FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

機械修理-バインダー③軸修理&ロールベーラー①分解

今朝は久々に-10℃まで冷え込みました。
ここ1週間ほどは-7℃ちょっとの冷え込みだったので、すごく寒く感じます。
手が悴んでちぎれるような痛みを感じるのは久々です。


20180219075410.jpg
ニワトリ達は日の長さから春を感じているのか、食欲が出てきました。
ただ、産む卵が大きめになっているので少し困っています。



さてさて今日は出荷日です。

飯田市のおよりてふぁーむさん、メガテン上郷店さんにそれぞれ出荷しております。
およりてふぁーむさんにはお醤油「畑の雫」もおいてありますので是非お買い求めください。

出荷作業は相方の「もー」に任せ、今日も機械修理です。

バインダーはチューブが届くまで保留なのですが、軸の動きが非常に悪いのでベアリングが入っていると思われる可動部のメンテナンスを行います。
2年か3年か前に一度この軸部分の掃除と油分補給はしたのですが、今回、手では簡単に回らないくらい硬くなっていました。

わらやらが入り込んでいるようで、ゴリゴリという感触がありながら全然回りません。
中のベアリング(多分)はカバーが溶接固定されているせいで確認できず、とりあえずどうしようもないので潤滑スプレーを吹きながら力任せに回しつつ、さらに潤滑スプレーを吹いてと繰り返して錆びや汚れをスプレーの油ごと流していく作戦でいきました。
本当はベアリングのゴムシールなんかには潤滑スプレーは良くないのですが、あまり手段がないので仕方ありません。

繰り返すこと30分ほど。
ようやく軽い抵抗がありますが動くようになりました。
それからグリーススプレーを吹くと軽い力で動くようになり、潤滑スプレーとグリーススプレーを繰り返してみました。
わらっぽいものが引っ掛かっているようで、端が見えるのですが、工具を使ってもつかめず、つかめてもちぎれてしまってうまく取れません。
まぁ、どうしようもないので、そのままで放置することにしました。

で、グリーススプレーをたっぷり吹いたあと、スプレーのグリースだと柔らかすぎるのでグリースガン用のモリブデングリスを指で隙間に押し込んでみました。
何回か押し込んでみたので、うまく入っていれば良いのですが。。。

20180219143158.jpg
(下部の根元部分)ベアリングがスムーズにシャーっと回るようになりました


で、次のメンテナンスはロールベーラーです。

中古で買ったのですが、前の持ち主の使い方が非常に荒かったようで、草を集める爪の部分がボロボロでした。
とりあえず、年末に部品だけ注文したのですが、ようやく手を付けられます。

まず、草を集める部分の分解から。

20180219153632.jpg
右手前にある、何本か棒が出ているドラムの部分

の前に、このドラム部分が上下に動くのですが、動きが悪くてワイヤーの固着を疑って外して動作を見てみましたが、動きは問題ありませんでした。ということは、ドラムの付け根の可動部が原因か?と分解を進めます。

以前ならねじに番号を振って、本体にメモを書きつつ箱に番号通りに入れていくなんてことをしていましたが、このご時世簡単に写真が取れるのでスマホで写真を取りつつ分解していくことで、後から組み立てる時に非常に役立ちます。

で、部品注文するときに農協でコピーしてもらったパーツリストの分解図も役に立ちます。

20180219162130.jpg
一見ややこしい図に見えますが、慣れてたりモノが目の前にあるとよくわかります

で、ちょこちょこと分解をしていったのですが、特殊な工具が必要な場所があり、近くの知り合いに工具を聞いてみると貸してくれるとのこと。

明日借りに行って、分解を進めようと思います。

さて、どうなるやら。。。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/1171-736a66b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)