FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

少量有色大豆の脱穀

少量有色大豆脱穀をしました。


今日やったのは信濃黒大豆、赤大豆、アオバタ豆、黒千石大豆です。

残るは丹波黒大豆、秘伝豆、と未乾燥でできていないあやみどりです。

ほこりまみれですが、なんとかできました。

暗くなるまで少し時間があったのですが、明日から雨の予報なので畑で島立てして乾かしていたあやみどりをハウス内に運んだり、ビーンスレッシャ関係を片づけたりとしていたら日が暮れてきました。無理して脱穀しなくてよかったなぁと思います。




以下備忘録的に書いておきます。

今回、大豆で作付けしたのは

エンレイ
ナカセンナリ
あやみどり
信濃黒大豆
アオバタ豆
赤大豆
丹波黒大豆
秘伝
黒千石大豆

なのですが、赤大豆だけ肥料が効き過ぎたのかツルボケのように葉がよく茂ってさやが付いていませんでした。
赤大豆は来年以降、あまり肥料を入れないところで作ったほうがよさそうですね。

今年は肥料(鶏舎の床)を少し畑に投入したのですが、大豆の生育はかなり良かったと思います。
その分台風に倒されたというのもあるのですが、逆に窒素が残って枯凋する時期が遅かった気がします。
肥料が効きすぎるのも問題ですね。。。

まだまだにわか百姓です。。。



番外編
今日は、たまご屋がある下條村の伝統野菜「親田辛味大根」を食べてみました。

種をもらって蒔いてみたものの、台風の大雨で地面ごと種が流されてしまって生育不良となり、小さいものしかできませんでした。
でも、まぁとりあえず食べてみようと思って取ってきました。

20181202193909.jpg
すりおろしてみます。
辛味大根だけあって水分は出てきません。
肉も緻密になっています。

20181202200738.jpg
ちょうど脂ののっているマサバの塩焼きにつけていただきました。
脂を中和して辛味も感じることなく美味しく食べられませした。




追伸
辛味を感じることなく食べられたのですが、おなかが痛くなりました。
辛味の強い大根おろしを食べるとこうなります。
辛味を感じなくても食べすぎは、おなかの中ではダメみたいです。残念無念。。。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/1446-29a8a75d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)