長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粉を碾く日

今日は朝から雨。

予報では夜から雨ということだったので油断してたら、朝から雨。

しかも結構激しい。

草刈りとかパイプハウスの準備とかいろいろあるのに・・・

昨日、先輩の有機農家さんのお手伝いで小麦粉を碾くのを手伝ってきた。

この辺の小麦は秋まきで、中力粉に分類される「しらね小麦」「南部小麦」という品種らしい。
自分も来年は作ってみたい。

製粉2
小麦粒を製粉機で粉に

製粉1
さらさら出てきます。ちょっと熱を持ってしまうけど、仕方ないところ。

そしてこの出てきた粉の部分には、種皮を含む「ふすま」が含まれるので篩(ふるい)で選別。
これが意外とくせ者で、微粒粉末が飛び散るわ、ちょっと腕が疲れるわ。と、動力による補助がどんだけ楽かを思い知らされる。

選別を終わっても、売ってるようなきれいな真っ白の小麦粉ではないけど、わずかにふすまも含むそれは、挽きたてで香りもあって美味しそう。

そして、選別したふすまがこちら
製粉ふすま1

いままで、これはコッコさんにと言ってもらってたんやけど、まだまだデンプンを多く含んでいる部分(胚乳)が多くあるのでもったいない。

製粉機をお願いして借りてきて、再度製粉機に通してみた。
製粉ふすま3

出来たのがこちら
製粉ふすま2

これを再度、篩で篩って選別。半分くらいが小麦粉(全粒粉に近い?)として回収。

そしてほとんどデンプン質を失った種皮(ふすま)をコッコさんに。

早速今朝、パンケーキとしていただきました。香りが強くて美味しかった。ごちそうさまです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/29-649cf5c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。