長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

鶏舎解体終了&建設開始

しばらく更新が止まってましたね。。。

鶏舎の棟下げやら、柱の移動やらで肉体労働の日々。
昼は作業があるので夜、パソコンしよう!!なんて思ってはいたものの
全身が疲れているせいか、夜になると降りてくるまぶたに邪魔をされて、この世に滞在出来ませんでした。

で、今日もまぶたさんか降りてきそうなので、とりあえず現状の報告を。。。出来るところまでやってみます(笑)

前回は、8組中3組の棟を下ろしたところまででしたね。
そのあと、1日かけて残りの5組を下ろしました。
NCM_0743.jpg
解体で最大の難関の棟下げは怪我もなく無事終了です。
1本が約40kgくらいあります・・・1組80kg?

NCM_0750.jpg
キツネやタヌキ対策のあぜなみシートを掘り起こします。

NCM_0748.jpg
ニワトリを飼っていた場所のあぜなみシートの裏には、カブトムシの幼虫がごろごろいました。
やっぱり、広葉樹チップは発酵して腐葉土のような状態になっているようです。それだけ、糞の分解が進んでいるってことなので、これには正直嬉しいです。
(ちなみに、浅いところにいるものはニワトリ達に食べられてしまいます。)

NCM_0753.jpg
ここまでくれば横桟と筋交いを外して解体完了です。
あとはバラした骨組みを運んで組み立てるだけ(だけ?その「だけ」が大変なのよね~)です。

ちなみに、鉄骨はボルトとナットで止まっているのですが、この締め緩めを助けてくれるのがこれ
NCM_0752.jpg
ACのインパクトドライバ
飯田のホームセンターで7890円でした。


で、今は解体した部材を運んだり、新鶏舎建設のために基礎を作っています。
何事もそうですが、基礎ってめっちゃ大事です。
素人なので上手くはいかないですが、素人なりにきちんと作らないと大変なことになります(汗

まずは測量をして、水平と距離を揃えます。
NCM_0791.jpg
そのあと水糸を張って、柱を立てる位置に目印つけ、穴を掘ります。
しかし、赤土の硬いこと粘ること。剣先スコップで削るようにしないと掘れません。

NCM_0798.jpg
掘った穴に石を詰めていきます。

NCM_0799.jpg
しっかり鎮圧しないと、沈下しちゃうことになりますね。

ちなみにこの鉄骨鶏舎は独立基礎と呼ばれるもの

NCM_0796.jpg
沓石と呼ばれる石の上に鉄骨が固定されています。
なので、この沓石が乗っかる部分を造ってるわけです。


NCM_0794.jpg
もちろん、前の鶏舎も同じように造ってあります。(↑わかるかな?沓石が置いてあった部分に石があるの)

NCM_0793.jpg
ので、この石もちゃんと回収します。
もともと田んぼの地目の場所に建てているので、石は出来る限り取り除くようにしないと地主さんに申し訳ないですからね。

この作業をひたすらやっています。
柱は全部で20本。今ようやく8本くらいでしょうか。
石の回収も結構辛い。。。今の作業全部が肉体労働ですからね。
(オレ頭脳派(のつもり)なんだけど~orz)

NCM_0800.jpg
怪我のないようにがんばります。。。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/253-c8b0446e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad