FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

枠の固定

とりあえず、屋根が完成するまでは優先して小屋づくりの作業です。

昨日の続きで、屋根の骨組みを作ります。
母屋に当たる部分の部材を小屋束も含めて差し込んでいきます。

20191105112104.jpg
そして、骨組みが完成。

ここでビスを打ち込んで外れないように骨組みを固定していくのですが、まだ筋交いの役割を果たすものが入っていないので枠はグラグラ。
少し歪んでいると思われます。
なので、まずは3段分、壁のログ材を入れて筋交い替わりにし、柱の固定を行います。

20191105114649.jpg
ログ材をはめて

20191105114635.jpg
楔を上から溝に落とし込んで来て

20191105114657.jpg
ログ材の端にある窪みに入れていきます。

20191105114751.jpg
入りました。
これで固定されます。


20191105135236.jpg
全部の壁を入れ終わりました。
最低1段入れてから柱を固定するらしいのですが、屋根を行う時は3段くらいとのことだったので3段入れました。


20191105135221.jpg
次に柱を固定していきます。
固定というよりかは抜けないようにするだけでしっかり固まるというわけではありませんが。

ここは差し込みにアルミパイプが入っているのでドリルねじで固定しました。

他のところはスチールのコーススレッドです。
各柱を固定して完了です。

と、ここで問題が。
購入先から部材を同梱するので小屋束に付けてくださいとL字の金具を入れてもらっていたのですが、この数が小屋束の数よりもかなり多い。
あれ?どこに付けるのかな?と電話して聞いてみたら、小屋束の上下だけでなく柱(下部)にも付けてくださいとのこと。

ちなみにマニュアルには「大きなハウスなどは付けてください」としか書いてなくてこのハウスは小さいほうなので自分のは違うと思っていました。それを伝えると、雪が多いかと思って・・・とのこと。
まぁそれはありがたいんですが、付属しますと連絡してもらったメールにもそれは書いてなかったので、わからんよ~という気分です。

で、どうやって柱に付けようかなぁ。。。
上部に付けていいです。なんて言われてたけど、せっかくなら下側に付けたいなぁなんて思って、入れた壁を上に引っ張ってみたら・・・

20191105155934.jpg
上がるじゃん。
もちろん上がらない場所もあるのですが、その場所は上に付けました。


20191105150626.jpg
固定したところ。

これで今度はゆっくり壁材を戻して完了です。

これでとりあえず、骨組みが完成したので今度は屋根に入ります。
雨の予報は先ですが、頑張って進めます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/1663-b30ca9d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)