長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

麦の刈り取り

大麦に続き、小麦の刈り取りも始まりました。
ハザを作って、コレに干す。というのが本来ですが、今後の経費削減(→労力削減)のためにいろいろ試してみようと思っています。

まずは、粒干し。
ある程度、畑で生えたまま乾燥させて、バインダーで刈り取り後すぐ脱穀。
P7010226.jpg

大麦では意外と難しいかも。という感じ。
いや、小麦でも同じかも。

というのは、大麦は成熟が進みすぎると穂首が折れて、わらだけになってしまいます。なので運んでるそばからぼろぼろと地面に脱穀されてしまいます。
小麦はというと、大麦みたいに穂が全部落ちるわけでは無いですが、粒がぽろぽろと落ちてしまいます。
といっても、成熟が進んでない状態で刈り取り・脱穀してしまうと、シートに広げて干すのが意外と大変。結構な水分を持っているので、あんまり厚い層になると蒸れてしまうし、薄く広げると場所をとってしまうしで、難しいですね。

写真のは結構水分が高いので、頻繁にかき混ぜて表面と下のほうにある麦とを、なるべく交換させるようにしています。

次が地干し。
P7010225.jpg

前述の粒干しでいろいろと苦労した(するのがわかった)ので、急遽変更。
枠とかを作って、そこに刈り取った束を立てかけて乾燥。茎を切っているので地面(=根っこ)からの水分供給はほとんど無し。粒がどんどん乾いていくことを期待しています。

ウチはハウスが小さく、ハザを作るのも一苦労(6段とかにしなきゃだめなので)、干すのも一苦労(脚立に上って1束1束は本当に大変)なので、どうやって労力をかけないで効率よく作業を進めるか(もちろん消耗資材は使わず)が一番の悩みどころです。


P7010217.jpg
今年も大活躍です。3000円のバインダー。
いろいろ傷みはありますが、まだまだ現役です。これからもよろしく~

コメント

こんばんは、初めてコメントさせていただきます。半年くらい前から、こちらのブログを拝見しております

私は埼玉県で米麦豆ソバ、庭先養鶏を行っている就農3年目の者です。
今夏、初めての麦作の収穫が控えているので、青見平のたまご屋さんのブログの記事が大変参考になっています。
大麦が2反、小麦が1反やっていますが、昨年の初稲作で収穫作業の大変さを痛感しているので、今から麦の収穫、調整の準備を進めています。

バインダーで収穫した後の乾燥方法と、脱穀方法を、ずっと考えています。現時点では乾燥は棒掛けで、脱穀は足踏み脱穀機で、と検討中ですが、これで良いのか確信は持てません。ハーベスタを導入すべきか迷っています。

これからも頑張ってください。今後もこちらのブログを野良仕事の参考にさせて頂きます

  • 2015/03/27(金) 22:16:23 |
  • URL |
  • katou #-
  • [ 編集 ]

katou様

こんにちは。
コメントありがとうございます。

3年目なのですね。すごくたくさんの面積を特に機械化もせずやられているようで、感心しました。お体が資本ですので、体を壊さないようにお気を付け下さいね。

お米を作っているとのことでしたが、その脱穀も足踏み脱穀機を使われたのでしょうか?
小麦は稲と違って、米で言う籾殻の部分が脱穀と同時に取れてしまうので、足踏み脱穀機だと、その後の唐箕の作業もとても大変になります。大麦は米の籾米の様になるので外皮がはがれず多少ましですが、ノギと呼ばれる長い毛のようなものを取り除く必要があると思うので、やはり大変かと。
米も作られているとのことなので、米用(もちろん麦も使える)ハーベスター(動力脱穀機)が1台あると作業効率は大幅に上がると思います。(脱穀と唐箕選別を行ってくれる動力は、本当にすばらしいと思います。)
昨年は1反ほどの小麦の作付けでしたが、品種が違うので袋を変えるという作業があるにしろ、全部で5時間ほどかかりました。足踏みだとこの作業に加えて唐箕のふるいや、穂首から折れて飛んでしまった物をほぐす作業(これはニワトリ等の餌にしてしまうなど融通は利きますが)など倍から3倍くらいの時間と手間がかかると思われます。
今のところ石油に頼ってしまっていますが、農機の場合、ガソリンエンジンは木炭やウッドガスで、ディーゼルエンジンは植物油で動くことを考えると、今後の自給という観点から、道具を持っておいても損はないかと。もちろん新品ではなく中古で格安品を探せばそんなに高価なものでは無いと思います。(ヤフオクなど見てると埼玉での出品で結構たくさん出てますしね。)

  • 2015/03/30(月) 06:27:46 |
  • URL |
  • 青見平のたまご屋さん #-
  • [ 編集 ]

ご助言、ありがとうございます!

丁寧に返信して下さり、ありがとうございます。とても参考になります
やはり、ご助言通り、中古ハーベスターを導入しようと思います。どこまで機械に頼るのか、いつもギリギリのところで考えています。

昨年は、水稲を1反やりました。脱穀は、最初は足踏む脱穀機を使っていましたが、途中から近所の農家の方がハーベスターを貸してくれました。これは便利な機械だ!と感心しました。
他にもソバと大豆を、それぞれ1反半栽培し、これらは全て人力で収穫・脱穀しました。全て終わるのに、2カ月近くかかってしまいました。

私の住む地域の耕作放棄地を少しでも減らすため、徐々に耕作地を増やして行こうか、と考えていた所でもあったので、機械を導入する決心がつきました。
やはり、最低でもトラクターと収穫用の機械は無いと厳しいですね。

お忙しい所、アドバイスをして下さりありがとうございました。

  • 2015/03/30(月) 14:29:36 |
  • URL |
  • katou #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/349-b0d256be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad