FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

ミキサー修理

今朝は-10℃
結構冷え込みました。


今日は修理作業です。


先週、餌をミキサーで混ぜているときにふと気づくと・・・

ミキサーの底に穴が開いて餌が漏れていました。



去年も今頃穴が開いてしまってとりあえず応急処置した(怪我していたので満足に修理できず)のですが、再発です。

とりあえずエサが減らない事には手が付けられないので2週間弱でようやく修理を始めます。
その間あまり混ぜることはせず、角スコップでよいしょと餌を取り出していました。

20210130142043.jpg

で、とりあえず金属の地肌を出さないとダメなので、まずは餌を全部取り出します。

20210130142106.jpg

20210130142130.jpg
そして、次に金属ヘラでこびりついた餌を削ります。


20210130143258.jpg
20211130143302.jpg
ヘラではここで限界。
(わかりにくいですが、中央の黄色っぽいのが穴で向こうに落ちた米ぬか餌が見えています。)

20210130154734.jpg
次にでこぼこの表面をグラインダーにブラシカップを付けて磨きます。

ここでへんなヤスリなんかを使うと金属を減らしてしまうのでなるべく汚れだけを削るようにします。

(ここから余裕が無くて写真は無し)

そして、脱脂のためにアルコールで良く拭いてきれいにします。


その間にトタン板を患部の大きさに切って良く洗っておきます。
こちらもアルコールで拭いて脱脂です。
(外で水で洗っていると洗っているそばから水滴が凍ります。寒い寒い。。。)

ここにシリコンタイプの固まっても柔らかいタイプの接着剤を塗り、ペタッと貼り付けました。

この低温でどこまで固まるかわかりませんが、明後日くらいまでそのまま放置しようと思います。


しかし、撹拌機(ミキサー)の中に入って作業していたのですが、窮屈で体がいたくなったのと、寒さ(前述の通り、外だと水がどんどん凍っていく)の中だったので、餌のほこりまみれになるわ、物理的にしんどいわで、とても疲れました。

直ると良いなぁと思いつつも、どうしても消耗していくので次のものを考えておかないといけません。。。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/1978-1443acfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)