長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

干し芋

サツマイモを名古屋生活クラブさんに初出荷しました。

室内での貯蔵もやはり限界が見えていたので来週のサツマイモ出荷は取りやめてもらいました。
今年は暖かだったのも助けになっていたと思うので、来年はちゃんと貯蔵場所を考えておかないとダメですね。

さて、出荷用ではないサツマイモに、タマユタカという干し芋用の品種があります。
これは100本も苗を植えたので、収量は120kgほど。しかも大玉にできました。
畑の方がちょっとは落ち着いてきたので、腐らせないうちにさっさと加熱して加工してしまわないと。

というわけで、さっそく干し芋にしてみました。
蒸し器に入るだけ詰めて、ゆっくりじっくりと蒸すこと3時間ほど

50℃から70℃をゆっくり通過させてやることでイモの中のβアミラーゼが働いてデンプンを麦芽糖に変えてくれます。
(貯蔵すると甘くなるのは、αアミラーゼがデンプンを細かくして、その後の糖化分解をしやすくするそうです。)


SBSH0693.jpg
蒸し上がったら竹串で皮をむき(こすり?)、お手製のイモ切り器で裁断。

SBSH0694.jpg
なかなかうまく切れました。
材料費1000円以下です。どこかの店舗で1万3千円で売っていたので、ちょっと得した気分です。

SBSH0695.jpg
これを干しざるで干して、水分を下げれば完成です。

カビませんように。。。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/122-3a94d2c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad