FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

錆転換材

20180223090034.jpg
朝のコッコ

産卵箱で卵を産むのですが、左右空いているのに2羽ともここがお気に入りの場所ようで2羽仲良く入っています。



さて、修理を進めているロールベーラーの続きです。
注文した部品が届かないので、やれる範囲でやっていきます。
まぁ、そんなに急いでいないのと、空き時間で少しづつ進めていけるのでゆっくり部品が来ればいいなと思います。

で、まずは、分解したドラムの外枠部分の再塗装。
草(と土?)に常に接触する部分なので塗装剥がれも多く、そんなにメンテナンスされてなかった場所のようなので錆が多く、カップブラシで磨くのも大変なので、赤さびを黒錆に変えてくれる錆転換材のスプレーを買ってみました。

20180224102922.jpg
刷毛で塗るようなタイプもあるようですが、とりあえず今回はスプレータイプを。

ちょうど今日届きました。
夕方注文して、次の日発送、さらに次の日には届くという素晴らしい物流の世界。
便利ですが、この便利さが色々なものの上に成り立っていることを考えると「感謝」の気持ちでいっぱいです。

早速ドラムに塗装していきます。

前段で、油分やゴミ、汚れ等を落とすために、洗剤とぬるま湯とナイロンたわしで良くこすり落としておきます。
そしてよく乾かして、おいて作業スタートです。
よく晴れているので、日の当たるところにおいておけばすぐ乾いてくれます。

20180224103334.jpg
シューっとスプレーします。

時間をあけて、上下ひっくり返したり、内側も吹いたりと赤さびが出ているところに吹き付けておきました。
赤さびを還元して黒錆に変えつつ、表面をエポキシ樹脂でコーティングしてくれるとか。
便利です。
硬化に結構時間がかかるようで、1時間に1回くらいで塗れてないところを吹きなおししましたが、上からの塗装は明日に回しました。


で、待っている時間にやっていたのがこちら。

20180224103111.jpg
バインダー修理の続き

タイヤチューブがとどいたので、タイヤの中に入れ、リムをはめていきます。
が、もともとチューブレスタイヤなので、リムとの隙間がゼロで、押しても全然はまりません。

2枚のリムをあわせるためのボルトにも全く届きません。
なので、上記写真のように長いボルトを軸の固定穴に通して、段々狭めていく作戦で無理やり押し込んでみました。

3本を少しずつ締めていくとゆっくりですがリムが近づいてくるので、チューブのズレもリムに挟まれないかも確認して、少し空気を入れながらと、手間のかかる作業でしたが進めていきました。
なんとか、固定ボルトが届くまでに狭めることができるようになって、固定ボルトでしっかりと固定することができました。

タイヤの片側のリムが少し浮いていますが、ミシンオイルを少し欠けておいたので、徐々に動いてリムにぴったりはまらないかなぁと思っています。まぁ、チューブが入っているので現状の5mmくらいならリムにしっかりとはまってなくても問題ないとは思いますが、、、念のため。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/1175-a73bf512
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)