FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

機械修理-ロールベーラー③ドラムメンテナンス

ロールベーラーのメンテンナンスの続きです。

ニワトリの作業の合間に行うのでなかなか進みませんが、ちょこちょことやれることをやっていきます。

昨日はドラムの外枠まで分解できたので、外枠にある爪を補助するプラスチックの部品を外していきます。

曲がったガード部分をまっすぐにしようと力を込めてみますが、なかなかまっすぐにならないのと、食い込んで曲がってしまっている部分もあってそういうところはどうしようもありません。
のこぎりで切ってみたのですが、思ったより大変でなかなか進みません。1個やってみてダメだこりゃと気づきました。

で、よく見るとこのドラムは一定方向にしか回転しないので、L字のガードも同じ方向に曲がっています。
ということは、プラスチックに食い込んで曲がっているものと、反対にプラスチック側とは逆に曲がっているということでした。

で、この食い込んだほうはどうやっても外れにくいのですが、反対側はほとんど食い込みがありません。
で、外側からバールと金槌で、この食い込んでない側をたたいて外していくと、外れそうということがわかったので潤滑スプレーを吹いて滑りをよくしつつ、叩いていくと、結構簡単に外れました。

20180221144855.jpg
ドラムに規則正しく並んでいる穴にさび色が付いた白いプラスチックの部品がはまっていました。
金槌とバールでゴンゴンと・・・


20180221144900.jpg
すべてプラスチックの部品が取れました。
プラスチック部品が付くガードの部分がぐにゃぐにゃに曲がっているのがわかると思います。

で、このガードの曲がりを直すのですが、それなりの厚さの鉄なので簡単に曲がらず、へしゃげているところは板状に戻しようがないので削ってしまうことにしました。

グラインダーを持ってきて、刃を金属磨きに変えていざコンセントに・・・と差し込むと「ポンッ」という鈍い音がしました。
あれ?ショート?と慌ててコンセントを差すのをやめて本体を見てみるも特に異常も無しです。
で、コードを手繰ってみると、途中で切れていました。
ここ、もともと一度グラインダーに巻き込んで切ってしまった場所で、しっかりとつないでおいたのですが配線のやり方が悪かったようでショートしてしまいました。


20180221151840.jpg
なので、再度ショートするのを防ぐように半田付けして配線を戻します。

治ったグラインダーで、新しい部品がはまるか確かめながらL字の余計な部分を削っていいって、全部しっかりはまることを確認して完成です。


20180221104505.jpg
本当はまっすぐの爪部分なのですが、全部曲がっています。
こりゃ、機械が壊れるわと思います。
機械がかわいそうですね。。。

20180221093524.jpg
昨日外れなかったこちら側もはずしました。
ベアリングがはまっているのであまりスプレーしたくなかったのですが、外れないと困るのでなるべくベアリングにかからないように潤滑スプレーを吹いて、変な力がかからないように気を付けながら軸をハンマーでたたいて取りました。


ドラム部分を再塗装するために、グラインダーにカップブラシをつけて磨いていきます。
ただ、やっぱり錆の面積が多く、うまく磨けません。
で、この部分は結構重要な場所なので、しっかりと塗装するためにネットで錆転換材を注文することにしました。

とりあえず軽く錆を落として、また転換材が来たら作業を進めようと思います。

ちょうど夕方のニワトリの作業時間になったので終了
なかなか進みませんが、毎日ちょこちょこ進めていくつもりです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/1173-526f0e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)