長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

たまご食べ比べ

いろいろとバタバタしてまして、ブログ更新が止まってました。
読んでいただいている方に、お詫び申し上げます。


先日、というか、もうだいぶん前なんですが、タマゴの食べ比べをしてみました。
「ウチのタマゴと他所のタマゴ」ではなく、「ウチのタマゴ同士」
「2ヶ月前」のタマゴと、「1ヶ月前」のタマゴと「産み立て」のタマゴです。

一般的な鶏卵の賞味期限は2週間程度とされていますが、ウチのタマゴはもう少し長く取っています。
これから暖かく(というか暑く)なってくるので短くしようとは考えていますが、実際の所、とりあえず現在の賞味期限で良いのか、どれくらい保つものなのか確認してみました。

(ちなみに写真の撮影日は5/25です。)


P5254419.jpg
まずは、見た目チェック。4月と5月のに比べ3月は黄身の色が薄いです。
4月下旬は市川さんにもらったとう立ち菜をやっていたころでしょうか。

P5254420.jpg
産み立て(1日前の)です。さすがに黄身も白身もぷっくりしています。

P5254423.jpg
1ヶ月前(31日前)のです。黄身の張りが弱くなり卵白も水様卵白(白身のさらさらの部分)が増えています。

P5254427.jpg
2ヶ月前(62日前)のです。黄身は更に弱々しくなりました。が、白身に濃厚卵白(ゼリー状のかたまり)が残っています。


とりあえず、お箸で白身(濃厚卵白)と黄身がつまめるか試してみました。

P5254434.jpg
P5254436.jpg
2ヶ月前。白身も黄身もつまめます。2ヶ月前でも黄身がつまめることに驚きでした。
冷蔵庫保存ではなく、家の室温(約10~15℃)でずっと保管してました。

P5254439.jpg
P5254442.jpg
1ヶ月前。白身は難なくつまめたのですが、黄身は割れてしまいました。。。あれれ?
これは、直売所からの引き揚げ品で、ちょっと西日に当たる所に置いてあったので、温度変化が激しくなったせいで劣化しやすかったのかもしれません。

P5254445.jpg
P5254448.jpg
産み立て。もちろん両方とも楽につまめました。

通常、卵の濃厚卵白(白身でもゼリー状のかたまり)は時間が経つにつれて水様卵白(さらっとした水のような白身)に変化して濃厚卵白は消えていきます。その時間はおよそ40日とも言われています。
suii.jpg
が、ウチの卵は60日経過しても残っていました。まぁ、だからどうってことは言えないのですが。。。

黄身がつまめる(卵黄膜が強い)というのは、「膜系統(膜タンパク)が強い=免疫力がある=生命力が強い」と勝手に思っているのですが、どうなんでしょう?
だれか、膜タンパク系の専門家に聞きたいです。


ちなみに味の変化ですが、「2ヶ月前<1ヶ月前<産み立て」と緑餌(野菜や草など)をどんどん多く与えているので、2ヶ月前に比べて産み立てのは青臭い?ヨモギのような?さわやかな香りを感じました。春の味?でしょうか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/182-e300dbc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad