長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床材

鶏舎の床には、木質チップをたくさんひいています。
その厚さはなんと30cm以上、どんどん積もっていきます。

このチップ、近くの薪を生産している加工所からもらってきたもの。
チェーンソーの切りカスです。

で、薪に使う材は基本的に広葉樹。たまに杉か檜も混ざっているけどほとんどがナラとかクヌギとかそのへん。
どちらかといえば、広葉樹は針葉樹に比べて分解しやすいらしい。
ので、製材所のオガクズなんかよりは発酵はしやすいのかもしれない。比べたこと無いんですが・・・

で、今日は新しいチップを入れました。
だいたい月2,3回のペースで入れてます。入れすぎな気もするので、たまにちょっと山積みにして置いておいたりして控えめにしているのですが。

新しいチップが入ると、ニワトリ達も大喜び。
山になっているチップに乗って休んだり、チップを掘って「なにか無いか~」って探したり。

おかきも鶏舎に入れてやると大喜びで走り回ります。そしてチップの上で寝そべって、遊ぼう~とこっちを見つめてきます。。。

やっぱり、気持ちいいのがわかるんですね~。

PH_271.jpg
新しいチップの表面

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/206-de9ced1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。