの手続きを済ませて搬入口へ。

20181219101857.jpg
タラップを下します。

去年は安曇野の別の方をお手伝いに読んだのですが、今回は相方もーに来てもらったので、それでいいやと思っていたら・・・
屠場の中にいた方が下すのを手伝ってくれて、最後のお別れをゆっくりできませんでした。。。

体重測定もできなかったし。。。
残念。。。


20181219101851.jpg
左側に体重計があるのですが、真ん中の扉を開けてさっさと奥のほうに運ばれて行ってしまいました。

20181219101929.jpg
奥につながれたモクとバイス。
今までありがとうね~

今日、この後屠畜されているはずで、
明日には内蔵類が返ってくるはずです。

大切に戴こうと思います。

ミラー修理

先日ぶっ壊してしまった軽トラのサイドミラー。

無理やり穴をあけて針金で固定して使っていたのですが、ようやく中古部品が届きました。

さくっと交換していきます。

写真を撮り忘れましたが、固定は3つのボルトで止まっているだけなので簡単です。

20181217135409.jpg
修理完了

20181217135402.jpg
これは・・・鏡を取り外して燃えないゴミですね。




20181217204559.jpg
昨日屠畜したウチの鶏が返ってきたのでさっそくオーブン焼きでいただきました。
市販の鶏肉にある臭みもなくて本当に美味しいお肉でした。
お肉になってくれてありがとうです。

鶏の屠畜

実は春先から別の方と進めている鶏肉の試験があって、その関係で、鶏を隣の市町村の食肉処理場に持って行ってきました。

20181216101317.jpg
処理中です。

試験でやっているもののほかに、自家用で春に入れた肉用のヒヨコも屠畜してもらいました。
明日帰ってくるようなので楽しみです。

20181217112635.jpg
その帰り道、何度か前を通って気になっていた橋で止まってみました。
吊り橋なんですが、その先に何があるのか?と

20181217112641.jpg
で、恐る恐る渡ってみます。

20181217112851.jpg
向こう側は通路があるような無いような山道でした。
しかも結構山肌を登っていくような感じです。

すぐ引き返してきましたが、どこに通じているのでしょうか?

大豆選別機

今日は隣村へ行って、大豆の選別を行いました。

唐箕的なごみ飛ばしとベルトコンベア状の上を転がして、転がりやすいもの(〇に近いもの)とそうでないものを分けてくれる機械です。
村内向けですが、村外にも割高になりますが、使わせてくれます。


最終的には手選別をしなければならないのですが、かなりきれいに選別してくれます。
いつも大助かりです。



選別のあと、少し時間があったので子供たちと公園へ。
夫婦2人で選別機を使っているのでもちろん子供たちも一緒です。
予定ではもっと早く終わって公園に行く予定だったのですが、意外にも時間がかかって30分くらいしか遊べませんでした。
しかも日が暮れて寒いし。

20181215164717.jpg
3人とも楽しんでくれたようでした。
まだ遊び足りなさそうでしたが。。。

米ぬかを求めて

いつも米ぬかを買っている飯田のお米屋さんがあります。

先日いつものように電話をかけて米ぬかを買おうと思ったら、年末だからか予約が入っているようで分けられる部分が無いとか。。。

困ったなぁと、別の隣の市町村の会社に電話してみました。

そしたら今日なら用意できるといわれ、何とかエサを切らすことなく確保できました。

20181213133012.jpg
フレコンでの販売です。
しっかりとロープで縛って帰ってきました。

帰ってきてからは中身を詰め帰る作業です。
米の紙袋に箕をつかって詰め替えていきます。

この作業、しばらくぶりです。
数年前までコイン精米所から米ぬかを買っていた時には、そのサイロから軽トラの荷台にあるフレコンに落とし、持って帰ってきて袋詰めだったのですが、そこから買えなくなってからお米屋さんから買うようになりました。
お米屋さんではお米の紙袋での購入なので詰め替えの手間がありません(ただし金額も張りますが。。。労働経費ですね。)

