長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

大豆の発芽と大麦刈り取り

先日、蒔いた大豆ですが、昨日の夕方地面がひび割れていて
お、そろそろ出るかな?と思っていたら、今朝発芽していました。

P6187638.jpg
根っこが先に生えています。

P6187635.jpg
ポコポコ頭を擡げています。夕方にはもっと伸びていて、双葉を開いているのもありました。

大家さんに大豆を直播きしたと言ったら、「鳩に食べられてしまうに」(←方言。「~に」は「~だよ」と言う意味だそうです。)と言われてドキドキで、しかも鳩がちょこちょこいたので、食べられたかも・・・と心配していたので、無事発芽して良かったです。

ちなみに、大豆類の他にインゲン属も蒔いています。

NCM_0898.jpg
こちらは床蒔き。発芽をみて、苗として選抜後定植します。

NCM_0900.jpg
ツル性と、非ツル性、両方蒔いてます。これは「紅しぼり」という品種

色々蒔いたので、秋が楽しみです。そして選別に追われる冬が怖いです。



そして、今日は大麦の刈り取りをしました。
本当は、もう数日おいて追熟させた方が良いようなのですが、明日の一日中の雨に当たって穂発芽がでてしまうんじゃないかという懸念があったので、刈り取ってしまいました。

NCM_0904.jpg
機械の中でも特に素晴らしい「バインダー」で刈り取ります。
なんてったって、刈る、束ねる、引き解きで縛るを一度にやってくれますから。
引き解き結びですよ!よくぞ作ってくれました。

FB_IMG_13715341066969342.jpg
こちらは「ファイバースノウ」の刈り取りです。

もう一つ、昨年も作った「シュンライ」という品種も刈り取りしました。

刈り取りで言うと、ファイバースノウのほうがシュンライよりも圧倒的に刈りやすい。
というのは、シュンライの首の弱さ。茎自体も細いけど、首(穂の下側)が弱くて穂が結構落ちてしまう。。。

茎が強いファイバースノウが麦茶を作る上では上手かな。。。
味を見比べてみん事にはなんともわからんけどね~

さてさて、乾燥・脱穀の後、焙煎をすれば麦茶。もう少しかかりますが楽しみです。

商品名は「青見平のたまご屋さんの黄金麦茶」ですよ!!是非お買い求め下さい。


刈り取りに使ったバインダー。金属回収屋さんに3000円で譲ってもらったもの。
ま、正直動くかどうかわからなかったけど、それをなおすのがジャンカー(ジャンク品※が好きな人)の腕の見せ所。
結局、キャブレターという部分を分解清掃するだけで動いたので、儲けモノでした。かかった時間は2時間ほど、費用は500円くらい。
実は、今日が実戦初始動でしたが、問題なく動いてくれました。(実は結束部分とかメカニカルな部分が動くかドキドキでしたが・・・)

経費削減が第一です。
ウソです。機械修理が楽しいです。。。

※ジャンク品・・・動くか動かないかわからないもの。その分、無料だったり安く手にはいることが多い。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/259-d080d4c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad