FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

松本の屠場へ

とうとうこの日がやってきました。

仔牛たちを松本の屠場に送り届ける日です。

昨日、家畜運搬車をお借りしてきて仔牛たちを積み込みました。

20181218161302.jpg
去年に引き続き、お借りしてきました。
本当にありがたいです。

20181218155455.jpg
バイスはビビりで捕まえるのは大変ですが、引くのは慣れてよく歩いてくれます。
逆に写真のモクは捕まえるのは簡単ですが、引っ張っても動いてくれません。

前から引いて、後ろから押してでようやくです。

20181218160726.jpg
一番下の子が繋がれたら怖くないのか、撫でに行っていました。

20181218161319.jpg
こうやってみるとまだまだ仔牛です。
このタイミングで命を奪うのはどうなのか?とも考えてしまいます。

だけど間引き菜であったりシラスやイナダなど、若いうちに命を戴くことは珍しいことではありません。
同じ命。ちゃんと大切に戴くことが重要なのでは?とも思っています。

20181218161307.jpg
がらんとした放牧地。
悲しいというより寂しいです。
やっぱり家族に近いような存在なのでいなくなると心に穴が開いたような、そんな感じです。

そして家畜運搬車の中で1日を過ごしてもらって翌日を待ちます。


で、今朝、まずは鶏作業をやっつけます。

20181219071512.jpg
日の出。
7時15分くらい?だいぶん遅くなりました。

鶏作業を終わったら、トラックに乗り込み松本に向かいます。

去年は11月下旬でしたが、県内では雪が降ってスリップ事故とかあったなぁと思いだしながら。
今日は晴れて良い天気だったのでそんな心配はなくて行けました。

屠場について受け入れの手続きを済ませて搬入口へ。

20181219101857.jpg
タラップを下します。

去年は安曇野の別の方をお手伝いに読んだのですが、今回は相方もーに来てもらったので、それでいいやと思っていたら・・・
屠場の中にいた方が下すのを手伝ってくれて、最後のお別れをゆっくりできませんでした。。。

体重測定もできなかったし。。。
残念。。。


20181219101851.jpg
左側に体重計があるのですが、真ん中の扉を開けてさっさと奥のほうに運ばれて行ってしまいました。

20181219101929.jpg
奥につながれたモクとバイス。
今までありがとうね~

今日、この後屠畜されているはずで、
明日には内蔵類が返ってくるはずです。

大切に戴こうと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/1456-3c66c425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad