FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

冷凍冷蔵庫設置準備と搬入

今朝はぐっと冷え込んで-5℃

20191121060834.jpg
日の出前の美しい稜線


20191121060810.jpg
きれいな氷の結晶に覆われた草

さすがにここまで冷えると朝の作業をする時、手が悴んで痛くなってきます。
たまに脇やポケットに手を入れて手を温めます。
そろそろ防寒手袋が必要ですね。


で、これくらい寒くなってくると卵の黄身が濃くなってきます。

20191121071447.jpg

20191121071357.jpg
黄身がトロトロで下にまとわりつくので、すごく濃厚感が味わえます。
これから味にもっと濃厚さが出てくるはずなので楽しみです。


さて、今日は冷凍冷蔵庫の搬入です。
先日、中古を購入し発送されました。
それが、今日届くだろうと予定していて、いつ営業所に着いたかなぁ?と待っていたら9時過ぎに連絡が来ました。

今回は飯田市の運送会社の局留め発送なので、飯田まで取りにいかなければなりません。

取りに行くついでに、そのまま直置きすると床が傷んだりするので、別の材を敷くことにしました。
それと合わせて、一人じゃ運べないので運び入れるのを手伝ってくれるように近所の農家仲間に来てもらうことにしました。


で、ニワトリの世話が終わったら、飯田へ向かいます。
途中、敷くためのコンパネと板トタンを買います。

そして運送会社で冷蔵庫を積んでもらいます。
パレットに固定されているのかと思いきや、周りに緩衝材が巻いてあるだけのそのままの状態でした。

どうやって固定しようか迷って、天頂部のスチール枠にロープを絡ませて固定して帰ってきました。

冷凍冷蔵庫の背丈はほぼ2mあって、圧縮機などは上部に着いているので特に重心が下ではなく、あまり勢いをつけたまま曲がると倒れる可能性があるなぁと慎重に帰ってきました。
ロープでしっかりと固定している分、倒れる時は軽トラごと行っちゃうなぁ・・・気を付けないと。とドキドキでした。

最後の難関はウチに入ってくるところです。
ちょうど坂の途中に家への進入路があるのですが、その道が長年出入りしているので削れて傾いています。
ちょうどその傾きのまま入ってくると横転しそうになるので、坂道でいったん停めておき、斜面を少しなだらかにして入ってきました。



201911211401571.jpg
無事、販売所の近くまで入れることができました。

20191121112132.jpg
扉を外して搬入できるようにしておきました。

ブルーシートなどは無いので、扉や窓を包んでいた段ボールを敷いて、土足で入れるようにしました。
ここに、さらに冷蔵庫の下部に板を敷いていきます。

20191121150111.jpg
コンパネを敷いて、さらにその上に板トタンを敷いて固定します。

201911211500581.jpg
板トタンは奥側2辺は折り曲げてあります。
もし霜取り等の水が漏れたときのために敷いてあります。

値段的なことからパネコート(コンパネの表面に黄色とかで塗装してあるやつ)でも良いかなぁと思ったのですが、もじ壁側に水が垂れて行った場合困るので、この構造にしました。

コンパネはコーススレッドで床に、波トタンはステンのタッピングビスでコンパネと壁に固定してあります。

そして夕方、農家仲間が来てくれました。

カタログ値では198kgの重さ。
自分を入れて4人なので1人あたり50kgを運びます。


4543.jpg
入り口がギリギリなので慎重に

4544.jpg
ぐっと入れていきます。

1人50kgと重たいので苦労するかと思ったのですが、ものの5分くらい、かかっても10分くらいで搬入できてしまいました。

実は1人50kgにビビってもう一人あとから声をかけたのですが、自分の時間の読み間違いで来てくれた時にはもう運び終わっているという、申し訳ない感じになってしまいました。




これで、食肉販売所の要の冷凍冷蔵庫が入ったのであとは電気工事と水道工事の仕上げをしてしまえば、建物としては完成です。

もう少し、頑張ろうと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/1679-c9d945b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)