長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

出荷に追われる。

たまご屋でキツいのは、作業を最低限のニワトリの世話にしたとき。

主には地域の行事があったり、体調不良になったり、遠出をしたりした時です。

ニワトリ達が少し体調を悪くしたりすることもあるのですが、仕方ないところもあります。
で、さらに大変なのが、卵の調整です。
出荷するためにはいろいろと調整作業があるのですが、意外と時間がかかります。
調整作業の方法はいろいろとあるので、すべてのたまご屋さんがこんな調子ではないと思いますが、ウチではそれなりに大変~。

今日も一昨日から溜まっている卵の処理です。
疲れが出ていますが今日は出荷日で、卵を待っている人がいるので休むわけにはいきません。

もともとやりたかった「酪農」と比べるとどっちもどっちだよなぁと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/1262-5178ce93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad