FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

仔牛の皮

今年は4年目にして初めて仔牛達の皮を活用してみようと思っています。

内蔵類を処理してくれている業者の方と打ち合わせしているときにふと思いつき、聞いてみました。
そしたら通常は皮を引き取りに来ている業者が来ているそうなのですが、今はコロナの関係で売れゆきが悪く?引き取りに来てないのだとか。。。なので廃棄物として捨てているそうで・・・

それならちょうどよかったと、色々と処理してもらうつもりで屠畜場、内蔵処理の業者、ブロック肉の業者に聞いてみるもすべてハズレ。出入り業者紹介してもらえずでした。(実はもう一つ聞くところがあったのですが、とりあえず最終手段でとっておくことに。)


そんななか、自分で処理してみてもいいんじゃないか?という意見もあり、ググってみたり、youtubeで皮加工している人の動画を見たりして、出来そうだなぁとも思ったり。

東京の加工業者を見つけたり(ここは革への加工で毛皮加工はしておらず)

どうしようかなぁと迷っていました。

やっぱり初めは毛皮にしてみたいなぁと思ったり、革(レザー)製品も良いなぁと思ったり。


隣村で元地域おこし協力隊でジビエ関係やその皮を扱っている方に聞いてみると、飯田市の業者に依頼しているとのことでした。
HPを見る限りだと革のみで、毛皮はやってるような感じではなかったのですが、ダメ元で電話してみると・・・


毛皮でも、革でもどっちでもできるよ~とのことでした。
しかも東京の加工業者よりも低価格でできそうな感触。
え?マジか。それはありがたいお話。

ただ、持っている機械の都合上大きさ制限があるようで、そこだけが懸念事項でしたが、皮(生)が届けば持ってきてみて~と言っていただけたので、最悪大きすぎるようだったらそのぶん切ればいいやと思っていました。


で、昨日の夕方届きました。

20201127083529.jpg
とりあえず冷蔵庫へ入れておきました。

で、さっそくすぐに電話して、今日午前中に約束をして持って行ってきました。




20201127083544.jpg

20201127083553.jpg
箱を開けてみたときの感じ
小さくしてあります。クリックすると大きくなるので閲覧注意


ほんとうに、皮を剥いでそのままです。


加工場で業者の方と現場担当者の方と広げてみてみました。


202011270934251.jpg
こちらもクリックで拡大。

1枚は毛皮、1枚は革にしてもらうことにしました。


色々とお話を聞くことができて面白かったです。

革って、生皮から1枚の大きな革の状態にするまで40日ほどかかるそうです。
さらにそれから切って縫ってと革製品が出来上がるので、革製品って手間がかかっていますね。。。

丈夫さもあるし、すごくいいやり方なんだなぁと再認識です。



そうそう、今回のは順番待ちもあって3,4か月かかりそうとのことです。
モノが仕上がってくるのはまだまだ先ですが楽しみです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/1939-2039bd93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)