で、しばらくぶりに作業を続けているとやはり腰に来ます。
前の時もゆっくりやらないで急ぐと腰が痛くなってくるんだったなぁと思いながら、ゆっくり行いました。

ぼちぼちやりつつなんとか夕方には終了。
時給何円で計算すればいいのかなぁ?と考えてしまいますね。

平種無し柿

牛たちに干し柿をあげました。

干し柿と言ってもちゃんと干したものではなくてこれ

20181211101432.jpg
取らないでほったらかしにされていた柿

敷地内に植わっている柿の木で、たぶん平種無しという品種。

20181211101447.jpg
霜に当たって乾いてと熟して少し縮んでいるものをぶちぶち取ってバケツへ。

米ぬか・おからと一緒に与えます。

20181211102757.jpg
むしゃむしゃ食べていました。



そして今日の夕食は、去年の仔牛「バウム」のハンバーグ

20181211204209.jpg
マッシュポテトと一緒に

20181211204122.jpg
がぶりと噛むととてもジューシーです。
脂の汁も少しありますが、赤身の肉汁です。

肉汁があふれる肉って扱いにくい面もあるかもしれませんが、仔牛の肉って水分多いらしいので、これを特性として味を出せていけたらなぁと思います。

大豆跡の処理

今朝は昨日よりもさらに冷え込んで-7.5℃でした。

今日は畑の後片付けです。

大豆を干すのに使っていたハザの三脚を片づけたり、コンフリーの根っこを掘ったりとトラクターで耕耘する前にいろいろやっちゃいます。

で、三脚をバラして軽トラを持ってきて積んでいたら、ハザ棒がガタガタっと崩れて軽トラの側面に落ちました。
その際にサイドミラーに当たった~と思ったら

20181211110850.jpg
ボキッと折れてしまいました。

あちゃー。

まぁ、とりあえずそれは置いておいてハザを片づけてしまって、コンフリーの根っこを見えるところすべて(かろうじてまだ地上部が残っているので、それを目安に)掘り起こしました。
掘り上げた根っこはコンテナに入れて凍らせるようにしています。うまくやっつけれるかな?

それが終わるとようやくトラクターでのロータリー掛け。

20181211143051.jpg

今年は暖かいのでオランダミミナグサみたいな春と秋に強くなる草がまだまだ繁茂しています。
これをすき込みましたが、どうなるでしょうか?

移住者交流会

ようやく少し強めに冷え込んでくれました。

今朝の気温は-6.5℃。

冷え込んで霜柱ができていました。
数日前から少しずつ冷え込んでいるので、だんだんと地表温も下がっているようです。

201812100727024.jpg
霜柱

20181210065034.jpg
小麦にも

20181210065049.jpg
大麦にも

寒くなってほしいけど、寒くなってほしくない。
どっちやねん!!て言われそうですがそんな気分です。。。


で、夜は「おためし住宅」という1週間無料で滞在できる村の家で移住者が集まって交流する会に参加してきました。

自分たちは次の3月で6年目という少し中堅どころになるのですが、今年来たばかりの方から、数年目という方、10年以上前からいらっしゃる方と、いろんな年代、世代で集まって交流してきました。

なかなか農業者の移住者は会うことがあるのですが、それ以外となるとなかなか無いので面白い取り組みだったと思います。
企画していただいた村役場の方に感謝です。

黄身が濃くなってきました

なかなか強く冷え込むことがないですが、寒さを感じてか黄身が濃くなってきました。

20181205084233.jpg

サイレージを与えているのもあって、色が濃いものもいます。

この時期ならではのぷっくりとした濃厚な黄身を楽しんでもらえればと思います。

鶏舎の網掃除

今日は昨日の夜から雨で、朝の気温も8℃の暖かさ。
日中は15℃くらいまで上がっていました。

午前中は出荷発送作業、午後からは鶏舎の掃除をしました。

例年、10月終わりか11月半ばごろ、水が凍りだす前にやっていたのですが、今年は暖かい日が続いていたのでのびのびになっていました。
さすがにそろそろやらなきゃと思い、ちょうど暖かくなる予報なのもあって今日やりました。

いつも通り動力噴霧機で吹き飛ばします。

20181204144238.jpg

20181204144215.jpg


2時間ほどで完了です。

すごくきれいになりました。
すぐ蜘蛛が巣を作るうえ、ニワトリのホコリも出るのでなかなか大変です。

いつもは手が凍りそうになるのを我慢してやっていたのですが、今日は全然寒くなく、むしろ少し暑いくらいでした。
無事終わってよかったです。

お肉打ち合わせ

今日は出荷日です。
出荷に合わせて飯田のお世話になっている方にバイスモクの今後についてどうするか相談にいってきました。

今のところ今月下旬に屠畜する予定ですが、来月頭に伸ばそうと思えば伸ばせるかなと思っています。
ただ、そうなると水の問題とかいろいろと出てくるのでどうなるか?というところです。。。


東京の方を紹介してもらいました。

ただ、価格が折り合うのかどうなのか?というのがちょっと微妙なところです。

肉質はとても良いと思っているので、この価値をわかってくれる方と巡り合えればなぁと思っています。


グラスフェッドの仔牛肉というのはなかなか無いと思うんですけどね~

少量有色大豆の脱穀

少量有色大豆脱穀をしました。


今日やったのは信濃黒大豆、赤大豆、アオバタ豆、黒千石大豆です。

残るは丹波黒大豆、秘伝豆、と未乾燥でできていないあやみどりです。

ほこりまみれですが、なんとかできました。

暗くなるまで少し時間があったのですが、明日から雨の予報なので畑で島立てして乾かしていたあやみどりをハウス内に運んだり、ビーンスレッシャ関係を片づけたりとしていたら日が暮れてきました。無理して脱穀しなくてよかったなぁと思います。




以下備忘録的に書いておきます。

今回、大豆で作付けしたのは

エンレイ
ナカセンナリ
あやみどり
信濃黒大豆
アオバタ豆
赤大豆
丹波黒大豆
秘伝
黒千石大豆

なのですが、赤大豆だけ肥料が効き過ぎたのかツルボケのように葉がよく茂ってさやが付いていませんでした。
赤大豆は来年以降、あまり肥料を入れないところで作ったほうがよさそうですね。

今年は肥料(鶏舎の床)を少し畑に投入したのですが、大豆の生育はかなり良かったと思います。
その分台風に倒されたというのもあるのですが、逆に窒素が残って枯凋する時期が遅かった気がします。
肥料が効きすぎるのも問題ですね。。。

まだまだにわか百姓です。。。



番外編
今日は、たまご屋がある下條村の伝統野菜「親田辛味大根」を食べてみました。

種をもらって蒔いてみたものの、台風の大雨で地面ごと種が流されてしまって生育不良となり、小さいものしかできませんでした。
でも、まぁとりあえず食べてみようと思って取ってきました。

20181202193909.jpg
すりおろしてみます。
辛味大根だけあって水分は出てきません。
肉も緻密になっています。

20181202200738.jpg
ちょうど脂ののっているマサバの塩焼きにつけていただきました。
脂を中和して辛味も感じることなく美味しく食べられませした。




追伸
辛味を感じることなく食べられたのですが、おなかが痛くなりました。
辛味の強い大根おろしを食べるとこうなります。
辛味を感じなくても食べすぎは、おなかの中ではダメみたいです。残念無念。。。

大豆脱穀の片づけ

今日は終わった大豆脱穀の後片付けをしました。

脱穀したサヤのガラを篩って飛ばされた大豆を回収しつつ、ガラをフレコンに詰め込みました。
これはバイスとモクのいる放牧地に撒いておきました。
少し食べたようですが、あまり好みじゃないですね。

あとは、脱穀した後の枝の部分を軽トラに乗せて畑の端っこへ。
そのまま放っておくと、2年ほどで腐葉土のようなフカフカな土のような状態になります。

二つとも土まみれ、ホコリ(豆のサヤについている小さな毛)まみれなので、全身汚れました。
これでとりあえずたくさんある黄大豆と青大豆の脱穀が終わったので、とりあえずひと段落です。

あとは、少しずつ植えている有色大豆類です。
明日からちょこちょこ脱穀していこうと思います。

で、夜は消防団の忘年会でした。

隣の飯田市にあるもんじゃ焼き屋さんへ。
もんじゃ焼きなんて10年ぶりくらいに食べました。