長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

クルマも凍る

今朝はすごく冷え込みました。

なんと、-14℃。
夜の段階で-10℃だったので、これはくるなぁと思っていたのですが、予想通りでした。

ま、一応水抜きをして寝ているので水道管が破裂なんてことはなかったのですが、なんとクルマが凍りました。
クルマが凍ったといっても表面に霜が降りたとかいうことではありません。

なんと、クルマの冷却液(いわゆるLLC、クーラント液ですね)が凍っちゃったんです。
この冷却液。普通なら不凍液と呼ばれるエチレングリコール入りの液体を使うのですが、暖地だとちょっと薄めに。寒冷地は濃いめにして凍らないようにするもんなんですよね。
それが、凍ったみたいなんです。

みたいって言ったのは、確信があるわけではないんですが。

①朝冷え込んでいた
②ちょうど午前中からクルマで出かけた
③そんなに距離(時間)を走ってないのに水温計が急上昇
④水温計が高温を指している(オーバーヒート気味)
⑤戻って点検してみると、冷却液が減っている(沸騰した?)前日まではあったのに。

という状況からの推測です。

もともと、このクルマは最近関西で買った物で、冷却液の耐凍温度が高かった可能性があるわけですね。


冷却液が凍るとか初めての体験でしたが、凍結膨張による破損も無かったようで、冷却液の交換だけで済んだので、とりあえずは良かったです。

次回、クルマを買うときは冷却液の状態だけでなく、濃さも見ないとダメだなぁと思った出来事でした。




というか、最近寒すぎです。
ちょうど冷気がたまりやすいところなのかなぁ?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/295-96424778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad