長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

棟上げ

近畿・東海が梅雨入りし、翌日、関東甲信越も梅雨入りしましたね。
ここ長野県は一般的に関東に含まれますが、南信は関東というよりは東海とか中部な気がします。
(関東の理由は、たぶん、基準となる県庁所在地の長野市が関東に近いからでしょう。)

で、天気があまり思わしくないなか、鶏舎の建設が急ピッチで進んでいます。
が、その様子を毎日更新できて無くてすいません。。。

建設の手順は
・整地
・基礎づくり
・柱立て
・横桟&筋交い付け
・棟上げ
・桁付け
・屋根葺き
・外壁(網)張り&地下対策
・内装作り
です。

柱を立て、横桟と筋交いを付けた所までいきましたが、この鉄骨自体が、昨年もらってきたときの時点で中古の中古で、今回4回目の建設となるため、色んな所に歪みやガタがでていて、寸法をきちっと測っているにもかかわらず全然合わなくて大変でした。

NCM_0807.jpg
横桟と筋交いが終了

で、解体でもそうでしたが、建設でも棟の取り付けが最大の難関です。
難しいというか、不安定な重たい物を高所で取り付けるという作業なので危ない・・・(苦笑)

前回組み立てたときは、
「そっち持ってて~」
「よし、今や!!ボルトボルト!!」
「うん、入った。」
「あかん、入らへん。もっとずらして」
なんて言いながら、解体したときの様に片側ずつ力業でやってました。上記の様に不安定なので怖い怖い。。。

が、今回は整地に使ったバックホウをまだ借りられていたので、それを使っての作業です。
片側からではなく、地面で両側の棟を固定し、ワイヤーで吊って持ち上げ、ボルトで固定。文字通り「棟上げ」です。
NCM_0820.jpg

昨日は8組中、5組まで終わりました。
今日は、残り3組をやります。

大きな機械を使うので、力業でやるよりは楽ですが、ちょっとの気のゆるみが大きな事故になるので注意が必要です。
今日も作業が無事終わりますように~

NCM_0821.jpg
逆行でわかりずらいですね。。。
なかなか作業中に写真を撮る暇が無くて(汗

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/254-3d1518d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad