長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

キタノカオリも収穫

連休は天気が悪い予報で、今日は朝から小麦の脱穀と、まだ畑に残っていたキタノカオリの収穫をしました。

脱穀は先日刈り取ったシラネコムギやゆめかおり、それまでに刈り取っていた農林69号やキタカミ、南部小麦、ハチマンコムギなどで、今日刈り取ったキタノカオリ以外はすべて脱穀しました。

今回、ハザ干しはせず地干しなどいろいろな方法を試しましたが、やっぱりハザを作って干すのがよさそうです。
ま、何事も挑戦して試してみないとですね。

キタノカオリの収穫は、こちらもそれなりに大変でした。
というのも、播種をちょっと変えてみたからです。
北海道方式を真似て、まだ大豆が植わっている間に条間にばら撒きしてみたのですが、蒔くタイミングも悪く、列もしっかりとならず、発芽から収穫までちょっと難有りというところでしょうか。

DSC_1606.jpg
バインダーでの刈り取りですが、条がところどころ太いのでちゃんと刈り取れないところが続出です。
刈り取れないところが多かったので手刈りも行いました。


DSC_1607.jpg
ちなみに上側はこれからインゲン類を植えるところ


DSC_1608.jpg
下側は大豆「エンレイ」が植わっています。


SBSH0070.jpg
刈り取った後は、早速耕しました。
ガソリンタイプの耕運機で、ざぁっと。さすがにディーゼル耕運機で等高線に沿っての耕運は倒しそうで出来ませんでした。

とりあえず、小麦もひと段落ですね。


そういえば、キタノカオリを刈り取っているとき、異様なにおいがしました。
ひょっとして小麦が雨に当たりすぎて腐っちゃったかなぁ~なんて心配しながら刈り進めたのですが、麦自体は変なにおいもなく、手でこすって脱穀(というのか?)をして、粒を確認しても結構良い状態でした。
あれ~?なんて思いながらよくよく束を見てみると。

・・・

あれ?


SBSH0068.jpg

DSC_1609.jpg
犯人はこれかな?


SBSH0069.jpg
単品でみるとこれ。


これ、なんだかわかりますか?
昨年から全国的に発生しているマイマイガのさなぎです。

ですが、どうやらこれ、途中で死んじゃっているみたいなんです。
だからつぶれて異臭がしていたみたいです。


マイマイガ、通常は3年くらいで大発生が落ち着くみたいですね。
寄生虫だったりウイルス性だったりで、自然の浄化作用というものなのか、大発生するとそのあとは落ち着くような作用が働きますよね。本当に自然の緩衝作用って良く出来ていると思います。

ウチの畑でもマイマイガの幼虫が少なくなってきたなぁと感じます。
柿や梅にたくさんついていたのですが、今は劇的に数が少なくなっています。

寄生虫のコマユバチも時々見るし。
(マイマイガの幼虫が死んでいて、周りに白い米粒のような繭があればコマユバチみたいです。)

岐阜でもウイルスがはやっているって記事もあったし。
(なんか「へ」の字型にぶら下がって死んでいるらしいです。ゾンビウイルスとかいうらしい。)

ウチのも何かにやられてしまって、孵化せず死んでしまっているのでしょう。
そろそろ浄化というか、なんというか、自然の緩衝作用が始まるんでしょうか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/355-235b9f4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad