長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

麦の脱穀終了

今日、ようやく小麦と大麦の脱穀が終わりました。

刈り取った麦をパイプハウスに干して乾燥させていたのですが、脱穀の器具を持っていなかったのでどうしようか迷っていたところ、知り合いの農家さんが動力脱穀機(ハーベスター)を貸してくれるとのこと。
ありがたく、借りることにしました。

で、何回かに分けて脱穀作業を行い、本日、やっと終わりました。
気になる収量を備忘録として明記しておきます・・・

薄力タイプ
・キタカミ
播種量 ?(たぶん300gくらい)
収穫合計 3.9kg
(品種比較用 無し)

・ゆきはるか
播種量 400g
収穫合計 12.0kg
品種比較用 同上


中力タイプ
・シラネコムギ
播種量 800g
収穫合計 23.7kg
品種比較用 12.9kg

・ナンブコムギ
播種量 800g
収穫合計 21.9kg
品種比較用 12.5kg

・農林61号
種量 400g
収穫合計 12.4kg
品種比較用 同上

・ユメセイキ(悪条件)
播種量 500g
収穫合計 4kg
(品種比較用 無し)

・農林69号
播種量 300g
収穫合計 6.2kg
品種比較用 約12.4kg(6.2kgの倍)

準強力タイプ(超強力タイプ)
・ハナマンテン
播種量 900g
収穫合計 28kg
品種比較用 14.2kg


強力タイプ

・ユメアサヒ
播種量 300g
収穫合計 12.4kg
品種比較用 約12.6kg(6.3kgの倍)

・ゆめかおり
播種量 400g
収穫合計 12.7kg
品種比較用 同上

・ニシノカオリ
播種量 500g
収穫合計 12.8kg
品種比較用 約10.6kg(5.3kgの倍)

・キタノカオリ
播種量 700g
収穫合計 16.8kg
品種比較用 11.5kg

※品種比較として、同一圃場でなるべく同一条件になるように栽培した結果。播種量は基本的に400gに固定しています。

味と、生育具合(倒伏のしやすさなど)をこの収量と併せて考慮して来年の品種選定にしたいと思います。さて、どれにしようかな~?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/198-1cce2d51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad