FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

運搬車修理

数年前に格安で譲ってもらった運搬車。

お米を運んでる途中で横倒しになったり、荷物を積んでもあまり坂道を登れなかったりと、意外と標準積載量の割に当地では思ったほど活躍してくれてなかったのですが、一番使ったのはダンプ機能。

鶏糞やチップなど、ダンプして下せるので便利でした。

が、去年の春先に動かなくなっているのを発見。
なんで?と思い、調べてみると油圧モーターへのVベルトが外れてしまっていて、さらにその途中にあるテンションプーリー(ベルトを一定の張りに保つためのバネが仕込んである)が、スムーズに回らなくなったようで、表面のプラスチックが摩擦熱で溶けて変形していました。

もちろん、プラスチック云々の前にプーリーのベアリングが壊れているので手でも回らず。
とりあえず、鶏糞や木材チップを運ぶあてがしばらくなかったので放置していました。
が、秋口に代わりの部品を手配してもらって農機具店に届いたので、購入してきました。

20191127141515.jpg


軸とベアリングが固着しているみたいで、潤滑油を吹きかけて放置→プーラーで引っ張ってみるということを何度が試していたのですが、全然外れません。
ウチで持っているプーラーが3点式というのもあって、部品に引っ掛けにくい構造というのも外れない理由の一つです。
(2点式のプーラー、これを機会に買おうかなぁ。。。)

で、もう流石に待てないので、物理的に無理やり取ることにしました。(いつもの失敗するパターン)


軸をバーナーであぶってみたりしたのですが、表面のプラスチックが焦げただけ。
プラスチックが壊れてきたので、無理やりはがして、金属部分に。
さらにベアリングの部分も破壊して軸の周りだけにしてしまいました。

20200220150742.jpg

20200220150747.jpg
そこに平行に上と下を削ってレンチをかけれるようにしてこじると回るように。

回りましたが、外れないので、さらに軸ギリギリまで削ります。

そうしてようやくはずれました。

軸を軽く2000番の紙やすりで削って、新しいプーリーを入れました。

20200220152124.jpg
なんとか完了。

実車に取り付けて完了です。

た、今度はダンプ運搬車のエンジンがかからない。
なんか、ガソリンがエンジンまで来てないっぽい。
ポンプは動いてるんだけど、そこまで行ってないんだなぁ。

前もこの症状あったけど、何が悪いのか、勝手に治っちゃったんだよね。。。困ったなぁ、またばらさないと。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/1726-396f75e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)