FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

脱穀1回目

明日から天気が崩れる予報なので、迷いましたが脱穀してしまいました。

迷ったのは水分が微妙に落ちてないから。

昨日の昼前に計った水分は16.3%くらいでした。


通常15%まで落とすのが基本。
それ以上あるとカビが生えたりするらしいです。

でも、モミの場合は17%くらいが一番おいしく貯蔵できるという意見もあったり。。。

一昨年は遅くに刈ったものが19%で、メッシュコンバイン袋に入れてハウスに置いておいて16%になったものを穀物貯蔵缶に保管したりしました。で、結局カビが生えたりはしなかったのです。

が、その時は11月に入ってから。
でも今はまだ10月にもなっていません。もちろん気温が全然違います。
涼しく(というか寒く)なれば多少湿気があっても良いのですが、まだまだ20℃以上に気温が上がります。

でも、この後1週間くらいぐずついた天気なので、結局乾きそうもないのでは?とか考えると、うーんやっちゃえ!!と脱穀してしまいました。。。

20191001112134.jpg
乾いても稲穂の美しいこと

201910011121221.jpg
毎度毎度のお借りしているハーベスターで

20191001120553.jpg
天気が怖く早めに刈り取ったのでまだ茎が青いものが多いです。



1時間ほどでだっこくは終了し、今度はワラの調整。
1年目や2年目は切りワラにして畑にすき込んでいましたが、当地では寒くて分解が遅くあまりイネにいい影響を与えないのでは?という懸念から3年目(2年前)からすき込むのをやめています。
2年前はいもち病が出ていて、その菌核を残すのは良くないということだったので全部燃やしました。
去年は燃やすのも良いけど、どうせならと牛屋さんへ持っていきました。

今年は牛屋さんと、料理屋さんでタタキみたいな使い方をしたいという相談を受けているので、そちらにも提供できればと思っています。

20191001165529.jpg
バインダーの束をさらにまとめて16本から28本くらいまとめて縛りました。
縛るのも少し力が要ります。


20191001170904.jpg
一つが25~30kgくらいあります。
それを軽トラまで運ぶのは少し大変です。

縛るのも運ぶのも大変です。
田んぼの中に軽トラが入れればいいのですが、あいにく借りている田んぼはそういうことができません。

下すのはできなかったので、雨を警戒してとりあえずハウスの中に軽トラごと突っ込んでおきました。

暗くなってしまいましたが、ニワトリの世話をして今日の作業は終了です。

20191001201306.jpg
そこからさらに少しだけもみすりと精米をして、新米を戴きました。
本当に美味しかったです。

今年もおいしいお米にたどり着けて何よりです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/1630-035ab0e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)