長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

海産物の汚染レベル

つい先日、グリーンピースから海産物の汚染度合いの調査結果が発表された。

グリーンピースは以前から海洋調査として海草や地魚、海洋魚の独自調査を行っていたけど、
今回は消費者レベルにあわせた「スーパーマーケットで購入した魚の調査結果」

以下、グリーンピースのHPより転載。


詳細結果
5 社全てに、放射性物質(セシウム134,137)が検出された商品あり。
日本政府が定める暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を下回っているものの、一般に購入できる魚介類商品に放射能汚染があるという事実が明らかになりました。
(全60サンプル中34サンプルから放射性物質を検出)
イトーヨーカドーで購入した12サンプル中8検体から放射性物質を検出
(ダイエーと並んで対象スーパー中で最多)。
ユニー(アピタ)で購入したワカサギ(茨城産)から88Bq/kgを検出
(採取サンプル中で最高)。
ダイエーで購入したブリ(岩手産)から60Bq/kgを検出。
ダイエーで購入した12サンプル中8検体から放射性物質を検出 (イトーヨーカドーと並んで対象スーパー中で最多)。
ブリ:8サンプル中6サンプルから放射性物質を検出。
カツオ:18サンプル中14サンプルから放射性物質を検出。
マイワシ:6サンプル中4サンプルから放射性物質を検出。
サンマ・サケ:放射性物質を検出せず。

-------転載ここまで

詳細な結果はグリーンピースのWEBサイト「食品放射能調査 第1回目:秋のお魚調査」よりご覧下さい。


秋刀魚・鮭からは検出されてない(検出限界は5bq/kg)のが不思議。
調査期間が9/4から10/7までなので、秋刀魚についてはまだ、北海道沖を南下している頃のものなのかな?と考えるとまぁ納得できる。
鮭についても南下するのではなく、北太平洋を通ったあとベーリング海、オホーツク海へ回遊するみたいなので、高濃度汚染された海は通ってないからなのかな?

こう考えると、鮭はまだまだ汚染が進みにくいと思われるけど(エサの汚染による濃縮が怖いけど)、秋刀魚はどんどん南下してきてるから、汚染海域にそのうち突入するし(もうしてるかも)、今後はやはり怖くて食べれない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/101-d0da0554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad