FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

雑草放牧地まとめ

今日は、ニワトリ達の1年分の主食である小麦をしまっている倉庫の掃除をしました。
予定では明日、小麦が到着するので先入れ先出しのために奥に新しい小麦をしまうためです。
と言っても、古い餌用の小麦は6袋だけで、他にあるのは醤油粕や米ぬか、自家用の自家栽培小麦が入っていたのでこれを別の場所に運びます。

20180820172610.jpg
きれいになりました。

これで、いつでも入れられます。
6トン分なので、240袋。頑張って運ぼうと思います。


そして、タイトルの放牧状況まとめです。

20180803180324.jpg
放牧0日目

20180804094754.jpg
1日目(開始直後)

20180805093332.jpg
2日目

20180806070939.jpg
3日目

20180807103212.jpg
4日目

20180810074635.jpg
7日目

2018-0810092420.jpg
7日目詳細
イネ科を主に食べていて、他のは押し倒したりしているものもあります。

20180812073402.jpg
9日目

20180813093950.jpg
10日目

20180814074657.jpg
11日目(定点観測のための脚立から撮るのを忘れました。)
奥が良く見えるようになったという別の視点から見れます。

20180817073114.jpg
14日目
ほぼ主だった草は無くなりました。

この辺りで、食べられた茎から出た新芽が伸びてきたものを食べ始めていました。

20180817133537.jpg
電柵の内側(左)と外側(右)
電柵の内側に極端に草が無いです。
電柵に恐怖心がまだまだ強いのであまり電柵近くには近寄りませんが、本来はこのような状態になったら脱柵の危険があるので早めに移動させるようです。


20180818095739.jpg
そして、最終日(15日目)はほぼ茎のみです。(厳密には茎からわずかに新芽が出ています。)

わずかに残っているように見えますが、ほぼ食べつくしてくれました。



初め、放したときは思ったより背丈が高く、密度も濃いように見えたので食べつくせるのか?という疑問がありましたが、意外と2週間でハゲにして今いました。

ヒトが食べられない「草」を「肉」や「乳」に変えてくれる牛。
しかも草刈りまでしてくれます。
今、どの産業でも人不足が言われていて、農業も例外ではありません。
そのために、「土地利用型の畜産」として、放牧を行い、労力をかけない畜産物生産が必要だと思っています。

動物は書いての通り「動ける物」です。
自分で探して(動いて)餌を食べてくれるのでこれを活かさない手は無いと思いますが、なかなか難しいようです。
うまく広がればいいなぁと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/1350-3488c6e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)