長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

麦の脱穀が終了

ようやく小麦と大麦の刈り取り・脱穀が昨日終了しました。
備忘録程度に栽培品種と気になった点をメモしておきます。

大麦(2品種)
・シュンライ
・ファイバースノウ
この2品種で比較すると、ファイバースノウの方が丈が長くて茎が太かった。強風による倒伏が心配されるけど、穂首が強い分、ファイバースノウの方が収穫・調整はしやすかったと思う。。。

小麦(8品種)
薄力粉タイプ
・ゆきはるか
・キタカミ

中力粉タイプ
・シラネコムギ
・ナンブコムギ
・ユメセイキ
・農林69号

強力粉タイプ
・ゆめかおり
・キタノカオリ

この中で茎が強いのが「ナンブコムギ、ユメセイキ、キタノカオリ」、逆に弱いのが「ゆきはるか」と「ゆめかおり」でした。
茎が強いと、強風にあっても倒れにくいし、脱穀の時に藁がちぎれて麦粒に混入する頻度が少なくなるので、茎が強い方が良いと思います。

もう一つの気になる点は茎の長さ。これも風などによる倒伏の被害関与しますが、丈が長かったのが「ナンブコムギ」「農林69号」「キタカミ」、逆に短かったのが「キタノカオリ」「ゆめかおり」「ゆきはるか」でした。

上記の性質は栽培条件によっても多少の違いはあるので確定的な事ではないですが、そういう傾向があるということでしょう。
引っ越し先の下條村の畑は、比較的勾配のある傾斜地で、風も吹くほうなので倒伏には気を付けようと思います。


NCM_1119.jpg
麦回廊です。左が5段ハザ、右が6段ハザ。。。
上の方に干すのは大変でした。

NCM_1126.jpg
脱穀開始です。
息子が寝てるスキに、協力して脱穀です。ハザから運ぶ役と脱穀機にかける役。
全身ホコリまみれになりながら、長袖の下は汗だらけです。。。

NCM_1127.jpg
ようやく半分。。。

P7127840.jpg
そして、脱穀終了。ちょっと寂しい感じです。
あとは種用に残した束を丁寧に脱穀するのみです。

NCM_1129.jpg
麦わらもこんなに出ました。。。
何に使おう?どうやって処分しよう?

今回2日に分けて脱穀しましたが、トータルで5時間ほどかかったと思います。
いや~、意外と疲れました。。。

でも、美味しい小麦粉が食べれるので楽しみです。クッキー、ケーキ、天ぷら、ドーナツ、パン、ピザ、等々・・・
美味しいうどん用の「ユメセイキ」が80kgほど(多分)穫れたので、半分は乾麺に加工しようかなぁなんて考えています。これも楽しみ~

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/262-a498e372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad