長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

うどん食べ比べ

小麦の播種時期が近づいて来ました。

私(こう)は関西人なので、どちらかと言えば蕎麦よりもうどんが好きです。
で、うどんもたま~に打ちます。最近まったく打ってないですが。。。

小麦の品種選定をしないとということもあって、久しぶりにうどんを打ってみました。
今回使ったのは中力粉・超(準)強力粉の5品種。

・シラネコムギ
・ナンブコムギ
・農林61号
・ユメセイキ
・ハナマンテン

PA115039.jpg
ちょっと薄く広くといううどんにしました。

PA115041.jpg
きしめん風?

同じように捏ね、茹でてみたのですが味や食感にかなり違いがありました。
一番美味しかったのは「ユメセイキ」でした。特にクセもなくつゆに合いそうですし、なによりつるっとしたのどごし、くにゅっとした適度な弾力。「もー」も絶賛でした。
さすが、うどん用の品種として評価されているだけあって、他を圧倒してました。

2位は「農林61号」。ユメセイキを除く他の品種よりかは食感に秀でていました。

そして、他はどれもグルテンが多いのか強すぎるのか、ぼそぼそとした食感で、デンプンのもっちりした食感はありませんでした。
ナンブコムギとハナマンテンはふすまというか、麦の香りが強く、ちょっと違和感を感じました。パンにすると香ばしくて美味しいのですが、うどんには向かないようです。。。残念

シラネコムギは色が一番白かったですね。自分で食べるには余り色は気にしないのですが、他の人に食べさせる様なときは見た目が良いかもしれません。。。そんなに美味しくないですが(汗

※今回は自家製粉で、2回挽き(1度製粉して篩ったあと、更に製粉機にかけてもう一度篩った粉も入れる)の粉を使ったのでこのような結果となりましたが、製粉所などで製粉してもらった際には評価が変わる可能性があります。

というわけで「うどん」をターゲットにすると、「ユメセイキ」が圧倒的な美味しさでした。
今年蒔く品種のうち1つが決まりました。

とりあえず、今年は
強力粉 1品種
中力粉 2品種
薄力粉 2品種
をメインにして作付けしようと思います。
(遊びで少しずつ他の品種も蒔こうと思っていますが・・・笑)


早めに播種しないと~

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/207-e9203fa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad