長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

竹ボイラー

ずいぶんと前にちょこっとだけ紹介した「竹ボイラー」
作っているのはモキ製作所という県内にある会社です。
この会社、「燃焼」ということにこだわって、いろいろと商品を出されていてとても面白い会社です。

この竹ボイラー、ようやく設置が終わって今月から使っているのですが、本当にすごいです。
何がすごいって、「1日に使う燃料の量」です。

ウチの風呂は250lくらいの容積ですが、この湯船に熱い湯を貯めるのに使うのは









DCIM0622.jpg
これだけの竹で済みます。
だいたい6cmくらいの直径の竹が3~4m分2本ですね。
これを半分に切って2m弱のを3~4本にして使います。

DCIM0623.jpg
燃やしている様子

青竹では着火出来ませんが、乾いた枯れ竹とか燃えやすい小枝など、ある程度の熱源が初めにあったり、熾きが出来ると青竹でも十分燃えます。


竹やぶを持っている人は、少し竹を切っておく手間を用意できれば化石燃料からおさらばです。


といっても、やっぱり灯油やガス製品と違って「スイッチひとつ」で「いつでも」というわけではないので利便性は劣りますが、電気も何も頼らず(ある程度の水圧のある水道配管は必要ですが)お湯が沸かせるというのはすばらしいです。

なので、手段として今日は竹(薪)ボイラーで給湯、また別の日はいろいろあって疲れたので灯油ボイラー。
なんて使い方でも、良いと思うんですよね。
やっぱりスイッチひとつっていうのは便利ですからね~。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/384-e3b6d2eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad