長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

コクシジウム

もう1ヶ月になるヒヨコたち。
このヒヨコたちに災いが降り注いでいます。

それは、コクシジウム症という病気です。

土壌にいる小さな菌(正確には原虫と呼ばれます)が鶏の消化器官に感染して、消化できなくしてしまいます。
さらに、そのフン(下痢)にも菌が含まれて、さらに感染が増えます。。。

今まで3回(趣味を入れれば4回)、ヒナを育ててきましたが、初めてかかりました。
原因はコレだろうというのが数個あるのですが、一番はちょっと前に記事にした鶏舎の中の地盤改良でしょう。

通常、床にはチップを敷いているのですが、地盤を均すためにチップをどけて土を出していたので、ちょうど脱走したヒヨコが土を食べて感染したんじゃないなぁと思っています。

薬としてはサルファ剤という薬剤を使うことが多いのですが、やはり薬剤を使いたくないので民間療法的なもので直します。
梅や唐辛子、炭やヨーグルトなどを与えると良いらしいです。
ウチでは梅と唐辛子、てんさい糖液の混合です。

うーん。はやく直るといいのですが、重症な子はダメでしょう。
飼い主の責任です。ヒヨコさん、ごめんね。

P6189722.jpg
手前の子が弱っている子です。翼が下がってきます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/342-06e35e7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad